東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.5.10 大東岳(宮城・二口山塊)

<<   作成日時 : 2010/05/11 22:22   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 16

一番好きな山は何処か?と尋ねられたら、飯豊や朝日ではなく、即座に二口山塊の盟主:大東岳と答える事にしている。
標高は1300m台と低山の域を出ないが、豊かな原生林と渓谷や大岩壁が作り出す造形密度の高さは、東北地方でもトップクラスの山域であるからだ。そして今の自分の登山観を育ててくれた大切な山でもある。

【 5/10 大東岳(1366m) 宮城・二口山塊 】
登山口〜立石沢〜1019m独標〜こぶし平〜鼻こすり〜大東岳〜弥吉ころばし〜樋の下大沢〜樋ノ沢避難小屋〜北石橋分岐〜裏磐司岩〜雨滝〜駒止〜登山口

大東岳は自分にとってホームグラウンド的な山で、今まで人生の節目の度に登っていた山だ。
進学・就職・転職や楽しい時、悲しい時の折々に登り、その都度生きるための精神的な糧を与えてくれた山なのである。

そして今回は翌日の11日が自分の誕生日のため、ささやかなお誕生日会を開いてくれると言うことで、マスさんと一緒に大東岳を訪れた。微風快晴の素晴らしい天気に恵まれ、大東岳は5月の空にくっきりと台形のスカイラインを描いていた。
画像


本小屋の少し先にある登山口は手前の杉林が伐採されて、明るい雰囲気の場所に変わっていた。
登り始めは杉林の中、アカコゴミが生えているが少量のため採取しないで先を急ぐ。
朝食を取らないで登り始めたため、1合目のお花畑で食事休憩とする。マスさんお手製のアンパンとチーズパンが美味しい。そして周囲にはミヤマキケマンとニリンソウが満開であった。
画像画像


大東岳に登る適期は新緑と紅葉シーズンが一番である。新緑が萌える今は山が明るく感じる(立石沢付近)。
<画像


4合目手前から自然林の爽快な登りが始まる。立石沢支流に沿ってジグザグに登っていく。
<画像


林床にはヒメアオキの真っ赤な実が多く、遠目でも非常に目立つ。そして水辺にはワサビの花が可憐に咲いていた。
画像画像


尾根に飛び出したところに「船形連峰眺望所」と掠れた看板が設置してあるが、現在は木々が伸びて全く展望が利かない。休まずに急坂をどんどん登ると1019m標高点に着く。ここで小休止する。
その少し先から目指す大東岳が見えてくる。
画像


標高も1000mを越えると未だに木々は芽吹いておらず、樹間からの見通しは極めてよい。
林床にはカタクリが咲き、ショウジョウバカマやイワウチワの花も多かった。
画像画像


こぶし平付近を快調に登るマスさん。急登の山が大好きで、先頭を生き生きとして登っていく。
画像


梢越しに仙台神室の魁偉な山容が見えた。
画像


鼻こすり手前で登山道整備に入っている方々の集団を抜く。鼻こすりの急登で顎を出す登山者は多いが、二人で一気に登ると山頂台地に乗り上げた。この付近は残雪で登山道も寸断されている。
東側の残雪に寄り道すると、船形連峰の大観が広がっていた。牡鹿半島の金華山まで遠望でき、マスさんは大喜びだ。
画像


そこで山頂方面を見上げる。山頂三角点は頂稜の一番北端に位置する。
画像


山頂は写真を撮っただけで休憩はなし。面白山の奥に黒伏山などの南御所山、更に遠方には神室連峰や栗駒山まで見えた。
画像


山頂から西側に台地を辿ると、湿地がある付近は残雪で登山道が隠れていたが、勝手知ったる道なので問題なく通過し、山頂西側の風衝地に出る。ここは何時もは強風に翻弄される場所だが、微風のこの日は最高の休憩場所となる。
この位置からの西側の眺めは大東岳において最高の展望台と言って良い。

北西には鳥海山がはっきり見えた。右側の台形の山は甑岳。
画像


南西には蔵王連峰が立て位置で凝縮して見える。
画像


月山と葉山も並んで見え、手前には南面白山の姿が・・・ 朝日連峰も山形盆地の西側に白い障壁となって遠望できた。
画像


この絶景を眺めながらお誕生日会を催す。と言ってもマスさん手作りの料理と、レモンムースのケーキを美味しくいただく。最後にコーヒーで閉めるまで40分も休んでしまった(笑) 因みにオイラの年齢は秘密!
画像


ここで休憩している時、マスさんが目ざとく南面白山への稜線にくっきり浮かぶ縦走路の存在に気がつく。
縦走形式の登山が大好きな彼女は二口山塊の縦走に興味が沸いたらしく、今年中に笹谷峠からトンガリ山→山形神室→清水峠→二口峠→糸岳→山王岳→小東岳→猿鼻山→南面白山→面白山駅までの縦走を二人で実施することに決まった。

休憩が終わり、山頂台地から一気に弥吉ころばしの急坂に入る。背景は糸岳と仙台神室。
画像


岩がごろごろした下り難い弥吉ころばしの急坂を下ると、やがて登山道は樋ノ下大沢に出合う。
画像


山頂台地に咲いていたヒメイチゲと、沢筋に咲いていたキクザキイチリンソウ。
画像画像


二年前の同期に訪れたときは満開だった樋ノ下大沢右岸のニリンソウ大群落は、今回は3分咲き程度であった。
次の週末からが本当の見ごろであろうか? でも大行沢道沿いのミヤマカタバミはちょうど見ごろを迎えていた。
画像画像


樋ノ沢避難小屋の広場でゆっくり休憩する。誰にも会わない静かな山を満喫する。
小東峠方面に登るルートをマスさんに教える。樋ノ沢の幅1m以上の溝を飛んで渡るんだと言ったら驚いていた。
画像


この先は約6kmの工程を歩いて登山口に戻る。大行沢に沿った登山道は大東岳裏コースと呼ばれるが、裏磐司岩や幾つかの滝を眺めながらの工程は原始の気に溢れ、ここが大東岳登山の真骨頂であると断言したい。

裏磐司岩を眺めながら紅茶を飲んで休む。今日は休憩がやけに多い日だ。
沢沿いの道は春紅葉が一番見ごろで、オオヤマザクラのピンクの花も多く、道中花見を楽しみながら歩けた。
画像


歩いていく工程の先々でニリンソウが咲いている。大東岳=ニリンソウの山みたいだ。
画像画像


何時の雨が降っている様に岩壁から水を落とす雨滝を見学するが、オイラは以前から気になっていた左岩壁のベルト状の上に鎮座する石祠を観察に登ってみる。誰がどうやってこの微妙な位置まで石祠を設置したのか?不思議だ。
画像


白滝沢を渡って、駒止にでると後は単調な荒れた林道歩きとなる。途中でヤマブドウの新芽を摘みながら歩くと、三方倉山が正面に見えてきた。もう少しで登山口だ。
画像


約7時間強歩いて周回ルートが終わった。随分あっちこっちで休憩しながら歩いたもんである(苦笑)
マスさんは大東岳を展望の利かない地味な山であると想像していたそうだが、意外に急登急降が続き、変化に富んでいて、展望が良い素晴らしい山だと評価してくれた。
派手さがない山だけど、その懐に入ると奥行きが深い、スルメの様な味わいがある山、それが大東岳である。

一緒に登ったマスさんのブログ記事は → コチラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
春の大東を行ったことがないもんで、こんなに花があるとは驚き。
好きな場所は弥吉ころばしからの展望と樋ノ下大沢の紅葉ですね。
○○歳の誕生日、おめでとうございます。(~o~)
あれっ、蝋燭は…
マロ7
2010/05/12 20:16
マロ7さん今晩は。
お祝いのお言葉ありがとうございます。
蝋燭は年齢の書いてある数字のものに火を付けましたが、風で消えてしまって上手くいきませんでした。
5月の大東岳は素晴らしいですよ。樋ノ下大沢のニリンソウ群落は恐らく宮城県最大だと思います。
来週末当りがちょうど見頃のはずですよ。
SONE
2010/05/12 20:35
soneさん、誕生日おめでとうございます^^4本ローソクだから40ですね(笑)←マスさん情報^^
雪山じゃない大きな山は秋の小又山以来ではありませんか。
新緑と野の花山の花と、みどころ一杯の季節です。大いに刺激を受けました。
気になっていた花、ヒメイチゲとミヤマカタバミ、確認しました。トップページにもこの写真使われましたね。この葉っぱが私もちょっと好きです。花って見ようと思わなければ、目に入っていても、見えないものなんですね(笑)花と山菜ときのことスキー、山の楽しみはこうでなくっちゃ!と改めて思いましたよ。
k4
2010/05/12 20:40
K4さん今晩は。
お祝いのお言葉ありがとうございます。この歳になると誕生日は嫌になるのですが、マスさんに誕生日会をしてもらうと嬉しくなってしまいましたよ(笑)
大きな山は小又山以来だったなんて自分でも気がつきませんでした。
今の時期は残雪を踏んで歩く感触が面白いので、天気の良い日は高い山を狙うべきですね。
ミヤマカタバミは地味な花ですがハート形の葉っぱが可愛いです。
これからは板納めも終わったので登山+山菜+花の山行をビシバシ行きますよ。
SONE
2010/05/12 21:29
誕生日おめでとうございます。
去年の4月に表コース往復しましたが、やっぱり花がたくさん咲いていました。意外にこの山は花の山ですね。
笹谷峠から面白山駅までの縦走…面白そう。
morino
2010/05/13 12:39
SONEさん、こんにちは。
お誕生日おめでとうございます。
何歳かなんて聞きませんよ。
山登りには関係の無い事ですもの。(と言いつつ想像してしまう)
花の綺麗な山ですね。
展望がいいのは木が緑に萌え出す前でしょうか。
板納め早いのでは?



あね
2010/05/13 13:47
morinoさん今晩は。
歳とったせいか、一年のサイクルが異常に早く感じて誕生日が直ぐくる感じですよ。
でも祝ってくれる人がいるのは幸せですね(笑)
大東岳は森林の山のイメージがありますが、これからはシロヤシオ、ドウダン、ハクサンシャクナゲとどんどん花が咲き競いますね。
笹谷〜面白山駅は秋の天気の良い日に実行するつもりです。
SONE
2010/05/13 19:23
あねさん今晩は。お祝いのお言葉ありがとうございます。
本当は数字が書いた蝋燭乗せているケーキの写真があったのですが、恥ずかしいからアップしませんでした(苦笑) オイラの歳は適当に想像していてくださいね。
この時期の大東岳は花の山です。鳥海や月山みたいな高山植物の群落とは異なりますが、低山に咲く花々が大挙して咲きそろいますよ。
展望は基本的に山頂付近に限られますが、西側の風衝地では絶景が見られます。
そろそろ山菜モードに入るのでスキーは店終いですよ(笑)
SONE
2010/05/13 19:31
こんばんは おめでとう?ございmasu。
私は花の山も、山の花もあまり興味がなかったのですが、年とともにそれなりに(笑)

私の場合は若かりし頃の太平山(秋田1170m)や秋田駒ケ岳が原点でしょうか。あそこも素晴らしい展望を見ることができます。

二口縦走まで体力つけておきますので、よろしければ混ぜてくださいね。
tom
2010/05/13 23:49
tomさん今晩は。オイラは未だに禁煙継続中ですよ(笑)
お祝い?のお言葉ありがとうございます。
私の場合は高校時代から山の花に興味が出ましたね。ちょっと変わった高校生だったと思います。
太平山も奥岳からの展望は素晴らしいですよね。男鹿半島が見える点がいいですよ。
二口縦走はきついですよ。大朝日を楽々日帰りできる位の体力が必要かもしれません。
出来る自信がついたらコメント入れてくださいね。
SONE
2010/05/14 00:42
遅まきながら、おめでとうございます。
年を重ねると気にしてくれる人もいなくなる訳で、皆さんにお祝いして頂けるというのはお人柄だと思います。

大東のニリンソウの群落は圧巻ですね。
二口縦走は日帰りですか?私は樋ノ沢避難小屋泊でやりましたが、アップダウンがかなりきついですよね。
みいら
2010/05/14 16:45
みいらさん今晩は。お祝いのお言葉ありがとうございます。
自分でも誕生日はどうでも良くなっていましたが、皆さんにお言葉を頂けると恥ずかしいものですよ。
大東岳のニリンソウ群落は私の知る限り南東北一番かもしれません。
二口縦走は日帰りでやっつける予定です。かなりハードで下手にエスケープすると、車に戻れなくなってしまいますね。足並みが揃ったメンバーでないと無理でしょうね。
SONE
2010/05/14 18:26
お誕生日おめでとうございます。
大東岳・・いまだに表コースしか行った事がありません。裏もまわってきたい願望が
沸々と湧きだしてきました。
裏コースから小東岳〜南面白山〜面白山高原駅(仙山線利用)をした事がありましたが
静かでよかったな。お手軽だし電車利用が新鮮でした。
二口縦走いいですね〜。体力あれば混ざりたいですね〜。
87ワ
2010/05/14 21:30
87ワさん今晩は。お祝いのお言葉ありがとうございます。
大東岳の真骨頂は裏コースなんですよ。今の時期が最高ですので是非足を運んでくださいね。
昔は本小屋までバスが運行していたので、バス→仙山線と言うコース取りが可能でしたね。
二口縦走、87ワさんの体力なら出来ると思いますよ。混ざります?
SONE
2010/05/15 00:36
わーい、行ぐ行ぐ!
87ワ
2010/05/15 21:54
87ワさん今晩は。
何時縦走するかは未定ですが、秋の少し涼しくなる頃と思います。連絡しますね。
SONE
2010/05/16 22:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.5.10 大東岳(宮城・二口山塊) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる