東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.8.30 トンビマイタケ捜索、ある意味で不発!

<<   作成日時 : 2009/08/30 18:41   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

台風の接近で南東北の高山には厚い雲がかかっている。
どっかの山頂を目指しても一面にガスに覆われた世界を見て終わりであろう。
という事で、キノコの捜索に出かけた。場所は仙台から比較的近い船形連峰の山奥である。

先週、相棒のタッシーと山仲間のKENちゃんが、某場所でのキャンプ中に運良くトンビマイタケをゲットした。
そのお裾分けを頂戴したので、ペペロンチーノ風パスタと炊き込みご飯にして美味しく頂いた。
(この場をお借りしてタッシーとKENちゃんには厚く御礼申し上げたい。)

トンビマイタケの炊き込みご飯。色が黒くて見た目は悪いのだが、味はコウタケをマイルドにした感じ。美味いです
画像


トンビマイタケはミズナラの巨木の根元に生える一般的なマイタケと異なり、ブナの立ち枯れや過熟木の根元に生えるキノコである。従ってブナの二次林を探しても見つからず、奥山の原生林をひたすら歩き回るハードなキノコ狩りとなる。余り市場に出回るキノコではなく。山形県の最上地方や秋田県の一部で珍重されるキノコだ。
別名土用マイタケとも言われ、お盆前後の期間が一番の収穫期となるが、暑さに耐えながらのキノコ狩りはキツイ。
そして大きく成り過ぎると硬くて食べられなくなるので、採取時期の見極めが非常に難しいのが特徴である。


さて私自身のキノコ狩りのホームゲレンデである船形連峰だが、今回は登山のついでではなく、本格的にトンビマイタケを狙いに行ったので、出で立ちもツナギウェアとスパイク長靴で決める(笑)

何時もの狩り場は同業者も沢山入山しているので、本気を出して今まで立ち入った事がない中腹のブナの原生林を目指した。(地形図を詳細に検討して、荒れた林道からの突入地点を吟味する。)

最初は比較的樹間が開けたブナ林を登っていく。少し入ったところでタッシーがトンビマイタケを採った跡を見つける。
更に山奥に入っていくとマスタケがブナの立ち枯れに生えていた。このキノコ、食べたと言う人の話ではボソボソした食感で決して美味しいキノコではないとの事。従って採取しない。
画像


それにしても林床に生えるキノコが少ない。毒キノコの姿もさっぱりで一寸心配になってくる。
やがて進行方向の薮がキツクなるので、一度沢に下って別の尾根に乗り換えた。
沢ではサラシナショウマやトリカブトの花がちらほら咲いている。
画像


あっちなら薮も少ないと思った件の尾根は中間部で植林薮となり、気合の入った薮漕ぎを余儀なくされる。
今日は薮を想定してタッシーの愛犬サクラは連れてこなかったが、これは正解であった。
薮の中であるが、時々地形図を取り出して現在地の確認をする。もう少し頑張るとブナの原生林に入る筈である。

そして待望のブナの森に入った。林床もさっぱりしていて思った通りの森が広がる。
画像


ここから二手に分かれてトンビマイタケの捜索に当る。何本もの立ち枯れを丹念に見る。
9時頃に入山して既にお昼近い。それでも諦めずに山の奥へ奥へ突っ込んでいると・・・・・・・・・
あった! トンビマイタケ!!!


でもでも・・・それはトンビマイタケの子供サイズで、とても採取できる代物ではなかった。残念!
しかし、お目当てのキノコを取りあえず見つけた事で二人は満足できた。
キノコ狩りの楽しみは採って・食べる点にあるが、先ず見つける事が重要だからである。

写真はトンビマイタケの子供(赤ちゃん?) 木の根元にある白っぽい塊がそれ。
画像


今日は早い時間に雨になる予想だったので、今日はこれで捜索を打ち切って山を下る事にする。
帰りは植林薮を回避して早めに沢筋に下り、比較的短時間で車に戻れた。
それでも午後1時を廻り、4時間以上歩き回って収穫なしのキノコ狩りであった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
驚いた

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
トンビマイタケって見てもわかんないよなぁ〜。
みんな、毒キノコに…。
子供サイズってことはあと何日かで採取できるかぁ。
画像でいただききますよー。(o^^o)
マロ7
2009/08/30 20:29
マロ7さん今晩は。
この写真、少しピントが合っていないし、非常にちっこいので分かり難いですね(苦笑)
あと何日で食べ頃サイズになるのか? 山奥なので簡単にチェック出来ないんですよ。
SONE
2009/08/30 21:04
こんなのを道の駅でキロ5千円で売っていましたよ。
最上とか秋田では開く前のこぶこぶのも食べます。やっぱり山奥だと数日後にまた
行くのが大変なのと、誰かに採られるくらいなら小さくても・・・なのでしょうか。
あかねずみ
2009/08/30 22:34
あかねずみさん今晩は。
本当ですかぁ〜! こんなちっこいキノコ売るなんて信じられませんね(爆笑)
さらにコブコブのまで採っちゃうとは・・・・・恐れ入りました。
誰かに採られる恐れは確かにありますが、何かキノコ狩りの掟破りの感がありますね(笑)
SONE
2009/08/30 23:21
おっつー、SONEちゃん。
トビタケは非常に残念でしたが、久しぶりのハードな薮コギ&急斜面。
サクラには悪いけど楽しいよね(コレってM系)
スパイク長靴も調子良さそうだったし、ナニヨリ!
タッシー
2009/08/31 10:40
タッシーお疲れさん。
あのトビタケ、残念の一言。流石にあんなちっこいの採れないよねぇ〜(苦笑)
酷い薮だったけど、ダニが居ない時期ならサクラの方が薮漕ぎ上手いから行けたかも。
今度、乾いて沢の渡渉が無い山の場合には、スパイク地下足袋&脚絆の出で立ちで行こうかな(爆笑)
SONE
2009/08/31 10:53
スパイク長靴新調したんですか?
Dストーンでお買い上げ?
マスタケって色が鱒の色なのでこの名前なんですよね。
山で会ったおじさんに教えてもらい食べてみましたが、確かに
ぼそぼそして全然おいしくなかったです。
出たばかりだったらぼそぼそ感はそれほどでもなかったのか?
と思いましたが、どうなんでしょう?
ebiyan
2009/08/31 12:16
SONEさん、こんにちわ。
楽しそうに薮漕ぎしてますね。
ブルーのつなぎを上手く着こなしてますね、タオルの巻き方もいかにもという感じ。
地下足袋のコーディネートも楽しみにしてます。
siraneaoi
2009/08/31 16:03
ebiyanさんこんにちは。
スパイク長靴、買っちゃいました(笑) 今度はその記事アップしますね。
マスタケは一回食べて懲りました(苦笑) あのボソボソ感は苦手ですよぉ〜。
出たばかりの時でもボソボソ。大きくなると硬くて歯がたたないキノコですよ。
SONE
2009/08/31 17:16
siraneaoiさんこんにちは。
流石に真夏の薮漕ぎは嫌いですが、他の季節だと薮に突入すると何故かハイになってしまいます。
やはりM系なのかな???
猛烈な薮漕ぎにはつなぎが一番ですね(笑) これに地下足袋と脚絆つけたら、本当の山おんつぁんになってしまいますね(爆笑)
sone
2009/08/31 17:20
キノコシーズン、始まりましたね。
 先週末はチタケを少々収穫。
トンビマイタケの赤ちゃん・・・これを収穫なんて、いたいけ過ぎます(笑)。
 マスタケの若いのは少しだけ天麩羅で食べて美味しかったです。酸っぱ味があるので、沢山は食べられませんね(同理由でウスタケも)。今時の北アに生えるハイマツ下に生えるハイマツタケ(正式名は不明)、かなり美味しいですよ。
テントミータカ
2009/08/31 20:09
テントミータカさん今晩は。
待ちに待ったキノコシーズン到来です。
こうなるといけません・・・出来るだけ人が少ない山域を徘徊する事になってしまいます(笑)
トンビマイタケは一部の地域で高価に取引されていますので、小さくても採ってしまうのでしょうね。
マスタケの天ぷら! これは気が付かなかったです。今度試してみる価値は充分ありますね。
ハイマツの下に生えるマツタケもやはりマツタケです。信州では一般的なマツタケより香りが濃厚なので、より評価が高いと聞いたことがあります。採ってみたいなぁ〜(爆笑)
SONE
2009/08/31 20:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009.8.30 トンビマイタケ捜索、ある意味で不発! 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる