東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.6.20 長井葉山(山形・朝日連峰)

<<   作成日時 : 2009/06/21 14:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 14

今年の大河ドラマ「天地人」にあやかり、マイブームになっている直江兼続が開削した朝日軍道巡り。
本日はその南側の始点、長井市草岡口から長井葉山・奥の院までの道を歩いてきた。
開削当時の雰囲気が残る朝日軍道に驚き、尾根を大きく削りとったオケサ堀に目を見張り、昭和初期に建設された昭和堰の遺構に驚嘆した歴史の山歩きであった。

【 6/20 長井葉山(1237m) 山形・朝日連峰 】
山際車道西側の駐車場〜林道を歩き:大石大明神〜オケサ堀〜嘉永堰〜昭和堰分岐〜昭和堰探勝を経て葉山奥の院〜お田代湿原〜葉山神社〜昭和堰分岐〜勧進代分岐〜オケサ堀〜大石大明神〜山際車道西側の駐車場

山形県には葉山と呼ばれる山が四山ある。一番有名で登山者が多いのが村山の葉山(1462m)、二番目に標高が高いのが今回登った長井の葉山(1237m)、ぐっと標高は低くなるが本来の語源:羽山(端山)の意味が濃厚な上山の葉山(687m)、無線中継所の管理道路が山頂直下まで登っていて、全く登山の対象とはなっていない鶴岡市三瀬にある由良の葉山(154m)がそれである。
これらの山に共通するのが平野部から一気に立ち上がって屹立する点と、奥山に対する端山的な位置関係を有する点である。

前日夜、先行上映の「トレンスフォーマー・リベンジ」を観賞したため、翌日の仙台出発は午前9時となってしまった。
そんな訳で比較的天候が良く、かつ遠くない山形・置賜地方の山にターゲットを絞った。
白鷹町に入る頃、右手に葉山の平頂が霞みがちに見えていたので、急遽葉山に登ることに決定。

この葉山(長井)、以前白兎口から登ったが、あまり印象が良い山ではなかった。
急で、しかも堀状になって歩き難い一本尾根をひたすら登り、唯一展望が得られる奥の院に着いた。
こじんまりとしたお田代湿原と、その奥に小さく見える大朝日岳だけしか記憶が鮮明でない山であった。

山際の車道から結城哀草花の詩文が描いてある標識を目印の林道に入る。
この林道、最初の部分が悪路っぽいので、林道分岐の右手に見えた広い駐車場に車を停めた。
他に2台の車が駐車している。しかし林道を歩き始めてみると、悪路と思ったのは間違いで、普通自動車でも登れるダート道が大石大明神の前まで続いていた。ここに地元タケノコ採りと思われる車が2台あった。

大石大明神からは車が進入できない山道となる。道の片隅には梅雨時の花:エゾアジサイが咲き始めていた。
画像


道は少しの間、大石沢に沿っ登っていく。山の緑も夏山らしい色の濃さになってきた。
画像


大石沢を鉄製のパイプ橋で渡ると、急な斜面を大きくジグザグに登っていく。ほぼ一定の穏やかな斜度を保って登る道は全く疲れない。朝日連峰の一般登山道=「稜線まで木の根が張った急斜面」のイメージは全くない。
雑木林が終わった頃、太いミズナラやブナの気持ちよい道が始まった。
画像


途中では朝日軍道の名残と言われている幅広の道が出現。軍馬が楽にターンできるRを広く取った道が続く。
画像


歩き易い道をドンドン登っていくと、やがて「オケサ堀」に到着。分水尾根を大きく切り開いて、布谷沢源流部の水を草岡方面に引き込んだ昔の人の執念には本当に驚いた!
現在は杉の古木が周辺に残る、本当に静かな休憩場になっている。
画像


オケサ堀からは少し道幅が狭くなるが、相変わらず緩登の道が続く。
しかし最初の頃は右側にカラマツの植林地が出てくる点が少し難点。そこを過ぎるとブナの二次林となり、エゾハルゼミの蝉時雨に包まれる。その鳴き声は大きいが何故か涼しさを感じさせてくれるのが実に不思議である。

長井葉山は花の山ではない。
しかし少ないながらもユキザサやミヤマスミレが咲いていて、単調な登りにワンポイントを加えてくれた。
画像画像


標高1100mを越えると潅木帯が出てくる。サラサドウダンが満開であった。
画像


水が流れていない嘉永堰の右側に「嘉永清水50m」の看板があったので行ってみた。
しかしそこには溜まり水しかなくガッカリ!

勧進代分岐を右に見て、更に進むと昭和堰の看板があった。地元のタケノコ採りのご夫婦が休憩されている。
正規の登山道から左に分岐する「昭和堰」の事を伺ってみると、「堀にでた所を右に入ると奥の院に行ける。少し遠回りだが、最近復元した道なのでお勧め。」との事。丁度1201m峰の登りにかかる場所である。

面白そうな話には直ぐに飛びついてしまう性分なので、「少し遠回り」なら行ってみよう・・と昭和堰に向かった。
分岐から少し入ると両側にネマガリダケが多い道となる。すでにタケノコ採りが多数入ったみたいであった。
やがて布谷沢源流の沢を渡る。水場でもあるここで大休止。水が大好きなサクラは大喜びである。

「堀にでた所」は以外に遠い場所であった。ここが復元された昭和堰の探勝路の始点となる。
画像


昭和堰の探勝路を歩き始めて、この昭和堰なるものの遺構がとてつもない大工事だった事を知る。
帰宅して調べてみると、この昭和堰は1201mの西側に派生する尾根のいくつもの沢水を集めながら、東面の集落である勧進代へ送水するために作られた用水路で、昭和7年から昭和9年にかけて「嘉永堰」の堰幅を拡張補修し、更に新たな用水を確保するために大桶沢最源流まで延長して、「昭和堰」と改名したのが由来らしい。


元々の嘉永堰がベースとなっているが、その総距離はなんと3.5kmもある。
1201m西尾根を半時計回りに、水が流れる緩い傾斜を保ちながら、ほぼ水平にルート工作する測量技術。
大岩や木の根の掘り起こし作業の大変さ。なんと一部はコンクリートで固められた工法を取っているではないか!
現在の様な重機がない時代に、人力頼りでかなりの苦難を極めた工事と推定された。
これは朝日修験道やマタギ道をベースに拡幅された朝日軍道を上回る大工事である。正に驚嘆に値する。

道中みつけたノビネチドリ。
画像


タムシバも花盛り。
画像


この昭和堰探勝路は近年「昭和堰を見る会」の方々が調査・復元したらしい。
しかも昭和堰探勝路の末端から急坂を登ると、葉山奥の院に出られると言う秀逸な道でもあった。
でも実際に歩いてみるとこの探勝路は実に長かった。「少し遠回り」なんてとんでもない!
結果的に概算で約2.5kmの遠回り。何処まで行っても右側に幅50cm程度の堀跡を見ながら、ほぼ水平に尾根巻き〜沢〜尾根巻き〜沢〜(延々続く)の繰り返しで、何時までも同じところを歩いている気分になってくる。

しかし沢を渡る箇所で少しだけ展望が開け、奥の院から見る事ができない大玉山方面も見渡せた。
写真は葉山から西に続く稜線上にある1264m峰である。
画像


山の幸:コシアブラを少しだけ頂戴した。その場所には沢筋に豊富な残雪が残っていた。
画像


昭和堰の一番奥の堰堤がある場所から探勝路を離れて奥の院を目指す。一部ロープ場もある急登だ。
登りきると葉山奥の院直下の登山道に飛び出す。そこから岩塊とザレ場のあるケルンが積まれた奥の院は僅かな距離であった。この時点で午後2時40分。誰もいない貸切の山頂であった。

午後の遅い日差しに祝瓶山の姿も霞んで見えていた。
画像


南側には1201m峰から西に派生する尾根が見える。小さな残雪部分の中間にある道型が昭和堰だ。
画像


山頂で遅い昼食を取る。冷えたビールで乾杯。高曇りのため暑さも感じず快適な一時であった。

帰路は一般登山道を歩く。途中にある小さな湿原は「お田代湿原」。以前あった池塘はなくなってしまったが、ブナの森に囲まれ、一面にミツガシワが咲くミニミニ桃源郷であった。
画像


画像


湿原から平坦な道を少し歩くと葉山神社に着く。一段下にある葉山山荘には鍵がかかっていた。
画像


あとは再び朝日軍道を辿る整備された下り道である。道幅が広く、傾斜が緩い道は無意識に足が運べてピッチが上がる。回りをキョロキョロしながら歩いているとギンリョウソウを見つけた。
画像


オケサ堀で水分補給の休憩。サクラが沢水で暑くなった身体を本能的に冷やしている。
周りに生えている山菜のミズを少しだけ頂いた。

そして再び大きなジグザグの下りに入る。登ったときより霞が取れて、少しだけ草岡集落や置賜平野の展望が開ける様になっていた。
画像


今回再登してみて長井葉山の良さに始めて気付いた。朝日軍道、オケサ堀、昭和堀など昔の人々が作った歴史的遺構が随所に散りばめられ、過去の歴史や人の息吹に思いをはせる味わい深い山旅を楽しめた。

これで私の朝日軍道の未踏区間(登山道あり区間)は長井葉山〜御影森山のみとなったが、中沢峰から御影森山間の刈払いが近年一切なされておらず、ほぼ廃道状態らしい。薮慣れていない方だと道を外す酷さとも言われている。現在の「天地人」ブームで朝日軍道を踏破したい方は私を含めて多いと思われるので、是非地元の行政機関は予算計上して登山道の再整備をして欲しいものである。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
月山の葉山だと思ってましたら長井でしたね。
朝日軍道も僅かになりましたか。
こうしてみると、昔人は道路開削と治水、保水に力を注いでいたのですね。
昨日の山形は天気マアマアでいがったですね。(^。^)
スズ7
2009/06/21 14:33
オケサ堀のほうから登った時に1264mピークで展望を楽しんだあと
〇〇堰(どっちだったか覚えていませんが)の標識に従って下ってみました。
〇〇堰っていうんだからそうひどい道じゃないだろうと思っていたら、急な
所を枝につかまりながら下ったり笹のかっぱに注意しながらの歩きにくい
道だったりして、どうして私っていつも余計な道に入ってしまうんだろう?
と悔やみながら歩いたのを覚えています。
残すは長井葉山〜御影森ですか。
ほんと、刈り払いされるといいですよね。
ebiyan
2009/06/21 15:49
スズ7さん今晩は。昨日は月山でしたか。天候もまずまずで良かったですね。
朝日軍道は最後に残った区間が一番難題ですよ。中沢峰〜御影森の間が再整備されたら、直ぐにでも歩いてみたいのですが・・・
本当に昔の人は農業用水の確保が一番大切だったのですね。ダム建設の是非が問われていますが、昭和堰の必要性が無くなったのは、やはりダムの恩恵でしょうね。
SONE
2009/06/21 18:07
ebiyanさん今晩は。
昭和堰に行く道は水平道ですから、恐らくオケサ堀の分岐から三渕方面に入ってしまったかも?
我々の三渕への道を少し入ってみましたが、杉の古木の先から薮化していました。
ebiyanさんの何時ものコース取り見ていると、好奇心旺盛なところが分かりますねぇ(笑)
でもそんなところから新しい発見があるので、余計な道に入っても良いと思いますよ。
何れ祝瓶山荘起点に中沢〜御影森〜平岩〜大玉と日帰り周回してみたいのですが、一部の薮道の存在から躊躇しています(苦笑)
SONE
2009/06/21 18:17
おはよー
オケサ堀の分岐からの三渕方面、ボートに乗って行ってみたいね(撃沈丸?笑)
サクラのダニ、暗くて見えなかったけどスゲエかったよ!
水遊びして楽しんだろうけど、なんだかカワイソウ…
タッシー
2009/06/22 10:22
タッシーこんにちは。
三渕はネットで調べたら来年1月からダムの湖底に沈んでしまうそうな。
ゴムボートでしか行けない大ゴルジュらしいけど、結局見られないで終わりそうだなぁ。
サクラのダニ、結局40匹越えかいな! 山に連れて行かないと”しょぼ〜ん”としているので、どっちが可哀想か判断に苦しむところ・・・
SONE
2009/06/22 12:08
登山道がある朝日軍道の未踏区間は長井葉山〜御影森山ですか。私よりも歩いてますねえ。
今度、ここ行きましょうか。鎌持って。(爆
みいら
2009/06/22 18:20
みいらさん今晩は。
むむっ、みいらさんに冗談でも誘われると本当に歩いてみたくなってきた(爆笑)
車を朝日鉱泉に一台デポして、高玉口から葉山登れば日帰り可能かも???
でもリンク先の超健脚の方が昨年歩いた記録見ると大変そうですよ。その記事は↓
http://blog.livedoor.jp/superdioaf27/archives/cat_50030189.html
SONE
2009/06/22 19:15
こんばんは、ご紹介有難うございます、例の藪道の経験者です(苦笑)。

中沢峰〜御影森山間は是非とも刈り払いをして欲しい区間ですよね。先日歩いた三面コースも、2年前の刈り払いがあったからこそ日帰りが出来たようなものです。
ところで、例の区間は磐梯朝日国立公園の特別地域からも外れているみたいなのですが、個人が勝手に刈り払いをするのは問題無いのでしょうかね?
もし近場に住んでいたら、飯豊の胎内尾根とか自力で刈って歩きたい道もあるのですが・・・(大変な労力でしょうけど)。
superdioaf27
2009/06/25 23:31
superdioaf27さん、おはようございます。
中沢峰〜御影森山間の薮は、廃道同然の状況みたいですね。
しかしながら三面コースを日帰りとは凄い! 他にやった人いるのかなぁ???
ところで、国立(国定)公園内の個人での刈り払いは一切ご法度みたいですよ。
南八甲田では書類送検されていますし、安達太良で大目玉喰らった知人もいますから・・・
敢えて自力で刈ろうとする場合、関係省庁や営林署など面倒くさい申請が必要だとか?
まあ時代の変遷とともに新規に開削される道もあれば、廃道となる道もあるのは仕方ないと思いますが、朝日軍道は歴史的に重要な道なので何とか再整備して欲しいものです。
飯豊の胎内尾根。20数年前に歩きましたが、その時も薮薮でしたよ。
SONE
2009/06/26 07:51
URLからsuperdioaf27のブログを拝見してきましたが、藪というよりもジャングルですねえ。手強いなんてレベルではなく、随分とM的コースのようですなぁ。
何にも持たないで突っ込むのが一番でしょうが・・・うっとりしてみます?(爆
みいら
2009/06/26 11:48
みいらさんこんにちは。
あれあれ...冗談かと思ったら本気みたいですね(笑)
現在はハイマツの手強い薮もあるみたいですので、性根を据えてかからないと!
暑い季節の薮漕ぎは地獄ですので、秋になったらやってみますか?
やはり天地人ブームの今年やらないと後悔しそうですね。
SONE
2009/06/26 12:25
いや、ほとんど冗談です。(爆
だいいち今年の秋は予定が一杯ですぞ、と言い訳をしておきます。

一つ上の私のコメントで敬称が抜けておりました。superdioaf27さん、失礼しました。ごめんなさい。
みいら
2009/06/26 19:10
みいらさん今晩は。
>いや、ほとんど冗談です。 に安心しました(爆笑)
でも薮刈りされたら本当に歩いてみたいですね。
SONE
2009/06/27 00:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009.6.20 長井葉山(山形・朝日連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる