東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.1.17 黒森山から上野山(宮城・二口山塊)

<<   作成日時 : 2010/01/17 19:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

朝早く起きてバックカントリーに行こうと思ったが、雲って小雪がちらついていたため中止。
その後昨日登った山のブログ記事を作成していると、昼過ぎから晴れ間も見えたので急遽、秋保界隈の里山に出かける。今回登るのは『秋保里山トレッキングマップ』で未登であった黒森山と上野山である。

【 1/17 黒森山(362m)から上野山(368m)周回 宮城・二口山塊 】
加沢の堤〜尾根〜黒森山〜西側鞍部〜上野山〜大雲寺〜加沢の堤

今日は気楽な単独行なので、登り始めの時間も午後1時30分と遅くなってしまった(苦笑)
でも里山なのでこんな時間でも簡単に登れる点が良い。

大雲寺に向かう車道の途中からは、目指す黒森山(右)と上野山(左)が仲良く並んで見える。
画像


余り詳しい情報を得てから登ると面白みが半減するので、『秋保里山トレッキングマップ』は見ないで現地に着いた。
2万5千図さえあれば必要充分な情報が得られるので、早速地形図を見て入山口を加沢の堤とした。
加沢の堤の奥には尖がった戸神山の姿が良く見える。
画像


堤のところに駐車できる場所があり、その脇には3基の石碑が鎮座している。その左側に赤布があるが通常はここから入山しているらしい。でも少し薮っぽいので北側の杉林から登り始めた。
薮もなくすっきりした斜面を急登すると黒森山に至る尾根に出る。ここからは薄い踏み跡を辿る。
積雪は10cm程度。小ピークを登るところでマンサクの蕾を見つけた。季節は着実に春に向かっている。
画像


尾根筋を進むと左手に上野山の姿が大きい。これから辿る右手の尾根は急斜面なのが分かった。
画像


急登が終わると呆気なく山稜に出る。北側には戸神山の姿が印象的に見える。
画像


雑木林に囲まれた黒森山頂の積雪は20〜30cm。展望には恵まれないが里山らしい雰囲気に溢れた山頂であった。
画像


風が吹きぬけて寒いので、休まずに上野山へのミニ縦走を試みる。
地図を見て少し戻ったところから直角に西側の斜面を降りる。僅かな鉈目はあるが、低木薮で薮山に慣れない人は突っ込むと道迷いの危険性がある。ミニ縦走をする場合はベテランの同行が必要であろう。

適当に樹間が空いたところを薮漕ぎしていくと鞍部が見えてきた。その右斜面は伐採されていて、鷹の巣山(左)と三方倉山(右)の対照的な山容を眺めることができた。大東岳や糸岳は雪雲に隠れて見えない。
画像


10日に登った大笠山が沢股山の奥に顔を出している。
画像


おっ、オボコンベの岩塔がちょこんと針の様に尖って見える。この位置からだととても登れる山とは思えないなぁ〜。
画像


鞍部付近は笹が繁茂して上野山に続く尾根に取り付けないので、少しだけ東斜面を巻きながら山頂を目指していく。
上野山の西斜面は伐採が入ったらしく、尾根の上は倒木が多くて忠実に辿れないのだ。
それでも上部まで木に掴まりながら一気に登ると、クラストして歩き易い尾根に乗れた。
辿り着いた上野山山頂の積雪は30cm強。吹き溜まりになっているのであろうか?
秋保里山愛好会が設置した山名板で山頂に着いたことを知る。こちらも雑木林に囲まれ展望には恵まれない。
画像


山頂から少し下ったところでカップ麺を食べて休憩する。猟銃の発砲音が何回も山峡に木霊し、静かな里山の雰囲気を壊していた。
上野山山頂からは南東尾根を下る。薄い踏み跡はあるが、木に掴まらないと転げ落とそうな急斜面だ。
途中で寝ていたカモシカが脱兎の如く逃げていった。周辺はカモシカの踏み跡だらけ。この付近をねぐらにしているのだろう。

下り始めは顕著だった踏み跡も下部に行くと薄くなってきて、そこからは適当に歩き易いところを薮を避けて下った。
大雲寺に至る尾根は笹薮が繁茂して下れる状態にはない。最終的に寺の南西側の民家の裏手に降り立った。
雪が積もった畑の隅を抜けて寺の駐車場をショートカットし、加沢の堤に戻った。

もう夕方近い。最近登ったばかりの大倉山の姿が印象的であった。
画像


休憩時間を入れてたった2時間の簡単な里山であったが、積雪期なら樹間から見える周辺の山々の姿に満足できるが、葉の茂った季節には面白みに欠ける山であろう。秋保界隈の山を登り尽くした方のみ満足できる山かもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
SONEさん、こんばんは。
正直なところ宮城県は山の少ない所(失礼)と思っていました。
しかし貴ブログを見せて頂くようになってから認識が変わりました。
楽しめる所が沢山ありますね。
私も自分のいる地域の山をもっと知りたくなってきました。
あね
URL
2010/01/17 19:39
あねさん今晩は。
確かに宮城県は東北地方でも登山対象の山が一番少ない県だと思います。
だから一部の有名山に登山者は集中してしまいますね。
でも大まかに数えると宮城県には約600座の山があるんです。
その内400座は登りましたが、薮を苦にしないで登ると一生かかっても登りきれない山がありますよ。
庄内地方も弁慶山地や摩耶山塊など、白地の山域が目白押しなので羨ましく思っています。
SONE
2010/01/17 20:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.1.17 黒森山から上野山(宮城・二口山塊) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる