東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.4.18 花見山とガロ山&二ッ箭山(福島・阿武隈山地)

<<   作成日時 : 2010/04/20 20:04   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

前日17日の積雪には本当に驚いた。仙台では観測至上三番目に遅い積雪となったらしい。
これで18日に山滑りに行く予定が狂った。雪山は悪雪プラス強風が吹き荒れると踏んで中止とし、陽だまりを求めて阿武隈山地の山々に遊んだ。

【 4/18 花見山 (福島・阿武隈山地) 】

言わずと知れた福島県が誇る春を代表する大観光地である。二ッ箭山に行く途中で立ち寄って、満開の桜と樹木の花々を鑑賞してきた。午前8時前にもかかわらず物凄い数の写真家と観光客が訪れ、お祭り騒ぎに圧倒されながら丘の上にある東屋まで往復してきた。

画像


画像画像


画像画像


車まで戻る途中で吾妻連峰が見えてきた。前日の積雪で真っ白だが、風が強そうな雰囲気である。
画像


菜の花と桜、それに淡雪が残る珍しい光景が見られた。
画像


__________________________________________________________________________________________________________________________________________________


二本松ICから再び東北道に乗り、郡山JCTから磐越道に入って、いわき三和ICで高速を降りる。
ここは既に浜通りの温暖な地域であるが、前日の雪は福島県の方が多く降った様で、道の脇には除雪のあとが残っていた。

二ッ箭山へは水石山の西側を抜ける県道を通過すると早く行けるが、途中に「アカヤシオ探勝会」なる黄色い看板が道路の分岐のたびに何箇所も設置されている。むむっ、この近辺にアカヤシオが咲く場所があるのか???
興味を引かれて看板に導かれていわき市三和町軽井沢地区に寄り道してみた。
しかし軽井沢地区に入っても何処にアカヤシオの群生地があるのか要領を得ないため、庭仕事をしている方に伺ってみた。そこは集落からかなり離れた場所にあって、ゲートがあって車の進入は出来ない事だけ分かったが、とりあえず行けるところまで行ってみることにしたのである。

極ごく細い車道を山の神神社から登っていくと、ダートになる地点で車3台程度の駐車スペースがあった。
ここに車を止めて奥に歩いていくと、相馬から来られたという中高年の3名の登山者がいた。
彼らも看板を見て入ってきたらしく、詳しいことは全く知らない。パスしてゲートのある林道に入った。
この入り口に「ガロ山」と言う初めて聞く山名看板があり、急にやる気がでてくる(苦笑)

【 4/18 ガロ山(604m) 福島・阿武隈山地 】
最終民家前の駐車スペース〜右林道ゲート〜ガロ山指導標〜小鞍部〜ガロ山(往復)

私の世代の人間にはガロと言うと、「学生街の喫茶店」という曲を歌っていた3人組のフォークグループを思い出してしまう。山名の由来は帰宅後にネット検索して判明したが、名前のある山に登るとなると、どんな小さな山でも儲けた気分になってしまうのは病気か!

林道ゲートを越えて、林道をしばらく歩くと正面にガロ山←の看板を見付けた。
画像


ここを左折すると山道に入るが、積雪が5cm程度ありスニーカー履きで安易に登ってきたのが失敗だったと気がつく。
最初は傾斜のない登りだが、てんぐ坂と書かれた急登のところから足が滑って登るのに一苦労した。
登山靴のマスさんは「へっぴり腰で歩いている。」と笑っている。ガロ山を甘く見ていた!!!

小さな鞍部に飛び出し、稜線を右折するとアセビの木が多くなる。今を盛りに花を咲かせていた。
画像


画像


尾根が痩せてくると北東側が切れ落ちた地点に出る。ここから山頂まで左側にアカヤシオの群生地があるが、今は完全につぼみ状態で最低でも1週間早かったみたいだ。赤っぽく見える枝がつぼみ。
画像


ガロ山山頂は尾根末端の一高点で便宜的にアカヤシオの咲くピークを山頂としたみたいである。
画像


更に道は奥に続いていて、興味があったが今回は山頂からピストンだけで終わりにする。
画像


山頂の直ぐ下に「天狗岩」があり、見晴らしが良さそうなので立ち寄ってみた。
天狗岩は急斜面に突き出た大岩で、ガロ山の険しい北斜面が見下ろせる。周囲はキタゴヨウの木が多く、深山を思わせる景観であった。東側には屹兎屋山から猫啼山への稜線が見渡せた。
画像


さてガロ山の由来は、背戸峨廊の ”ガロウ” から貰ったらしく ”ガロウ山”とも呼ばれていたと言う。なる程、帰宅後に地図で山の位置を調べてみると、夏井川渓谷のアカヤシオが群生しているスポットの南側にある山と判明した。
因みに、山頂から東側に伸びる山道をさらに進むと林道に出て、右折すると周回ルートになるそうである。

__________________________________________________

スニーカーで雪道を歩いたので、靴下まで濡れてしまったが、二ッ箭山の登山口まではそのまま運転した。
いわき市随一の名山である二ッ箭山は過去に何回も訪れている。昨年も同期に歩いたが、岩場を登ってみたい! と言うマスさんのご要望にお答えして今年も来てしまった。あわよくばアカヤシオが咲いていれば尚良いのだが・・・

【 4/18 二ッ箭山(710m) 福島・阿武隈山地 】
大駐車場〜月山分岐〜御神体ノ滝〜〆張場〜尾根コース経由:30mの鎖場〜男体山〜女体山〜二ッ箭山〜月山〜月山分岐〜大駐車場

二ッ箭山は流石に人気のある山なので、お昼近くに駐車場に入ったときはほぼ満車の状態であった。
歩き始めて気がついたが、昨年登ったときには山麓ではヤマブキやスミレが沢山咲いていた覚えがある。しかし今年は花は全然見られず、花期はかなり遅れている感じがした。

月山へ直接登る登山道を右に分けて直進すると御滝沢に出合う。
そこから僅かの距離で御神体ノ滝に出る。左手の鎖場を登れば簡単に滝の上に出られるが、ここから爽快な沢歩きが始まる。
画像


途中には二段の滝も現れ、ルートファインディングも楽しみもあって飽きない。
画像


やがて尾根コース、沢コース、月山新道の三叉路となる〆張場に着く。
昼過ぎで腹が減ったので、ここでマスさんお手製のパンとケーキをいただく。
休んでいる間にも下ってくる人、登っていく人が絶え間なく通り過ぎる。

ここからの登りはメインルートである尾根コースをとる。スラブ状の岩場を過ぎて、急登をがんばると尾根に出る。
石祠があるひとつ目の岩場に寄り道してみた。そこからは先ほど登ったガロ山の姿が同定できた。
画像


岩場から登山道に復帰して穏やかな尾根ルートを登る。期待していたアカヤシオの花は早過ぎた。
画像


男体山直下の30mの鎖場は見た目より難しくないが、渋滞する場合が多い箇所だ。この日はスムーズに登れた。
男体山と女体山の基部まで登り、そこにザックをデポして男体山に登る。マスさん緊張もせず楽しそうだ。
画像


男体山の山頂は岩塔になっていて展望抜群である。北側には屹兎屋山の姿が見えた。
画像


しばし絶景を楽しむが、強風のため岩塔の上を歩き回るのは危険であった。男体山の鎖場の下りは登りより難しいので慎重に下る。
ザックを回収して今度は女体山に登る。こちらの鎖場は簡単である。
画像


女体山から男体山を振り返る。
画像


風が冷たいので女体山では休まずに通過した。二ッ箭山の三角点峰に立ち寄った後で月山に向かう。
その途中にはイワウチワの群生地があるが、奥羽山脈のものと比較すると花は小さい。
画像


月山の山頂でチョコレートケーキを食べてゆっくり休む。ここは御滝沢の対岸にある男体山と女体山の展望台である。
画像


月山付近に沢山咲くアカヤシオの花は完全につぼみ状態。あと1週間から10日後が見ごろか?
画像


月山の南西尾根を下り、駐車場の戻ると満車だった駐車場の車も数台しか残っていなかった。
目一杯遊んだ一日であった。
帰路、夏井川渓谷のアカヤシオの花を見ていく。ガロ山の北山麓に当たる場所だ。
標高が低いので渓谷沿いのアカヤシオはちょうど見ごろであった。
画像


画像


それにしても、4月の阿武隈山地で雪を踏みながら登山するとは・・・初めての経験かもしれない。

同行したマスさんのブログは → コチラ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ガロ山は市民でも知らない人がほとんどです。
毎年、アカヤシオの時期には地区でガロ山に登るイベントをやっていますが、まだ行っていません。
今回初めてガロ山の写真をみることができました。
みどぽん
2010/04/20 21:21
二ッ箭山,背戸峨廊もいいなぁ〜。
アップがなかったから週末は山休みかと思っていましたよ。
花見山いい花色になってきましたね。
アカヤシオはもう少しですか…。
マロ7
2010/04/20 21:36
みどぽんさん今晩は。
ガロ山はみどぽんさんも登ったことが無かったですか。福島の山好きでも知る人ぞ知る山の様ですね。
今回は本当に偶然見つけた山でしたし、予備知識も一切なしで歩いたので周回できなくて残念でした。
アカヤシオ探勝会は軽井沢地区の地域振興のために企画されたそうですね。
SONE
2010/04/20 21:57
マロ7さん今晩は。
日曜日は遅く帰宅し、昨日は写真の整理に時間がかかってブログアップできませんでした(笑)
二ッ箭山はいい山ですよ。特にアカヤシオが満開のときには天国に行ったみたいです。
高速1000円のときに是非行ってみてください。
SONE
2010/04/20 22:02
菜の花と桜と淡雪(ムズガユイ/笑)、良い写真だね。
タッシー
URL
2010/04/20 22:08
花見山本当に綺麗ですね・
去年かにマロ7さん夫婦と山友さんと行ってきました。
二ッ箭山も・・アカヤシオの季節に福島の山友さんの
案内で登って来ました。
あの崖の下りはク〜をザックに入れて背負っておりましたよ・
自宅で何度も背負って訓練していきました。
懐かしいです。
その当時はpicasawebに動画・写真をアップしました。
ク〜
URL
2010/04/20 22:11
花見山は本当に花がいっぱいできれいですね。雪のある絵も素晴らしい。
ガロ山、はじめて聞きました。アカヤシオが咲く季節は見ごたえがありそうですね。
去年行った二ツ箭山は男体山の上で足が震えたこと(高所恐怖症なので)を思い出しました。(^^;)
天気も良く、1日三山楽しめて何よりでしたね。
morino
2010/04/21 12:50
タッシー今晩は。
個人的には花見山のど派手な色彩より、菜の花+桜の写真のほうが好きだね(笑)
SONE
2010/04/21 20:17
ク〜さん今晩は。
昨年クーさんが行かれた記事拝見しましたよ。チューリップが綺麗でしたね。
二ッ箭山の岩場をクーちゃん背負って降りたのですか(驚)
やはり練習なしのぶっつけ本番では危険でしょうね。クーちゃん怖がらなかったかな。
SONE
2010/04/21 20:20
morinoさん今晩は。
花見山は観光地と思って足が向かない場所ですが、たまに訪れると花々に圧倒されますね。
ガロ山は偶然見つけた山で、アカヤシオが咲く頃にもう一度登ってみたい山です。
高所恐怖症のmorinoさんが男体山に登ったとはたまげましたよ。下り始め怖かったでしょうね(笑)
天気が良く三山登れたのは最高でしたが、アカヤシオが早かった点が残念でした。
SONE
2010/04/21 20:26
追加編集の写真見せていただきました。
雪の花見山・・凄く赴きある映像ですね・
奇警な映像ですね・

二ッ箭山のあの滝同じ゛コ−スかな・・イワウチワも満開のコ−スで
月山でお昼ご飯食べましたから・・それから
女体山・男体山を登り・岩場下山でしたから・・ここも雪が降った後だしたね。
こちらからは・遠い山ですね。
ク〜
2010/04/25 18:20
ク〜さんこんにちは。
雪がある花見山は初めての経験でしたので感激しました。ピンクがより引き立つ感じがしますね。

二ッ箭山はクーさんと逆コースを歩いていますね。30mの岩場は下るほうが大変でしたでしょうね。
今は高速1000円だから気軽に行けますが、遠い山なので行くのも大変ですね。
SONE
2010/04/26 11:20
5月3日 ガロ山のアカヤシオは満開です。北斜面が紅くなっていました。シロはまだ蕾です。阿武隈山系には他にもアカヤシオは見られます。写真は「igakumiの雪遊び」を参照してください。
山彦
2010/05/03 16:46
山彦さん今晩は。コメントの返信が遅れて申し訳ございませんでした。
ガロ山のアカヤシオ、やっと満開になりましたか。今年は遅かったのですね。
阿武隈山系のアカヤシオ、私も他に何箇所か知っていますが、ガロ山に満開に咲いたときを見たかったですよぉ。
SONE
2010/05/06 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.4.18 花見山とガロ山&二ッ箭山(福島・阿武隈山地) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる