東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.6.6 今熊山(山形・月山前衛山群)

<<   作成日時 : 2010/06/07 21:48   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

山形県ではもっともメジャーな山のひとつが月山であるが、その東側から北側にかけての前衛山群は登山道がない未開の山域となっており、標高が低い割りに急峻で原始的な山々がひしめいている。
今回訪れた今熊山は標高500m台の低山にかかわらず、険しい岩山で決して簡単に登れる山ではない。

【 6/6 今熊山(573m) 山形・月山前衛山群 】
今神温泉手前駐車場〜御池〜高倉山分岐〜浄ノ滝分岐〜岩場〜今熊山〜北側登山道経由:林道〜今神温泉手前駐車場

この日は朝日連峰の一山に登る予定であったが、諸般の事情から時間が取れずに、短時間で登れる今熊山に変更した。同行するマスさんのお誕生日会を兼ねての登山でもある。

宮城県は快晴の天気であったが、山形県に入ると天気予報通り雲が多い天気であった。しかし時間がたつと晴れてくるのは分かっていたので登山口に車を走らせる。

今熊山に登るのは今回で4回目である。その内2回が秋の紅葉シーズンで、急峻な岩場と鮮やかな紅葉のコントラストが素晴らしい山との印象を持っていた。残る一回は暑い夏の最中で、低山ゆえに大汗をかいて登ったが、神秘的な御池の池畔に群舞するルリイトトンボの姿を今でも忘れることが出来ない。
本当はもう少し早い新緑の時期が最適な季節だろうが、今回は初夏を感じさせる季節の登山となった。

勝手知ったる今神温泉への林道を走行する。林道には山菜採りの車が多く駐車していた。
今神温泉が近づいてくると急峻な岩山の今熊山の姿が見えてきた。
画像


今神温泉の手前駐車場が登山口となっていて私の車を駐車したら満車であった。
「決して有名な山じゃないのに、こんなに登山者がいるのだろうか?」
念仏を唱えながら入浴する奇湯で知られた今神温泉であるが、現在は建物は取り壊されて温泉水だけを販売している場所となっている。

この一帯は今神山と言われて鳥獣保護区に指定されている。
登山口から一歩山に足を踏み入れると、すぐにブナの原生林に入る。こういうのは今の時代には貴重だ。

急坂をエゾハルゼミの蝉しぐれに励まされながら登ると小尾根を越える。
その位置から今熊山東面岩壁が眺められるが、謎の穴が開いていて興味を引く。
画像


ここから先は不伐の森に入る。ブナ中心の素晴らしい林相である。
画像


ほぼ平坦な森を少し歩くと、突然視界が開けて御池に出る。
高倉山北尾根や今熊山の岩壁に囲まれた静寂空間は、神秘的と表現する以外に術はない。
画像


最初に訪れた時には蝋燭を灯す燭台に火が消えた蝋燭があったが、今神温泉が閉鎖されてからは蝋燭は見かけなくなった。以前はこの一帯を神格化していたのであろう。しかし今でも精霊が出てきそうな雰囲気の場所だ。
画像


静かな池畔で休憩したあとは御池南岸を半周する。今熊山の山頂部がはっきり見える。
画像


途中で左に高倉山への登山道が分かれるが、雪が消えた今の時期に山頂に至っても新庄方面の展望しかないので今回は割愛する。行った場合は往復2時間30分程度かかる。
この周辺も素晴らしい原生林で、コシアブラを摘んだり、ウドを採ったりしながらのんびり歩いた。
画像


やがて小尾根に乗り上げると左に浄ノ滝の分岐があるが、現在はほぼ廃道になったらしく、指導標もなくなっていた。この地点から尾根を少し登ると今熊山の脆い岩壁に突き当たってしまう。
この岩壁を強行突破したという話を聞いたことがあるので、岩場の基部まで偵察に行くが、ボロボロの岩質は余りにも危険で突破口は見いだせなかった。

正規のルートは尾根から左側に鎖を利用して一気に下り、右トラバースして足場の悪い岩場を木をつかんで登る。
画像


岩場が終わると急坂を一気に登って頂稜に出る。
オオイワカガミの花が咲いていた。
画像


今年お初のウラジロヨウラクの花。
画像


頂稜に出て南側を見下ろすと、先ほど休憩した御池が上空から見下ろす様なアングルで眺められる。
画像


御池と番所峰方面を眺める。あの山の影に肘折温泉がある。
画像


アカモノの花が咲くと初夏の山だ。
画像


御池から見上げると岩壁の縁を歩くと想像する頂稜であるが、実際は穏やかな道を登って山頂に着く。
手前に今神神社の社があるが、若いカップルの登山者が休憩していた。
この山で出会った登山者は彼らだけ。とすると駐車場の満車は山菜採りのものだったと推定できる。

神社から一段上がったところが山頂。急峻で岩っぽい山容をしている高倉山が目の前に見える。
画像


北東側には神室連峰が一望できる。2週間前に比べて残雪の量が一気に減った。
画像


山頂は狭く、東側は今神温泉を眼下に見えるほどザックリと切れ落ちている。
北側の風景は角川周辺の低山の他は見えないが、マスさんの右手に山頂だけ頭を出した鳥海山の姿が見えた。
画像


鳥海山のアップ。
画像


誰もいない山頂でマスさんのお誕生日会をささやかに開く。
画像


低山なので日向の山頂で休んでいると暑さを感じたが、ブユが少なかったのが幸いしてのんびり休憩できた。

山頂から少し下ったところで火打岳の姿を見つける。神室連峰の火打岳と区別するため立谷沢火打岳と呼ばれる山だが、たった1000m足らずの標高の割りには高山的な姿をしている。もちろん夏道はない。
画像


神社から西側に少し頂稜を下ると右に下山道が分かれている。往路の岩場は下りでは利用できないので、悪場のないこのルート取りが望ましい。しかしステップが薄い道は滑りやすく、慎重な歩きが要求される。
画像


最後は右の沢筋に下る様になるが、この地点は踏み跡程度になり分かり難い。
鉄錆の味がする湧水を右手に見ると林道は近い。最後のところで登山道が崩れていて危険な感じであった。



【 最上地方随一の瀑布:浄ノ滝を見に行く 】

先述した通り、今熊山の分岐から浄ノ滝へ行く道は廃道になったため、車で移動して浄ノ滝を見に行く。
大規模な治山ダムが造られたため、以前は1時間弱かかった沢筋の道は30分に短縮された。
しかしダム工事で、以前大きなトンビマイタケを採ったブナの木は伐採されてしまった。

残雪が消えたばかりの滝への遊歩道は整備度が悪い。泥道部分も多く長靴持参が望ましいであろう。
約30分歩いて滝が見える地点に出る。雪解け水で小さな沢は増水している。
浄ノ滝は数段の滝と言われているが、下部からは下段の二つの滝しか見えない。
落差は特筆するほどでもないが、巨大な岩壁を割って流れ落ちる迫力は凄いものがある。
画像


沢筋から滝に近づくが大きなスノーブリッジが手前にあった。
画像


滝により近づいてみるために、雪解け水で増水した沢を靴を脱いで渡渉する。頭の芯まで冷えてくる冷たさだった。
画像


そして目の前で見た浄ノ滝。マスさんは「こんな大きな滝、初めて見た。」と、その迫力に驚いていた。
画像


帰り道はゼンマイやウルイを採りながら車に戻った。
山形県でも一番マイナーな山域であるが、「山、高きがゆえに貴とからず」を地でいく、山本来の自然や静けさを残した山が今熊山であろう。

初めて動画を作ってみました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
今神温泉はもうないのですか。
ここは天童の方に画像をいただいてからねらっていましたよ。
今熊山と浄ノ滝セットでマスさんのバースディも最高潮だったではないかな。
ここのルートは迷うことはありませんか…。
maro7
2010/06/08 06:08
maro7さんおはようございます。
今神温泉は現在トタンの掘立小屋が残っているだけで、完全に更地になっていますよ。
敷地内からは今熊山の岩場が圧し掛かる様に見えます。
意外に行き難い山域に行けたのでマスさん喜んでいました。
このルートは山頂からの下りの最終局面で道があやふやになります。
その点だけ注意ですよ。右手の沢に下りるのが正解です。
SONE
2010/06/08 08:19
SONEさん、こんにちは。
いいお誕生日になりましたね。
雪解け水は冷たかったでしょう。
標高からして私にはかなりデンジャラな気が…
晩秋の方が無難でしょうか。
温泉なくなったのは知りませんでした。
今の時代にあわないのかな。
源泉さえあれば野湯できるのに残念。

あね
2010/06/08 16:31
あねさん今晩は。
マスさんも静かな雰囲気でお誕生日会を楽しんでましたよ。
雪解け水は本当に冷たかったです。足の感覚がなくなってきましたよ。
確かに長い生き物の姿がありました(笑)
11月初旬の紅葉時期が一番お勧めの山です。真っ赤な紅葉は見事ですよ。
温泉が取り壊されて秘境的な山でなくなってしまい残念です。
念仏唱えて入浴するのは湯温が低いからだそうです。野湯では入るの無理かもしれませんね。
SONE
2010/06/08 22:46
最後にお誕生日おめでとう、と でっかく入ったのには、びっくりした。
どうもありがとう。
しかし、重くて、まともに動画が見れなかったよ。
うちのADSL8Mの限界なんだと思う。
マス
2010/06/08 23:08
マスさん今晩は。
初めて動画を作ってみたけど、オイラも回線が細くて途切れ途切れしか見れなかったよ。
パソコンで見ると問題ないのでADSL8Mでは無理なのかなぁ(苦笑)
SONE
2010/06/08 23:13
マスさん
この場借りて誕生日おめでとうございます。
記念の動画になりましたね・・
これからは動画の時代です・
写しながらの山登りは注意が必要ですが・
ク〜との山登り結構引っ張る力強いです・・
でも臨場感溢れますね・・
随分投稿しました・・♪が著作権に引っかかるとの
メ−ルくるので一時止めましたよ・
でも何とか処理してくれるようですね・
広告は出ますが・・
ク〜
2010/06/09 11:25
ク〜さん今晩は。
同じ動画でもマスさんのデジカメで撮影したハイビジョン画像の美しさには驚きました。
私のネット回線では重すぎてダウンロードが不可能ですが、今後はHD画像の世界になりますね。特にパンしたときや、動きのある被写体には抜群に臨場感がありますね。
音楽は削除覚悟でアップしていますが、過去の曲なら大丈夫でしょうかね。
SONE
2010/06/09 20:16
法的に著作権50年から60年に法改正になりましたが・・
演奏者の事で著作権が引っかかります・・ベ−ト−ベンとか
の著作権は終わってますがね・
良くわかりませんよ・・
日本の歌手の最近のを入れても引っかかりませんね・
過去の曲でも・演奏者の事で引っかかるみたいですよ・
まぁ画像が綺麗で・ハイビジョンになりましたから・
利用しないとねと思ってます・10分間出来ますからね・・
ミクは5分間ですね・・
ク〜
2010/06/09 20:33
ク〜さん再び今晩は。
YouTubeでは外国の楽曲が削除されているケースが多く見られますね。
音楽は皆さん自分勝手に編集されて曲をアップしているので、引っかかる場合の方が少ないかもしれませんが、私もやっと動画の世界に入ったので分かりませんよ(苦笑)
ハイビジョンだと現在の回線ではアップもダウンロードも不可能ですが、何れはその時代になるのでしょうね。ミクの動画は容量が少なすぎて私は使えないですよ。
SONE
2010/06/09 21:46
低山にしてはハードな山。そして浄ノ滝も凄い水量で迫力ありますね。
いよいよSONEさんも動画アップですか!
ブログも動画が当たり前の時代ですね。私もそろそろかなー
morino
2010/06/10 22:27
morinoさん今晩は。
今時珍しい原始の気に充ちた山ですよ。浄ノ滝とセットで登ると思い出が増します。
初めての動画でお恥ずかしいですが、動きのある風景には動画は合いますね。
今後は動画をアップする機会が増えそうですよ。
SONE
2010/06/10 23:40
はじめまして。6月6日に今熊山の山頂と浄の滝でお会いした者です。

以前から時々、SONEさんのブログを参考にさせて頂いてたのですが、
まさかご本人とは・・・気付きませんでした。
もっと話掛けておけば・・・と少し後悔中です。(笑)

またどこかの山でお会いする機会があれば、ぜひお話聞かせて下さい。
これからも覗かせて頂きますので、どうかよろしくお願いします^^
犬猫馬
URL
2010/06/11 01:41
犬猫馬さん初めまして。
まだお若いのにマイナーな山に登られていて関心しました。
凄いカメラをお持ちで、ブログ拝見いたしましたが、綺麗な写真をお撮りになっていますね。
山形の山に登る機会が多いので、再びお会いできる可能性は高いと思います。
その時はいろいろお話したいですね。
SONE
2010/06/11 21:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.6.6 今熊山(山形・月山前衛山群) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる