東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 「天地人」直江兼続と朝日軍道について

<<   作成日時 : 2009/01/07 19:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 12

今年のNHKの大河ドラマは「天地人」。上杉家の名将:直江山城守兼続を主人公にしたドラマである。
んんん・・・ 直江兼続??? もしかして、アノ朝日連峰の主稜線・南北65kmに渡って縦断する軍道を400年も前に開削した人でないの??? 手持ちの資料を調べたらやっぱりそうでした。
そこで新年早々から、知恵熱でそうなのを我慢して簡単に考察していきたいと思います。

以東岳から望んだ朝日連峰主稜線。
画像


一般的に朝日連峰の初縦走は大正4年7月25日、川崎浩良氏一行による鮎貝〜朝日鉱泉〜鳥原山〜大朝日岳〜竜門山〜寒江山〜以東岳〜大鳥池コースと言われている。
しかしながら慶長5年(1600年)10月1〜4日、酒田城主:志田修理義秀が率いる数百人の軍馬が(太陽歴では11月初旬)初冬の朝日連峰に開削された軍道を完全縦走したのである。
一体何故このような壮挙が達成されたのであろう? それには少し歴史的考察が必要になってくる。

慶長3年正月、上杉景勝は蒲生氏郷の死後、豊臣秀吉の命を受けて会津へ移封される。その領地は会津4郡、仙道7郡、長井、田川、櫛引、遊佐と佐渡3郡を合わせた120万石となった。
この移封は当時奥羽で勢力を増していた伊達政宗への、秀吉の牽制ではなかろうか。
そして領地の内、米沢と庄内を合わせた30万石が上杉家の名将&ブレーン:直江兼続に与えられ、A級大名並の米沢城主となったのである。
しかし直江にとって飛び地の領地:庄内の行政と、有事の連絡網の確保の関係から、米沢と庄内を結ぶ最短の交通路が必要になってくる。
当時、現在の山形市には宿敵:最上義光がおり、その領地内である六十里越街道は使えない。
西の越後街道は13峠の難路で、そこは越後の新領主:堀秀治が押さえているため自由な交通は難しい。
そこで直江は自ら白鷹に赴き、同年夏に葉山〜御影森山〜大朝日岳〜竜門山〜寒江山〜以東岳〜茶畑山〜高安山〜兜岩〜八久和峠〜朝日村鱒渕〜庄内というルートを考え、即この破天荒な大縦走路の伐開に着手した。
動員した作業員は数百名とも言われ、鎌や桑を持たせて、結果的に翌年正月までに軍馬も通れる道に仕上げている。でも当時は既に朝日岳大権現が祀られていた関係上、そこに至る古い間道が存在し、その拡幅強化作業を行って軍道に仕上げたと言うのが妥当な見解らしい。

さて、ここで完全縦走の話題に戻るが、直江兼続は慶長5年9月5日、最上義光攻めのため兵を三方に分けて出陣した。そして伊達&最上連合軍と長谷堂城外で合戦中に、関が原で豊臣方西軍が敗れた報に接し、直江は軍を引いて米沢城に10月1日に引き上げる。この合戦は北の関が原とも言われている。
この時、酒田城主:志田修理義秀は六十里越街道から最上軍の背後を突いて連戦連勝して、白岩城(現在の寒河江付近か?)を攻略したが、直江軍の引き上げと呼応して米沢城に退去した。
その後に志田軍は朝日軍道を通って酒田城へ帰還するのである。しかしながら11月初旬の朝日連峰は現在でも初冠雪を終えて真っ白く輝いている時期である。それを数百人の残兵と軍馬が65kmの山道を数日間で突破するとは! 
この完全縦走は佐々成政の冬の立山:ザラ峠越えに比肩する壮挙であると思う。

その後、上杉家は豊臣方への義を貫いた故に米沢30万石のみに減封され、奥羽の政治的緊迫がなくなった事により、朝日軍道の必要性が皆無となり、わずか数年間の使用のみで廃道に帰したのであった。

銀玉水手前から仰ぎ見た大朝日岳。
画像


今現在の軍道はと言うと、狐穴小屋の北にある中先峰付近で、極わずかに軍道の跡がジグザグ型に確認できるだけである。400年前に馬も通れた道であるが、寒帯ジャングルの様相を示す偽高山帯の植生と、日本有数の豪雪は兵どもの足跡を歴史の彼方にほぼ消し去ってしまった。
でも朝日連峰を歩くたびに、そこを馬が駆け抜けていったと想像すると楽しくなってくることも事実である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
SONEさん、あけおめです。
本年もよろしくダス<(_ _)>

朝日軍道よく調べてますねぇ…
でも、某山岳会の方達もかなり真面目に現地踏査してますよ。
ご参考までに…
http://www18.ocn.ne.jp/~ej007/sub09.html

それにしても山に雪が降らない〜(泣)
里にはいらないけどねf(^^;)
lison
2009/01/07 22:41
soneさん、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
lisonさん、大河ドラマ始まりましたね、みてますか?
12/11に山形県自然保護団体協議会に出席した折、自由意見の際、この軍道の道きりなどの整備は出来ないものかと言う意見がでました。この時は地図もなくどのルートやとあまり気にも留めなかったのですが。なるほどsoneさんのお調べになった内容や山岳会の報告などを見ますとそれとなく繋がってまいります。昔人は遊びではなく全ては生きる為国を守る為、そのすざましさに驚愕ですね。
登山靴も無い時代雪の山を何を履いて越えしたんだろうなどと凡人の私などは思う。笑
これからの日曜日、目が離せなくなりました。
みうら
2009/01/08 12:07
lisonさん、明けましておめでとうございます。こちらこそ今年もよろしくです。
教えられた某山岳会の記事拝見し、今後朝日連峰を歩く時には朝日軍道の痕跡に注意して歩いてみたいと思いました。(苦笑)
先ず未登となっている長井葉山〜御影森山が先決ですね。でも問題は茶畑山以北。猿倉山〜兜岩〜高安山区間のみ積雪期に歩いたので、今年か残りを繋ぎで歩いてみたいです。

年末の姥沢はいい思いをしましたが、その後の積雪が続かないですね。南東北での山滑りはしばらくの間、ゲレンデトップからとなりそうですね。
sone
2009/01/08 16:52
みいらさん、改めて明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
朝日連峰を身近な存在として感じている我々、特に山形在住のみいらさんには朝日軍道は特にいにしえのロマンを感じてしまうのではないでしょうか。
でも記事書いた後によく考えてみると旧暦10月1日〜4日のたった4日間で米沢城から酒田城まで突破したんですねぇ!山形県縦断ですよコレ! 多くの軍勢を率いて雪の山道をこの速さで歩き通す体力は、現代の我々には想像もできないことです。(絶句)
ところで余談ですが、大河ドラマのタイトルバックで軍勢が雪稜を歩いているシーンがありましたが、あれは越後三山だそうです。(笑)でもドラマは欠かさずに見るつもりです。

sone
2009/01/08 17:10
自分の書いたのをよく読みますと間違えたようです。そうです、曽根田さんのご指摘なった長井葉山〜御影森山のことです。道きりの要望をした人は長井か寒河江の方面の方でした。登山道としてマップに載っているが藪きりのなどの整備をしないと歩きにくい。折角来年は天地人でこの軍道がクローズアップされるで予算をもらい整備できないかという話でした。全部の軍道を通すという話ではないです。すみません、今年も相変わらず舌足らずでそそっかしくて。
みうら
2009/01/08 17:13
おっとすれ違いました。
私はみうらです。はっはっは
庄内の人種でも歴史オンチでもロマンは感じますよー。
みうら
2009/01/08 17:17
みいらさん、再訪問有難うございます。
昨年6月に長井葉山〜御影森山区間を歩いた方のレポを見ると、登山道は薮漕ぎに終始して、一部は廃道に近い状況だったそうです。私も今年中に歩いてみたいので、是非とも早期の刈払いを実施していただきたいところです。
どうも今年の自分の登山テーマは朝日軍道がキーワードになりそうな予感が・・・
sone
2009/01/08 17:28
みうらさん、ごめんなさい、大変失礼申し上げました。(苦笑)
どうもハンドルネーム近いので間違ってしまいました。コメント修正したいけど、うまくできないっす。
ということで残雪期には葛城山あたりも視野にいれておきますので、その時は宜しくです。

sone
2009/01/08 17:36
SONEさん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
今日の山形は素晴らしいお天気ですが、生憎仕事中です。

天地人が始まり朝日軍道がクローズアップされてきましたね。私も興味津々です。
本文で触れられてありました朝日連峰の山岳信仰、大沼の浮島神社が入口となっていた朝日修験についても興味があるのですが、いかんせん資料が乏しくて困っています。

またご一緒してください。
みいら@裏通り
2009/01/12 10:42
みいらさん今年もよろしくお願い申し上げます。みうらさんとの名前の勘違いの件、お許しください。
朝日連峰の山岳信仰で大沼が入口であったと初めて知りましたが、鎌倉時代に全盛期を向かえて、その後衰退したと言われている朝日修験を研究している書物は、全くお目にかなった事がないですね。その件は今度お会いした時に情報交換できれば、と思います。
天気の良さそうな時に山形方面にスノーハイクに行く予定ですので、今度MLします。
sone
2009/01/12 19:52
たまたまこちらに行き着きまして記事を読ませて頂きました
ドラマ・天地人とは関係なく、朝日軍道の歴史が残って行く事を祈ります
 貴重な記事、ありがとうございました
研究や調査?頑張って下さい

追伸 兼続はやはり出来る人なんですよね
いつか名誉回復が出来る日を願っています 朝日軍道の歴史と共に
はじめまして
2009/12/30 06:19
はじめましてさん、はじめまして(笑)
「天地人」は今年一番はまったドラマでしたが、朝日軍道のエピソードが「天地人紀行」でしか紹介されなくて一寸残念でした。ドラマの主軸から外れた内容でしたからね。
今年の9月に朝日軍道の登山道のある区間を全て歩きました(繋ぎ登山ですが・・・)。
今後は以東岳北方稜線部分を踏査していきたいと思っています。
しかしながら直江兼続は凄い人物でしたね。現代の政治家に一番求められる人材ではないでしょうか。
SONE
2009/12/30 08:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「天地人」直江兼続と朝日軍道について 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる