東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.5.5 東吾妻山から前大巓(福島・吾妻連峰)

<<   作成日時 : 2010/05/05 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

この日は鳥海山の祓川ルートに行く予定であったが、南東北の方が好天が見込めるため急遽吾妻に転進した。
(結果的には鳥海もピーカンで天気予報に騙されたことになったが・・・)
有料道路料金が馬鹿高い磐梯吾妻スカイラインを嫌ってしばらく浄土平周辺には足を運ばなかったが、7月並の気温と晴天の中、本当にのんびりと春山を楽しめた一日であった。

【 5/5 東吾妻山1975m)から前大巓(1911m) 福島・吾妻連峰 】
兎平駐車場〜東吾妻山〜姥ヶ原〜鎌沼〜前大巓〜酢ガ平〜蓬莱山東斜面〜兎平駐車場

この日はBC3回目のマスさんと一緒。前回の湯殿山では滑りで苦労したが、慣れが大切と今回も連れ出す。
兎平駐車場には8時半過ぎに到着した。磐梯吾妻スカイライン開通間際には混雑する駐車場も閑散としている。
既にTakeちゃんとWollyさん、ちえちゃんらが先行しているはずだ。

駐車場でツアー準備をしているが気温がかなり高い。この日は福島で28度まで気温が上がったとか。
(翌日は33度まで気温が上昇したらしい。まだ5月初旬なのに・・・)
北側を見ると一切経山の東斜面の噴気が凄い。「ゴオー」という音が周辺に木霊しているし、浄土平北側の雪渓が黄色に変色していた。何時爆発するかと恐ろしくなる光景である。
画像


駐車場から一段急斜面を登ると、静寂の黒木の森に入る。オオシラビソ、コメツガ、クロベなどの見通しの利かない緩登がしばらく続く。でも針葉樹の日陰は結構涼しく快適に歩を進めた。やがて東吾妻山の姿が見えてくる。
画像


緩斜面が終わり、急登にかかるが誰にも会わない静かな森が続く。急登が終わった地点で吾妻小富士が見下ろせた。この付近で休憩していると奇声を発して滑っていく集団が離れた場所を通過していった。
あとから聞いたらTakeちゃん一行だったらしい(笑)
画像


南東には安達太良山の連山が一望だ。縦に凝縮して見える。
画像


山頂台地を西に向かって歩いていくと、東斜面にオープンバーンを見せる東吾妻山が近づいてきた。
画像


残雪の端にスキーを置いて、ハイマツを僅かに藪漕ぎすると東吾妻山頂に出る。
吾妻連峰随一と言われる山頂からの展望は凄い。一切経山から西吾妻山に至る吾妻連峰主稜線が全て見える。
画像


西大巓、西吾妻山、人形石方面の展望。但し磐梯山は霞んで写真にならなかった。
画像


東大巓と、私がミニ尾瀬と言っている谷地平を一望する。
画像


スキーのところに戻り、シールを剥がして姥ヶ原まで滑降に移る。
この区間は黒木の密林なので、マスさんの技量では懸念があったが、滑り出しに滑りのコツを教えると直ぐにマスターして上手に滑ってきた。後で聞いたら結構面白かったとの事。藪滑り好きになりそうな予感がする(笑)

最後に雪が繋がらず、木道を歩いて姥ヶ原に出た。東吾妻山に突き上げる一筋の細い雪の斜面を滑った。
画像


木道の端にあるベンチに腰掛けて昼食にする。今日は簡単にコンビニおにぎりとカップ麺だけだ。
その後は姥ヶ原を横断して鎌沼に向かう。正面には目指す前大巓の姿が見える。雪を利用してしか登れない山だ。
画像


鎌沼の南西に出たところでシールを貼る。鎌沼の氷は融け始めていて、曼荼羅模様の表面を見せていた。
画像


直接南側から前大巓に取り付くために、鎌沼の高みを巻いていく。
画像


前大巓南尾根から山頂を見上げる。詳細に観察すると確実に雪が繋がっている様で安心した。
画像


高度を稼いでいくと鎌沼の奥に高山と安達太良山の姿が見えた。見慣れぬアングルからの風景である。
画像


前大巓から眺めた東吾妻山は均整がとれた山容をしていて見ごたえがある。そして高原的な風景だ。
画像


たどり着いた前大巓山頂。東側には一切経山と噴煙が一望できる。
画像


北側には家形山が近い。
画像


東大巓が更に近づいて見えた。前大巓の山頂はハイマツ藪で覆われ、藪を漕いで最高点に立てた。
画像


シールを剥がして第2ステージの滑降となる。前大巓東斜面は標高差で200m弱のオープンバーンだが、吾妻連峰にあっては貴重な斜面だ。マスさんも快調に滑ってくる。
画像


途中からは蓬莱山に向かって滑り降りていく。
画像


残雪の末端部まで降りると酢ガ平の木道を歩きTakeちゃん一行が見えた。お互いにエールを掛け合う。
そしてスキーを担いで木道を東に歩いていった。前大巓を眺めると皆のシュプールがはっきりと見える。
画像


酢ガ平避難小屋の分岐から振り返る前大巓。雪が融けてもうすっかり春山の風景に変わっていた。
画像


蓬莱山の鞍部を過ぎると吾妻小富士の姿が見える。ここで先行していた仲間に追いついた。
画像


そして蓬莱山東斜面で第3ステージの滑り。2回滑った人もいて大いに楽しめた。雪質はザラメで最高だった。
Wollyさん。
画像


ちえちゃん。
画像


Takeちゃん。
画像


ボーダー2人。あと1名の写真はないので悪しからず・・・
画像


画像


マスさん。
画像


最後にSONE。
画像


散々食い荒らした蓬莱山東斜面を見上げる。
画像


蓬莱山の東斜面の南側は全くノントラックの急斜面が残っていた。
画像


浄土平の木道を歩きたくないので、東吾妻山北東尾根の北側斜面を大きく巻いて滑っていった。
そこは一切経山の大展望台ともいえる場所であった。噴気孔の轟音が凄い。
画像


小さな沢を渡って、ダケカンバの林を滑りに滑ると兎平駐車場にぴったりと到着できた。
これで楽しい春山ツアーも終了。マスさんもある程度BCで滑れる自信が付いたみたいである。

そしてGW期間中にご一緒した山仲間の皆様、大変お世話になりました。
天候はイマイチ良くなかったけれど、思い出に残る4日間でした。
オイラはそろそろ山菜モードにシフトするので、今回が板収めでしょうか?

マスさんのブログ記事は → コチラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
SONEさん、こんにちは。
ずっとUPしないと思ってたらヤッパリ遠征してたんですね。
連休楽しまれたようでウラヤマシイかぎりです。
今年は雪が消えるの早いのでしょうか。
それにしても滑ってるのを見ると気持ちよさそうですね。

あね
2010/05/08 14:16
あねさんこんにちは。
GWに4日連続の遠征は初めての経験でした。一人で車中泊はわびしいので、仲間のいる場所に行きましたよ。あねさんはご主人だけ鳥海に登られたみたいですね。
鳥海山の大平は何時もより残雪が多かったですよ。でも暑い日が続いているので融けるのも早そうです。
山滑り気持ちいいですよ。用具も良くなっているのでチャレンジされてはいかがでしょうか。
SONE
2010/05/08 16:24
soneさん、こんにちは
先月は鎌沼も吾妻小富士も真っ白でしたが、いい感じの春山になりましたね。手軽に2000m級の山に登れるのはいいのですが、確かにスカイライン高すぎです(笑)家形山から向こうは行ったことがないのですが、縦走路は樹林の中なんでしょうか。
GW4連続の山スキーで、夏山切り替えに思い残すところはないですね^^
k4
2010/05/08 18:14
一切経山の噴煙は一時、下火になってまた盛り返したようですね。
夜間、真っ赤に見えた方もいたようで調査したら硫黄が発熱していたような。
満足のゴールデン滑りでした。マスさんもすごく上達したようね。(~o~)
マロ7
2010/05/08 21:25
soneさん、スゲ〜です!
GWの滑り三昧・・滑っては疲れて休養の私としては見習わねば、デス。
そういえばraccoさんとは何年か前に栗駒でお会いしてました。
先日スカイラインに行ったとき、千円ちょっと(エッソのGSで割引チケット購入)だったものですから間違ったのかなと思いつつもワラワラと逃げたのですが(爆)、よく考えたら軽ワゴンで来てたんでした。あんな高い料金取っておきながら、浄土平の駐車場代は取ってはいけませんね(トイレを借りるのにちょっと駐車して料金所のおばちゃんと喧嘩になってしまいました)。
加ト幹事長
2010/05/09 08:48
怒涛のBCツアー、マスさんも上手になって東吾妻・前大巓で大団円ですね。
今度は山菜ですか。たまには面白い山紹介してくださいよ。
morino
2010/05/09 18:02
k4さん今晩は。
k4さんが前大巓に登られた時期と比べると完全に春山になってしまいましたね。
今回は余り混雑しなかったので、とてもゆっくり過せましたよ。
スカイラインは何故未だに料金を取るのか理解できないです。他の山岳道路は全て無料なのに・・・
家形山から東大巓まではほとんど樹林帯の中で、泥濘が多く苦労しますよ。
夏山切り替えの前に山菜採りを楽しむのが先なんです。今日も行ってきました(笑)
SONE
2010/05/09 20:48
マロ7さん今晩は。
一切経山の噴煙は昔より高い位置に出ていますね。浄土平に行く手前ではガスと間違うほどでしたよ。
でも噴気音が凄いので何か不気味な感じがします。噴火しなければいいのですが・・・
マスさん、シール歩行はかなり慣れてきました。でも滑りの練習は来シーズンからですね。
SONE
2010/05/09 20:55
加ト幹事長さん今晩は。
スゲ〜って誉められるとお恥ずかしいですが、東北人にも関わらずGW4日間で1100kmも走行してしまいましたよ。鳥海山3連発が完全に狂いました(苦笑)
へぇ〜、Raccoさんとお会いになっていたのですか。彼の行動範囲は半端じゃないですからね。
そうそう、スカイラインは浄土平の駐車料金が余計ですね。山屋はほとんど兎平に駐車するのも納得できますね。次に行くときは料金徴収されない午前6時前にゲート通過しますよ(笑)
SONE
2010/05/09 21:04
morinoさん今晩は。
BCツアーよりも帰宅してからのブログアップが大変でしたよ(苦笑)
マスさん、正直言って東吾妻からは滑れないと思っていましたが、低速滑降のコツをつかんだみたいです。
今後はしばらく山菜+山のレポが中心となりますね。でも近いうちにお誘いしますね。
SONE
2010/05/09 21:07
何か見覚えのある人だな〜と思っていたら、SONEさんだったとは。
てっきり里山に行っていると思ってました(笑)
東吾妻から前ダイテンへ真っ直ぐ向かうルートを滑れるなら、
もうどんな藪山でもOKですね!!(笑)

東吾妻は天気も雪も良くて、楽しいツアーでした。
青くまだらになった鎌沼がまた幻想的。
狭いエリアにいろんな景色が詰まっているのが吾妻の楽しいところですね。

前ダイテンから見える谷地平がとっても気になってます。
雪に閉ざされた今の時期でも何かいいものがありそうな気をさせる平原です。

N家(たけ)
URL
2010/05/10 20:58
N家(たけ)さん今晩は。
最初は行かない予定だったのですが、前日の夜に急遽参戦が決まってしまいましたよ(笑)
東吾妻から姥ヶ原の直降ルートは藪っぽかったですね。
最初は板を担がなければ?とも考えていましたが、上手く藪を滑ってきましたよ(笑)

そうそう、鎌沼の青い曼荼羅模様は幻想的で美しかったですね。
高原の逍遥という雰囲気が味わえる東吾妻の人気が高いのは納得できます。

谷地平は個人的にはミニ尾瀬と言っていますが、雪のある時期にはどんな顔をしているのか興味は尽きないですね。スカイライン開通当初なら日帰り往復できる可能性はありますね。
SONE
2010/05/11 00:36
遅くなりましたが源太ではお世話になりました!!

東吾妻天気良かったのですね。
マスさんのマスクは新しい日焼け対策!?と思いましたが違ったのですね。

これからもマイナーな山行楽しみにしています。
そいが
2010/05/11 09:50
そいがさんこんにちは。
久しぶりに源太でお会いできて楽しかったですよ。
東吾妻は暑いほどの日差しでしたので、マスさんも日焼け対策に苦慮していました。
マスクは日焼け防止だそうですが、息苦しかった様ですよ(笑)

木曽御嶽では最高の滑りを満喫されたみたいですね。ラストランもバッチリ決まりましたね。
SONE
2010/05/11 17:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.5.5 東吾妻山から前大巓(福島・吾妻連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる