東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.4.5 雪割り草の競演(山形・庄内)

<<   作成日時 : 2009/04/05 22:21   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

3年連続で山形・庄内地方に咲く雪割り草(ミスミソウ)のお花見に出かけた。
早朝まで降っていた雨の影響が残り、天候は曇りベース&強風のため半開きの花びらのものが多かったが、様ざまな色合いの可憐な雪割り草は、庄内地方の春の訪れを感じさせてくれた。

【 4/5 ミスミソウ@山形・庄内地方 】
(注)雪割り草(ミスミソウ)の自生地保護の観点から、詳しい場所の説明&写真は一切掲載しませんでした。
尚、記事読んで山名を分かった方にお願いです。どうか山名はコメントに書かないでくださいね。

今回のお花見山行はHataさん・Hashiさん・Akeちゃん@山形、スズ7さんご夫婦・ebiyanさん・タッシー・Sone@宮城の8名が参加。内女性が5名と華やか&賑やかな山となった。
現地は肌寒い強風が吹き荒れ、かつ曇り空のため開花状況が懸念されたが、結構咲いていて一安心。
でも半分しか開いていない花が大半で、花芽も例年より少なめに感じた。
しかし色とりどりに咲くミスミソウは何回見ても見飽きるものではなく、今回初めて訪れたメンバーも感動していた。

雪割り草(ミスミソウ)の花の競演。その一部を写真で紹介する。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


山麓に咲くキクザキイチリンソウは満開。
画像


画像


風に揺れるカタクリ(咲き始め)。
画像


その他にユキツバキ、ショウジョウバカマ、キクバオウレン、エゾエンゴサク、ウスバサイシン、キブシ、マルバマンサクなどが咲いていた。
このミスミソウ自生地が未来永劫大切に保存される事を願ってやまない。

’08、4/13 のミスミソウの記事は → コチラ

’07、4/6 のミスミソウの記事は → コチラ

P.S. 庄内地方で花の名山として有名な高舘山は、3月15日から秋頃までの期間、一部のコースで立ち入り禁止となっています。ナラ枯れ被害木の伐採作業が継続して行われる為だそうです。
詳細は 山形県鶴岡市観光連盟 のHPをご確認ください。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
魅惑の山は曇天でも期待を裏切りませんでしたね。
楽しい語らいと春の花々に満足です。
可憐ないミスミソウがいつまでも咲き誇る山であって欲しいと思います。
ワンチャンスの時期でしか楽しめない花の山旅、イガッタヨ〜。
スズ7
2009/04/06 07:10
花にあまり興味のないオイラだが、
愛でる気持ちや、保護の意識はモリモリある…
ゆうべ自己分析したんだけど、花の名前に興味が無いんだね。
山の名前も同様だけど(苦笑)。
タッシー
2009/04/06 11:00
お世話様でした。
思ったより寒くて咲いていてくれるか心配でしたが、頑張って開いてくれていましたね。
いろんな色のユキワリソウを見ることができてうれしかったです。
毎年訪れている山形の方が前より少なくなった気がすると言っていたので気がかりです。
ebiyan
2009/04/06 16:58
スズ7さん今晩は。
曇天なので花びらが閉じているのでは??? と気が気でなかったのですが、初めて訪れた皆様に満足していただいて良かったです。
花の命は短く、ワンシーズンで本当に僅かな期間しか咲きませんが、また花の山旅にご一緒しましょうね。
SONE
2009/04/06 17:35
タッシー今晩は。
タッシーの記憶力はビジュアル中心だからねぇ〜。でも興味の対象が異なる者通しで毎回登っているのも不思議な感じ・・・食い気部門では一緒だけどね(笑)
しかし車の中での前日見た”山下達郎コンサート”談義は面白かった。
誰かさんが言った「ヤマシタハチロウって誰?」を思い出し、今でも笑ってしまいます。


SONE
2009/04/06 17:44
ebiyanさん今晩は。
人に煩わされず静かに花を愛でる事ができる所は貴重ですね。
日本海側のミスミソウは色の変化が多くて最高です。
しかし2年前に比べて明らかに花が減っています。特に濃いピンクやムラサキ系の大株が無くなってしまいました。何らかの保護や規制が必要な時かもしれませんね。
SONE
2009/04/06 17:56
こんにちは。
冬季は山に登らない私ですが、このシーズンは里山歩きを楽しんでいます。
先日、花巻の万寿山に行きミスミソウを鑑賞してきました。
SONEさんの記事で紫のものもあるんだと
あらためて勉強させて頂きました。
万寿山はピンクとホワイトだけでしたが
それでも興奮しまくりでした^^
他にイワウチワも目当てでしたが
こちらはまだ固くつぼんだままでした(^^ゞ
今週末か来週にかけて咲きそうでした。
盗掘については、私も悲しく思っているひとりです。
最近は山に行く度に、盗掘禁止の立看板を目にします...。
何年もかけて成長し、私達を楽しませてくれる花達....。
秋田駒のコマクサ、岩手山焼走りコースのコマクサなどは
ロープを張っていてもその中に入って撮影をしたりと
監視員がいても平気でマナー違反をしている方もいますしね...。
対策はやはり個人の意識しかないのでしょうか...。

桜子
2009/04/07 06:58
はじめまして、lisonさんからコメいただき、一昨日山中でスライドした方たち、lisonさんの山友と教えていただきました。岩場のところですれ違った単独の地元民です。 庄内地方のミスミソウは盗掘などで数が減っています。地元の方々が保護などをしていますが盗掘はあとを絶たないようです。
mar
2009/04/07 11:49
桜子さん、ご訪問&コメント有難うございます。
ミスミソウの北限は岩手にあると聞いていましたが、花巻にも自生地があると知って驚きました。やはり太平洋側の花色は清楚な薄ピンクとホワイトが中心ですね。
イワウチワは宮城・山形でも咲き始めみたいです。もう少し待たなければならないですね。
花盗人については悲しさよりも、その人の気持ちが憎いです。
一杯宣伝して沢山の方が山に入れば、相互に監視されて盗掘が減るという意見もありますが、
ミスミソウの様な稀少種は、沢山人が入る前に根こそぎ盗まれてしまうでしょうね。
それに踏害も懸念されますし...山梨県には稀少種の盗掘を防止する条例がありますが、
そろそろ国が法制化して保護する必要があるかもしれませんね。でも政治家は金になる事以外は一切やろうとしないからなぁ〜(苦笑)

SONE
2009/04/07 12:12
marさん、ご訪問&コメント有難うございます。
ここで事後のお詫びですが、marさんが投稿されたコメントで山名を特定する表記について一部修正させて頂きました。ミスミソウ自生地保護の観点から、どうかご了承お願い致します。
それにしても世の中は狭いもんです。marさんがlisonさんのお知り合いとは(驚)
そうと分かっていれば、もう少しお話をしたかったです。
盗掘で数が減っているのは感じました。評論家の本多勝一氏はその著書で日本人の民度の低さを嘆いておられます。自分だけ良ければ良い風潮が、現代では益々加速している気がします。
地球温暖化対策としての環境保全が叫ばれていますが、身近なか弱い自然を守る事がその一歩と思うのですが... そして地元の方々の自生地保護に対するご苦労、誠に感謝いたします。
ささやかなミスミソウの自生地が、子孫の代まで大切に守られることを切に願っています。

SONE
2009/04/07 12:38
SONEさん、配慮に欠けた書き込みでご迷惑をおかけしてしまい
申し訳ありませんでしたm(_ _;)m

また、色々とお手数をお掛けしてすみません。
今後、気をつけるように肝に銘じます。申し訳ありませんでした。
mar
2009/04/07 19:09
marさん今晩は。
いやいやこちらこそ書き込み内容を修正してしまい、誠に申し訳ございませんでした。
お気にされることは一切ないですよ。
あの山のミスミソウ自生地は山形=庄内の宝との思いから、山名を伏せているだけですから...
それは酒田の山仲間の皆さんも全く同じ思いなんです。
今後とも素晴らしい花々の保護を宜しくお願い申し上げます。
SONE
2009/04/07 19:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009.4.5 雪割り草の競演(山形・庄内) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる