東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.7.10 大六天山(宮城・牡鹿半島)

<<   作成日時 : 2010/07/11 22:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

夏の南三陸はウニ漁の最盛期を迎える。毎年この時期には一年に一回の贅沢として、我が家では生ウニを女川町まで買い出しに行く。しかしこの土曜日はちょうどマリンピア女川でウニ祭りが開催され大混雑するので、時間調整のために近隣にある大六天山に登ってから予約した殻付きウニを調達した。

【 7╱10 大六天山(440m) 宮城・牡鹿半島 】
大六天展望台駐車場〜大六天山〜鷹取場公園〜鉄塔ピーク〜大六天山〜三国神社〜大六天展望台駐車場

大六天山は女川町の中心地から南側、牡鹿半島の付け根に位置する半島の山である。
「大六天」とは梵語で天界を指す。漁民が極楽の様な幸せを願って神を祀った山と言われている。

万石浦から眺める山容は、山頂部にアンテナが見えて余り魅惑的な姿には見えない。
画像


牡鹿コバルトラインの大六天展望台からの眺めは、江の島群島とリアス海岸の景観が秀逸である。
この駐車場に車を止めて登山道に入る。ここから山頂までは標高差が少ないハイキング向けの山だ。
画像


夏の花を少しは見られるかと期待していたが、林床には咲き終わりのフタリシズカとマムシグサが沢山生えているのみで、他の草はほとんどない状況であった。鹿の食害で不毛な森林になっている事が分かる。
しかし以前訪れたときに見られた、おびただしい鹿の糞がほとんど無い。
近年は牡鹿半島の鹿が増えすぎて麓の畑を荒らしたり、交通事故を起こして車が破損するケースが激増しているらしい。その為狩猟による人為的な間引きが行われているが、その効果は着実に上がってきているみたいだ。

林床の花は全く駄目だが、ツルアジサイだけは周辺の木々に猛烈に繁殖していた。
以前、三陸沿岸に多大な被害をもたらした爆弾低気圧の影響で、周囲のスギ林が倒木だらけになり、日当たりが良くなったために一気に繁殖したものと思われる。
画像


時間がかからず、汗もかかずに山頂到着。強風が吹き荒れ、湿度も低いために木陰は涼しいくらいだ。
山頂には一等三角点の補点があるが、傍にはアンテナが建っているし、植林した杉が伸びて展望は一切ない。
画像


南側からは林道が上がってきている山頂には価値がないので、西側の展望が得られる鉄塔ピークまで足を延ばす。途中でこの日初めてニホンジカの走り去る姿が見えた。以前はもっと頭数が多かった気がするが・・・


鉄塔ピーク手前の鷹取場公園。高さ4mほどある錆ついた鉄製の展望台が寂しさを強調する。
画像


そこからちょっと下って登り返すと鉄塔ピークに到着する。鉄塔が建つ丘は絶好の展望台で、西側には万石浦と石巻市が一望だ。
画像


南側には頭だけ出した金華山と、冬場に登った高山が見える。
画像


南西方面は広範囲に森林伐採が入って見通しが良くなった。仙台湾に浮かぶ網地島と田代島が印象的だ。
画像


強風が吹き荒れて落ち着かない鉄塔ピークから一旦山頂に戻る。
山頂から暗い植林地を抜けると三国神社に着く。ベンチも置かれて東側の展望に優れているが、周囲にはゴミが散乱していて雑然とした感じがする。
画像


神域を守っているユーモラスな狛犬。子供が横に並んでいて可愛い。
画像


太平洋の大海原を眺めながらパンを食べた。江の島群島や出島がコバルト色の海に浮かぶ。
画像


神社の東側の杉林はツルアジサイが一面に絡んでいて見ごたえがあった。
画像


帰路は山頂まで戻らずに一部ショートカットして正規の登山道に出た。
そこから往路を引き返したが、標高差160mの下りはあっという間に終わった。

予約していたウニを購入しようと女川港に行く。ウニ祭りは終わり、屋台は店じまいを始めていた。
画像


マリンピア女川で購入した殻付きウニ。1kg1000円はウニ祭り期間限定の格安料金であった。
この他に今が旬のホヤや魚、乾物を買った。晩飯は美味しいウニ丼をたべたことは言うまでもない(笑)
画像



動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この日の海岸沿いは快晴でしたね。
昨日の朝、日の出参りでオジか半島をズームアップで見たら大六天山の鉄塔がわかりましたよ。
このお山は、マロが鹿を見つけて緊張したことと、ダニを50匹いただいたこと。
ガスでしたので景色はこうだったのですね。
マロ7
2010/07/14 06:44
マロ7さんおはようございます。
三陸は快晴で海の青さが引き立っていましたよ。
今の時期は暑いので里山は敬遠するのですが、この日に関しては快適な登山でした。
そう言えばこの山もマロちゃんとの思い出が詰まった山でしたね。
藪はほとんどなかったのでダニは付きませんでした。
景色は抜群の山なので晩秋から春にかけての期間に登る山でしょうね。
SONE
2010/07/14 08:58
鹿が少なくなったら、牡鹿半島にも緑が戻るのかな?
かわいそうみたいな気もするけど、しかたないよね。
マス
2010/07/14 20:27
マスさん今晩は。
鹿は牡鹿半島から逃げ出して、どんどん北上しているらしいよ。
牡鹿半島の植生を壊してしまう程繁殖していたから、間引きは仕方ないだろうね。
SONE
2010/07/14 21:06
鹿対策に早く狼の導入を! 懸念がある人はこのページを参照 http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/697065/221774?page=3
http://japan-wolf.org/content/faq/
名無し
2013/04/14 04:01
名無しさんおはようございます。
日本オオカミ協会という法人があるのを始めて知りました。
SONE
2013/04/15 08:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.7.10 大六天山(宮城・牡鹿半島) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる