東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.1.12 大倉山から大沢山(宮城・安達丘陵)

<<   作成日時 : 2010/01/13 20:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

3日連続の山行は少しお疲れ気味なので、仙台の奥座敷:秋保温泉の西側に位置する里山で簡単に済ます。
12月に歩いた仏岩界隈の送電線巡視路の接続が不明であったため、それを確認する意味も含めて訪れた。

【 1/12 大倉山(413m)から大沢山(327m)周回 宮城・安達丘陵 】
羽山登山口〜大倉山〜仙台幹線巡視路入口〜19番鉄塔〜細野原から伸びる林道〜沢渡渉〜20番鉄塔〜伐採地〜大沢山〜天主閣自然公園西側の沢〜車道を歩いて羽山登山口

今回も二日連続マスさんと一緒の山行である。
この日は午後3時頃から雨もしくは雪の予報であったが、羽山登山口を出発したのは午前11時30分と遅くなってしまった。雨に降られなければいいが・・・

大倉山は地元では『羽山さん』と呼ばれ、現在でも信仰の対象になっている里山である。
過去に拙ブログでも記事をアップしたが、冬場に簡単に登れる山として何度も訪れている。
山頂には羽山権現を祀るお堂があり、近年北東側が伐採されて秋保温泉や仙台平野の展望が良くなった。
しかし西側の国久集落から山頂のTVアンテナの保守管理道路が登ってきており、折角の里山の良さを無くしている点が残念だ。

羽山地区の民家の脇を通り抜けると鳥居がある。ここから高差350mの急登が始まる。
画像


最初は杉林の登り。以前は分かり難かった道も道標が付いて迷わなくなった。
少し登ると伐採後の二次林と思われる雑木林の急登をひたすら登る。ドンドン高度が上がっていく爽快な登りだが、冬場は汗をかくと休憩時に寒くなるので、薄っすら汗が出るペースで登って行く。

約30分の登りで呆気なく山頂到着。北西側が一部伐採されていて泉ヶ岳が望める。
画像


そして北東側には秋保温泉と、平頂の蕃山、尖った太白山、赤石三高森の山々が一望できる。
画像


山頂の羽山権現で記念写真。狛犬がお稲荷様なのが珍しい。右側には可愛い鐘楼があり鳴らしてみた。
画像


羽山権現の奥に三角点があり、雑木林に囲まれて本来の里山の雰囲気を残している。
そこから南に薄薮を抜けてTVアンテナ保守管理道路に出る。暫くはこの道を下って行く。
すると蔵王連峰が見える場所に出たが、残念ながら雲に隠れてえぼしスキー場しか見えなかった。

でも大好きなオボコンベが親指を立てたみたいに三森山の右に見えて嬉しくなる。
画像


林道が回りこんだ所からは10日に登ったばかりの大笠山が遠望できた。
画像


かなり林道を下ると左側に送電線巡視路が分岐する。ここから左折し再び山道になりほっとする。
最初は道形が顕著だが、沢に降りて行くと落ち葉で道が分かり難い。
画像


19番鉄塔まで下ると細野原集落から登ってくる林道と接続する。その林道を少し下ると新たな巡視路が右に分岐し、この道に入った。すると3本の沢が合流する地点に出て、小沢を石飛びで渡渉する。
左手の巡視路に入り急斜面にジグを切って登ると、南西側に懐かしい仏岩の姿が見えた。
画像


この界隈は東西に3本の送電線が平行して並ぶ送電線銀座である。
12月に歩いた仏岩から大沢山へは、その真ん中の送電線巡視路を辿る予定であったが、今回歩いてみてその幹線の独立した巡視路は存在せず。北側を通る送電線巡視路から支線巡視路が派生している事が分かった。

急登が終わると顕著な尾根に乗り上げて、その地点にある20番鉄塔からは大倉山の姿が大きく望めた。
画像


この巡視路は雑木林の尾根を辿り自然度が極めて高い。仏岩周辺のアカマツが植林された尾根とは様相が違っていた。マスさんもミニ縦走が味わえてとても喜んでいた。
画像


しかし大沢山手前のピーク周辺は北側斜面が大規模に伐採されていた。大沢山がドンドン近づいてくる。
画像


凄まじい荒涼とした風景の伐採地であるが、泉ヶ岳や白沢五山方面の展望は開けている。
画像


最終目的地、四等三角点がある大沢山山頂。3つのベンチが置かれ、雑木林に囲まれた静かな山頂である。
画像


コンクリート製のベンチに腰掛けて遅いランチにする。秋保温泉が梢越しに見下せる。
今日はマスさんお手製のもつ煮込み+りんごケーキ、もらい物のバナナケーキと、秋保のさいちで購入した納豆おはぎ。変った取り合わせのお昼だがどれも美味しかった。
画像


ミントティーを飲んで落ち着いてから下山にかかる。
同じ道を帰ったら雨に降られそうなので、天主閣自然公園方面に下る道に入った。
この道、現在は使われていないらしく、踏み跡程度の道形しかない。慣れない方なら迷いそうな道だ。
山勘で北側の斜面を下っていくと顕著な尾根に乗った。ヤセ尾根で足場が悪いところもある。

かなり下ると西側には例の大伐採地が広がっていた。大倉山の姿が見える。結構歩いてきたもんだ。
画像


尾根の東側も伐採地で斜面が崩れているところも見受けられる。大沢山から一気に降りてきた。
画像


その先の鞍部から少し登ると、天主閣自然公園内の遊歩道に出てしまった。
このまま遊歩道を辿ると公園内に出てしまうので、左側の谷に近づいたところから強引に木に掴まって谷筋に降りた。
そこにはブル道があり簡単に車道に出る事ができた。

ここから車までは約2km程度か。歩いている途中で弱い雨が降り出したが合羽を着るほどでもない。
休憩時間を入れて4時間弱で周回できた。やっと謎だった仏岩、大沢山界隈の巡視路の全貌が分かったし、縦走気分も味わえて面白い山であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
SONEさん、こんにちは。
三連休あちこち歩かれましたね。
楽しそうな様子が伝わってきます。
こちらはお天気に恵まれず、特に今日は時折吹雪いて真冬日という厳しい状況です。
それでも鳥海山系は例年より雪が少ないのが下からもわかるくらいです。
今はじっと我慢するだけ。
またの山行記事楽しみにしてますね。
あね
URL
2010/01/14 15:02
あねさん今晩は。
変則三連休でしたが、全て違った山行形態で楽しんできました。
今日の仙台も真冬日で今冬一番の寒さですよ。一日雪がちらついています。
鳥海山は例年より雪が少ないですか(驚) 豪雪のとき積もった雪融けてしまったのですね。
あねさんは現在冬眠状態で山記事がないので寂しいですよ(笑)
ひらひらで気を紛らわしているのでしょうか。
SONE
2010/01/14 18:14
大倉山側からの大沢山は最初急な登りあり、変化ありで楽しいミニ縦走路ですね。
以前は県道160号線の広い路肩の所に車が停められそちらから歩きだすのもよかったのでしたが、バリケードがされてしまい残念です。
ebiyan
2010/01/14 19:23
ebiyanさん今晩は。
こっち側から初めて大沢山に登ってみましたが、県道から登るより数段面白いですね。
巡視路の謎が解けて、その点も納得できましたよ(笑)
県道の路肩にバリケード置かれたのは知りませんでした。前日に何人か歩いた跡がありましたね。
SONE
2010/01/14 20:09
最近、ようやく大倉山辿りついたもんだからね。
大沢山は知らんかった。
こうしてみると、縦横無人にルートがあるんですね。
秋保の里山は沢山あってどれから登ろうか混迷‥。
マロ7
2010/01/14 20:31
マロ7さん今晩は。
大倉山周辺や秋保界隈は隠れ里山の宝庫ですよ。脊梁が吹雪いた時なんかが狙い目です。
白沢五山や戸神山一帯も何処に続くか判らない作業道が交錯して、探検気分を満喫させてくれます。
この冬に一つずつ丹念に登ってみると面白いと思いますよ。
SONE
2010/01/14 21:42
おやおや、3連登でしたか。タフですねー。
秋保は里山の宝庫みたいですね。そのうちどこか歩いてみます。
morino
2010/01/16 21:49
morinoさん今晩は。
この日は筋肉痛も治まり、ガンガン山を歩けましたよ(笑)
秋保温泉界隈の山はアプローチが簡単な割りに、変化に富んだ山が多くてお勧めですよ。
脊梁山脈が吹雪いている時には狙い目です。是非足を運んでみてください。
SONE
2010/01/16 22:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.1.12 大倉山から大沢山(宮城・安達丘陵) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる