東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.5.20 泉ヶ岳(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2009/05/22 00:23   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

自宅の窓から天気の良い日には泉ヶ岳が見える。今週に入ってから好天が続き毎日その姿を拝んでいた。
残雪も無くなり緑の衣装を纏った泉ヶ岳はとても優しく穏やかな姿をしている。
午後から時間ができたので、軽く晩飯前の運動を兼ねて速攻で登ってきた。

【 5/20 泉ヶ岳(1172m) 宮城・船形連峰 】
旧青年の家西側の登山口〜兎平〜岡沼〜かもしかコース経由:泉ヶ岳〜表コース経由:薬師水〜車道〜旧青年の家西側の登山口

在仙の登山家に人気の高い泉ヶ岳は平日でも訪れる人は多い。一般的には水神コースやかもしかコースを利用する方が多いが、時間が遅いこともあり旧青年の家西側の登山口に駐車車両はなかった。

午後2時35分に登山開始。登山口周辺にはミツバウツギの花が咲き誇っている。
赤松交じりの雑木林の登りは落ち葉で滑り易い。チゴユリが沢山咲いていて急登の辛さを和ませてくれる。
画像


この登山コースはあまり使われていない。泉ヶ岳スキー場の登山リフトのすぐ右側の尾根を直登してゆくが、スピーカーから鳴り響くJ−POPの音楽がやけに耳につく。
登山リフト終点を越えた標高まで登ると、やがて旗頭と呼ばれる草原に飛び出す。
仙台市街地方面の展望が一気に広がり、優しい風が汗を拭ってくれる。
画像


その地点から兎平までは反時計周りに辿る平坦な道を行く。マイズルソウが林床に一面に咲いている。
画像


林を抜けると野芝の広がる兎平の東側に飛び出す。
以前物議を醸し出したシラカバの植樹も大分大きくなり付近の風景とマッチしてきた。
画像


兎平から見た泉ヶ岳山頂。厳しさを一切感じさせない山容をしている。オオバボダイジュが一際目立つ。
画像


野芝の上で女性の単独行者が昼寝していた。とても気持ち良さそうな様子。その横を通り過ぎて林の中に入り少し下ると水の無い岡沼にでる。左側には一面にオニゼンマイが生えている。
岡沼は雪解け時期のみ沼が出現するが、下部に多くの湧き水が出る所がある。山名の由来もこうした所から出ているのであろう。
岡沼からは左斜上して登山道は続く。「あかまつ」の看板から先は一気の登り。少し強引とも言える道の設計である。かもしかコースは昭和38年の開削。当時かもしかの糞が沢山あったための名称との事。
やがて稜線に出るがそこからも急登が続く。「ひがら坂」と呼ばれる急登は冬場はかんじきやスノーシューでも踏ん張りが利かずに苦労する。途中で老登山者とスライド。遅い時間帯での登りに驚かれた。

道が左にカーブすると滑降コースの分岐。そこから少し登った地点で展望が開けた場所がある。
1月に登った黒鼻山の平頂が眼下に見えるが、奥羽山脈の山々は午後の日に霞んで見えない。
画像


「かもしか平」と呼ばれる平坦地までくると山頂は目の前。以前厳冬期にこの場所で小規模な表層雪崩跡を見た事を思い出した。
そして午後3時40分に二等三角点がある山頂到着。石ゴロで展望のない山頂広場で休む気にはならず、何時も通り西側の展望が開けたガレ場に行って休憩する。船形連峰が遅い午後の陽を浴びてシルエットで眺められた。
画像


微風で適温の山頂で20分ほどのんびりして船形連峰を眺めてから下りにかかる。
山頂の東側にある平成2年に土の中から発見された、二百数十年前に安置されと言われる薬師如来石仏を拝んで
表コースに入る。30年以上前には表コースとは言わずに薬師水コースという名称が一般的であった。
何時から表コースなどと言う味わいのない名前に変ったのか不明である。
画像


山頂直下に遅くまで残る牛形と呼ばれる残雪もすでに無く。ブナ交じりの雑木林を一気に下っていく。
今回の泉ヶ岳の目的は「ドウダン林」と呼ばれる平坦地から下部にかけてのシロヤシオ群落をみる事にあった。

先週と今週月曜日の強風で花は大分散ってしまった様子であったが、どうしてどうして結構咲き誇っていて周囲の散策も含めて時間をかけて観察できた。私はこの花の飾りのない清楚な佇まいが本当に好きなのである。
画像


画像


そこから先は大岩が累々と積み重なる急坂の下り。胎内くぐりを潜らず通過して一気に下って行くと薬師水に着く。
現在は杉の植林地で暗い雰囲気の場所であるが、35年前には一帯が伐採地で沢筋には一面にミズバショウとリュウキンカが咲いていたのを思い出す。

そして表コース登山口からは車道を歩いて車に戻った。歩きながら雑木林を見るとシオデが生えていた。
雑木林の中に入って確認すると結構太いサイズのものが10本。しかし少し背丈が大きくなっていたので採らなかった。今日は鼻から山菜採りをする目的の登山ではなかったのである。
車帰着が午後5時10分。午後の短い時間ではあったが手軽に汗がかけた山であった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
あまりにも手軽に登ってきましたねぇ。
この時期、登ったことがないから、花のことは知りませんですが結構あるんですね。
薬師如来石仏のことは初めて、単なる祠だと思ってましたよ。
あのコース登り1時間とは走って登ったのかな。
スズ7
2009/05/22 07:04
スズ7さん今日は。
今の季節、山の花は端境期に当っていますが、他にもヤマツツジ、ラショウモンカズラ、ニリンソウ、アマドコロ、マムシグサなどが咲いていました。全体的に白系統の花が多いですね。
薬師如来は表コースに下り始める所の右側にありますよ。由来説明を書いた石碑もあるので今度覗いてみてください。
オイラは山屋なので走って登る事はしないです。息が弾む直前に寸止めしてペースを調整してしまう習性がは山屋の性でしょうかね(笑)
SONE
2009/05/22 09:50
SONEさんは必死に歩いている風でもないのに早いですよね。
SONEさんに本気を出されたらあっという間に姿がみえなくなるんだろうなあ
なんて思いながらついて歩きますよ。
そういえば薬師水コースって下の杉林のところには看板が残っていたような気がします。
表コースのことだったんですね。ほんと、薬師水コースのほうがずっといいのにね。
薬師如来石仏は冬は扉の中で冬眠中だったんですね。

ebiyan
2009/05/22 18:21
こんばんは〜こちらも相互リンクさせて頂きましたよ〜♪

実は昨日(21日)久々にMTBで泉ヶ岳に行こうかと思っていたのですが、漕いでいるうちにコロリと気が変わってしまって結局薬莱山まで行ってしまいました(爆)。
おまけに、山頂からの下りでは250人程の中学生とスライドしてしまい嵐のようなこんにちわ攻撃(笑)、まあそれなりに面白かったのですが、やっぱり静かな山の方が自分には合っているみたいです・・・

superdioaf27
2009/05/22 18:59
ebiyanさん今晩は。
私自身はそう早く歩いている気はないのですが、何時も登山者を抜き去るときは「特急が来たよ!道開けて!」と言われますね(笑)
自分で分析すると他の方より一歩の踏み出しが少し大きいみたいです。(足は短いですけどねぇ〜苦笑)  
そうでしょう!薬師水コースの方が趣きがありますよね。歴史的な名称なので残して欲しかったです。そう言えば薬師如来石仏、最近冬場ばかり登っていたので私も暫くぶりにお顔を拝めました。
SONE
2009/05/22 20:30
superdioaf27さん今晩は。
相互リンク有難うございます。
昨日はまたまたMTB使用の完全登山ですか。体力ありますねぇ。
でも下りで250人スライド待ちは辛い(笑)薬莱山は課外授業で使われていたのですね。 
250人の内、何人が山好きになって山屋になるか?と考えると面白いですけど...
SONE
2009/05/22 20:37
おはようございます。
今日は生憎の雨です。しかも降りっぱなしで止みません。
休めーと言われているのでしょう。笑

一登りで登って来られるとはさすがSONEさんらしいですね。
山頂で祠があるとなぜか素直に頭を垂れたくなるのが日本人ですね。
「シロヤシオ」が綺麗ですねえ・・・。
鳥海山の近辺ではツツジのシロは見たことがないです。
群落とはさぞかし清清しく見ごたえがあるのでしょう。
鯛金
2009/05/23 08:50
鯛金さん今日は。
庄内は雨でしたか。たまには家でゆっくりするのも良いものですね。
泉ヶ岳は馴染みの山なので、行動時間の計算がし易く気軽に登れるのがミソです。
シロヤシオは岩手県南部が北限で太平洋側にしかないツツジです。愛子様のお印の木として一躍有名になりました。この花が咲いた林内は緑一色の中に白く明るく見えますよ。
一度、宮城の山へシロヤシオの花を見にいらしてくださいね。鳴子近辺でも咲いていますよ。
SONE
2009/05/23 18:41
SONEさんこんばんわ。今日はご相談です。
GW期間に私達レベルが登るに相応しい残雪無し山でお薦めと言ったらどこになるでしょうか。
6月不忘山トライにむけ体力、経験値も上げたくて色々リサーチしてますが、よく判りません。この季節にSONEさんが登られた山も色々拝見させてもらいましたが難易度高く・・・(汗)
ちなみにおぼこんべなどは如何でしょうか?よろしくアドバイスお願い致します。
とむかの
2012/04/18 22:02
とむかのさん今晩は。
今年は残雪が多いので標高1000m以上の山はGWでも残雪がある可能性が高いでしょうね。
オボコンベは融雪期なので最初の川の渡渉は長靴でないと難しいと思います。
一応中級レベルの山なのであまりお勧めできないですよ。
GWで良いのは青麻山と薬莱山がいいと思います。花が結構咲いていますよ。
SONE
2012/04/18 23:15
SONE様、個人的なご相談にのって頂き恐縮です。
青麻山、さっそくリサーチ始めました。SONEさんのブログも読ませて貰いました。
薬来山はガーデンには行ったことあります。迷う事なく登れそうな山ですね。

先ずはしっかり計画立てて経験を積んでくるようにしますね。ありがとうございました!!!またお薦めあればいつでも教えて下さい、まってます〜〜♫
とむかの
2012/04/19 21:38
とむかのさん今晩は。
個人的には下別当コースから登る青麻山がニリンソウの群落があってお勧めです。
急に高い山に登らないで、低山で経験を積んでいくことが重要ですよ。
SONE
2012/04/19 21:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009.5.20 泉ヶ岳(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる