東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.7.25 大倉沢 黒滝(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2010/07/25 20:08   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 18

船形連峰の大倉沢と言うと大倉ダム上流の大きな沢を思い浮かべてしまうが、今回訪れたのは長倉尾根の水源から流れ出す大倉沢である。沢の下部は大倉山の山裾の氾濫原で地下に吸い込まれ、荒川の割山大滝から地上に湧き出る変わった沢だ。

【7╱25 大倉沢 黒滝(宮城・船形連峰) 】
升沢林道〜氾濫原〜二叉〜黒滝(往復・プチ遡行)

連日の猛暑の中、宮城県北の登米市に往復130km下道を走行して仕事に通っていて、それが8月初旬まで続く予定である。昨日の天気が良かった土曜日も仕事で、またまた週末の日曜日がぱっとしない天気になってしまった。仕事の疲れも多少出ているし、高い山は天気が悪そうだし、おまけに午後3時まで帰宅しなければならないので、以前から気になっていた大倉沢の黒滝を見るためにプチ沢登りに行ってきた。

升沢林道は桑沼を過ぎると相変わらずの悪路となる。左右から張り出したオオイタドリの大木?が邪魔でスムースな走行は望めない。

今日は時間に余裕がないので氾濫原北側の升沢林道に駐車して、最短距離で氾濫原を目指す。
入り口には可憐とは言いがたい大型の花:オオウバユリが沢山咲いていた。
画像


弱い雨が降る中、藪っぽい踏み跡を氾濫原に向かう。

氾濫原に着くが、目立つ花はほとんど咲いておらず、訪れる人もなく閑散とした感じだ。
しかしブユが何匹も纏わりついてうるさい。
画像


氾濫原の西側から氾濫原を振り返る。
画像


大倉山への取り付きの渡渉点から登山道を離れる。
今日は歩く距離が短いのでウェーダーを履いてきた。ついでに久しぶりに渓流釣りをしようと釣り道具持参である。
大倉沢は最初はゴーロ状で少し歩きにくい。
画像


少し登ると滑床の中に、樋状の小滝が連続して落ち込む気持ちのよい渓相になってきた。
フェルト底なので苔でも滑らずにグイグイ登れる。
画像


今回は餌釣りではなく、にわか仕込みのテンカラ釣りを試みるが、時間も昼近いし、腕もないので全くアタリがない。
ときどき瀬を走っていくイワナの姿は見えるのだが、魚影はでれも小型のものばかりだ。

やがて長い竿を持っては通過できない小ゴルジュが見えてきた。
一旦竿をしまってから、右岸の巻き道を進んでみる。しかしハーケンが打たれた岩場の下降が出来ない。
シュリンゲかカラビナを持ってくるんだった。
仕方なく小ゴルジュの水際を股まで水に浸かって際どくへつって通過した。

その直ぐ上が顕著な二叉となる。水量の多い右叉が本流で長倉沢と名称が変わる。
左が水源に突きあげる大倉沢だ。この先は険しくなりそうなので釣りは取止め、竿をデポして身軽に遡行する。
画像


ゴーロ滝で高度を上げていくと、前方に岩場が見えてきた。
その左手に目指す黒滝の姿が確認できる。前衛の小滝を右手から巻いて登ると滝身が見えた。
地形図上で標高850m付近のコンターラインが詰まっているところに滝がある。
画像


名前から察すると、もっと勇壮な滝のイメージを抱いていたが、2段で落差15m程度の何処にでもありそうな滝であった。(上段の滝は写真のアングルからは隠れて見えない。)
滝の両壁は脆い岩場で、崩壊した大岩が下部に横たわっている。
滝身は逆層の岩場で直登は難しいだろう。右岸に人が巻いて登った様な跡が残っていた。
何時かは源流の水源まで登ってみたいものだ。
画像


下部の滝は傾斜がなく優しい感じ。視線を上げると三峰の東尾根末端部が望まれた。
画像


二叉まで戻って、長倉沢を少し偵察してみるが、出合の5m滝の奥には倒木が多く見られた。
今日は時間もないし、雨も降りだしたので下山を始める。

釣りをしないで下るだけだと、大倉山取り付き点までは実に簡単に戻れた。
水源までは黒滝の高巻きを含めて2時間弱で行けるであろう。
秋のキノコシーズンに再び訪れてみたい場所であった。

氾濫原で大カツラにご挨拶してから車に戻った。
画像


暑い夏には近隣のこうした小沢で遊ぶのも面白いかもしれない。
最近はピークを踏むことにこだわりが無くなってきたのは、登山者として堕落か成熟か?
まあ小粒でも結構楽しい時間であったのは事実である。


動画です。
最近ADSL回線の上り速度が以前の半分以下まで遅くなり、YouTubeへのアップロードが出来ない状態でした。
今晩は比較的早さが安定しているため動画をアップできましたよ。

今回の動画は渓流の臨場感を出すため音楽は入れておりません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
きれいな沢ですね〜^^

2010/07/25 21:05
葵さん今晩は。
この沢は登攀要素が低いため、私の様な単独でも突っ込める沢でしたよ。
夏の暑い時期の沢ルートはイイですねぇ。登山道を黙々歩いているより綺麗ですね。
SONE
2010/07/25 21:40
soneさん、テンカラ釣りもやるんですね。さすが「東北の山遊び」だなあ。毛針、難しそうですが、極めるとかなり面白そうですね。これまで大行沢と森吉の沢の記録アップされてましたが、機会があればほかの簡単な沢も紹介いただければと思います…沢と岩はやらないとどこかで読んだ記憶もありますが…
k4
2010/07/25 22:38
テンカラは難しいですね。ラインを後ろに飛ばすのも、狙ったポイントに落すのもうまくできません。
というわけで、毛ばりをえさ釣り用のナイロン糸(2mぐらい)に付けて、川面を流すか、少し沈めて(見える程度で)流すと、比較的楽に釣れたことがありました。
沢登りも体験してみたいのですが、一人で始めるのは勇気が要ります。
みどぽん
2010/07/25 22:38
プチ沢登りは、涼しそうだね。プチだったら、あたしもいけそう(多分)。
せっかちな人は、釣りに向くっていうけど全然釣ってこなかったから、けっこうびっくりしてしまった。タイムリーなことに我が家の夕食は、釣堀で釣ったマスのフライだったよ。マスはフライに限ると思う。
マス
2010/07/25 22:40
こう暑いとやはり沢ですよね。近場なので今度行ってみます。
北丸松保沢に廃道となった登山道があると聞いたことがありますが、沢のアプローチや脱渓に使えるのでしょうか??
私は海の日連休は飯豊でした。
tom
2010/07/25 22:41
k4さん今晩は。
昔は餌釣りの渓流釣りをやっていましたが、渓流ブームで人が押し寄せた時点で止めていたんです。テンカラ釣りはたまたま今回やってみただけですよ(笑)
でも毛バリも極めるとはまりそうですよね。しかし登山とはジャンルが違うのでお遊び的にしかやらないと思います。
単独行で沢に入るのははっきり言って危険ですね。従って余り深入りしない程度の沢なら紹介するかもしれません。他に沢登りをする仲間が出来た場合は別ですが・・・
SONE
2010/07/25 23:31
みどぽんさん今晩は。
昔からテンカラ釣りは苦手です。本当に狙ったポイントに落とすのが難しい!
但し今日はお昼近くに入渓したので、時間的に釣れる可能性はゼロに近いですね。
沢登りは怪我の確立は山滑り以上の気がしています。
単独で突っ込んで怪我した場合を考えると、初心者レベルの沢しか無理でしょうね。
SONE
2010/07/25 23:35
マスさん今晩は。
今日くらいの沢歩きだったら連れていけそうな感じがする。
沢を歩くのはバランス感覚を磨くのに効果があると思うよ。
渓流で本気で釣る気なら、早朝から入渓しなきゃ駄目なんだよ。
藪っぽい釣り難い沢なら今でも結構釣れるよ。
ニジマスは焼いて食べると美味しくないけど、フライは美味しいんだ! 食べてみたいなぁ。
SONE
2010/07/25 23:40
tomさん今晩は。
今の時期、避暑できる場所はやっぱり沢、もしくは2000m級の高山ですよね。
北丸松保沢に過去に登山道があったとは聞いています。黒高コースと呼ばれていて、難しい滝には番線が張られていたそうですが、沢登りそのもののコースで決して道ではないです。
海の日の飯豊は混雑したでしょうね。花は最高ではなかったでしょうか。
SONE
2010/07/25 23:46
お早うございます。
昨日山の天気余り良くなかったですね。
お仕事遠くて大変ですね・途中伊豆沼を
観て癒される事でしょう・・
氾濫原に滝があったんですね・・
二段の滝でしたか・・本当ですね水源が見たいですね・
北上川の水源が岩手町の弓弭の泉[1](ゆはずのいずみ)に源を
発してると報道があったので、観にいきたいと思ってました。
私もつりをやってましたが・滑って流されて、
危ない事になってからやめました。
YouTubeで様子見せていただきました。
確かに音楽はいりませんね・・自然の沢の涼風が
感じられます・・ブヨには参りますね・
そうそう・割山大滝に湧き出るんだそうですね・
割山大滝の上はどうなってるんでしょうね・・?
涼風を頂きました。お疲れ様でした。
国道を二時間歩いてきました・
蕃山周回して・(白滝観たくて・)
あらら・・でした。
ク〜
2010/07/26 05:15
クーさん今晩は。
どうも日曜日に天気が悪いパターンですね。
8月になったら仕事帰りに再び伊豆沼に立ち寄ってみるつもりです。
氾濫原の上流に滝があるのを知っている人は釣り師ぐらいなもんでしょうか。
今回は時間がなかったので水源まで行きませんでしたが、次はトライしてみたいです。
北上川の水源は諸説いろいろみたいですね。
渓流釣りは危険が伴うので、やはり単独では入渓しないほうが良いのでしょうね。
今回の動画は水音が涼しげなので、音楽は付けませんでしたが、正解だったみたいです。
割山大滝の上は探検する価値がありますね。凄い水量が地面から湧き出しているでしょうね。
蕃山周回での国道歩き、お疲れ様でした。往路を戻った方が楽だったかもしれませんね。
SONE
2010/07/26 18:09
夏の氾濫源、虫が沢山かな。撮影の邪魔をしているようですが…。
これがオオウバユリですか、秋に氾濫源に行ったときに枯れたのがありましたのでね。
大倉沢の黒滝、どなたかのブログを見て、おっ、行けるんだなと興味を持っていましたよ。
つめれば水源ですかぁ…。小粒でも楽しい時間は大事ね。
maro7
2010/07/26 19:34
maro7さん今晩は。
氾濫原に出た途端にブユが襲撃してきましたよ。
オオウバユリは里山では結構見かける花ですが、いい状態の花は意外に少ないんです。
黒滝はスパイク長靴では難しいです。最低限沢たびが必要でしょうね。
小粒でも山の裾を徘徊しているだけで楽しく感じる今日この頃です(笑)
SONE
2010/07/26 21:07
春に氾濫源へ行った時に大きな魚影を見ましたよ。
沢は涼しそうですが虫もイッパイのようですね。
岩と沢は遠くから見ているだけにしておきます。
morino
2010/07/26 22:09
morinoさん今晩は。
今回は小さな魚影しか確認できませんでした。
釣れたとしても完全にリリースサイズだったでしょうね。
今年のブユは未だにしつこく攻撃してきますね。お盆頃からのアブも嫌ですねぇ。
岩と沢、君子危うきに近づかず、が一番安全かもしれませんね(笑)
SONE
2010/07/26 22:50
今年はてんからを習う予定だよ。
釣りしてる間にサクラがダニだらけになりそうだが…
タッシー
URL
2010/07/27 17:44
タッシー今晩は。
にわかにテンカラ釣りやっても釣れる訳ないよね(苦笑)
習ったら教えて頂戴よ。平瀬が続く沢ならサクラでも大丈夫だよ。
SONE
2010/07/27 19:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.7.25 大倉沢 黒滝(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる