東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.1.11上品山(宮城・北上山地)

<<   作成日時 : 2009/01/11 23:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 8

昨日の仙台は風速20m近い暴風が吹き荒れ、とても山に出かけられる天候ではなかった。
でも11日は強い西風は残るけれども平野部では晴れが予想されたため、「石巻緑のハイキングロード」の一部である籠峰山〜上品山(じょうぼんさん)の区間をのんびり歩いてきた。

【 1/11 上品山(467m) 宮城・北上山地 】
大梨林道登山口〜籠峰山〜ハイキングロード起点〜323m高圧線鉄塔ピーク〜牧草地経由:393m三角点峰〜428m通信施設ピーク〜鳥居〜上品山神社〜上品山三角点〜北側車道〜428mピーク〜410m独標〜林道370mコンタ付近から破線道を藪漕ぎして〜大梨林道経由:大梨林道登山口

本当は旭山と和淵山にハイキング目的で登る予定であったが、余りに天気が良いので河岸を変えて展望に優れた上品山を歩くことにした。それは今後タッシーと予定しているMTBツアーのコース下見を兼ねている。

牡鹿半島の付け根にある万石浦は女川湾と同様にリアス式海岸の入江であったが、砂州の成長により潟湖となった。同様に今回アプローチした石巻市稲井地区も、古代においては山一つ南側にある万石浦のような入江であったらしいが、北上川の土砂により入口を閉ざされて平野になったものとされている。

そして西側が開いた盆地状の地形であるその稲井地区の外周に、馬蹄形に広がっている山々がある。時計周りに籠峰山〜上品山〜水沼山〜硯石山(雄勝峠)〜小渕山〜京ヶ森の山名が見出せる。
この馬蹄形山塊の尾根上に開削されているのが「石巻緑のハイキングロード」である。但しハイキングロードと言っても全工程の約60%強が林道歩きに終始するところがマイナスポイントであるが・・・
今回はその行程の約1/4の距離に当る籠峰山〜上品山の区間を、春に予定?しているMTB全区間踏破企画の下見を兼ねて訪れた。

先ず籠峰山の登山口であるが、2万5千図で確認して、高木西集落から以前取り付いた大梨林道に入る。(但し入口にゴミの不法投棄防止用と思われるロープが張っていた。)
高木川支流の小沢を渡った直ぐ先に登山道を確認。少し車を走らせたところに車を駐車させて登山開始となる。
入口に擦れて判読不明な看板がある。手入れが行き届いた杉林を登って行くと道は二手に分かれこれを左に。
沢を右岸に渡ると奥に滑滝が出現する。(以前来たときは渇水期で僅かな水量しかなく記憶に留めていなかった)
「小さな山なのに以外と立派な滝だなぁ〜」と二人で関心してしまった。
画像


この滝で沢筋は二股となり、道は左股に入ってゆく。相変わらずの杉林登りに飽きてきた頃、道は大きく左(南)に曲がって、モミジイチゴのイバラ薮が繁茂した雑木林になる。この付近は踏み跡程度となるが、僅かの距離で突然芝生の籠峰山山頂広場に飛び出す。背後にレーダードームのある上品山が見える。
画像


アンテナが立つ籠峰山山頂は、車で登れるところなので公園みたいな雰囲気の場所であった。
画像


三等三角点に挨拶してから車道を北西に辿ると上品山分岐となる。ハイキングロード起点の指導標とともに大きな看板が立てられていた。
画像


ここからは細い林道歩き。高圧線鉄塔がある323m独標を越えると、本日のハイライト:約800mの牧草地登りが始まる。途中で振り返ると越えてきた籠峰山の彼方に奥松島や光る仙台湾が一望の下に展開する。
画像


「ここに雪が積もったらスキーで滑ってみたいね。」「いやいやソリ遊びした方が面白いよ。」などと言って盛り上った牧草地の広〜い開放的な斜面。
画像


腹が減ってきたので、牧草地上部で昼食とする。風が当らない斜面だったので、海を眺めながらのんびりできた。
牧草地を登りきったところの林道右に393m四等三角点を発見。その下の直線道を上品山を目指して進む。
画像


周りは牧場といっても大半がススキの原と化している。風になびくススキの背後に11月に登った硯上山が眺められる。三色に統一された面白いアングルの写真と撮った本人は勝手に思っている。
画像


林道歩きが続き、左手に牧場管理用の建物を見て進むと旧河北町側から登ってくる舗装道路と合流する。
この付近は冷たい強風に吹かれ一寸キツイ。国土交通省の通信設備がある428m独標は西側はるか下まで牧場が広がり、抜群の展望台となっている。飯野川地区を蛇行する北上川と大崎平野に浮かぶ島のような箟岳と和淵山、遠景には鳴子の花渕山が一望であった。
画像


北側は、と見ると北上川の対岸に翁倉山が、その奥には岩手の室根山や遠く五葉山までが、澄んだ冬の空に輪郭を浮き出させていた。でも強風の影響で寒くてゆっくり景色を眺めている余裕は全くなし。
画像


更に舗装道路を歩いてゆくと、右に若宮集落に降りる道路が分岐するが、ここは直進。そこから150mほど右に上品山と書かれた鳥居を見つける。鳥居を潜りツツジを植林したばかりの開けた斜面を直上すると神社があった。
画像


神社の右側から山道を辿って上品山の三角点を目指す。航空自衛隊のレーダードームがススキ原の中に佇む光景は不思議な世界に迷い込んだ感覚がある。
画像


レーダードームの南側に三等三角点は簡単に見つかった。以前来た時は三角点への踏み跡がなく、ひたすらススキの原を探し回った経験があったが、今回は拍子抜けである。
帰路は籠峰山まで戻るのも大変なので、往路途中の410m独標の先にある地形図の破線路を下ることにする。
でも入口はススキの薮に覆われて、以前の車道跡が微かに判別できるのみ。適当にススキ薮を下ってゆくと南側に尾根一本外れたみたいである。
そのまま降りるのはイバラ薮が酷くて苦労するので、左の沢に下り、北の尾根に斜登気味に登る。
ここで地形図の破線ルートと思しき踏み跡を発見するも、すでに廃道状態。仕方なく薮が薄い微かな別の踏み跡を尾根筋通りに下ると、見事に目標としていた地点の林道に飛び出した。(分かり難いが薮抜けの瞬間。)地図読みは難解なパズルを解くみたいな楽しさがある。
画像


その後、大萩林道を40分歩いて車に戻れた。ほぼ等高線通りのアップダウンが少ない歩き易い林道であった。
そしてMTB下見の感想をタッシーに聞くと、実施にかなり乗り気の様子。
今回の山は山道の部分が少なく、登山という観点からは評価度が低いが、ハイカーにとっては充分楽しめる山であると思う。でもこのハイキングロードを一日で周回するとなると、かなりハードな山旅となるであろう。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
えさし藤原の郷
(株)小田島組 e-みちつくり隊・事務局からのブログです。 ...続きを見る
(株)小田島組 e-みちつくり隊
2010/08/25 16:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
石巻緑のハイキングロードは本当に長い長いハイキングコースですよね。
雄勝峠側からスタートして籠峰山までの野望は上品山であっけなく砕け散りました。

気持ちのよさそうな滝ですね。今度は籠峰山のほうから上品山まで歩いてみようかな。
MTBだったら気分爽快コースでしょうね。



ebiyan
2009/01/12 19:28
ebiyanさん今晩は。以前にebiyanさんが歩かれた水沼山〜上品山区間のみが、私の歩いていないコースです。石巻緑のハイキングロードは林道歩きが長いですが、各所で展望が広がる気持ちよい道ですよね。もっと多くの人に認知されても良いと思います。
MTBは以前からタッシーに誘われていました。彼は色々なレースに出た経験がある猛者ですが、私はやった事がないので登りの脚力に自信がありません。(笑)
sone
2009/01/12 20:06
SONEちゃん用のMTBをどうしようか構想しております。
サスペンションのないものだと、即準備できるんだけど…
作戦考えるので、ぜひ実現させよう!
タッシー
2009/01/13 10:09
タッシー今晩は。MTBはもどきのチャリしか乗ったことないので、仕様の良し悪しはさっぱり分かりませ〜ん。それよりダートの登りがしんどそうで、それだけが心配です。(苦笑)
sone
2009/01/13 19:12
今日は久々に井内地区をスタートして、石巻緑のハイキングロードをメインに、すり鉢状に全行程約35kmを3時間40分かけて、トレイルしてきました。
風もなく、景色も最高でした。適度なトレイルコースです。
まごやん
2010/01/11 21:15
まごやんさん、ご訪問&コメント有難うございます。
全工程35kmを3時間40分とは凄い速さですね。驚きました。
MTBで周回する予定ですが、未だに実現していないですよ。
SONE
2010/01/11 21:28
水沼山山頂でMTBを楽しんでいる方がおりましたよ。
つつじが華やぐ時期は素敵な場所ですよ。振り返ると上品山からの縦走ルートが一望できるのが、魅力です。
是非、周回を実現してください。
まごやん
2010/01/12 22:29
まごやんさん今晩は。
やはりMTBを楽しんでいる方おられましたか。
ツツジの時期、最高でしょうね。万難を排して今年実現したいと思っています。
SONE
2010/01/12 23:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009.1.11上品山(宮城・北上山地) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる