東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.6.20 かもしか温泉跡(宮城・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2010/06/21 20:35   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

毎年6月の恒例行事となった「かもしか温泉跡」を訪れる企画。今年も20日にタッシーと行ってきた。
雨の天気予報が完全に外れおだやかな天候の中、男二人でのんびりと野性味あふれる野湯につかってきた。

【 6/20 かもしか温泉跡 (宮城・蔵王連峰) 】
賽の河原駐車場〜ひよどり越え〜濁川渡渉点〜かもしか温泉跡〜丸山沢〜噴気孔脇の野湯(往復)

午後から雷雨になる予報のため、タッシーの愛犬サクラは大事をとって連れてこなかった。
濁沢の渡渉点で必ず川を泳いで渡るからである。

朝から梅雨時らしい曇り空が広がっていたが、蔵王エコーラインを走行して標高を上げていくと晴れ間が広がってくる。上空に積雲はあるが、中央蔵王の峰々は姿を見せていて、爽やかな登山日和と言ってもよい天気であった。

例年より1週間以上遅れた時期に「かもしか温泉」を目指す。
賽の河原の遊歩道も例年とは違った花々が沢山咲いていた。
画像


ムラサキヤシオはほとんど終わり、今はタニウツギが満開状態であった。
画像


清楚で可愛いオニエランも盛り。
画像


やはり梅雨の時期、中央蔵王の主役はハクサンチドリである。
画像


画像


ツマトリソウもこんなに群生していると見事だ。
画像


ウラジロヨウラクは咲き始め。
画像


今回初めて気づいたが野生のグミが本当に多い。実がなるころは見事であろう。
画像


アカモノは数が少ないけど、見つけやすい花である。
画像


どこに行っても咲いているマイヅルソウ。
画像


花を眺めながら歩いて行くと時間の経過が早い。
梯子滝付近の残雪もほとんどない状態だ。
画像


バニバナイチヤクソウがぽつぽつ咲いていた。
画像



濁川は雪解け水も落ち着いて水量は少なかった。
以前はアルミ梯子を改良した橋で渡ったが、今回はベニア板を組み立てた橋で渡る。
そこから先の道はかなり藪っぽくなっていて、夏草が道を隠す場所もあった。

丸山沢手前のズダヤクシュの群生は見事だ。
画像


オオイタドリの森状態となっている「かもしか温泉跡」で休憩を取る。ここの湧水は冷たくて美味しい。
最近、2張分のテントを設営した形跡があった。温泉+キャンプでもしたのであろう。

丸山沢を石飛で渡って噴気孔の方に登っていく。通行禁止となっているロバの耳コースへの踏み跡はほとんど消えかかっていた。裸地に出ると噴気孔は近い。
画像


丸山沢右岸のロバの耳尾根北壁は非常に脆い岩場で、常に落石の危険をはらんでいる。
画像


そして噴気孔の手前にある「かもしか温泉」の源泉。
湯船は最近人の手が入ったみたいで入浴可能な状態であった。
泉質は硫黄泉。湯温は40度程度で寒い時期には厳しいかも。湯量はドンドン流れ出すほど多い。
大人3〜4人が入浴できる限界で、深さは30cmほど。仰向けになると肩まで浸かれる。
画像


入浴中のオヤジ二人。余りに快適でかなり長い時間入浴していた。
でも最大の失敗はビールを持ってこなかったこと。温泉に入りながらカァー!と飲んだら極楽だったろうに・・・
(湯船に入るときに足裏が痛いので、ビーチサンダル持参が好ましいです。)
画像画像


湯船の上部にある源泉。ボコボコを沸騰したお湯が湧き出しているが、湯船が熱くならないのは、湯船の岩の下から冷たい水が湧き出しているためと判明した。上手い場所に湯船を作ったものだ。
画像


温泉でさっぱりしてかもしか温泉跡に下る。また冷たい湧水で喉を潤す。
入浴中はいなかったブユが寄ってきてうるさいので、この場所でのキャンプは大変であろう。

温泉跡は丸山沢の全景が見えるスポットである。
画像


ロバの耳尾根の末端もよく観察できる。
画像


ロバの耳の岩峰はアルペン的な姿で登高意欲を高めてくれる。下の噴気孔が温泉の湧き出しているところ。
画像


雨を懸念していた今回の山だが、一向に振りだす気配はなく、逆に晴れてきて暑い。
不帰の滝:落差97mは蔵王連峰最大の滝だ。
画像


珍しく一輪だけノビネチドリが咲いていた。
画像


濁川の渡渉点。風が吹き抜けて爽やかだが、この後にひよどり越えまでの急登が待っている。
画像


天気に誘われて、賽の河原遊歩道には観光客が数組歩いていた。
朝方曇っていた南蔵王の後烏帽子岳と屏風岳もばっちり見える。
温泉でさっぱりした身体も再び汗だくになって車に戻った。
画像


_______________________________________________

お昼前に下山できたので、みちのく杜の湖畔公園前にある”ドライブインみしま”でラーメンを食した。
今日は以前からメニューを見て気になっていた「ベトコンラーメン」だ。
この店の名物「ダールラーメン」のスープに納豆が入っている変わり種。
なぜベトコンかと言うと、ベストコンディションの略だとか???
お味は美味しいラーメンだったが、納豆好き限定か。ダールの方が一枚上手だったと思う。
画像



またまた動画をアップしました。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
オッ、最高の野湯でしたね。
昨秋は寒くてあがれなかったね。
動画は加工ができないから冷や冷やで見てたよー。
ここは、蔵王の極楽でぇす。
振子沢に興味が出てきて…ダールラー麺食いたいな…(`□´)/ダァァー!!流
マロ7
2010/06/21 20:52
マロ7さん今晩は。
天気も湯温もばっちり決まって最高でしたよ。
あの湯温では秋は寒く感じるでしょうね。
Windowsの動画ソフトは画像加工があまり出来ないので、今回の仕様で限界でしたよ。
振子沢は藪が繁茂してましたね。やっぱり蔵王帰りはダールラーメンですよ。
あっ、かも蕎麦は久しく食べてなかったなぁ。
SONE
2010/06/21 21:19
SONEさん、こんにちは。
いいところですね。
花も綺麗だし歩きも変化に富んでるようで。
水深が30cmだとキワドイかったのではないでしょうか。
タッシーさんの昨日見てたので期待してました。
野湯はいいですね。
あね
2010/06/22 10:21
行けないの、残念だったけど、
その小さい湯船に、SONEさんとタッシーさんとあたしで3人で入ってたら
異様な感じがしたと思う。
行かないなら行かないで、良かったのかもね。
マス
2010/06/22 12:51
突然のモノクロ&セピア…フルカラーでは毒が強すぎるか(爆)
帰りも汗ダラダラだったからねえ、サッパリにはほど遠い…
そのうえダールとベストコンディション・ラーメンじゃ
ベトベトダルダルだべよ(笑)
タッシー
URL
2010/06/22 17:02
あねさん今晩は。
この界隈は静かな山歩きができるし、花も多いので大好きなんですよ。
湯船の水深がないので写真や動画撮影では注意しましたよ(爆)
この野湯は野性味満点で最高です。水着持参で是非お越しくださいね。
SONE
2010/06/22 20:12
マスさん今晩は。
確かに水着を着ていても、裸のオヤジに囲まれての入浴は異様な感じだ(笑)
女性で入浴した人いるのかな?
SONE
2010/06/22 20:14
タッシーお疲れさん。
オッサン二人の入浴シーンを見たい人はいないので、毒消しでモノクロにしてみたよ(笑)
温泉は最高だけど、帰り道に結構な登りがある点が難点だね。
汗と硫黄の臭いがその日中消えなかったよ。
やはりみしまで食べるのはダールラーメンに限るね。
SONE
2010/06/22 20:18
雷や雨にあった人もいたこの週末に、なんて贅沢な!(笑)
動画も面白いですね。今度チャレンジしてみましょうかねー。
morino
2010/06/22 23:01
morinoさん今晩は。
雨の予報で入山を控えた人が多いみたいでしたが、今回の天気は奇跡だったですよ(笑)
動画は作り始めると本当にはまってしまいますよ。但し私の編集ソフトがチャチですが・・・
SONE
2010/06/22 23:22
せっかく温泉で汗を流したのにひよどり越えで汗をかく・・
何か良い方法はないのでしょうか??(爆)
峨々から往復、最後に峨々で硫黄の臭いを落とすとか!

この季節の振子沢→五色岳は●●●●が蔵王で一番ですよね。私は無謀にも長靴で行きます(鉄分を含むせいか滑らない)。楽して刈田岳→ロバの耳→五色岳でもいいでしょうか。
加ト幹事長
2010/07/03 05:49
加ト幹事長さんおはようございます。
かもしか温泉は帰りの登り返しが難点ですねぇ。
硫黄と汗の臭いが強烈で、車の座席の臭いがしばらく取れませんでしたよ(苦笑)
峨々にストレートに下る道も廃道になってしまい、藪漕ぎを強いられますからねぇ。

振子沢〜五色岳区間は残雪期にしか歩いたことはないんですよ。
今の時期は沢沿いの藪は大丈夫なのでしょうかね?
五色の●●●●は後1週間後が見ごろでしょうね。
SONE
2010/07/03 09:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.6.20 かもしか温泉跡(宮城・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる