東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.6.11 南屏風岳から不忘山(宮城・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2010/06/12 21:03   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

不忘山に咲く高山植物が見ごろを迎えたと思い、マスさんの休みに合わせて一緒に訪れてみた。
但し刈田峠からの往復や、白石スキー場からのピストンでは面白みに欠けるので、水引入道〜南屏風岳〜不忘山の周回ルートを取った。

【 6/11 水引入道〜南屏風岳(1810m)〜不忘山 宮城・蔵王連峰 】
みやぎ蔵王白石スキー場〜登山口〜コガ沢〜権現沢〜コガ沢渡渉点〜大日向〜ジャンボリーコース分岐〜水引入道〜水引平〜主稜線三叉路〜南屏風岳不忘山〜不忘の碑〜弘法清水〜白石女子高山小屋跡〜みやぎ蔵王白石スキー場

山仲間のマスさんは不忘山が苦手なそうである。平日に登っても人・人・人と混雑していて、静かに楽しめる山ではないから、というのが理由らしい。それなら水引入道から周回しよう! という事になった(笑)

30年以上前の不忘山は花の盛りに登っても誰にも遭わない静かな山であった。
しかし近年の中高年登山ブームの到来で、宮城県随一の花の山として評価はウナギ登りに高くなり、平日に登っても多くの登山者を見る山になってしまった。
一番の人気は6月のハクサンイチゲ、ユキワリコザクラの大群落、7月は可憐に咲く真っ赤なタカネバラ、8月のハクサンフウロやイブキジャコウソウ、ヒメシャジンなどの群落も凄い。
花好きの小生も年に一度は訪れたい山なのだが、近年は土日の週末は避けて登っている山なのである。

さて、この日の宮城県内は東風の影響を受けて曇りベースの天気予報であった。
しかし上手くいけば雲海を見られる可能性もあり、と踏んで白石スキー場の駐車場に着いた。
でも標高900m近いスキー場はガスに覆われて視界が乏しい。草の臭いが濃厚なスロープを登っていく。
画像


スキー場の右奥から登山道に入るとヤマオダマキの花が出迎えてくれた。
画像


コガ沢右岸をトラバースして歩いていくとナラタケを見つけた。倒木を丹念に探して歩くと結構な量が採れた。
画像


森の中を明るく照らすみたいに、まっ白いシロヤシオの花があちらこちらに咲いていた。
画像


水場となる権現沢を過ぎるとコガ沢の渡渉点は近い。沢筋にはシラネアオイの花が多かった。
画像


渡渉点付近は足場が悪く注意が必要だ。ロープを使って沢に下り、沢から上部に上がる。
昨晩の雨の影響で増水が懸念されたが、渡渉は簡単にできて安心した。
画像


渡渉後にコガ沢上流を眺める。この付近は滝場が続く。
画像


コガ沢コースの一番の難所は渡渉点ではなく、その後に続く大日向までの急登と語る人は多い。
日が差し込んだ樹林は蒸し暑く、ペースを落としてじっくり登っていった。

そして大日向のガレ場に着く。ここからは森林限界を抜け出して展望が開ける。
画像


ガレ場には花が多い。先ずミヤマキンバイが見つかった。
画像


以前より少なくなった様に感じたハクサンイチゲ。
画像


ユキワリコザクラ。今日はこの花を見るために登ってきたのだ。
画像


水引入道直下から南屏風岳を見る。今年は残雪が多い。
画像


カメラを少し左に振ると、周回の最後のピーク:不忘山が見える。
画像


水引入道の山頂で休憩を取る。この頃からドンドンとガスが上がってきて山の姿を隠し始めた。
平野部の気温が上がり、上昇気流が激しくなってきたのであろう。

この周辺は灌木帯で秋には真っ赤な紅葉が楽しめる場所だが、現在はピンクのアズマシャクナゲが多く咲いていた。
画像


屏風岳の基部には水引平という小さな湿原がある。チングルマが咲く場所だが、いまだに蕾は固かった。
画像


屏風岳への登りはきついが、一歩一歩ゆっくり登るとそれ程苦労しないで登れる。
登りきって主稜線の三叉路に出ると、周辺はミネザクラが満開の状態であった。
画像


縦走路は去来するガスで視界は悪い。ガスが飛んだタイミングで不忘山方面の景色にシャッターを切る。
画像


東斜面の残雪に乗って南屏風岳の姿を見る。この後すぐにガスに隠れて二度と姿を見せてくれなかった。
画像


南屏風岳の山頂で昼食とする。誰もいない静かな山頂であったが、ガスに覆われて寒かった。
山頂一帯にはミネズオウの花が今が盛りと咲いていた。
画像


不忘山への下りは南蔵王で一番アルペン的な雰囲気の場所だが、今日は展望皆無で、咲き誇る花々に元気づけられる工程となった。ハクサンイチゲが見ごろを迎えている。
画像


画像


宮城県内では南蔵王と船形山に群生地があると言われているユキワリコザクラ。
今回はちょうど花の盛りの時期にぶつかった。小さいけれど可憐な花である。
画像


たった一人しか先客がいない不忘山頂で少し休憩する。相変わらず足元の花々以外は何も見えない。
山頂から少し下ると不忘山が少しだけ顔を覗かせてくれた。
画像


第二次世界大戦時に仙台空襲に向かったB293機が、不忘山に激突した事を記念する「不忘の碑」のところで左折して白石スキー場に下りる。
画像


普段は泥田みたいな登山道も、このところの晴天のおかげで歩き易かった。
コイワカガミやチングルマを見つけて、単調な下りも飽きずに下れた。
画像


画像


飲み水としては使えない弘法清水を過ぎて、平坦になった草原状のところで休憩。
アズマギクが少しだけ咲いていた。サラサドプダンは咲き始め。

やがて雑木林に入るとヤマツツジが多くなってくる。
画像


白石女子高小屋跡から左折すると白石スキー場のゲレンデを下っていく。
最後はスキー場のセンターハウスに入って少し休憩して車に戻った。
(今年から土日にはセンターハウスの喫茶コーナーをオープンしているらしい。)

余り天候には恵まれない山旅であったが、静かな南蔵王と花を満喫できた一日であった。
マスさんは水引入道がえらく気に入った様子。また天気の良いときに来たい、と言っていた。

PC替えてから何故か動画にはまってしまいました。少し重い動画です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
色鮮やかな可憐な花達が咲き誇ってますね・
雲海が綺麗でしたね・・・
動画も綺麗に映ってます・・(^^♪
行って見ないとなぁ・
まだ水引行ってません・ク〜背負って
渡渉かなぁ・危ないよね・
ク〜
2010/06/13 08:30
画像のナタラケはキツブナラタケのようで、個人的には一番美味と思います。
この時期のキノコ(ナラタケ、ウスヒラタケ)は湿気の関係で沢に多いので、なかなかお目にかかることができません。
ところで、昨日、オススメの竜ケ岳に登り、安座のヒメサユリ群生地を見てきました。(さらには大山つみ神社本社へも行ってきました)
スラブへの取り付きは、SONEさんと同様のルートを間違って採ってしまったようで、少々怖い思いをしました。群生地は3分〜5分咲きでしたが、後から1組が来たのみで、俗化されていないのがいいですね。
みどぽん
2010/06/13 10:32
ク〜さん今晩は。
天候はイマイチで遠望が利きませんでしたが、足元の可憐な花達を見ながらの歩きは最高でした。
まるで梅雨時の様な天気で、東側から雲が常に湧いていましたよ。
動画のベテランのク〜さんに褒められると、今後にやる気が出てきます(笑)
水引山頂をクーちゃん連れで目指すなら、ジャンボリーコースからだと危険個所が全くないですよ。
SONE
2010/06/13 18:52
沢もだしは、おいしいね。
感激の薄い我が家でも、さすがに好評だったよ。
マス
2010/06/13 18:55
みどぽんさん今晩は。
私としてはナラタケはモドキも含めて全部一緒なんですが、みどぽんさんは味の違いまで分かっていて凄いですね(笑)
この時期にキノコを捕って食するのは儲けた気分になりますよね。
おっ竜ヶ岳に登られましたか。あのスラブの取り付きは誰でも間違えますよね。
手前の薄い踏み跡は絶対にパスしちゃいますよ(笑)
安座のヒメサユリ群生地は熱塩加納と違って俗化していないのが本当にいいと思います。
SONE
2010/06/13 18:58
マスさん今晩は。
沢もだし(ナラタケ)が美味しいと好評だったら、もっと美味しいキノコたくさんあるので、秋の山歩きが楽しみだね。
SONE
2010/06/13 19:01
SONEさん、こんばんは
分県ガイドだと、危険度3のコースですね。コガ沢に降りる崖は、初めてだとビビりますよね。徒渉してからの急坂は、まあ休みながら行けばいつかは着くかなと。実は、昨年家族3人でコガ沢から登ったんですが、大変でした(笑)大日向で暴風状態で、二人は戦意喪失、私だけ水引の山頂を踏みました。今年こそ秋に周回したいです。花も見ごろになりましたね。南蔵王稜線、混んでいなくて何よりでした。
k4
2010/06/13 22:19
K4さん今晩は。
確かにコガ沢の渡渉点は危険がいっぱいですね。増水したときは恐怖の場所となってしまいます。大日向までの急登は私の得意分野でして疲れることはないのですが、他の方は辛いと言っていますね。
秋の水引入道は素晴らしいです。赤主体の紅葉は栗駒とは少し違っていますね。
今回も平日に登ったのですが、やはり不忘山の花を楽しむためには週末は避けたほうが良いと思いました。
SONE
2010/06/13 22:38
おっ、「南蔵王花街道」の始まりですね。
白石スキー場からのコガ沢周回が一番いいですね。
コースはいいんだけど、天気が回復しませんでしたか。
不忘から下りの悪路は健在?。
来週は天気にしてくださいな。(*^o^)
maro7
2010/06/14 06:33
サワモダシ、ラッキーだったね。
食べ過ぎ注意だけどね(苦笑)
タッシー
URL
2010/06/14 10:23
花街道のゴールデンルートですね。
遠望が利かなくても花が楽しめるいい季節です。
今週末に行こうと思ってますよ。
morino
2010/06/14 12:28
maro7さんこんにちは。
やっぱり花街道に行くならコガ沢周回ですよね。
天気は雲海と踏んでいたのが外れでした。でも花がみれたので文句なしです(笑)
不忘の下りは乾燥していたので難儀しませんでしたが、梅雨に入ってしまったので今週末は大変そうですよ。
SONE
2010/06/14 13:17
タッシーこんにちは。
サワモダシ、痛みがない極上品だったよ。
全部マスさんにおみやげで持たせてやったよ。
SONE
2010/06/14 13:19
morinoさんこんにちは。
水引入道から周回すると満足度がまったく違いますね。
これから8月までは不忘山に登ると何かの花は絶対咲いていますね。
週末晴れることをお祈りいたします。
SONE
2010/06/14 13:21
SONEさん、こんばんわ。
6月中旬に水引入道、不忘山トライを計画中です。どうでしょうか、、、この私、コガ沢の渡渉点はクリアできるでしょうか。七つ森:蜂倉山のあの短いロープを15分かけた人です・・・怖いんです。あの角度が・・・そんな私には無謀でしょうか。
SONEさんのこの記事と2011年の記事も復習して読んでみました。お薦めコース等あれば教えて頂きたいです。目的の一つにお花畑は、見逃せないです。よろしくお願いします。
とむかの
2012/04/02 21:40
とむかのさん今晩は。
水引入道から不忘山の周回は一般的に10時間かかるので、体力的に難しいと思います。
山慣れていないなら白石スキー場から不忘山往復が一般的ですよ。
それより7月初旬にリフト利用で姥沢から月山往復のほうが楽に花が楽しめますよ。
SONE
2012/04/02 22:12
SONEさんこんばんわ。不忘山登山のアドバイス、どうもありがとうございます!
こちらも色々調べてみたのですが、南蔵王コースも危険度低い様ですよね、これも検討中であります。
登るのはまだ先ではありますが、こうして計画、リサーチするのも楽しいものです。
SONEさんのアドバイス、しっかり受け止めました(感謝)
とむかの
2012/04/03 22:18
とむかのさん今晩は。
エコーラインの刈田峠から往復だと7時間が基準でしょうか。
体力の目安として泉ヶ岳が楽勝で登れるようになると、いろいろな山にチャレンジできますよ。
SONE
2012/04/03 22:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.6.11 南屏風岳から不忘山(宮城・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる