東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.6.2 初夏の月山(山形・月山)

<<   作成日時 : 2009/06/02 23:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

唐突ながら映画の話から...SF物の映画が大好きなオイラ。土曜日からロードショーとなった「スタートレック」、早速観に行きましたねぇ。その内容は明かせないが、昔からのファンは大納得のストーリー展開であった。
と、観たあとに突発的に閃いたのがスキー板の「フリートレック(フリーベンチャーとも言う)」。
良く考えてみると、可哀想な事に今シーズンは一回も出番がなかった。
99cmの長さは携帯性&取り回し抜群であるが、滑りの不安定さもこれまた抜群。
今年最初で最後の出番を与えるべく、微風快晴の本日、初夏の月山にプチツアーに行ってきた。

【 6/2 月山(1984m) 山形・月山姥沢コース 】
姥沢駐車場〜リフト上駅〜姥ヶ岳・金姥鞍部〜湯殿山分岐〜柴灯森〜牛首〜鍛治小屋跡〜月山〜滑降:月見ヶ原〜肘折コース分岐〜牛首上〜滑降:四ッ谷川手前〜リフト上駅〜姥沢滑降:姥沢駐車場

平日の一般道は最悪であった。山形県に入ってから至る所で道路工事による片側通行規制が行われ、何と姥沢駐車場に着くまで3時間近くかかってしまった。
環境協力金1000円を支払って駐車場に入る。この他にリフト片道料金550円も必要で、月山は結構高くつく山なのである。
ここで苦言を一つ。月山の環境維持のための協力金はオーバーユースが問題視されている昨今、支払って然るべき金額と思うが、駐車場前を素通りしてタダで道の奥に駐車する連中の存在をどう考えているのか? 真面目に支払う人間だけ馬鹿を見る現在の管理体制は一考を要すると思いますが。

余談はさて置き、本日の足回りは前述のフリートレック&プラ登山靴。これはもしかしたらテレマークに於ける「細板・革靴」のパフォーマンスに匹敵する難しさかもしれない。(テレはやった事ないので想像ですが。)
短い故に前後の安定性に欠け、エッジの利きが鈍いため、フラットなザラメバーン以外は高速ターンが難しく、常にスピードを調整したチョコマカ小回りターンになってしまう。
しかし利点も多い。ザックに取り付けても全く苦にならないし、シールを貼り付けなくても斜め階段登高でジグを切ると、結構急な斜面でもガンガン登れてしまうのである。(但し緩斜面はこの方法が出来ない!)

さて午前10時40分姥沢をスタート。(ここからは誰でも知っているコースなので要点のみ記載します。)
車道の西側からは赤見堂岳が眺められる。ブナの新緑も濃さを増している。
画像


姥沢の建物がなくなる地点から雪の上を歩いてリフト下駅へ。無風で暑い。
平日なので空いているリフトに乗り、上駅までラクチン登山である。周囲のブナは全て花が咲いていた。今年はブナの実が大豊作になりそうである。
姥ヶ岳からの夏スキーコースは一面のコブ斜面。まるでモーグルの練習場みたい。
そしてリフト上駅に到着。大半がスキーヤーとボーダーで月山登山に来ている人は少ない。
画像


フリートレックはザックに付けたまま歩き出す。今回は姥ヶ岳と金姥の鞍部を目指す。
月山を見上げる。四ッ谷川側の大斜面には一人しか歩いていない。雪面は縦溝が入って荒れている。
画像


金姥から湯殿山分岐の下りには花は咲いていなかった。しかし分岐から柴灯森までの区間はボチボチ咲き始めの花が見られる。先ず最初に出迎えてくれたのがミヤマキンバイ。シラネアオイはやっと花を開かせた状態。
画像画像


そして柴灯森付近ではハクサンイチゲが咲き始め。丈が高くないと初々しく見える。
画像画像


よく観察しないと見逃してしまいそうなコメバツガザクラとミネズオウ。
画像画像


品倉尾根と1619m峰を見下ろす。穏やかなイメージの月山とはかけ離れたアルペン的景観である。
画像


牛首手前から遠望した朝日連峰。
画像


雪の無い登山道を歩く時に見つけたコシジオウレンとショウジョウバカマ。しかし花数は少ない。
画像画像


急な雪面をキックステップで登っていくと終に雪が途切れた。そこから振り返った柴灯森と姥ヶ岳。
姥ヶ岳の左後方には5月3日に登った葛城山の姿も同定できたが、この写真では無理かな。
画像


山頂への石ゴロの急登を登って行くと鍛治小屋跡にでる。そこから見下ろした1619m峰。
画像


そして未だ冬枯れの光景が広がる山頂付近。
画像


山頂一帯は風が強かったが、残雪期の冷たさはなく心地よさを感じるものだった。
山頂神社の西側からは、昨年10月に登った雨告山を懐かしく眺めた。
画像


この時点で午後1時少し前。風の当たらない岩陰で昼食とする。奥羽山脈の山々は霞がかかってボンヤリとしか見えないが、週末毎に天気が悪かったことを思えば、今日の快晴は素晴らしいの一語である。

そして本日のメインディッシュ。東面のカール状地形の滑降である。
神社の傍からスタート。目標は真ん中に見える月見ヶ原の池塘。背後には葉山が見える。
画像


最初はフラットで滑り易かったが、斜度が急になるところから深い縦溝が入って大回りが出来ない。
仕方なくチョコマカ小回りで誤魔化しながら滑っていった。

やがて月見ヶ原の池塘に到着。池塘と言うよりも、雪解け水でジュクジュクになった草原に水が溜まっている状態。
画像


画像同じ場所から滑った大斜面を振り返る。こんな雪の砂漠的風景は東北地方では月山を除いて無いであろう。
画像


登り返しは左側の夏道を意識して最短ルートで登る。勿論ツボ足である。
でも山頂が直ぐ近くに見えながら、大斜面すぎて錯覚するのか、意外と時間がかかった登り返しであった。

その後は往路を牛首上の雪が出る地点まで戻る。ここから滑降の第二ステージとなる。
最初は登山道沿いに滑り、縦溝が少ない小尾根部分を滑って登り気味のトラバースを何回も繰り返す。
最後は四ッ谷川右岸の、ほぼ平坦な段丘部分まで滑り込んだ。
一番滑り易いフラットバーンは柴灯森から派生するご覧の尾根だった。
画像


そこからリフト上駅まではシールを貼らずに、何回も大きなジグを切る階段斜登高で登り返した。
軽く、取り回しが簡単なフリートレックならではの技である。
そしてリフト上駅からはコブ斜面を嫌って、忠実に沢筋を滑り降り、簡単に駐車場に辿り着いたのである。

現在の深い縦溝で荒れた雪質を考えると、今回が今シーズン最後の滑りであろうか。でも咲き始めの高山植物を愛でながらのスキーも中々楽しいものであった。月山の花本番はあと2週間待たなければならない。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
最近WOWOWでスタートレックの特集やってたよ。
小説のペリーローダン・シリーズを思い出しつつ、はしご観しました。
あの、どこでもトランスポーター欲しいね(笑)
デポジットいらずでどこにでも行けるわ!
フリートレックも喜んでいたことでしょう、ひさしぶりでさ!!
タッシー
2009/06/03 15:38
6月に入って気づけばもう夏なんですね。
スキーと花と両方楽しめたなんて最高でしたね。
シーズンにはいつも人でいっぱいの月山が貸切だったなんて贅沢の極みです。
広大な月山の、人影もみえないところでさびしさに少し胸がきゅーっとなりながら
味わう開放感が時々とても恋しくなったりします。
ebiyan
2009/06/03 17:58
タッシー今晩は。
スタートレックの監督は、あの船酔い映画「クローバーフィールド」の監督作品だったけど、
脚本と独特の映像表現が秀逸だったねぇ。絶対映画館で観るべき映画だね。
トランスポーターは今回も大活躍。やっぱ宇宙物はワープとそれでしょ(笑)
最近フリートレックは年1回の限定使用になってしまったなぁ。もっと使ってやらねば。
SONE
2009/06/03 18:14
ebiyanさん今晩は。
山自体に端境期と言うのがあるとすれば、月山では今が正に端境期ですね
バックカントリーで一時賑わった山頂も、花の山に衣替えする直前は静寂そのものです。
あと2週間もすると一般ルートは喧騒の世界に変わってしまいますね。
暫くぶりに岩根沢コースの、人影が見えない広大な風景を見たくなってきました。
SONE
2009/06/03 18:25
そうですね。月山の環境協力金1000円はオー高すぎー。
7月になると料金が500円??
私も苦言をいいましたよ。
環境協力金OK、それなら山頂のゴミ焼きはなんだべぇ。
あそこは羽黒町、私ら知らないという。
では、西川町へ…羽黒町へ伝えます。
随分、ゴミ焼きはしなくなりましたが、山頂に行ってツーンとする異臭は、
みんな我慢してるかな…。
考えてみると産廃なんですねぇ。(--;)
毎年、6月中に行ってるのですが今年はどうなるかな。(^O^)
スズ7
2009/06/03 21:50
スズ7さん今晩は。
本文に書いていますが、自論としてオーバーユースで環境破壊の可能性が高い百名山などで、環境協力金を支払う点には納得できます。その1000円という金額は評価の別れるところですが、基本的に山を楽しんだ受益者負担の原則がありますから...
しかし大駐車場に駐車した車からのみ徴収するのは、全く理解できないんですね。
姥沢の施設利用者にはロープが張られた専用駐車スペースがありタダ。姥沢の手前や道路の一番奥に駐車した車もタダ。日本有数の夏山スキー場として余りにもお粗末な管理体制です。
姥沢入口(車道)に徴収ゲートを設けて、施設関係者のみ通行許可証でパス、その他の来場者からは全て徴収する。コレが公平な受益者負担の基本ではないでしょうか。
しかしながら山頂でゴミ焼きですか(驚)霊峰を何と心得ているのでしょうかね(苦笑)
SONE
2009/06/03 22:40
月山の金姥あたりの花の様子気になっていたのでナイスな記事!有難うございます。
 6月の1,000円はスキー場の駐車場管理金と思っていました。7月は500円ですか!・・・。南アルプスのように数百円程度なら気持ちよく協力できるんだけどな〜(笑)。
 
テントミータカ
2009/06/04 21:04
テントミータカさん今晩は。
月山の山頂付近のハクサンイチゲやミヤマキンバイは後15〜20日後がベストと思います。
でも金姥周辺なら10日後が一番良いかもしれません。
例の協力金は7月1日の山開き以降は500円ですが、同じ駐車場を利用するので矛盾を感じますよね(苦笑)やはり数百円程度の負担が誰でも協力できる妥当な線でしょうかね。



SONE
2009/06/04 22:18
ブナの新緑、残雪期で斑模様の周辺の山、まだ残る雪の砂漠的な斜面、雪解けの月見ヶ原、咲き始めた花・・・この時期の様々な顔の月山のレポート、新鮮で楽しませて頂きました・・ご馳走さまです
HAMA
URL
2009/06/05 21:26
HAMAさん今晩は。
そろそろ怪我の具合も少しずつ良くなり、山が恋しくなってきた頃合ではないでしょうか。
HAMAさんが月山で滑られる時期は何時も5月中みたいですが、山頂東面では例年6月一杯は滑りを楽しめます。しかし今年は雨の影響で縦溝が深く、快適な滑りは出来ませんでした。
SONE
2009/06/06 00:50
7月1日より月山美化協力金は一人200円です。
2000年ごろから知ってるかぎり変わってないはずです。
私らスキーヤーは人頭税(特命記者氏による)と呼んでます。
丸一
2009/07/15 22:29
丸一さん、ご訪問&コメント有難うございます。
最近は7月1日から一人200円になったんですか! それは知りませんでした。
登山者は単独よりも大勢で来る方が多いから、奴らも考えましたねぇ〜。
環境協力金が月山美化協力金に名前を変えている。全く矛盾しているやり方ですね(苦笑)
スキーヤーは文句言わないから徴収する、と言う短絡的な思考が理解できないです。
SONE
2009/07/15 23:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009.6.2 初夏の月山(山形・月山) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる