東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.1.4 戸神山 (宮城・仙台西部)

<<   作成日時 : 2009/01/04 18:41   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

毎年、冬の季節に欠かさず登っている山がある。泉ヶ岳と戸神山がそれである。どちらの山も比較的簡単に登れる割に抜群の展望を誇っている。それが通う理由とも思う。今年は新春からタッシー&サクラを連れてやってきた。

【 1/4 戸神山(504m) 宮城・仙台西部 】
白沢配水所〜裏コース経由:女戸神山〜鞍部〜戸神山(往復)〜水場〜表コース経由:白沢配水所

仙台市近郊には3つの尖った山容を持つ山がある。その代表が太白山。そしてR48沿い:熊ヶ根の南西側に戸神山、新川の北側に鎌倉山(クライミングゲレンデがある)がそれだ。
どの山も成因は地下浅くまで流入したマグマが固まって出来た火山岩頸が、その後の侵食で残ったものらしい。

今回登った戸神山の名前は”トガリ”からきたと言われているが、山形市の東西にある二つの富神山も三角形の尖った山容で、名前の起こりは同じものであろう。

さて、タッシーをピックアップしてから30分たらずの運転で登山口である白沢峠の配水所まで着いてしまう。
道路脇にある駐車スペースには既に2台の車がいた。
歩き始めると積雪は20cm程度。吹き溜まりで最高40cmあった。タッシーにとっては昨年の大六天山以来の雪道歩きということになる。右足首から下の麻痺は未だに完治していないが、一年前に比べてかなりしっかりした足取りになってきている。相変わらずに雪が大好きなサクラは、雪面に顔を突っ込んだり、ゴロゴロしたりして喜んでいる。

途中の表or裏コース分岐を直進して裏コースに入る。そして大きく時計回りに戸神山を北側に回りこむと、右に枝道が分れる。以前はこの場所が分かり難かったが、現在は有志の方々が手作りの指導標を掲げてくれて迷うことはなくなった。
画像


鞍部に向かう”ご夫婦?”と思われる男女のトレースを見送り、女戸神山に立ち寄る。山頂は以前より低木が伸びて展望は期待薄になっていた。でもこの日は雲がかかって奥羽山脈の展望皆無であったが・・・
画像


風が吹きつけて寒い女戸神山頂をあとに鞍部まで下ってゆく。樹間から戸神山の三角形の山容が透かし見える。
画像


鞍部から山頂までは風で飛ばされたものか積雪は少ない。しかし高差100mの凄い急登である。例年は道が凍り付いて非常に苦労するが、今回雪が柔らかく楽だった。
そして誰もいない山頂へ。ザックをおろして先ず石祠にお参りである。
画像


雪雲がかかり爽快な展望は無いが、それでも近隣のオボコンベの岩塔を望むことができた。
どこにあるかわかるかなぁ〜。画面中央に飛び出た手前の梢の少し右です。
画像


さらさらと小雪が舞う戸神山山頂。天気は目まぐるしく変る。
画像


昨日登った鹿狼山が大倉山越しに遠望できる。
画像


山頂のベンチは風が当らず最高の休憩場所となっている。二人で眼下に白沢五ッ森を見下ろしながらの贅沢?な鍋焼きうどんランチとする。私はカレーうどん、これは身体が暖まった。
画像


沢山食べてお腹が一杯となり満足して山頂を辞す。この頃から急激に天候が良くなってきて、東側の展望が一気に開けた。
画像


帰路は鞍部から表コースに入る。杉林の中にある水場でサクラは水をガブ飲みしていた。樹雪の爆弾に注意しながら杉林を抜けると尾根道になる。この途中で戸神山の全貌が見える地点がある。考えてみると毎年同じ写真を撮っているみたいだ。(苦笑)
画像


時間もあり天気も安定してきたので、途中から送電線の巡視路に入って開けた場所でコーヒータイムとする。
その頃から大東岳や糸岳も姿を現してきた。今年は山とのどんな出合いが待っているであろうか?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。
SONEさんのカムバック、首をなが〜くして待ってました。
戸神山近々行く予定なので雪の情報助かりました。
結構あるんですね。
金曜日と土曜日も雪の予報なので長靴じゃ無理になるでしょうかね。
今年もよろしくお願いいたします。
ebiyan
2009/01/07 11:08
ebiyanさん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
カムバックしても軟弱なところしか歩いていないので、お恥ずかしい限りです。
戸神山は最近登る人が増えて、晴れている日なら必ずトレースがありますので、長靴でもいけると思いますよ。昔は膝上のラッセルで登った経験がありますが、トレース無くても行程が短いのでラッセルもまた楽しいのでは・・・(笑)


sone
2009/01/07 16:08
戸神山は面白いっすね! 明日、息子とまた登ります。
monpapa
2011/02/25 22:05
monpapaさんこんにちは。
今日は風が少し強いながらも晴れましたね。戸神山の山頂から海が見えたでしょうか?
SONE
2011/02/26 09:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009.1.4 戸神山 (宮城・仙台西部) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる