東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.8.1 升沢自然遊歩道(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2009/08/02 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 16

今年の東北地方は5年連続で梅雨明けが8月にずれ込んだ。冷害の心配も出てきていると新聞に書いてあった。
そして今日の天気も相変わらずの曇り。朝方は泉ヶ岳や船形連峰の姿も見えていたが、午後からは雲に覆われてしまうのは必至である。と言うことで高い山に登るモチベーションは霧消し、本日もお気楽ハイキングとなった。

【 8/1 升沢自然遊歩道 宮城・船形連峰 】 
旗坂キャンプ場〜遊歩道入口〜五宝橋〜小沢〜渡渉点〜割山断崖〜割山大滝〜すりばち沼〜ふくで岩〜五蔵橋〜旗坂キャンプ場

升沢自然遊歩道は県立自然公園船形連峰のメイン登山口:旗坂の東麓に広がるブナの森を歩くコースである。
私自身は今まで「たかが遊歩道」と馬鹿にして歩いた事はなかったが、今年5月に山仲間のebiyanさんが歩いた記事を拝見して気になっていた。
本来は森林浴を味わうコースなのであろうが、今回私と相棒:タッシーの目的は夏キノコの偵察にあった。

旗坂キャンプ場には午前10時を過ぎた頃に着く。流石に船形連峰のメイン登山口らしく多くの車が駐車している。
画像


升沢自然遊歩道へは旗坂キャンプ場から直ぐに入れるのだが、その場合に帰り道で1.4kmの車道の登りがある。
それを嫌って最初は升沢集落跡の方から時計周りで周回する事にした。

内水面水産試験場を左に見て舗装道路を歩いていくとオニイグチモドキ(食) 、スギエダタケ(食)が見られた。
画像画像


道端にはウバユリが多く咲いていた。
画像


小荒沢橋の手前で右折して林道に入る。林道を少し下ると駐車場になっている広場に出る。
その先にある五宝橋という小さな吊橋で荒沢を渡ると遊歩道になる。
先週あるいた神通峡の広い歩道と違い、登山道的で好感が持てる整備度だ。

山道に入った途端、二人の目は「キノコ目」にシフトして、キノコを一本見つける毎に写真を撮ったり忙しい。
最初に見つけたのが夏山なら何処でも見かけるツチガブリ(不食)、 鮮やかなハナホウキダケ(毒)であった。
画像画像


道が法面となっていたところで珍しい腐食植物のシャクジョウソウを見つけた。
画像


湿地っぽいところを流れる小沢の橋を渡って先に進むと杉の植林地に入る。歩く方向はキャンプ場とは逆の東方面である。右に見えていた尾根を回りこんだ所からブナ交じりの雑木林に変り、またまたキノコ目に変る。
画像


しかし林内は長雨でじめじめしていてキノコは一本も生えていない。
株立ちしたタツラの大木を見て、下り基調に歩いていくと飛び石にしか渡渉できない沢に突き当たった。
早速サクラが渕で泳いで遊んでいる。水に触ってみると冷たい。湧水が多く入っていることを感じさせた。
画像


沢を渡渉した後は常に沢筋を右下に見る道が続く。相変わらず深い森の中を歩いて行く。
道筋の乾いた箇所ではドクベニタケ(毒)や、ツルタケ(不食)などが生えていた。
画像画像


やがて梢を透かして左上に土崖が見えてきた。ここが割山断崖と言われる場所だ。
高さ50mある比較的大きな規模の壁だが、夏場の今は葉っぱに隠れて少ししか見えない。
そこにあった看板は熊に悪戯されて一部判読不能だった。
画像


そこからは単調な山腹をトラバースする道が続く。湧水を思われるほんの小さな流れを何度も渡る。
道が急に左に折れて急な階段を登る様になると割山大滝は近い。

割山大滝は氾濫原で地下に吸い込まれていく沢が、再び地表に現れた水流らしい。
地形図で見ると、この滝の上部にはコレだけの水量を持つための集水域が存在しないので納得できる。
しかしながら大倉尾根から北に派生した枝尾根の地下を約2km弱流れてきたとは・・・驚きである。
画像


大滝の下は広場になっていてベンチもあり気持ちいい場所だ。周りには太いブナ林となっているココで昼飯とする。
滝から吹き降ろしてくる冷たい風が心地よかった。

のんびり休んでから出発。大滝からすりばち沼へは近いと思っていたら意外に遠い。
小沢を渡って登り返しが数回ある。途中で前方に大型の獣の気配を感じた。もしや熊では???

《そう言えば約30年ほど前に桑沼林道から北側に降りて、家族でキノコ狩りをした事がある。
太いブナの林でキノコを探していると、すぐ後のブナの木の上でガサガサ音がした。
すぐにブナを見上げてみると・・・・・そこで若い熊がブナの実を食べていた。
熊だーーー!!! 私のデカイ声に熊は驚いて一目散に幹を駆け下ってから、黒い尻を見せて逃げていった。私と言えば、熊が逃げた反対方向に走って逃げると、そこに腰を抜かした私の母親が座り込んでいた。今では一家の語り草の話である。》

しかし大型の獣は気配だけで姿は確認できなかった。やれやれ・・・
*この遊歩道で何箇所もあった指導標は、全て熊の悪戯で破壊されていました。この山域の熊の生息数はかなりなものと思われます。実際、桑沼周辺では目撃例が絶えません。熊に対する注意が必要です。

その後もキノコ目で捜索するが、散発的に数本のキノコが出てくるだけ。
ドクヤマドリ(毒)や、チチタケ(食)が見つかった。
画像画像


しばらく歩いていくと前方が開けて待望の「すりばち沼」に到着。
地元の人々に「おっかない沼」と言われているココでおっかない事をしてみた(笑)
画像


原生林の影を落として、静まり返った沼は少し不気味な感じがする。
でもサクラはそんな人間の感想などお構いなし。沼で泳ぎたいと催促するので枯れ枝を投げてやった結果はこちら。
画像


沼から少し登ると立ち枯れにウスヒラタケ(食)が生えていた。
画像


その後は右側に湿地を見てから急な斜面を登る。登りきった尾根の乗り越しで単独の中年女性とスライドする。
尾根周辺には太いブナ(300年もの)やミズナラが多い。
テングダケ(毒)やヤマイグチ(食)を見つけて写真を撮る。
画像画像


「ふくで岩」の看板があった岩は鏡餅風だが、小さすぎて見るべき価値はない。
そうしていると思いがけないキノコを見つけた。「これってもしかしてイノハナ(コウタケ)じゃない!」
タッシーと二人で狂喜乱舞しましたねぇ〜。その写真がこれ。
画像


《でも帰宅して自分で炒めて調理してみたら全く違うキノコでした。一口試食したら、最初は旨味があったのですが、じわじわと口に広がる苦味。なんだこれ! キノコ図鑑で調べたらコウタケに非常に似ているケロウジと言うキノコと判明。大昔に採った経験しかないコウタケを誤認していたのでした。(とほほ・・・)》
↑ の記載は後日、コメントを寄せていただいた”みどぽんさん”や、別の株を食したタッシーの証言から間違いと判明。やはりこのキノコはコウタケでした(苦笑)。家にあるキノコ図鑑を片っ端からチェックしていたら、次の記載がありました。「あまり傘の開いたものはアク抜きをする事。」 ←これだ! 何にもしないでそのまま調理した事で、アクが苦味に繋がったのかもしれません。また一つ勉強になりました(笑)

でも最後に見つけた巨大タマゴダケは良かった。バター炒めで美味しく頂いたのである(苦笑)
画像


旗坂キャンプ場に戻ると、出発時に会った若い二人連れの男性にまた会った。
彼らはお昼過ぎからガスが上がってきたので、三光の宮まで登って引き返してきたそうである。
それにしても馬鹿にしていた升沢自然遊歩道であるが、実際に歩いてみると自然が保たれている点に感動した。
最近は山頂にどうしても登るんだ! と言う自身への脅迫観念が薄れてきている。
山頂に行かなくても、ただ山裾や山腹をくすぐっているだけで楽しい。何か加齢とともに山に対する余裕が出てきたと感じるこの頃である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ムムムー、まだ食べてないんだよね。
根元が青黒いと“東北のキノコ”(日本菌学会東北支部編)書いてあるが、
コレはそうじゃないよなあ…まず喰ってみるか。
苦みが強く食用にならないとあるが。
タッシー
URL
2009/08/02 06:50
こんにちはSONEさん。
いやはやこんなにも夏キノコって種類が多いんですね。
でっかいタマゴタケには驚きました。
オイラも今度は食べてみたいと思います。
チチタケは栃木県では人気のキノコとか。
これも食べてみたいキノコです。
トラ
2009/08/02 07:10
SONEさん、こんにちわ。
危ないじゃないですか、あのY字バランスは。
サクラちゃんの泳ぎ犬のオリンピックがあったら金メダルですね。
キノコ採りの黄色いカゴのコーディネートいいですね。
siraneaoi
URL
2009/08/02 07:39
タッシーおはようさん。
そうなんですよ。あのキノコ、どう調べてもコウタケの特徴に近いんだねぇ。
茎は黒くないし、真ん中の窪みが根っこまで入っているし・・・
生で試食した時は苦味は感じなかったんだよね。その意味ではケロウジじゃないなぁ。
もしかしてコウタケは炒めると苦味が出てくるのかも???
SONE
2009/08/02 08:16
トラさん、おはようございます。
高い山で天気が良くないときは、たまにキノコ散策も面白いですね(笑)
山歩きの楽しさが倍増する気がします。
あのタマゴダケ・・・あれほど巨大なの初めて見ましたよ。見た目は毒々しいのですが、結構美味なキノコですので試してみてください。
チチタケは間違い様がないキノコですが、採取する時に手がベタベタになるし、食感がボソボソするので私は苦手なキノコです。
でも汁物にするとハツタケと同様に良い出汁が出ますよ。
SONE
2009/08/02 08:23
siraneaoiさん、おはようございます。
>危ないじゃないですか、あのY字バランスは。
おおっ、いい突込みしてくれましたねぇ(笑) あれ以上足が上がらない身体の硬さは別にして、沼に落ちそうでかなり怖かったですよ(汗汗・・)
サクラは足に水かきがついているので、とても早く泳ぐんですよね。
黄色いキノコかごはタッシーのお気に入りで、格好だけプロっぽいので何時も笑ってしまいます
SONE
2009/08/02 08:30
キノコの話題にひかれてやってきました。
この時期は山登りのモチがあがらず、近場の公園でキノコ狩りをよくしています。
機会があれば、山のキノコ狩りご一緒させてください。

さて、問題のキノコはコウタケの別名のシシタケとは違う別種のシシタケではないでしょうか?
または、それに近いコウタケではないでしょうか?
窪みが根っこまで入っているのでコウタケの可能性が一番高いとは思いますが...
まぎらわしい表現で分かりにくいかもしれませんが、明らかにケロウジではないがコウタケに限りなく近いような気がします。

みどぽん
2009/08/02 09:59
おっ、夏キノコって色々あるんですね。
ナメコとマツタケ、シイタケくらいは聞かなくてもわかるんですがね。
たっぷりのマイナスイオンの中で、サクラも満喫でしたね。(^o^)
そう、一本足、垂直に決まってますた。(^o^)
マロ7
2009/08/02 13:48
みどぽんさん、こんにちは。
やっぱりキノコのネタには喰いついてきましたね(笑)
みどぽんさんは山滑りが終わって充電中でしょうか。
私は天候の加減でモチが全然上がりませんよ。早くカラッとした夏晴れが見たいです。

例のキノコは結構珍品みたいですね。ササクレがコウタケより少ないので???でした。
ケロウジの場合は生で齧ると苦いですが、今回は苦くありませんでした。
やはりセオリーと全く違う調理方法を取ったために苦味が出たのかもしれませんね?
ところでご紹介いただいたアレ、本日登録しました。今後もよろしくお願いいたします。

SONE
2009/08/02 16:29
マロ7さん、こんにちは。
昨日の南蔵王は天気が良かったみたいですね。盛夏の花が見られて何よりでした。
8月の声を聞くと本格的キノコシーズンが到来です。何かキノコブログになってしまいそう(苦笑)
サクラは水が無い山だと熱中症の危険があるので、今回は喜んでいましたよ。
あの一本足、丸太の上に乗っかっているのでマジで落ちそうになりました(苦笑)
SONE
2009/08/02 16:35
こんにちは、秋でもないのにキノコがいっぱいですね。
「キノコを食ったら苦かった」って、とても恐いんですけど、ピンクの象とか見えませんでしたか?
最近の週末の天気予報は、天気が崩れると言いつつ、昼間にけっこな晴れ間があるという
感じで、素人の私は安全サイドで山行を断念しています。 
早く梅雨が明けないかな〜
夢邪鬼
2009/08/03 10:14
おはよー、ペペロンチーノで喰ったでえー
キノコ分析=コウタケ(イノハナorシシタケ)とケロウジの2種類、
もしくは近い雑種の2種類だったんだと思うよ。形状的にも別れるからね。
まあ、おいしくいただいたので最高!!ですわ。
タッシー
URL
2009/08/03 10:33
夢邪鬼さん今晩は。
いやいや...キノコは早いものだと春から生える場合もあるのですよ。
私のキノコの鑑別法は、先ず生のものを齧ってみます。そうすると苦味や辛味など、食べられるかどうかが多少分かります。齧っただけで中毒になるキノコは無いので心配ないですよ
本当に最近の天気はどうなっているのでしょうかね。8月なのに肌寒いし・・・
ガスっている山に登っても楽しみは半減してしまいますので、安全第一で山に行かないのも懸命な選択だと思います
SONE
2009/08/03 18:58
タッシー今晩は。
う〜〜〜ん...食べてみて旨かったとな
恐らくオイラの奴はコウタケの雑種だった可能性が高いね。やはり珍品だわ(苦笑)
SONE
2009/08/03 19:02
Y字バランスするSONEさんを見るさくらちゃん、いい感じでですね
「お〜い、あぶないぞ!」とか思っているのでしょうか?
そいが
2009/08/05 21:54
あれっ...そいがさんですよね。こちらでは初めましてです(爆笑)
Y字バランスと言うより、オの字バランスでとても恥ずかしいのですが、サクラもタッシーも「落ちれば面白いのに・・」と思ってますよ〜きっと。

SONE
2009/08/05 23:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009.8.1 升沢自然遊歩道(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる