東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008.9.21 五台山(福島・阿武隈山地)

<<   作成日時 : 2008/09/21 20:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

阿武隈山地は気候が温暖で、かつなだらかな山が多いため、開発が進み造林地や牧場と化している山々が多い。その中で奇跡的に雑木林が全山残された山がある。それが浜通りに位置する五台山である。
sakaさんと登る第二弾の山は、雷雨注意報が出ている奥羽山脈を避けて、集水面積が少なく比較的安全な阿武隈山地の自然度豊かな雑木林の逍遥を楽しんできた。

【 9/21 五台山(450m) 福島・阿武隈山地 】
登山口〜思案の辻〜白蓮の滝〜緑林の辻〜御殿庵跡地〜五台山〜緑林の辻〜碧水の滝〜五連の滝〜渓路の辻〜思案の辻〜登山口

この山は相馬11代藩主相馬重胤公が病のために御殿庵に隠遁したと言われている歴史の山である。(注:登山口に設置された看板に山の由来が記載されている。)
阿武隈山地の潤いある山歩きが好きで、いろいろな山を訪れているSONEであるが、五台山はどの山も持ち合わせていない個性がある。それは完璧なまでに残された深い雑木林と、花崗岩の渓谷沿いに切り開かれた登山道の存在である。阿武隈山地でこれ程自然が豊かな山を私は知らない。

県道原町浪江線の路側帯に2台の駐車スペースがある。一軒だけある民家のところだ。
庭先を掠めるように入山するが、普通の登山口とは雰囲気が異なり面食らう。
画像


歩き始めると2回ほど北沢を渡渉する。雨が降り以前訪れた時より水深は少し深いが、石飛びで簡単に渡れる。
画像


思案の辻の分岐を左折して登っていくと白蓮の滝が見えてくる。隠遁台地から何段にもわたって流れ落ちる滝は、雨の恵みで水量が比較的多く見応えがあった。
画像


雨具を着ているので蒸し暑く、白蓮の滝の脇をジグザクに登る急登に汗をかかされた。
隠遁台地に着くと一面にキノコの香ばしい香りが漂ってきた。早速付近のキノコ探しを始めると、アミタケが多く見つかった。sakaさん家族が食する味噌汁2回分の量が採れた。良いお土産になったとsakaさん。
画像


東側にある展望台からは鉄山ダム湖と懸ヶ森北側の尾根だけが見えた。
画像


隠遁台地は心が落ち着くみたいな清清しい雑木林が広がる。相馬藩主はこの地にあった庵で病の療養をしたらしいが、こんな素晴らしい所に暮したら病も吹き飛びそうである。
画像


見事な雑木林に魅かれて、再び付近のキノコ探しを行うが、見つかったのはウスヒラタケとアブラシメジのみ。
諦めて緑林の辻に着く。ここから時計回りに山頂を目指す。アセビが繁茂した尾根に登ると五台山山頂に到着する。雑木林に囲まれて展望皆無。赤松の巨木が一本あり、それが唯一の目印と言ったところだ。
山頂にて。(sakaさん)
画像


山頂に着いた途端に雨が止み、ゆっくりと昼食を楽しめた。休んでいると肌寒くなる気温なので暖かいコーヒーが美味しい。その時一人の男性登山者が山頂に息を切らせて登ってきたが直ぐに下っていった。

山頂から下る途中で、久しぶりにマムシを見つける。傍に寄っても全く動く気配なし。気温が低く雨に濡れているので冷血動物の彼?は動くことができないのであろう。 蛇が嫌いな方は見ないほうが良いですよ。



画像



緑林の辻に戻り、正規の登山道をショートカットして碧水の滝への道に出る。急坂の道脇にはシロヤシオの木が多い。花期に訪れれば最高であったろう?
画像


ジグザクに急坂を下ると碧水の滝に降り立つ。名前の通り濃い緑色の苔に覆われ、その上をスダレ状に流れる滝は見応えがあった。
画像


後は暫く沢に沿った下り道となる。連続した水涸の滝(五連の滝)は雨の影響で水が流れていた。
画像


急傾斜に幾段もの小滝を落とした谷も下部は広がり、やがて渓路の辻に出る。この付近はケヤキやモミの巨木が多い。さらに広くなった道を下ると往路の思案の辻に到着する。そこから登山口は指呼の距離であった。

今回のsakaさんとの登山は二日間とも天候が悪く、展望を楽しめる高い山に行くことは出来なかった。
「何か二日間とも森林浴に終わってしまったね。」とSONE。
「でも愛知県にない深い森歩きができたからイイ。」とsakaさん。

帰路は馬場温泉で汗を流し、新地にあるラーメンの名店で美味しいラーメンを食してsakaさんを仙台空港に送った。彼とは次に10月に毎年恒例となっている長野方面の登山で会えるであろう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
五台山は気に入り、あまり間をおかずに2回登りました。
道路からさほど離れた山ではないのに、奥の深い感じがします。
相馬重胤公が隠遁の地としたのがうなづける山でした。
確か奥のコースの分岐の所だったと思いますがカツラの大木があって
甘い香りに立ち去りがたい思いがしたのを覚えています。
シロヤシオの時期もよさそうですね。

鳥原山一日違いでした。
紅葉はオオカメノキやヤマウルシがやっと始まったところでこれからですね。
ebiyan
2008/09/24 11:45
ebiyanさん今晩は。
今回の五台山は里山の雑キノコ狙いが目的だったのですが、流石に雑木林が保存されている稀有な山ならでは、食毒問わず沢山のキノコが生えていました。展望皆無なのに心が落ち着ける五台山には今後も足を運ぶことになりそうです。時期的にはシロヤシオやトウゴクミツバツツジ咲く頃に行ってみたいです。
鳥原山のレポ拝見しましたが、結構天気良かったみたいですね。私の場合晴れの天気予報に騙されました。(笑)

SONE
2008/09/24 18:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2008.9.21 五台山(福島・阿武隈山地) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる