東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.11.22 泉ヶ岳から北泉ヶ岳(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2009/11/23 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

急に雪を踏んで歩きたくなり、仙台市近郊の泉ヶ岳に行ってきた。
流石に宮城の岳人にとって人気の山。連休2日目の晴天に誘われて多くの登山者が訪れており、最大20cm程度あった積雪の道には完璧にトレースが付けられてとても歩き易かった。

【 11/22 泉ヶ岳(1172m)から北泉ヶ岳(1253m) 宮城・船形連峰 】
駐車場〜水神コース入口〜水神〜大岩〜泉ヶ岳〜三叉路〜四本桂〜北泉ヶ岳〜四本桂〜三叉路〜水神〜分岐〜お別れ峠〜兎平〜泉ヶ岳スキー場経由:駐車場

今回同行するのは山のお友達:マスさんである。最初は阿武隈の某山に登る予定であったが、余りにも天気が良いので以前からマスさんが登りたかった山である泉ヶ岳に転進したのだ。

大駐車場の南側スペースは凄い数の車が止まっていた。気軽に登れる山なので、現在では厳冬期でも登る人の姿が絶えない。
舗装道路を歩いて少年自然の家に向かう。水神コース入口から登山道に入ると霜柱が出迎えてくれた。
霜柱をサクサク踏んで歩くのは非常に楽しい。
画像


微風快晴の空はどこまでも青い。ダケカンバの肌色の幹がことさら浮き出してみえる。
画像


兎平への分岐を右に見て直進すると水神に着く。水神の碑の点の部分には頭がすっぽりと入る(笑)
画像


水神から本格的登りが始まる。石ゴロで歩き難い道だ。植生はミズナラ中心なので奥山に入った雰囲気は薄い。
登りの途中から雪を踏む様になった。多くの登山者に踏まれた新雪は日影部分で凍結していて、スリップには注意が必要な場所もあった。

展望が得られる休憩ポイント:大岩で少し休む。二口山塊や蔵王連峰が遠望できる場所だ。
画像


奥羽山脈の上に、真っ白に輝く朝日連峰が見えた。
画像


初めて雪山デビューのマスさんは大喜びだ。あくまでプチ雪山だが、白と青が中心のシンプルな色彩が素晴らしいことが分かったらしい。
画像


面白山の独特な形の双耳峰は、泉ヶ岳方面から望むのがベストだと思う。
画像


溶岩の岩礫が露出した賽の蹟でのショット。この展望の良さが水神コースの持ち味だ。
画像


賽の蹟から僅かな距離で泉ヶ岳山頂に着く。仙台市方面のみ展望が利く広場である。
山頂標識で写真を撮っただけで、西側肩の船形連峰展望地に向かう。少し早い時間だがここでスノーランチとする。
マスさんお手製のパンとミートローフのパイ包み、それを赤ワインベースのソースで頂く。
とても美味しかったので少しだけワインも飲みたくなったが、この日は持参していなかった(残念)
画像


微風の山頂とは言え、流石に雪山で休憩していると寒さを感じた。
身体が完全に冷え切る前に出発する。下り始めのガレ場からは船形連峰と北泉ヶ岳が大迫力で眺められる。
画像


最初は雪道の下りを怖がっていたマスさんだが、次第に慣れてきて快調に下っていく。
「夏山の下りよりも下り易い。」と感じたみたい・・・

途中で積雪量を確認すると20cm強あった。日影はパウダーだが、日当たりの良い三叉路への東斜面の登りでは、雪は腐ってきていた。
三叉路から右折して北泉ヶ岳を往復する。四本桂付近のブナの森は風上側に雪が付着して幻想的に見えた。
画像


四本桂から北泉ヶ岳までは急登となる。落ち着いた雰囲気のブナの森は船形連峰にいる事を感じさせてくれる。
一気に登って山頂着。ここで蒸したサツマイモを食べて一息つく。
山頂からの展望は北側のみであるが、栗駒山は雲に隠れて見えなかった。眼下の桑沼に積雪は無く、未だに晩秋の世界が広がっている。

北泉ヶ岳から三叉路までは往路を戻る。天気が良いのであっと言う間に雪が融けて泥濘の道になっていた。
三叉路から水神までの下りはぬかって滑りやすく、ソールがつるつるのオイラの登山靴では苦労した。
もう買い替え時期をとうに過ぎているシロモノであった。

水神の湧水を飲んでから兎平分岐を左折する。登山者が少ないせいか道は泥濘になっていない。
お別れ峠の十字路を直進し、暫く歩くと兎平に出る。30年前は一面のお花畑が広がっていた兎平であるが、現在はススキが繁茂する原野になってしまった。
泉ヶ岳が一望できる野芝の上でコーヒーを飲んで一服する。ここで休む登山者は多い。

帰路は泉ヶ岳スキー場の下りだ。夕陽に輝く仙台市街地を見下しながら、そして太平洋を遠望しながらの下りは開放感に溢れて素晴らしい。
画像


人が多く静寂の山旅を味わえなかったのは玉に瑕だが、冬山シーズンの幕開けを最高の天気の中で満喫できた、思い出に残る山であった。何回も登っている泉ヶ岳であるが、スルメみたいに噛めば噛むほど味がでる山である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

>下り始めのガレ場からは船形連峰と北泉ヶ岳が大迫力で眺められる。

今年初めて泉ヶ岳に登ったときに眺めた風景を思い出しました。
さらに積雪があると、また違った雰囲気なのでしょうね。
みどぽん
2009/11/23 19:30
みどぽんさん今晩は。
そうですね、みどぽんさんも今年、泉ヶ岳に登られたことを思い出しました。
厳冬期の泉ヶ岳は更に壮言な風景が満喫できますよ。快晴の時には早池峰山まで見えます。
でも間違っても山滑りには来ないで下さいね。密薮滑りで苦労しますから(笑)
SONE
2009/11/23 19:43
昨日の日曜日は、いい青空のなか自宅待機でしたよ。
みんなどごさ登ってんだべなぁ〜ってネ。
マスさんは宮城遠征ですね。
これからはこちらが冬場でも登れるチャンス大ありですよ。(^.^)
マロ7
2009/11/23 20:39
マロ7さん今晩は。
あの青空の中で自宅待機とは、精神衛生上キツイですね(笑)
太平洋側の冬は晴れる確立が高いので、夏場に暑くて登れない低山ハイクの季節到来ですね。
SONE
2009/11/23 20:49
今回も、おせわになりました。

霜柱も、雪の上を歩くのもたのしかったんだけど、
とにかく、いろんなものを食べた登山だったような気が…
くいすぎかも。
マス
2009/11/23 23:06
マスさん、お疲れ様。
初めての雪山、楽しめたみたいで何よりでした。
今回の登山は休憩する度に何かしら食べてしまったね(笑)
でもコンビニ調達の冴えない食事に比べると充実してたと思うよ。
SONE
2009/11/23 23:36
SONEさんでも水神の点に頭を突っ込むような俗な事するのですね〜。
地元の方と同行すると高い確立で教えてくれます。
私は頭が大きくてはまりません・・・。
87ワ
2009/11/24 08:14
おお、雪を踏んできましたか。良いですねえ。
それにしても美味しそうなランチですなあ。マスさんは料理がお上手のようですね。
小屋泊山行にお連れすれば豪勢な宴会になるかも。

漸く野望用が一段落しました。少しずつ体力を戻さなければ。
みいら
2009/11/24 10:23
ほほお〜水神コースでしたか。
もっと雪が積もってるかと思ったら、まだそうでもない?
北側日陰は、ちょい積もってる感じかな…
あったかランチで心も身体もポッカポカですなあ。
タッシー
URL
2009/11/24 11:59
もう1,200m級の山でも雪が積もっているんですね。 
蔵王も笹谷峠も冬季閉鎖になってしまったし・・・
今年の秋は短かったような気がしますね。
夢邪鬼
2009/11/24 16:13
87ワさん今晩は。
いやいや・・・真面目な風に見えて、こんなお馬鹿な事が大好きなんですよ(苦笑)
この点はかなり大きいので、87ワさんでも頭突っ込めると思いますよ(笑)
連休の初滑り楽しめたみたいで、羨ましい限りです。
SONE
2009/11/24 19:17
みいらさん今晩は。
やはり雪を踏んで歩くのは格別の思いがありますね。最初の雪だと思わずはしゃいでしまいます(笑)
マスさんの料理は絶品ですよ。これ食べるとコンビニ食材が食べたくなくなりますね。
小屋泊で宴会するのもいいですね。来年は誘ってみますよ。
やっと山復帰ですか。堂木沢山あたりでも登ってみますか。
SONE
2009/11/24 19:23
タッシー今晩は。
一番ノーマルなルートで行ってきましたよ(笑)しかし泉ヶ岳は相変わらず人が多いねぇ〜。
積雪量はまだまだ、といった感じだね。融けてしまって泥濘に苦労しましたよ。
やっぱり手作りランチは違うねぇ(笑) 次は鍋パーティ山行だね。
SONE
2009/11/24 19:27
日曜日は阿武隈から蔵王方面は雲がかかって見えませんでしたが、泉ヶ岳は
よいお天気だったのですね。
今季はまだ雪に触っていません。
雪の白と青い空とおいしいランチで最高でしたね。
ebiyan
2009/11/24 19:27
夢邪鬼さん今晩は。
ここ最近は11月後半の連休には必ず積雪がありますね。
山滑りの報告があちらこちらで見られますよ。
本当に短い秋でしたけど、感嘆なスノーハイクや陽だまりハイクが楽しめる季節ですよ。
SONE
2009/11/24 19:30
ebiyanさん今晩は。
この日は霞がかかって蔵王連峰はぼんやりとしか見えませんでした。
阿武隈からは全く見えませんでしたか。そう言えば霊山方面は遠望できなかったなぁ。
最初に触る雪は嬉しいですよね。でも中途半端な積雪は苦労するので山の選択が難しいものですね。
プチ雪山だと余り寒くないので、のんびりランチができて楽しいです。
SONE
2009/11/24 19:36
SONEさん、こんばんは。
そちらはお天気良かったみたいですね。
日本海側は時折陽がさすものの沈殿でした。
雪山歩きたいですね。
何よりも空気がいいです。
たぶん年明けになるのではないかと。
そちらの山のUP楽しみにしています。
あね
URL
2009/11/24 19:50
あねさん今晩は。
泉ヶ岳から快晴のときには鳥海山の勇姿が拝めるのですが、その方面は雲っていましたよ。
今の時期は中途半端な積雪なので、本格的な雪山は年末ごろからでしょうか。
太平洋側の冬は晴天の日が多いので、冬場でもガンガン登れるのが嬉しいです。
あねさんの雪山レポも楽しみにしていますよ。
SONE
2009/11/24 20:45
気持ちのいい泉ヶ岳でしたね。
ここから朝日や飯豊、鳥海が見られると嬉しくなってしまいます。
もっとも、いつも見られるわけではありませんけどね。
冬になると泉ヶ岳ばっかりになりがちですが、今年は里山を少し歩こうと思っています。
いろいろ教えてくださいね。
morino
2009/11/25 20:51
morinoさん今晩は。
予想以上に好天に恵まれて、プチ雪山を満喫できた泉ヶ岳でした。
展望が良いので晴れた冬の日には登りたくなってしまう山ですね。
morinoさんもやっと里山の良さに気付かれたみたいですね。冬場の行動範囲が飛躍的に広がりますよ。
登りたい山域があったらお気軽にMLしてください。情報は出し惜しみしませんから(笑)
SONE
2009/11/25 21:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009.11.22 泉ヶ岳から北泉ヶ岳(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる