東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008.11.30 硯上山と雌保呂羽山(宮城・南三陸)

<<   作成日時 : 2008/11/30 21:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

久しぶりに南三陸の山にある翁倉山に登る予定で車に乗った。でも現地は凄まじい強風が吹き荒れていて、先週からタッシーと二人で凝っている鍋ランチが山頂では出来ないと判断。二週連続で翁倉山には登ることが出来ず、結果的に全く異なる二山に登る羽目になった。まあ何時ものことである。

【 11/30 硯上山(520m)宮城・南三陸 】
雄勝峠登山口〜休憩小屋〜三叉路〜自然観察路経由:硯上山〜三叉路〜休憩小屋〜雄勝峠登山口

雄勝町の最高峰:硯上山は町特産品の硯(全国生産の90%を占める)の材料を採掘していた山であり、江戸時代に硯を献上した山ということから変遷して硯上山の山名になったらしい。

北上川(追波川)沿いの道を下流に走っていると、対岸に翁倉山が見えてきたが、登ってから鍋ランチするには時間が早過ぎたため、最初に手ぶらで硯上山に登ることにした。
雄勝峠に至る県道石巻雄勝線は12/1から冬季通行止めに入るので、楽ちんルートで登るには今年のラストチャンスである。

雄勝峠の登山口には広い駐車場があるが誰も訪れておらず、冷たい風が吹き荒れていた。
デジカメだけ持って車止めを乗り越え広い遊歩道を歩き始める。どっかの森林公園さながらに整備し過ぎの道である。右にカーブして雑木林の中を進むと、前方に目指す硯上山の平頂が見えてくる。
画像


ほぼ平坦な道をのんびり歩くと、水場のある小沢の上にブロック造りの休憩小屋が見えてくる。
入口のドアは壊れ、窓ガラスはすべて割れて最悪の雰囲気。誰がこんなところで休憩する気になるのであろう?

小屋を過ぎて歩いていくと道は2分する。直進は自然観察路、左は山頂への車道もどき。多少展望が良い自然観察路に入る。
画像


穏やかな道はやがて左に回りこむように急登と変る。やっと登山道らしい雰囲気になるが、それも僅かな距離である。以前この付近で大きなマムシを見つけたことがある。
画像


汗をかく暇もなくたどり着いた山頂はあずま屋やベンチが設置され野芝に覆われた公園である。
TVの中継局用のアンテナが立っていて、これも山に登った感激をスポイルしている。
雄勝峠から山頂まで至る車道然とした道は中継局の保守用道路だったのだ。

しかしながら付近で一番標高が高いだけあり展望が抜群である。雄勝湾と雄勝の町並みが眼下に見える。
画像


南側は牡鹿半島の山々の奥に端整な三角形の金華山が眺められる。
画像


西側は山頂に航空自衛隊のレーダー基地がある上品山。
画像


しかし山頂でゆっくり展望を楽しむことは出来なかった。飛ばされそうな強風に何枚かの写真を撮って下らざる得なかった。天気が穏やかな時に山頂で焼肉パーティーしたら楽しそうである。
画像


-------------------------------------------------------------------------------------

硯上山頂の強風を体験してしまい、より標高が高い翁倉山山頂でバーナーを使って鍋ものを作るのは、火災の危険があると判断して登ることをやめる。さて付近に適当な山はないかしらん? と考えてみると、ありましたねぇ〜翁倉山のさらに東方:戸倉半島で最も高い雌保呂羽山が。かなり前に登ったときの記憶を頼りに登山口に向かった。

【 11/30 雌保呂羽山(330m) 宮城・南三陸 】
藤浜小学校〜雌保呂羽山〜長清水〜藤浜小学校

登山口にあたる藤浜小学校の駐車場に車を止める。小さな田舎の小学校であるが、こういう自然に囲まれた環境で勉強できる子供達がうらやましく思える。
画像


民家の前を通って林道に入ると、上から7〜8人の地元の方が鎌や鋸を携えて下ってきた。山頂に鎮座する保呂羽神社の参拝道を整備されてきたらしい。
橋を渡って、次の分岐を右へ。杉林の急坂を登ると尾根に出る。尾根の少し手前には季節はずれのスミレが咲いていた。冬枯れの山に一輪だけ咲いている花は愛おしく感じる。
画像


一番鳥居を潜って少し登ると傘松の巨木が立っている筈であったが、(以前見た時は凄い巨木であった。)完全に枯れ果てて、巨大な根回りのみが当時の姿を現していた。
その上部からはモミが混ざった雑木林となり感じが良くなる。二番鳥居を潜ると杉並木の道となり、右側に赤い祠が鎮座する。
画像


そこから山頂神社までは指呼の距離であった。扉に結ばれた赤布から現在でも厚い信仰の様子が見て取れる、地元の方々に大切にされている保呂羽神社。展望皆無の山頂だが落ち着いた雰囲気に溢れていた。
画像


しかしこの山頂も風が強く、ゆっくり休憩できる状態にはない。
山頂の南側直下にある織衣神社まで行ってみるが、暗い雰囲気の場所であったため、長清水方面の道を少し下った雑木林の中でやっと鍋ランチにありつけた。(SONEはちゃんこ、タッシーは寄せ鍋。)
林間から青い海を眺めながらの鍋は美味しかった。このマイブームはしばらく続きそうである。
画像


長清水コースの下部は赤松交じりの雑木林で、末期の紅葉も残る楽しい道であった。
画像


やがて集落に近づいてくると三陸の山特有のシュロの木も出てくる。椿の木のトンネルを抜ければ下山口は間じかであった。
画像


二渡神社の下から国道398号を500m北方に歩いて藤浜小学校に戻る。展望には恵まれない山であるが、地元の方々に崇められてきた山歩きも心が清められるみたいでよいものである。

帰路久しぶりに観光名所の神割崎を見学してゆく。
画像


そして冷えた身体を温めるために追分温泉に浸かってさっぱりしてきた。翁倉山には天候が安定した日に陽だまりハイクを楽しむことにしよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
小さな里山なのに、神社が二つ・古いお墓が数ヶ所。
微妙に背筋がゾクっときたよねえ、きっと砂防ダムの徒渉と同じくらい
コワイかも(笑)
タッシー
2008/12/01 11:02
タッシーこんにちは。
ホラー映画大嫌いなタッシーらしい印象だね〜。確かに山頂直下の岩場・暗い杉林の中に鎮座していた織衣神社は落ち着いてお弁当を広げられる雰囲気はなかったね。
でも長清水集落の一番上にあった墓場。墓石に彫られた戒名を見ると、何で女性ばかりその場所に埋葬されたのかが未だに不思議?????
丸森富士の麓に無数の工女の墓がある場所が存在するけど、明るい海辺の町にも、そんな暗い歴史があったのかなぁ〜。
SONE
2008/12/01 16:45
SONEさんも南三陸の山でしたか。
私は翌1日SONEさんのブログを参考にさせてもらって石峰山(と小富士山)を歩いてきました。
海から登る山は久し振りでしたが、浜の風情がよかったです。
登山口が昔懐かしい雰囲気の小学校という雌保呂羽山も登ってみたくなりました。
もしかすると雄保呂羽山は男の人だけの墓があったりする?
ebiyan
2008/12/02 19:04
ebiyanさん今晩は。
1日は小春日和の穏やかな天気だったので、海辺はのんびり雰囲気に溢れていたでしょうね。磯の香りが漂う山歩きができるのも宮城の良いところと思います。
雌保呂羽山に登られるのなら、椿の花咲く3〜4月頃がよいかも?
雄保呂羽山は山頂まで林道が通じてしまい、一寸イマイチの山ですが、男性限定のお墓は見かけなかったなぁ〜。
SONE
2008/12/02 21:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2008.11.30 硯上山と雌保呂羽山(宮城・南三陸) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる