東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.3.1 大鳥谷山(宮城・西部丘陵)

<<   作成日時 : 2009/03/01 17:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

宮城県西部:川崎町と蔵王町の町境にある大鳥谷山(おおとりたにやま)。一部の里山フリークには存在を知られているが、北の川崎町側からは送電線の巡視路が山頂東肩まで伸びており、比較的簡単に登れる山である。
本日は午後から雪の天気予報のため、午前中のみで気軽に登れるお散歩的山歩きをしてきた。

【 3/1 大鳥谷山(538m) 宮城・西部丘陵 】
川崎町:腹帯地区〜送電線巡視路入口〜392m独標〜大鳥谷山東肩〜大鳥谷山(往復)

朝の仙台は既に曇りベースの天気。しかし低山ハイクゆえに天候に左右されないため気が楽である。
登山口にあたる川崎町:腹帯地区。南北に伸びる送電線が目印のため、比較的位置の確認はし易い。

町道の路肩に駐車して、民家の前を抜け農道を南に辿る。前方には雲がかかった蔵王の一部が見えた。
画像


この田圃の中を一直線に貫く農道は展望抜群。右前方には最近登ったばかりの川音岳が見える。
画像


西側には六方山の山頂部が。しかし蔵王連峰が見えないのは残念であった。
画像


農道を歩くと左手の田圃の奥:杉林が見える地点に巡視路の入口がある。
田圃の畦を歩いて、小さな用水堀を渡って山に入る。普通一般的な登山口とは全く趣きが異なる入山だ。

小さくジグを切って登ると尾根に到着。ここからは多少のアップダウンを繰り返して山頂に至る。
距離片道約2.5km、累積標高差330mの行程である。

道は松や杉の植林地と雑木林が交互にでてくる、何箇所かある送電線の鉄塔、その場所は展望が開けて気持ちよい。特に392m独標の峰は本行程で一番展望が良い。
南側には伸びる送電線の奥に平頂の大鳥谷山が眺められる。近く見えるが未だ半分の距離が残っている。
画像


北側は天気がよければ泉ヶ岳も遠望できるのだが、今日は駄目。左端の三角形の山はシシナゴ山。
画像


北西にはクラスミ山、北沢山、的場山、立石山などの低山が連なって見える。
画像


392m独標の南側・平坦になった箇所で右からブル道が合流する。その道から登ってきた小さなキャタピラと人間の足跡が付いていた。この先の巡視路で何らかの作業をしていたらしい。
すると468m峰東の鉄塔の周囲で伐採作業の跡があった。昨日まで作業をしていた様である。

この鉄塔は東側の展望が開けている。大森南山と牧草地が俯瞰できる。
画像


そこから巡視路は小沢に向かって急下降する。周囲は雑木林に囲まれて雰囲気は良い。
画像


沢床まで降り立つと残雪がでて道型は不明になるが、注意して見ると左上する道が発見できる。
ザラメ雪につま先を蹴りこみながら急登をこなすと山頂肩にある鉄塔に到着。
そこから薮が薄いところを適当に登って大鳥谷山の三等三角点に登りついた。
土塁の際に埋もれる様にある三角点。そして展望皆無の山頂であった。(以前は北側が少し見えたが・・)
画像


往路を468m東まで戻り軽い食事を摂る。本日は低山なのでビールは持ってこなかったが、タッシー持参のビールをお裾分けしてもらう。持ってきたサツマイモの蒸し芋をサクラにあげると喉を鳴らして食べていた。
その頃から空はどんより曇り、最後にはサラサラと小雪が舞ってきた。800m以上の標高の山々は既に見えない。やはり高い山に行かなくて正解だったみたいである。

予定通りのお昼前に車に戻る。そして本日のお楽しみ、みちのく湖畔公園の前にある「ドライブインみしま」で昼食を摂った。タッシーはお目当てのダールラーメン、私は辛みそラーメン。最近はドライブインという呼称が死語化して久しいが、繁盛しているこの店のラーメンは美味い! 暫くぶりに食べて満足して帰路についた。

参考に地形図に軌跡を記入しました。
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
最後の玉砕ルートが無いね(笑)
サクラはこの程度でもお疲れらしく、ボール投げもそこそこに
ソファで裏返し爆睡だよ…でもちょうど良い感じかな、今日位が。
人間には物足りないけどねえー。
たまにサクラに合わせてB級グルメ探索もイイか?
タッシー
2009/03/01 18:31
タッシー、今日はお気楽・楽勝の山だったね。
最後に尾根が切られて崖状になっているのはビックリ!(嫌な予感はしたけど・・・)
サクラも歳なので、今後はあまり無理はさせられないなあ。
でもゴロゴロして楽しそうな姿見ていると、連れていかないのは可哀想になるしね。
B級グルメ探索、今度は”じゃらん”でイイとこ目星付けておいてよ。
山のチョイスもそれに合わせるってのはどう?
SONE
2009/03/01 19:25
今日は腹帯でしたか。
蔵王は見えなかったようですが、こちらお昼には船形連峰も見えていましたよ。
それで、午前の仕事を切り上げてお昼かけて山へ…。
今までお昼からなんて考えたことも無かったのですが、今回逃すと2週間の空白だから辛いねと思ってね。
で、一番近いのは七ッ森ですが、ちょつと欲張りして、前からねらっていた赤崩山へ行ってきました。展望は駄目でしたが満足、満足(^。^)
スズ7
2009/03/01 21:17
スズ7さん今晩は。
へぇ〜、宮城北部は比較的天候が良かったんですね。
日が長くなってきたので、昼からの出撃でも低山ならバッチリ登れますね。
赤崩山は山頂がブナ交じりの綺麗な雑木林で雰囲気良いですよね。
SONE
2009/03/01 22:36
大鳥谷山は北側コースのほうが断然気持ちよさそうですね。
南側は踏み跡もはっきりしないような小枝をかきわけながら進む道で展望もなかったので今度私も北側コースを歩いてみようと思います。
川音岳も見えるんですね。かっこいい!これはぜひ眺めに行かなくちゃね。
昨日の地蔵山はブリザードでなにしに行ったんだか、状態でしたが、なにごとも経験・・だったかな。
ebiyan
2009/03/03 18:10
ebiyanさん今晩は。
3連続で雪山に行ってこられたみたいで、昨日を除き天気が良く何よりでした。
大鳥谷山の南側ルートは歩いたことないので判りませんが、北側は鉄塔が立つ場所で展望が開けるのでお勧めです。蔵王連峰がバッチリ見える日なら、更に良いと思いますよ。
SONE
2009/03/03 19:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009.3.1 大鳥谷山(宮城・西部丘陵) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる