東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.8.9 須金岳:寒湯コース8合目まで(宮城・虎毛山地)

<<   作成日時 : 2009/08/09 20:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

東北地方の全域が雨の予報では逃げ場はない。そこでブナの森林浴+キノコ偵察目的で出かけた。
最初から山頂に行く気持ちはなく。霧で輪郭がぼんやりした森の中をひたすら歩いて来ただけの山であった。

【 8/9 須金岳(1253m) 宮城・虎毛山地 】
寒湯コース登山口〜8合目(往復)

須金岳登山と言っても、標高1253mの最高点に至る登山道は無い。仮の山頂と記された1191m峰が登山ルート上の山頂である。車2台を利用すれば大森登山口〜水沢森〜天狗の角力取場(仮の山頂)〜小湿原〜寒湯登山口と周回可能であるが、私自身は周回した経験はない。

仮の山頂の先は猪ノ倉沢源頭の、展望の良い稜線歩きが楽しめるのであるが、今日はそこまで行っても何も見えないので、深いブナの原生林を堪能できる寒湯コース8合目を目的地にして歩いてきた。

ミテノ沢と寒湯沢の合流地点にある寒湯登山口に着いた途端、凄い数のアブの群れに歓迎される。
しかし小雨が降っていて、しかも気温が低いためかブンブン飛び回るだけで喰いついてこない。

登山コースの概略を記載している案内図を見てから登り始める。
画像


取り付きから急登である。杉の植林地が終わるとヒメコマツ、ネズコと天然杉の森に変る。この山は宮城県唯一の天然杉の自生地として有名なのである。
2合目からは深いブナの森が始まる。道の脇にはイワウチワの葉っぱが延々と続く。花期には薄いピンクのイワウチワロードを楽しめるところだ。

3合目付近からキノコがポツポツと生えてくるが、イグチ類は腐れたものばかりだし、チチタケなど食せるキノコはほんの少ししか見当たらない。そんな中でタッシーが足を止めて見つけたキノコがある。
ケロウジだ! 束になって生えているそれは一瞬コウタケに見えるが、中央の凹みが少ない。
試しに噛んでみると、口の中には耐えられない程の苦味が広がった(苦笑)

雨が少し強くなってきたので合羽を着る。湿度は100%近いので急登で汗だくになってしまう。
相変わらず森の中は霧が去来して、視界が良くなったり悪くなったりを繰り返している。
画像


5合目の表示を過ぎると、尾根は西に向きを変える。この付近は左右に雪蝕地形を眺められるところなのだが、視界は50m程度で全く見えない。雨が小降りになったので暑苦しい合羽の上着を脱ぐ。
そこからもひたすら暗い森の単調な急登に耐える時間が続く。
画像


それでも歩いている限り目的地には着くものである。8合目は休憩に適した場所で、腰を下ろすスペースが充分にある。晴れていれば寒湯沢の雪蝕スラブが眼前に広がる場所であるが何も見えない。
急な草付斜面にはツリガネニンジンの花が認められたが、足場が悪くて写真は撮れなかった。

8合目から先は少し急な坂を登ると、矮生ブナの平坦な頂稜に出る。その先の小鞍部に小規模な湿原があり、少し南下すると猪ノ倉沢源頭の際を歩く展望の道が続くのであるが、天気の悪い今日は行く気はさらさら無い。

タッシーと二人で乾杯する。凄まじく汗をかいたので旨い! しかしブユとヤブカの二重攻撃で落ち着かない休憩となった。今回は殺虫剤のアースジェットを持ってきたので周囲に散布してみたが、一時逃げるが直ぐに別の一群が襲ってくる。もう半分諦めて腰をすえて昼食を取ることにした。雨で身体が冷えるみたいなので今日のサクラは元気。
おねだりして貰ったおにぎりをバクバク食べていた(笑)

帰路はキノコをじっくり探しながら降りる。タッシーと順繰りにコレ!と思う場所へ藪漕ぎで突っ込んでみるが期待はずれ。ウスヒラタケが少し取れただけであった。(手の届かないところにドカッと生えているのもあったが・・・)
画像


タッシーが薮に突っ込んだ場所では大量のツキヨダケが腐れていたらしい。まだ8月初旬なんですけど・・・
季節が10日以上早まっている感じである。
4合目まで降りてくると雨脚が強くなってきたのでキノコの偵察を打ち切る。その後は湿って滑り易い急坂に注意しながら下った。車に戻りミテノ沢で身体の汗を拭いてさっぱりできた。

帰路、鬼首農林産物直売所“やまが旬の市”で季節の野菜を沢山購入する。大半が朝取りの新鮮なものばかりで、価格も市価より3割以上安い。キノコは不発だったが山歩きの楽しみは下山後のこんなところにもある。
店先にキノコが出ていなかったので試しに伺ってみると・・・・・・・・・
「雨が連日降っているので地元の人でも取れていない。10日以上カラッと晴れない駄目だろう。」との事だった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
やはりキノコはだめでしたか。
それでも山歩きはいいですね。
私は、ただでさえ、早起きが苦手なのに加え、天気が悪いと山はあきらめてしまうので、2ヶ月も山に登っていません。(いつもの事ですが)おかげで、近場でキノコ探しの週末です。
本日のキノコはミクシーにアップの予定です。
みどぽん
2009/08/09 20:41
みどぽんさん今晩は。
少しは期待して行ってみたのですが、やっぱり駄目だったです(苦笑)
私の場合、山を歩きながら次いでにキノコを探すスタンスなので、どうしても奥山に行きがちですね。
たまには里山のキノコ狩りをやってみたいと思いながら、なかなか実行できません
そのために雑木林のキノコは知っている決まったものしか採れない状態ですね。
みどぽんさんのミクシィの記事はとても役にたっています(笑)
SONE
2009/08/09 21:18
私も本来は山歩きをしながらのキノコ狩りがしたいので、SONEさんの記事は本当に役に立っています
みどぽん
2009/08/09 21:43
この天気は、誰も歓迎しないでしょうね。
キノコは見つけてもわからないから見過ごす…山歩き(^.^)。
ここは未踏ですが、いいブナの森ですね。
んん、天然杉の森もすかぁ〜。
マロ7
2009/08/09 21:59
みどぽんさん、再び今晩はです。
今年の秋はお互いの得意分野の山に、ご一緒にキノコ狩り&山歩きへ行きましょう!
SONE
2009/08/09 22:17
マロ7さん今晩は。
週末毎に天気が悪い状態が何回続いたのか、数え切れなくなってしまいましたね。
キノコの鑑定は難しいですよ。成長度合いによって微妙に形や色が変化してきますから・・・
須金岳は自然度が高くて超お勧めです。自分としては何時登っても静かなので大好きな山です。
山の南東側に自生山と言う山があるのですが、ここは天然杉が自生しているので命名されたそうです。
SONE
2009/08/09 22:28
ケロウジはドキッとしたねえ! ウホー!!って思ったよ!!
サクラは目がショボショボになっており、悪い草があったのかも…
ダニ公は自宅で3匹見つけた程度、総計20匹いなかったかもね。

タッシー
URL
2009/08/10 10:12
タッシーお疲れさん。
2週連続でコウタケとケロウジ見ているので、これからは鑑別ばっちりだね
サクラ、あれだけ所構わずゴロゴロしたからなぁ〜。本能でやっているから止め様がないし...
今回の登山道は整備状態が良かったので、ダニ公少なくて何よりでした
SONE
2009/08/10 11:22
おおお!須金でしたか!
我が家は虎毛も検討していたんですよ〜。

それはいいとして、豊かな森のようですね。
こういう豊かな森がある山っていいですよね〜紅葉の季節になったらもっといいんでしょうねぇ。
Mt.Racco
2009/08/10 20:21
Mt.Raccoさん今晩は。
な〜んだぁ、ほんの少しだけニアミスっぽい動きしてたんですねぇ(笑)
新庄方面に来られたのなら、一茶庵支店の「もつラーメン」食べれば完璧でしたのに...

今回の須金岳のコースは「東北の山スキー100」にも掲載された秀逸コースですよ。
紅葉も綺麗ですけどRaccoさんなら絶対冬がお勧めです。9合目から2合目までブナの疎林を快適に滑降できます。取り付きの急な杉林と、下部にヤセ尾根がある所が難点ですが...
SONE
2009/08/10 20:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009.8.9 須金岳:寒湯コース8合目まで(宮城・虎毛山地) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる