東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.3.22 二岩山〜岩元山〜親ノ倉山(宮城・仙台市近郊)

<<   作成日時 : 2010/03/23 20:33   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

山仲間ebiyanさんのブログで何回も紹介されたサイカチ沼周辺の山々。
余りにも近郊にある里山のため、逆に訪れる機会を逸していたが、昨日から荒れ狂った強風が午後になって弱くなってきたので、この時に登ってしまおうと出かけてみた。

【 3/22 二岩山(236m)〜岩元山(291m)〜親ノ倉山(244m) 宮城・仙台市近郊 】
月山池西側駐車場〜月山池北側の遊歩道入口〜二岩山〜220m峰〜210m峰〜斉勝川〜岩元山〜246m三角点峰〜荒れた林道〜サイカチ沼にかかる木橋〜月山池西側駐車場〜月山池南岸の素掘のトンネル〜その上部の尾根を登って東屋〜林道出合い〜親ノ倉山〜月山池の堤〜月山池北側県道〜月山池西側駐車場

サイカチ沼は大正時代に農業の灌漑用水用として築かれたため池で、月山池もその後下流に作られたため池である。
昔、この用水池付近にサイカチの木が多かった事から名付けられたらしいが、別な伝説もある様だ。
私が子供時代にはこの周辺の山で雑キノコを採取した記憶があるが、どの地点で採ったかの記憶は曖昧になっている。そしてワカサギ釣りに興じた記憶もあるが、現在はバラックバスが多くなってワカサギは全く釣れなくなってしまったらしい。それでもヘラブナは未だに健在で、この日も多くのヘラ釣りファンが釣り糸を垂れていた。

近年サイカチ沼周辺は多くの散策道が整備され、訪れるハイカーの姿も多くなっていると聞くが、午後1時30分からハイキングをする人は私だけで、周りにいる人からは奇異の目で見られた。
サイカチ沼と月山池の間に大きな駐車場があり、入口に遊歩道のイラストマップが設置されている。
午後の日に輝くサイカチ沼を後にする。
画像


月山池北側の遊歩道入口から急な木段を登っていく。段差があり非常に歩き難い階段だ。
画像


階段を登り切ったところからサイカチ沼を見下す。写真にないが大倉山が富士山型の端整な姿で見えた。
画像


遊歩道は二岩山の南側を掠めて通過しており、山頂へは顕著な踏み跡を辿っていく。この分岐には何らの標識もない、小さな鞍部に下りて杉林を登ると四等三角点のある二岩山だ。山頂は雑木林に囲まれて愛子方面の建物が少しだけ見えるのみだった。
画像


遊歩道まで戻っても面白みに欠けるので、微かな踏み跡を南西方向に辿る。220m峰と210m峰の小さなアップダウンがあり、地図読みしながら複雑に分岐する踏み跡を選んでいく。これは結構面白い。
北側の山背を通過する送電線方面に行ってしまうと、斉勝川右岸の岩元山から離れてしまうので、一旦斉勝川に降りる尾根筋を選ぶと、再び遊歩道にドッキングした。ここからが目指す岩元山の姿が確認できる。
画像


林床には一面にセリバオウレンの花が咲いている。
画像


やがて遊歩道は斉勝川沿いの林道に降り立った。岩元山への取り付きはこの林道を上流部まで辿ればよい。
画像


不思議なことに林道は「林業作業者以外立入り禁止」のチェーンがかかっていた。それを無視して登っていくと、立入り禁止の処置をした理由が判明した。

林道の脇に大量の不法投棄ゴミが散乱していたのである。このゴミは産業廃棄物ではなく明らかに家庭の粗大ゴミであった。この量なら持込粗大ゴミの処分代として2000円程度であろう。里山歩きで一番腹が立ち、かつ情けなく思う光景がこのゴミ不法投棄である。これは氷山の一角で林道の奥深くかなりなゴミが捨てられているのが現実だ。
日本人の民度の低さがこんな点にも現れていると感じてがっかりする。
画像


林道が右岸に移り、左側から流入する2つ目の小沢の地点が岩元山への登路になる。
直ぐ右手の尾根に取り付いても行けるが、笹薮が出ているので少し先の右手の窪状を登って行った。
すると山頂から約50m北側の地点に出る。踏み跡の顕著な笹薮を少し漕ぐと岩元山の最高点291mに着いた。
しかし雑木に囲まれて何にも見えない。単なる尾根の一高点であった。
画像


そこから東側にある三角点峰を目指すが、尾根と道幅が広い散策路っぽい道で気分が良い。
地図上にある破線ルートに乗って歩いていくと、左手に三角点峰と思われる高みが見えてきた。
そこの分岐には赤布があり、少なからず人が登っている様である。
鉈目のある道を少し登ると、四等三角点のある「点の記の岩元山」に着いた。
画像


この山頂から再び地形図を取り出して、破線ルートから離れた尾根筋を辿るルートを考えてみる。
踏み跡はがっちり付いているので迷う事はないが、小さなアップダウンが続き、結構歩き甲斐のある行程となる。
最後には地形図にない荒れた林道が出現して尾根筋が分からなくなってくるが、サイカチ沼の右俣の付け根部分に降り立つことが出来た。ここから現在は使われていない遊歩道を経由してサイカチ沼にかかる木橋のところに出る。
画像


県道を駐車場まで歩いて、今度は月山池南側に位置する親ノ倉山に向かう。日が長くなったので時間は充分間に合う。
遊歩道のイラストマップはポイント毎の名称が全く記載されていないので非常に分かり難い。
先ず月山池南岸に沿った道を東進する。人間に驚いた鴨の群れが時々飛び立っていく。
画像


途中の入り江の手前に素堀のトンネルがあった。予期せぬトンネルの出現に嬉しくなってくる。
画像


入り江の奥まで行ってから勘違いして道を一本間違えてしまった。トンネルがあった尾根に戻って登って行くが、これは明らかに遠回りであったことに気がつく。しかし目指す親ノ倉山の姿が初めて確認できた点は良かった。
画像


尾根上に出ると東屋やベンチが置かれた公園風の道になる。途中にはモミの木があり林相は極めてよい。
画像


遊歩道の脇には沢山のカタクリの葉があり、花の時期にはお花畑になりそうな所も多かった。
だが突然飛び出した林道で唖然とする。駐車場から伸びている林道がここまで来ているのであろうか?
途中から親ノ倉山に登るために林道の法面上の尾根を歩くと、泉ヶ岳が一望できる場所があった。
画像


尾根上にはマンサクの花が一面に咲いている。
画像


先ほど登った岩元山も遠くに見える。結構東側まで歩いてきたもんだ。
画像


たどり着いた親ノ倉山には三等三角点があったが、山名板は一切なく、二基のベンチがあるのみ。
画像


夕方になりあれ程吹き荒れた強風も凪いできたので、ベンチでカップ春雨とおにぎりを食べてゆっくりする。
里山なので下りの時間が読めるため、ついでにコーヒーも飲んで夕方の山を楽しんだ。

山頂からは月山池の東端にでる様に一番東側の遊歩道を下った。相変わらず段差があり歩幅が全く会わない木段には苦労させられる。小さなピークを登り返すと錦ヶ丘団地と仙台市天文台、そして奥に蕃山の姿が一望できた。
画像


東屋のある場所を左に見て、更に急な尾根を下ると呆気なく月山池の畔に出る。釣り人がいる小さな入り江を巻いて、月山池の堤上を歩いた。もう日も大分傾いた時間となっていた。
画像


車まで戻るために月山池北岸の県道を歩いていく。登ってきた親ノ倉山は県道からは尾根の影に隠れて見えないのが分かった。午後5時ジャストに車に戻る。また自分としては未知の山道を歩けた。
サイカチ沼周辺の里山は尾根筋が複雑で、丹念に付近を散策すればいろいろな発見がありそうである。
御天山などと共にまた訪れてみたいと思わせる山であった。

尚、今回歩いたルートを地図上に記入してみました。岩元山方面へは遊歩道が整備させていないので、地図読みができる方でないと迷い易いかもしれません。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
セリバオウレンが咲き出しましたか。
マンサクに続く春山第2号の花かでしょうかな。
それにしてもどこへ行ってもゴミの山はあきれますね。
ルート図ありがとうございます。って、行く機会は来冬かな。
マロ7
2010/03/24 20:47
マロ7さん今晩は。
セリバオウレンは今が満開の様ですよ。カタクリの葉っぱも大きくなりもう少しで咲き出しそうです。
一時期サイカチ沼でゴミの不法投棄が問題になりましたけれど、今回目にしたゴミだったのでしょうかね。遊歩道とは外れた場所に捨ててありましたよ。
次の冬といわないで、脊梁山脈の天候が悪い時にはお勧めですよ。花も多く咲きそうです。
SONE
2010/03/24 21:32
マンサク、セリバオウレンと咲き出して、もうすぐスプリング・エフェメラルの季節がやってくるんですね。
雪山も花の山も楽しめる一番面白い季節かもしれませんね。
morino
2010/03/24 22:12
morinoさん今晩は。
スプリング・エフェメラルの季節はすぐそこまで来ていますね。
次にはミスミソウが咲き始める時期になってきました。雪山と里山、選択の余地が沢山ありますね。
SONE
2010/03/24 22:23
トンネルいいねえ。
サクラ、ボール投げしたら喜ぶよ!
タッシー
URL
2010/03/25 17:32
錦が丘団地が出来ない頃、秋保に行く近道で
良く通りました。里山あるんですね。
ブラックバスの放す業者がいるのでしょうか・
ワカサギも食べられて・つりブ−ムの時がありましたからね。
フナも釣れる所ですね・ゴミ捨てこんな所まで、
オ−レンが咲く時期なんですね。
この花はセリバオ−レンなんですね
マンサク綺麗ですね。カタクリも・・
里山の花達がいよいよ咲く準備してますね・
読図はできませんが・春の散策したとき一座位登れるかな。
今度又行ってみたいと思います。
ク〜
URL
2010/03/25 17:47
タッシー今晩は。
サイカチ沼の遊歩道は台原や県民の森より変化に富んでいて面白いよ。
あのトンネルにもびっくり。サクラは絶対に沼で泳ぎそうな感じがするね。
SONE
2010/03/25 19:27
クーさん今晩は。
秋保に抜ける新道ができてからはサイカチ沼に行かなくなりましたよね。
今回見かけた釣り師はヘラブナ釣りが中心で、ルアーを使っている方は少数でしたよ。
ゴミの不法投棄は許せないですが、林道入口から車が入れなくなっていました。
今回歩いたルートでクーちゃんと一緒に歩くお勧めは親ノ倉山方面です。
雑木林が美しく、山野草も多く見られるはずです。手軽なお散歩コースですよ。
SONE
2010/03/25 20:02
過去記事失礼します。
見る写真すべてが絶景ですね。
こんな良い環境の中に一部不法投棄されている場所があるなんて信じられません。
しかも氷山の一角にすぎない現状人としてモラルに欠けているのでしょうか。
他国に恥ずかしくない住み良い日本にする為に不法投棄をなくさないとダメですね。
産業廃棄物の不法投棄
URL
2010/07/02 21:56
○○さんコメント有難うございます。
(産業廃棄物の不法投棄さんなんてお名前では書けませんでした:笑)
写真お褒め頂き恐縮です。この場所の不法投棄は余りにも悪質なので写真を出しました。
これを捨てた人間はゴミ処理代を儲けたと思っているのでしょうかね?
これを見るとエコなんて言葉が空しく感じてしまいます。それ以前のモラルの低さですね。
SONE
2010/07/02 22:42
soneさんこんにちわ、12月2日山仲間3人とニ岩山−岩元山−親ノ倉山へ行つて来ました。いつも、soneさんの記録を利用させていただき助かります。相も変わらず不法投棄が多くこまつたものです。せつかく某農水・・・のため池整備事業(税金です)を使て作た施設なのに、情けないおもいます。それから私が感じるのは、山歩きの人より釣り人の方がマナ-が悪く釣り糸・餌
の袋・等のゴミが沼の周りに散乱しておりました。遊歩道ですが、素掘りのトンネルは2011・3・11の地震以来崩壊の恐れがあるため通行止めになつております。何箇所か通行止めのところがあります。親ノ倉山方面は散歩道としては、展望の良い所が多いのでおすすめです。前から気になつていた、沢股山(644m)への登り口への下見に仙台ハイランド方面に向かいました。レ−シング駐車場からスキ−場跡の広い道(幅20〜30m・荒れているアスファルト)を登りきると(4輪駆動車なら可)素晴らしい展望の場所につきます。蔵王・白沢五山・泉ケ岳・太平洋眺望できます。沢股山山麓はかつてスキ−場として使われたとみえて、リフトの巻上機の残骸がある,殺風景な所で、「沢股山」へのル−トは落葉期なら、作業道・尾根筋をたどれば、私のヤマ勘では1時間30分ぐらいで山頂へつけかも?以前八ッ森側から挑戦しましたが、撤退しましたので今度はハイランドから行けるかな?だだ私有地を通るので許可必要です。
omoshiroyama2008
2012/12/08 16:18
omoshiroyama2008さん今晩は。
今でもゴミの不法投棄は続いていますか。散乱したゴミを見ると暗い気持ちになってしまいますね。
山中のゴミに関してはご指摘の通り、釣り人や山菜採りの方が多い印象です。
山や川などから恵みを頂いているのに、それを汚すとは人格を疑いますね。
あのトンネルは通行禁止ですか。里山については地震の被害が高山より多い感じがしております。
沢股山は仙台ハイランドから登れると思っておりましたが、私有地の旧スキー場の登りがあるので、何となく足が向きませんでした。
登られた時には情報頂ければ幸いです。
SONE
2012/12/08 23:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.3.22 二岩山〜岩元山〜親ノ倉山(宮城・仙台市近郊) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる