東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.10.11 雁戸山から南雁戸山(宮城・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2010/10/12 20:38   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

連休の最終日、遠出をしても渋滞にはまる可能性が高いので北蔵王の雁戸山へ行く予定であった。
そんな時、山仲間のmorinoさんから車をデポして笹雁新道からブドウ沢へ抜けるので是非、とのお誘い。
一人では到底出来ない周回ルートなので、直ぐにこのお話に飛びついた(笑)

【 10╱11 雁戸山(1485m)から南雁戸山(1486m) 宮城。北蔵王 】
笹雁新道登山口〜砂防ダム〜西茶畑〜雁戸山南雁戸山〜八方平避難小屋〜ブドウ沢〜ブドウ沢コース登山口

国立杜の湖畔公園前のコンビニでmorinoさん&マロ7さんと午前7時に待ち合わせる。
3連休の最終日は週間天気予報では一番天気のはずだが、平野部は晴れているけれど、奥羽脊梁山脈にはぶ厚い雲がかかっていた。昨晩の雨が降り、山における天気の回復は夕方ごろと予想された。

国道286号から小屋ノ沢林道を左折し、ブドウ沢橋を渡った先にあるブドウ沢林道を右折。
広い伐採地のところでマロ7さんの車をデポして、SONE車で笹雁新道登山口に回送する。

笹雁新道は何度も歩いているお気に入りのコース。尾根に出てからの展望が魅力だ。
でも今日はガスで展望駄目かなぁ〜???

最初は崩壊した古い林道跡を歩いて行く。東側の尾根上にはセントメリースキー場のリフト支柱が見える。
途中でヤマブドウを採る。熟して甘味も出ており旨い!

やがて象ヶ沢噴水に着く。東側の谷筋に急下降すると、コケの間から大量の湧水が滝となって迸っている。
これが象ヶ沢噴水だ。冷たくて本当に美味しい。
画像


登山道に戻り少し休憩。傍らにシラヤマギクが咲いている。
画像


林道跡の終点に砂防ダムがある。ここを右手から登り、振り返るとオボコンベの岩塔が見えていた。
画像


砂防ダムから上は水無沢左岸の高みを登る登山道となる。
但しブナの二次林なので、キノコなど山の幸は乏しい森だ。既に樹林帯の中まで紅葉が降りてきている。
画像


やがてカラマツの植林地を登る地点に出る。左手には崩壊地のガレ場を見る。
平野部は晴天域に入っていて、仙台湾の彼方に金華山の三角形が遠望できた。
画像


水無沢右岸尾根の紅葉は、赤が多く特に綺麗に見えた。
画像


オヤマリンドウが登山道脇にポツポツと咲いている。刈払いしないで残してくれたみたいだ。
画像


展望の尾根に出ると、西からの強風が襲ってくる。笹谷峠を越えて山形県側から真黒い雲がどんどん流れてきていた。尾根上の紅葉は見事なのだが、去来するガスに遮られて写真に写る機会はほとんど無かった。
画像


ガレ場を抜けてハイマツ混じりの灌木帯に入ると、サラサドウダンやミネカエデなどの真っ赤な紅葉が楽しめる。
画像


一瞬のガスの切れ目で撮影した灌木帯の紅葉。晴れていれば素晴らしい景色が眼前に展開していたであろう。
画像


西茶畑(1410m)のピークから急下降して、再び高差120mの超急坂を登る。
このコースが初めてのmorinoさんは、余りの急登に驚いていた。
特にガスった時は何処まで登りが続くのか見当がつかないので、余計辛く感じるものだ。

そして雁戸山山頂に到着。天気が悪いので登山者は少ないと思っていたら、20名近くの登山者が雨具を着て休んでいた。展望が利かない山だと、皆さんの表情も暗いのが印象的であった。
画像


弱い雨が降っている雁戸山山頂で休む気が起きず、南雁戸山を越えて八方平避難小屋まで一気に歩いて、そこで昼食をとる事にした。
泥濘で滑り易い急坂を慎重に下り、一旦鞍部に降りる。そこから再び急坂の登りだ。
南雁戸山の北側は小規模な岩場となっている。流れゆくガスの中からぼんやり岩場が見えていた。
画像


風衝地では咲き残りのイワインチンを見つける。展望のない登山では一輪の花に励まされるものだ。
画像


山頂直下は強風に抗しながらじわじわと登っていった。
画像


そして今日最終のピーク:南雁戸山。山の神の石碑が置かれている。ここで軽く休憩。
画像


八方平には広大なガレ場がある。晴れていれば熊野岳の雄姿が眺められる景勝地なのだが・・・
画像


八方平避難小屋は宮城県随一の設備を誇る避難小屋であるが、水場が無いのが最大の欠点である。
この時、雲が一瞬切れて南蔵王の後烏帽子岳が見えた。脊梁山脈の僅か東の峰はガスっていなかった様だ。
画像


風の当たらない避難小屋の中は落ち着ける。
マロ7さんにフカヒレスープをご馳走になった。往路で採取したナラタケ入りで美味しかったです。
画像


ブドウ沢コースは小屋ノ沢林道から派生したブドウ沢林道に降りるコースで、笹谷峠からのノーマルルートと比べると登る人は極端に少ない。
下り始めて直ぐに綺麗なブナの森に入っていく。この付近からキノコを探しながらなので歩みは遅い。
画像


急なヤセ尾根にかかるところで泉ヶ岳が見えた。
画像


シロヤシオの森付近からは西茶畑のピークが顔を出していた、
画像


しかし相変わらず南雁戸山は山頂だけ雲に覆われて見えない。今日は一日視界がなかったので諦めがついた。
画像


下部で本格的にキノコ捜索をすると倒木に見事なブナハリタケの群れを見つけた。
採りきれる量ではなく、半分以上残してきた(笑)
画像


その近くの倒木には新鮮な状態のナラタケが沢山生えていた。
この日は他にブナシメジ、ムキタケ、ヌメリササタケなどを見つけた。漸くブナの森も本格的キノコシーズンを迎えたみたいだ。
画像


ブドウ沢の2か所ある渡渉点は増水時には渡れないほど水量がある。
飛び石で渡るが、岩が滑り易いので注意が必要。

その後はカラマツ林を歩くが、お目当てのハナイグチは一本も生えていなかった。
最後は暗いスギ林を抜けると林道に出る。未だに晩夏の花:ヨツバヒヨドリが沢山咲いていた。
画像


そして太陽が西の尾根に隠れたころにデポしていたマロ7さんの車に戻った。
画像


今回のコースは各々片道ずつピストンしたことはあるが、車2台で周回すると歩いた気がして楽しかった。
紅葉はガスって見えなかったけれど、下りでキノコ狩りを楽しめたので、結構思い出に残る山行になったと思う。

同行したマロ7さんのブログは → コチラ
同行したmorinoさんのブログは → コチラ


動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
その日は、下界で仕事しながら高い山はガス曇りでいまいちだろうなぁ…と思ってたんだった。
やっぱりいまいちだったんだね。でも、キノコが採れたからオッケーかな?
マス
2010/10/12 21:29
マスさん今晩は。
キノコ採れなかったら、ただガスで視界がない山の中をひたすら歩いて終わっていたよ。
そういう山の場合は登った記憶が希薄になるんだよね。
SONE
2010/10/12 21:41
こんばんは
私も11日は雁戸に行きました。ガスが取れるかもと笹谷からのピストンでしたが駄目でしたね。11時ころ山頂にいましたが、結構賑やかでした。でもあのガスはがっかり。下界はあんなに晴れていたのに。日ごろの行いでしょうか。
tom
2010/10/12 23:15
tomさん今晩は。
私達が雁戸山頂で写真を撮ったのが11時13分でしたから、恐らく同じ時間に山頂にいましたね(笑)
写真を撮ってから直ぐに南雁戸方面に歩いていった3人組ですよ。
ちょうど紅葉の見ごろでしたので、本当にがっかりしたガスでしたね。
まあ今年が駄目だったら来年再訪すればいいんですよ(笑) 山は逃げないですから・・・
SONE
2010/10/12 23:34
里山は快晴の秋晴れで
蔵王連邦・青麻山が眺望できましたが・
雁戸山方面はガスってたんですね・
時折ガスの切れ目から見える紅葉も
幻想的で綺麗ですよね・・
象ヶ沢噴水を観にいくのもいいなぁ・・
ク〜も入れそうですね・人も少なそうですし・
まだ紅葉も綺麗でしょうからね・
去年ク〜と一緒に周回した大東岳も見頃かなぁ・?
ク〜
2010/10/13 08:33
ク〜さん今晩は。
里山では紅葉は未だなので、午後から天候が良くなる事を信じて登りましたが、結果的にずっとガスの中の紅葉見物に終わってしまいました。
こんな時は目の前の紅葉を楽しむしかないですね。
笹雁新道からなら水もあるし、クーちゃん連れて登るのは最適なコースだと思います。
下部の渓谷沿いでしたら10月末まで紅葉が楽しめますね。
SONE
2010/10/13 17:05
上はガスだったようですが、登り始めの紅葉が奇麗です。
この日は午前中仕事だったので昼過ぎから紅葉狩りにでも出掛けようかと考えてましたが、周囲の山にかかる雲が厚いのでやめました。休日と好天が合致して欲しいんだけどなかなかうまくいきません。
みいら
2010/10/13 17:35
みいらさん今晩は。
標高1300m以上はガスの中で、かろうじて紅葉を見ることができました。
午後から別の場所にいってマ○タケをゲットできたので最高でしたね(笑)
最近は休みの日に晴れないので、登る山の選定が難しい状況ですね。
SONE
2010/10/13 19:38
初キノコ採りを出来て満足のお山でした。
みんな毒キノコに見えていましたが、なるほど最後は旨そうなキノコの宝庫を探しいただき最高です。おっ家内から、「毒キノコはいらないよ」ってメールがきましたがね、採ったキノコを見せたら、次は登山しないでキノコ採りしてだって…。お世話様でした。(~0~)
マロ7
2010/10/13 19:58
マロ7さんお疲れ様でした。
展望がない山でしたが、皆でワイワイ言いながらキノコ狩りが出来て楽しかったです。
今の時期は登山をしながらキノコ狩りが出来るので、採取できれば帰宅してからもキノコ料理が楽しめますね。
奥さまも毎回キノコを採って帰宅すれば、どんどん山に行ってきて!となること請け合いですね(笑)
SONE
2010/10/13 20:06
連投すいません。
なるほどマロ7さんの写真を見ると私が写っていないし、タイムスタンプから見て山頂表示板脇から移動して出発準備の間の写真のようです。soneさんと夫婦登山者の間に私いたんですが(笑)タイツを履いたお兄ちゃんにでも撮ってもらったのでしょうか。キノコ私も教えてもらいたいので今度ご一緒してくださいね。(お土産があれば確かに山に行きやすいので!)
tom
2010/10/13 22:59
tomさん今晩は。
我々が山頂に着いた時には出発準備をしていた方はいなかったので、少しの差で出会っていなかった可能性がありますね。何故か山頂標識の傍が開いていると思っていたんですよ。
マロ7さんの写真は三角点に乗せて撮ったものです。
何時か機会があればご一緒したいですが、tomさんの山の経験が全く不明なものですから、ブログなどで山行記録を発表して頂けませんか。
SONE
2010/10/14 00:11
 昨年の山歩きの記憶が懐かしく思い出されました!。
 今年は別の山でしたが、私達も似たようなキノコを採っていました(笑)。ムキタケも出てきましたね。きのこ採りで山を歩く速度がますます(それでなくても我々、亀なのに)遅くなります。
 
テントミータカ
2010/10/14 20:02
テントミータカさん今晩は。
改めて昨年のミータカさんの雁戸山行の記事を拝見しました。
昨年は最高の天気に恵まれた連休だったのですね。
キノコを探しながら山を歩くと、亀足以上に遅くなってしまいますね(苦笑)
でも見つけた喜びと、食べる美味しさを知ると、コースタイムなんて二の次になってしまいます。
SONE
2010/10/14 21:42
お世話様でした。
おかげさまで、ガスの中とは言え多くの情報をいただきながらの楽しい登山になりました。おまけにキノコもね。
このコースは急坂があるものの、比較的歩きやすい道と稜線近くなると(晴れていれば)展望が得られるいいコースですね。
来年はガスの無いときにリベンジです。
morino
2010/10/14 23:53
morinoさん、お世話になりました。
キノコは絶対採れるものではありませんので、下り道で採れて本当に良かったと思います。
笹雁新道はピストンしても充分満足できるコースです。
雁戸山を新鮮なアングルから眺められるので、再訪してみてくださいね。
GWの新緑の頃にもお勧めですよ。
SONE
2010/10/15 10:33
キノコの収穫があって良かったですね。
数日前、山好きの知人から「今、雁戸山が良いよ〜」と教えてもらったところでした。
蔵王の北方面は行ったことが無いので今度挑戦してみます。
でも、紅葉が終わってすぐ行くのは少し残念だな〜(^_^)
ナカシィ
2010/10/15 11:23
今年はキノコが豊作。
毎日食べ続けウン◎の色が変てこだわ。
夕べもらったコウタケは、その色に拍車をかけるだろうなあ(笑)
今日、実家に送ったよ(ありがとね)
タッシー
URL
2010/10/15 14:15
ナカシィさん今晩は。
キノコ採りながらワイワイ歩けて良かったですよ。
北蔵王はワイルドな感じがあって、蔵王らしくなく面白いです。
紅葉は未だ下部が残っているでしょうから、是非早い時期に行ってみてくださいね。
SONE
2010/10/15 20:05
タッシー今晩は。
毎日キノコばかり食べているので、お通じが非常に良いよ(爆)
コウタケ食べたらヤバイね。真っ黒のウン◎になってしまうと思うよ(笑)
実家のお母さん、喜んでくれると嬉しいです。
SONE
2010/10/15 20:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.10.11 雁戸山から南雁戸山(宮城・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる