東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.3.29 野手上山と新田川渓谷(福島・阿武隈山地)

<<   作成日時 : 2010/03/31 00:19   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

準平原状の穏やかな山容の山々が連なる阿武隈山地。その深遠部とも言える地域に野手上山がある。
野手上の山名の「ノテ」とは深い山を指すと言われている。交通の便が著しく不便な地域ゆえにマイカーでないとアプローチできない深い山域であるが、その山懐をじっくり歩いてみると新たな発見があると思う。

【 3/29 野手上山(629m) 福島・阿武隈山地 】
大鳥居登山口〜金華山〜野手上山〜T字路〜民家〜分岐〜ナラの森コース経由:サワグルミの森〜新田川渓谷〜比曽川合流点〜風兼ダム〜大鳥居登山口

野手上山を訪れるのは今回で二度目。「うつくしま百名山」に認定される以前に訪れた野手上山は、整備度も悪い里山の印象しかなかった。当時は山頂から西側に直降する道があり、ふもとの廃屋が不気味すぎて驚いた記憶がある。
本日も山仲間のマスさんが一緒。私としては新しく整備された新田川に至る遊歩道に興味があって訪れてみた。

奥羽脊梁山脈には相変わらず雪雲がかかっていて、とても4月が間近の感じはしない。気温も1度までしか上がっていないのだ。
飯館村の奥に位置する野手上山はカーナビを使わないと、とてもたどり着けない場所にある。
以前来たときはカーナビがなく、迷いに迷ってやっと登山口にたどり着いた。
それでも「うつくしま百名山」効果は確かに絶大で、車道のポイント毎に看板があり、意外にアプローチは楽になっていた。

風兼ダムサイトにある大鳥居登山口に着く。登山準備をしているとデジカメを忘れた事に気がついた。
またやってしまったが、本日はマスさんのデジカメを借りて撮影することにする。
画像


大鳥居を潜ると左手に水場と看板があり、新規に整備された遊歩道のコース概要が分かる。
画像


杉林を抜けると雑木林の急登が始まる。樹間から野手上山山頂が望める。
画像


やはり人気が出た弊害で登山道の裸地化が進んでおり、ガレた登りにくい急登がしばらく続く。
やがて整備された階段の登りとなるが、階段嫌いの我々には苦痛な工程だ。
ダム湖である野手上湖を見下ろしながら登ると、金華山と呼ばれる小ピークに着く。
南東側には山頂付近を通る送電線が目印の小太夫山が同定できた。
画像


金華山には新たに黄金山神社の板碑が祀られていた。
画像


道は少し下ってから山頂まで一気の急登となる。一帯は藪が一切ない素晴らしい林相の雑木林で、春先ならいろいろな花々が咲き乱れるであろう。
画像


やがて頂稜に飛び出すと小さな祠がある。山頂は指呼の距離だ。
野手上山山頂には3つの石祠を囲った立派な神社が建っていた。
画像


そして展望台も新設されていて以前より整備度は格段によくなっていた。
展望台に登ると、原町にある国見山の電波塔であろうか? 大きな山が東側に見える。
画像


神社を見下ろすと、裏側に生えているアセビの花は満開であった。
画像


強い風と小雪が舞う山頂で休憩する気は起きず、そのまま北側への道を下り始める。
ジグザグに下っていくとT字路になる。右はケヤキの森コース、左が北登山口への道で、そこから新田川への道が分岐する。
ワラビ畑を左に見て下っていくと林道に合流した。そこを右折すると誰も住んでいいない作業小屋?が現れる。
その正面にある畑を見てあきれてしまった。恐らくイノシシ避けであろうが、ここまで満艦飾にいろいろぶら下げるかぁー、と笑ってしまった。
画像


そこから少し登って尾根の上に出ると再びT字路になる。今回は左手のナラの森コースに入る。
樹齢300〜400年のミズナラの巨木林の表示に引かれてしまったのもある(笑)
画像


このコースに入って正解! マスさんも「こんな綺麗な森初めて見た。」と驚いていたが、ブナ交じりのミズナラの巨木林が続く風景は阿武隈山地においても貴重なところと思った。ササや藪が一切ない素晴らしい森が続いていたのだ。
画像


どんどん下っていくと右手にサワグルミの森コースが分岐する、サワグルミの森まで150mと表示があったので、寄り道して入ってみた。この時点でお昼を過ぎていたので、晴れ間もでているし、落ち葉の登山道で昼食とした。
カップ麺とおにぎりの簡単な食事である。

休憩後歩き出すと、雲行きが怪しくなってきた。
そしてサワグルミの森に到着。この森にも本当に驚いた。今まで見た中で一番大きなサワグルミって感じがする。
こんな巨木が何本も生えているなんて、開発され尽くした感がある阿武隈山地もまだまだ捨てがたい自然があったのだ。
画像


再びナラの森コースに戻り、新田川渓谷への道を一気に下っていく。野手上山山頂からは高差で400m以上下った。
そして川まで下ったところで視界50m足らずしかない猛吹雪になってしまう。
更にがっかりしたのは新田川コースは遊歩道と信じて下ってきたのに、実際のそれは林道であったことだ。
う〜〜ん・・・また同じ急登の道を引き返すのも癪なので、予定通り新田川を下り、比曽川を遡る6kmの道を歩くことにする。

猛吹雪も10分程度で収まり、新田川の渓谷美を見下ろしながらのんびり下る。
川沿いの斜面にはケヤキの巨木が多い。
途中には迫力ある淵もでてきて、意外に変化に富んで面白い道だ。あと2週間もしたらアカヤシオの花を愛でながら歩けたかもしれない。
画像


少し歩いて気がついたが、新田川沿いの林道は軽トラ以外は走行が不可能なほど道が細かった。
素堀りのトンネルを潜ったりして、楽しいイベントが多い。
画像


晴れたり曇ったり、時として雪が降ってきたり目まぐるしく天気が変わる。沢に日が差したときは美しい。
画像


おっ、イワウチワの花が咲いていた。他の株にも多くのつぼみがあった。2週間後が見ごろであろうか。
画像


新田川と比曽川の合流点の少し下にゲートがあり、一般車両の通行ができない様になっていた。
それにしてもハイキングコース看板にあった糸滝とは何処にあるのか?
分からないまま合流点より下流に下ってみるが、何処まで下っても同じ様な風景が続くので引き返す。

比曽川コースに入っても新田川と同様の風景が続くが、左手に橋を見た地点から沢を離れて、どんどん左岸の高みを登る道になってしまった。ここから歩くモチベーションを維持するのが辛くなる。
周辺の山々も松の植林地となり、単調な風景が連続して歩いていてもさっぱり面白くない。
休憩しようにも右手も崖が高く、落石がありそうで休む場所がないため、仕方なく二人で話をしながら歩いていった。

そして風兼ダム近くまで歩いたときに、やっと休憩に適した雑木林を見つける。
ここでマスさん手作りのホワイトチョコケーキとロールケーキを食べて、コーヒーを飲んだらやっと落ち着けた。
疲れたときには甘いものが一番である。
画像


小さな風兼ダムの湖面を見ながら歩いて行くと、大鳥居の登山口は近かった。
川沿いの林道歩きは長かったけれど、阿武隈で一番原始的な風景を見られた点では素晴らしい山であったと言える。
次に訪れる機会があるとすれば、アカヤシオかシロヤシオが咲き誇る春、もしくはキノコ探しの秋であろうか。

尚GPSじゃないけど、ご参考まで地形図に歩いた軌跡の概略を記載しました。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり、4メガのカメラは、もうだめかもね。
morinoさんみたいなカメラが欲しい…
マス
2010/03/31 11:23
マスさんお疲れさん。
デジカメ忘れて借りたから、余り大きなこと言えないけど、今時4メガのデジカメを使っている人は珍しいと思うよ。壊れないのが不思議。液晶ちっこいのが使いにくいねぇ〜。
SONE
2010/03/31 16:02
登山ガイドの福島の本読んでみましたよ。
登山口までのアプロ−チが長いとか・
道もわかりづらいのですね。
今も鳥居まで車は入れないのですか・
新緑の頃も楽しく登れそうですが・・
V型のサワグルミの木なんですか・・
巨木ですね・・
イワウチがもう咲いてますね・
面白そう・・新緑の頃散策したくなります。

質問だらけですが・・仙台からどのくらいの
時間様子のでしょうね・
原町までは行った事何度かありますが・
ク〜
2010/03/31 16:39
ク〜さん今晩は。
ク〜さんのご自宅からですと東北道〜国見IC〜保原〜月館〜飯館経由で走行すると、ゆっくり走っても2時間でダムの大鳥居まで入れますよ。飯館村から原町に抜ける国道に山の看板が立っています。
新緑と言うより4月中旬のイワウチワと新田川のアカヤシオがお勧めですよ。
クーちゃん連れていっても、危ないところがないので安心して散策できます。
5月初旬のシロヤシオが咲く頃が二度目の見所でしょうか。
SONE
2010/03/31 18:02
地元の山だねえ、あそこはイイ!
バリエーションが多いよね。
それにキノコちゃんもハエハエだし(期待)
タッシー
URL
2010/03/31 18:31
タッシーが若い頃に新田川で遊んだと言うのを、思い出しながら歩いてきたよ。
阿武隈山地の中でも一番自然が残されているところで、地形図片手に隈なく探検したら面白そうだね。
秋にはキノコも出そうな感じだし、小太夫山と組で登っても面白そうだね。
SONE
2010/03/31 18:57
新田川って発電所があって紅葉が素晴らしいところかな。
秋には紅葉芋キノコ汁煮だな。 
マロ7
2010/03/31 19:32
マロ7さん今晩は。
発電所は上流部にはなかったですが、我々が歩いた下流には森林軌道跡があったそうで、アドベンチャー気分に浸れるところが多いそうですよ。川岸が険しいので芋煮会は難しいかもしれませんね。
SONE
2010/03/31 20:38
野手上山、気になっていたのですがガイドブックに書いてある以上に素晴しいところですね。
もう少しして花が楽しめる頃に行ってみたいと思います。
阿武隈には面白そうな山が沢山有りますね。
morino
2010/03/31 23:06
morinoさん今晩は。
最初に野手上山に訪れたときには面白みのない里山的な印象しかなかったのですが、
今回は下部に新設された遊歩道を歩いてみて、初めて自然の豊かさに気づきました。
イワウチワの他にフサザクラが少し咲いていましたが、あと二週間後には花・花・花の状況になりそうです。女性を連れていったら喜ばれると思いますよ。
SONE
2010/03/31 23:25
阿武隈山系はもうイワウチワが咲いてるんですね。
この辺りの里山にも徐々に春が近づいてきましたね。
雪が減ってくるのは残念ですが、花は花で楽しみです。
N家(たけ)
URL
2010/04/01 20:39
N家たけちゃん今晩は。
たけちゃんは山滑りのラストスパート時期でしょうが、福島の阿武隈山地には春の花が咲き始めていますよ。天気が芳しくないときにはご家族で花見ハイキングなんていかがでしょうか。
でも本当に雪解けが早くて焦ってしまいますね。
SONE
2010/04/01 21:11
私の動画デジカメ(ザクティの初期型)も4メガながら元気に動いているのですが、経年劣化でレンズの枠?が取れてしまってからは、レンズが汚れやすくなり綺麗な画像が写らなくなっています。

野手上山は秋のキノコを目的に大鳥居登山口から山頂往復しましたが、乾いた斜面が多く、ひからびたナラタケを見つけたのみでした。山頂から北側へは時間の関係で行けませんでしたが、そちらの方がキノコはありそうでしたか?(たしかに登山口までの道が分かりにくくかつ細く曲がりくねって走りにくかった記憶があります)

みどぽん
2010/04/02 21:31
みどぽんさん今晩は。
昔の4メガのデジカメはなかなか壊れませんよね。でも最近のデジカメの画質の良さから見ると、どうしてもディテールが粗く感じられる写真しか撮れないと思います。

野手上山にキノコ狩りに行ったことはないのですが、登山道を外して窪状のところを探すと意外に当たる可能性があると踏んでいます。新田川に下る斜面はよさげですが、斜度がきつい斜面なので注意が必要かもしれません。今回はカーナビの誘導ですんなり現地に行けましたが、地図片手だと難儀する道ですね。
SONE
2010/04/02 22:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.3.29 野手上山と新田川渓谷(福島・阿武隈山地) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる