東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.2.24 不忘山(宮城・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2010/02/26 19:13   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

4月中旬の様な暖かい晴天に恵まれた24日、午前中に仕事を終わらせて速攻で不忘山に登ってきた。
腕まくりして登っても全然寒くない、とても厳冬期とは思えない状態であった。

【 2/24 不忘山(1705m) 宮城・南蔵王 】
宮城蔵王白石スキー場〜ゲレンデトップ〜東尾根〜不忘山(往復)

この冬は天候に恵まれた雪山を経験しておらず、雄大な雪山の景色を拝めない消化不良的な山登りが続いていた。
ところが今週のウィークディは3日間連続で4月中旬を思わせる天候となるらしい。
「こんな時に雪山に登らなくては後悔してしまうぞぉー! 」と気をもんでいた。

だが24日の午後しか時間が空かないので、時間的に登れる雪山は限定されてしまう。
そんな時にあり難いのが南蔵王の一番端っこに位置する不忘山だ。
白石スキー場のゲレンデトップからだと、標高差600m足らずの登りで手軽にアルペン気分が楽しめる数少ない山である。

午後の陽を浴びて輝く南蔵王。道路沿いには僅かしか雪が無く、今年の積雪量の少なさが分かる。
画像


白石スキー場は一般客よりも自衛隊の方々の方が多い。リフト2本を乗り継いでゲレンデトップを目指すが、このところの暖かさで地肌が見え初めてきた。
画像


シールを付けて出発。午後1時30分を過ぎていた。数人分のスノーシューとカンジキの跡が先行している。
風も弱く、暑さを感じる陽気で、山シャツを腕まくりして手袋も付けないで登っていく。
目指す不忘山。近くに見えるがドンドン傾斜が強まっていくので、スキーでは登るルート取りが難しい山だ。
画像


北隣にある水引入道。本当に穏やかな日和だ。
画像


スノーシュー&カンジキパーティーは東尾根方面に向かっているが、そっちは一部で薮っぽいところがあるため、何時も通り南東斜面を直登して行く。
画像


本日は適度にシールが効いて、かなりな傾斜でも直登できるので、左側の谷方向に斜高しないで、ひたすら真っ直ぐに登って東尾根の上部に出た。この付近から雪質はクラスト&モナカに変る。
画像


東尾根に出ると、直ぐに目に飛び込んでくるのは水引入道と馬ノ神岳である。
画像


東尾根を登りつめた頂点に不忘山がある。雪庇の張り出しも小さく、本当に寡雪と感じてしまった。
画像


更に登って行くと、北屏風岳と水引入道の間に後烏帽子岳の姿も見えてきた。
その奥には薄く二口山塊や船形連峰の山々が見えたが、ヘイズが強く写真にはならない。
画像


不忘の碑の上部でスキーをデポ。ここからはツボ足で山頂に向かう。
南屏風岳の東面の山襞が、午後の陽にシルエットを作っていて美しく見える。
画像


不忘の碑から南側に下る硯石コースは、ガレ場が露出して冬を思わせない状況になっている。
画像


山頂に着くと、西側から冷たい風が襲ってきて流石に腕まくり+手袋なしでは寒くなる。
慌てて手袋を付け、フリースを着込むとちょうど良い体温になった。
久しぶりに晴天の山頂に立ったので、北側にある神社ピークの先まで行ってみる。
壮絶に落ち込む大若沢を眼下に見て、西側には穏やかな山容の番城山が見えた。
しかし、吾妻連峰や飯豊連峰は肉眼でやっと見えるほど霞んでいた。
画像


不忘山山頂を振り返る。シュカブラに覆われた雪の殿堂であった。
画像


ヤセ尾根の末端まで行って南屏風岳を仰ぎ見る。とても1800mほどの標高とは思えないアルペン的な景観が広がる。
画像


南屏風岳の壁と北屏風岳。壁にはシュプール跡は見えなかった。
画像


山頂では風に飛ばされた氷の膜がビシバシ顔に当たって落ち着かないので、スキーデポ地点まで戻ってそこで休憩した。おにぎり2個を腹に入れ、コーヒーを飲むだけの簡単な食事だ。
素手で食事をしても全然寒くない。2月にこんな春山みたいな不忘山は初めての経験であった。

さてシールを剥がして滑降を始めるが、下界では12度まで気温が上がっている状態では満足な雪質は望めない。
案の定、上部はクラストとモナカがミックスした極悪雪。こんなの滑れる状態ではないので、プルークでゆっくり滑る。

沢筋から低木帯に入り、煩い薮を抜けると傾斜がほどほどの雪原に出る。ここは腐れ雪であったが、縦長のシュプールで滑ると意外に快適に滑れた。結局ゲレンデトップまでは30分弱で下る。後は日陰になって堅くなり始めたゲレンデを練習を兼ねてゆっくり滑り、15時40分にスキーセンターへ戻った。
あえて滑りは二の次で展望だけを求めて登った不忘山であったが、やはり雪山は晴れていた方が楽しい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
白石スキー場からの不忘山。一度は登って滑ってみたいと思っていますが、最近の暖かさでは今シーズンの終わりは近いようですね。来シーズンは是非行きたいと思っています。
みどぽん
2010/02/26 19:40
みどぽんさん今晩は。
今年の暖かさは異常なほどで、山の雪も一気に融け始めていますねぇ。
蔵王など太平洋側の山々のスキーシーズンは3月中旬で終わりそうな気配です。
今回のコースはお手軽に山滑りが楽しめますので、来年は是非いらしてください。
SONE
2010/02/26 21:10
5年前に山を再開した頃、南屏風から斜めに水引平までつぼ足で下りましたよ。
いま思えばクワバラですね。
西日にあたる屏風の陰が印象的ですね。
あらら、積雪期を逃しちゃいます。
マロ7
2010/02/26 21:20
マロ7さん今晩は。
斜めに南屏風の壁を降りるのは怖かったでしょうね(笑)
この日は滑りながら大量にスラフが流れる状態でしたので、屏風の壁は近づけない感じでしたよ。
午後の陰影がある屏風の壁は迫力満点でした。午後に登ったお駄賃でしたね。
そうですよぉ〜、雪解け凄いスピードで進んでいる感じでしたよ。
SONE
2010/02/26 21:43
ありゃー、雪すくないねえ。
春が早いか??
タッシー
2010/02/27 17:39
タッシー今晩は。
白石のBコース、出だしのところは完全に地肌がでていたよ。
今年の山菜は早そうな予感がするね。
SONE
2010/02/27 19:49
素晴らしい景色の不忘山ですね。
テレはじめて友人と初めてBCに行ったのがこのルート。
もう一回近い内に行きたいです。
87ワ
2010/02/28 20:36
やっぱり山は天気がいいと魅力的ですねー。
久しく冬の不忘山はご無沙汰でした。
来週は隣りのお馬さん予定ですが、晴れてくれー。
morino
2010/02/28 21:45
20日は不忘の碑下の沢が腰までパウダーだったんですよ〜でも天気がイマイチ。soneさんの写真で満足しました!今日は大沢下りをしましたが、あちらも雪が・・焦ります。
加ト幹事長
2010/02/28 22:22
87ワさん今晩は。
雪質は二の次で景色だけ見たくて登ってしまいましたよ。
テレの初心者でも滑れるルートなので、思い出深いでしょうね。
今年の内に行くんなら3月初旬が限界かもしれませんよ。
SONE
2010/02/28 23:39
morinoさん今晩は。
雪山は天気の良し悪しで山の印象が違ってきますね。晴れた日は極楽の感じがします。
冬の不忘山はお手軽に登れて好きですよ。刈田みたいに人が多くない点が良いです。
来週は馬ですか。晴れなければ別の日に延期した方が良いですよ。
晴れて屏風の壁が見えないと意味がない山ですから・・・
SONE
2010/02/28 23:43
加ト幹事長さん今晩は。
うへぇ〜、不忘で腰パウダーですか。羨ましい・・・
天気を取ると雪質が悪い、雪質を取ると天気が悪い。これは山滑り人の永遠に悩みですよね。
大沢下りは満喫できましたか。牧場までの道の雪は消えそうでしょうかね。
SONE
2010/02/28 23:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.2.24 不忘山(宮城・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる