東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008.12.7 最登山と御幸山(福島・阿武隈山地)

<<   作成日時 : 2008/12/07 21:18   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

朝の仙台は薄っすらと雪景色になっていた。こんな時は低山ハイクに限るので、24時間SEIYUで鍋セットを購入後、東北道を福島方面に向かった。月館町方面のどっかの山に登ろうという、あまり人にはお勧めできない無計画さであるが、結果的に最登山と御幸山のマイナー2山に登ってきた。

【 12/7 最登山(もうどやま・683m) 福島・阿武隈山地 】
林道最登山線入口〜最瀧大明神〜林道終点〜南西尾根〜最登山(往復)

往路の車中ではスティーリー・ダンのCDを聴きながら、AOR好きの相棒:タッシーと音楽談義に多いに盛り上る。
着地点のないコード進行と、トリッキーなソロの応酬は聴く者に緊張感を強いるが、そこにハマルと病みつきになる。
「登山者でこんなマニアックなCDを聴いてドライブする人は少ないだろうなぁ〜」と言うのが共通意見であった。

伊達市保原町を過ぎ、霊山町に入ると急に晴れてきた。イイゾイイゾ・・・ さてどの山に行こうか?と頭の中に入っている山リストの中から先ず最登山をチョイスする。でも未だに登ったことないので、カーナビで山津見神社方面に走ってみるが、山の南面に取り付き場所を見つける事はできなかった。
そこでカーナビで北面を探すと一杯内集落から南東に山中深く伸びる林道が見つかった。これしかないと、R399を月館方面に戻り、剣道広畑月館線を右折。700m先から一杯内方面に右折して林道最登山線の入口を見つけた。早速林道に乗り入れるが、荒れているため少し登った畑の横に駐車して、その地点から林道歩きが始る。

薄雪に覆われた林道から見上げた最登山山頂方面。
画像


地形図を持たないいい加減登山なので山勘のみが頼りとなる。林道は途中で二股になるがそこは右に進む。
杉の造林地内はシイタケの原木栽培が行われていて、取り残したシイタケが凍っていた。
古い鳥居にある小沢を渡ると林道はS字状に高度を上げる。その少し先が林道終点で、起点から860mの距離となっていた。登山口に当る作業道入口には住所を書いた杭が立っていた。一番下に記載している”一筆”と言う地番は初めて見た。
画像


作業道は若干薮が被るが道型を失う箇所は少ない。但し最初の分岐は右へ。急斜面になってから右よりに登る所がポイントとなる。赤布と青テープを見失わないよう注意が必要となる。
但し尾根直下の右に斜上するところが唯一の危険箇所と言える。

南西尾根に出ると顕著な踏み跡が山頂まで続く。その途中で有名な人面岩が見える地点に出る。
山頂西尾根の直下に松林から突き出ている大岩。良く見ていると遠い虚空を悲しげに見上げている人の顔が判る。なんでもこの人面岩はUFOに乗り遅れた宇宙人が、悲しげに何年も空を見上げている内に大岩に変ってしまったとか??? またUFOの目撃例が多い千貫森の方向を見上げているとか??? まあUFOの里のプロパガンダの意味合いもあると思うが、自然の造り出した不思議な造形は一度は見る価値があると思う。
因みにタッシーは雌ライオンの顔に見えたらしい・・・
画像


人面岩ビューポイントから山頂までは近い。一部笹に被った雪払いをしながら登ると明るい雰囲気の山頂であった。
画像


山頂は雑木林に囲まれた阿武隈特有の静かなところ。梢越しに山頂部が白くなった霊山が眺められる。
画像


一服したあとに山頂を辞して往路を戻る。途中で霊山の紫明峰方面が見えた。
画像


林道まで戻り、S字カーブ下の鳥居を潜って奥に入ってみると、最瀧大明神の社殿の裏に最滝があった。
この滝がまた不思議で左上の山腹から湧水して滝を形成しているらしい? その水を飲んでみると甘露であった。
画像


最登山は一般的にあまり知られていない超マイナーな山であるが、人面岩の存在がその個性を引き立たせている山でもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

腹が減ったので早く次ぎの山に登ろうと向かったのが御幸山である。山名の由来は分からないが、なんと素晴らしい名前であろうか。過去に一度山頂付近まで登ったが、間違えてすぐ南のピークに着いてしまった。遅い時刻であったので本当の山頂には至らず私にとっても未登の山である。

【 12/7 御幸山(ごこうせん・477m) 福島・阿武隈山地 】
七森林道南登山口〜羽山神社〜御幸山〜テレビ塔ピーク〜管理道経由:七森林道〜南登山口

月館町の中心部から北上して僅かの距離で御幸山登山口の看板を見る。左折して干し柿の産地を思しき集落を過ぎると七森林道に出る。この林道を南下すると女神山まで至るらしい。
小さな溜池の脇にある路側帯に駐車して登り始める。山頂までは急斜面の登りである。
画像


登山道入口の左側に何故か?こんな男性のシンボルが2基。
画像


荒れて笹が被る道を直登すると、ジグザグに登る道に変る。少し汗をかいたところで山頂下にある羽山神社に到着。杉林に囲まれて山上にいる感覚は薄い。
画像


裏の鐘楼の場所は東側の展望に優れている。まず目に飛び込むのは霊山である。
画像


そして最初に登った最登山。空気が乾燥してクッキリ見えるので、人面岩のある場所も同定できた。
画像


音が良い鐘を突いた後、北西側にある山頂に向かう。羽山神社奥の院の裏に露岩があり、その上に三等三角点が埋め込まれていた。標識もなく吾妻連峰の展望のみ開けた静かな山頂で早速鍋ランチとする。
画像


画像


今回はSONEがサンマすり身入りの魚介キムチ鍋。タッシーが鶏ダンゴ入りちゃんこ鍋。
見た目、味ともにタッシー鍋に軍配が上がった。
画像画像


風もなく誰もいない山頂は冬を思わせない穏やかさであった。コーヒーで締めたあと、北側にあるテレビ塔ピークまで荒れた車道を歩く。途中で半田山や伊達市方面が遠望できた。
画像


テレビ塔ピーク手前に霊山の岩質に似た大岩を見つけて攀じ登る。
画像


後はコンクリート舗装された管理道を下ると七森林道に降り立った。そこにはイラストマップがあり、御幸山の概略が把握できる。その後七森林道を南に20分歩いて駐車地点に戻れた。
以前は中途半端に登った御幸山であるが、やっとその全貌が分かり胸のつかえが取れた気がする。
阿武隈北部の山は低山や薮山まで登山範囲を広げると、限りなく楽しめる面白さがある。

(ご連絡) 12月は今後私用が重なるため月末まで山に登ることが出来なくなりました。従って新規記事のアップも暫く出来なくなりますのでご了承ください。SONE







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ここ数日、地震が多いね。
栗駒の地震に1日違いのニアミス後、やはり気になるよ。
カンジキ付けてガシガシ雪山も、雪が落ち着いたら行こうな!
MSRのスノーシュー悩む、大いに悩む…
タッシー
2008/12/08 11:00
タッシー今晩は。
何時もの時間に待ち合わせて、南三陸の山に向かっていたら、震度4の地震を走行中もろに体験することになったね。クワバラクワバラ・・・
スノーシューの購入躊躇っているようだけど、今度俺のタブス試してみるかい?
カンジキより歩行バランスが良いので病みつきになると思うよ。
SONE
2008/12/08 19:56
またまた1日違いで近い所を歩きました。
もうど山というんですね。人面岩見たいのであとで地図で確認してみます。
御幸山は懐かしいです。
どこまで歩いたか地図上で確認できないときに歩きましたが、大岩の所から林道に下りましたので、同じ所までだったような気がします。
私は雨乞山で霊山を眺めました。
私もスティーリーダンの音楽好きですよ。CDとかは持ってませんがたまにFMから
流れてきたりするととってもうれしいです。
スノーシュー私はMSR使っています。ほかのと比べられませんが歩きやすいです。
なんて書くとよけい悩んじゃいますね。
ebiyan
2008/12/09 19:00
ebiyanさん今晩は。最登山は点の記では「もとやま」となっていますが、地元では「もうど」と呼ばれているそうです。別名で朝日山と看板に書いていました。
雨乞山は知らなかったので、地図で調べてみましたら御幸山のすぐ隣にある山だったんですね。今度登ってみたいと思います。
ところでebiyanさんがスティーリー・ダンを好きとは驚きました。コアな音楽ファンじゃないとアノ良さ、なかなか分かりませんから・・・
タッシーはスノーシューを購入するとしたらMSRと決めているみたいです。
しかし右足の麻痺が残っているので、スパイク長靴を履いて登山していますが、スノーシューを取り付ける登山靴をどうするか?という点が問題となっています。
でもMSRは軽くて素晴らしいスノーシューですよね。タブスはカシメが何箇所も取れてしまう、クランポンに雪ダンゴが付着するなどの欠点があり、雪山での信頼度はイマイチと感じました。 
SONE
2008/12/09 20:56
SONEさんの山行記録をあちこち見せていただいています。
何とも素晴らしい!
山歩きを始めてまだ1年数ヶ月のオイラには眩しいほどの山の数々です。
ところで僭越ながら「”一筆”と言う地番は初めて見た。」とありましたが「筆」というのは地番ではなく地番の付いている一区画の土地をさして「筆」と言い一筆(いっぴつ)と読みます。
県行造林の標柱に「…字最登山一番二外一筆」とあるのはそこの県行造林が1番2という土地の外(ほか)にもう一つの土地の計2つの土地でされているということです。
すみませんお節介でした。
トラ
2009/03/11 00:27
トラさん今晩は、
いやぁ〜。私の山行記録が素晴らしいとお褒めの言葉をいただき恐縮です。
急に登る山を変更したり、地図なしで突っ込んだり、山の先輩諸氏には怒られそうな事ばかりやっていますのでお恥ずかしい限りです。
変に山慣れしてしまった私より、山歩きの経験が1年数ヶ月のトラさんの方が、山の全ての事象を新鮮に見られて楽しいと思いますよ。
ところで一筆の件、初めて知りました。これは造林事業に詳しい方でないと判らない事ですね。貴重なコメントを頂き感謝しております。
SONE
2009/03/11 18:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2008.12.7 最登山と御幸山(福島・阿武隈山地) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる