東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.10.23 万歳楽山とキノコ狩り(宮城・白石南部)

<<   作成日時 : 2010/10/25 18:03   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

万歳楽山とは何ともお目出度い名前の山である。宮城県の白石市と福島県の国見町との県境に聳えた平らな頂きを持つ山で、以前は登山道もなく、厳冬期に二度雪を利用して登った事がある。
ところが最近有志の方々が登山道を開削して、結構人気の山になってきたみたいだ。

【 10╱23 万歳楽山(915m) 宮城・白石南部 】
林道分岐〜小畑林道登山口〜三方境〜三角点峰〜三方境〜万歳楽山〜北口登山口〜林道分岐

天気に誘われてまたまた七ヶ宿町のキノコのマイ狩り場に車を走らせたが、途中で万歳楽山の夏道を歩いていない事に気が付いて小坂峠方面にハンドルを切った。
峠の茶屋の手前を右折して国見牧場への林道を西進する。

ところどころ横枝が張り出してサイドボディを擦りながら走行すると、以前小規模な表層雪崩を引き起こした場所に出る。草が生い茂った今の時期に雪崩なんてとても想像できない光景であった。

馬頭山付近から左右に牧場が広がる。同時に展望も開けて、北の空には南蔵王の山々が縦構図で見えていた。
画像


林道の分岐に着くと、左折する北口登山口への道は舗装工事が行われていて、10月末まで車両の通行が禁止になっていた。勝手が分からないので分岐の一台分の駐車スペースにくるまを止める。
画像


最初は右折して小畑林道口へ歩いていく。上部の紅葉は始まったばかりてあった。
画像


少し歩くと車止めがあり、広い駐車場になっていた。案内看板や水場まであった。
画像


北尾根に林道が合流する地点から登山道に入る。
途中でキノコを探して林の中に度々入るが、腐れたクリタケが少しあったのと、ツチナメコを3本見つけただけであった。この標高ではキノコは終わっているみたいだ。

展望の全く効かないなだらかな尾根道を登っていくと三叉路に出る。三角点峰は直進。
途中でこの山のシンボルみたいな大きなモミの木がある。
積雪期はこのモミの木が平坦な頂稜から飛び出して見えて非常に目立つ。
画像


三角点峰はモミの木の辺りだと思っていたが、もう少し下った地点に鎮座していた。
画像


その横に足場で組んだ展望台が設置されていて、上に登ると西側の展望が一気に開ける。
北西には峠田岳〜番城山〜二ツ森が並んで見えた。
画像


南西には吾妻連峰。その左手には安達太良山も見えていた。今日は沢山の登山者が登っているであろう。
画像


正式名称は知らないが摺上川に新しく出来たダムと、その奥には龍ヶ岳の姿が遠望できた。
画像


西側には夏道にない不遇の栗子山塊の主峰:七ツ森と、平らな栗子山が眺められた。
画像


南東には万歳楽山の最高点付近。どこが山頂だか全然分からない。
展望台の下には木製のテーブルと椅子があり休憩には最高の場所となっていた。
画像


三角点峰から最高点に向かって歩いていく。
最高点にも足場製の展望台が作られていて、上には8名のパーティが登って景色を見ていた。
今度は東側の展望が開けて、北東には雨塚山の姿があった。
その他は霊山や阿武隈の茫漠と連なった山々が霞んで見えていた。
画像


山頂から北口登山口に向かって下る。
山スキーでは広い林間で滑り易い斜面であったが、今はササが繁茂した殺伐としたミズナラ林であった。
下りきると広場っぽい場所に出るが、そこに西の茂庭分岐がある。でも藪に埋まって今は歩けない状態に近い。
画像


北口近くでナラタケを少々見つけたが、本当にキノコはほとんど見られない山であった。
画像


北口の林道に出るとトイレと東屋を建設中であった。
今後は福島方面から来る方が舗装道路を走行できて利便性が高くなりそうである。

林道を帰る途中で万歳楽山が見えた。とても標高900m台の山とは思えない里山っぽい雰囲気をしている。
画像


_______________________________________________


小坂峠に戻ってから七ヶ宿のキノコ狩り場に向かう。
この時点で午前11時を過ぎているが、生えている場所だけを目標に山中移動すれば、充分キノコ狩りが楽しめる時間だ。

森に突入すると、真っ先に見つけたのがハイイロシメジ。
恐らく初めて見たキノコだ。茎の根元が丸くなっているのが特徴で、少し独特の粉臭がある。
歯切れが良く、濃厚な風味を持ったキノコと言われているが、体質によっては中毒の可能性もあるらしい。
ネットで調べても食べてなんでも無い人が大半なので、過食しないで様子を見ることにする。
画像


相変わらずあっちにもこっちにも生えているウラベニホテイシメジ。今年の発生量の多さには驚いた。
画像


さて、ここからキノコ狩りの本番となる雑木林になった。
ところが、前方の森の中でクマの鳴き声が聞こえてくる。明らかに子グマと親グマの声が断続的に響く。
そして枝をへし折る音も・・・・・・・・・

立ち止まって森の奥を観察していると、50m以上前方の木にクマがよじ登っているのが分かった。
子グマは木の下にいるのだろうか?

こっちも人間が来たことを分からせるために大きく手を叩いたり、大声を出したりしてみると、クマ達は慌てて逃げていった。(距離が遠過ぎて写真で撮るのは不可能だったのが残念。)
食事時を邪魔されたで怒っているのか? その後も断続的にクマの声が森の中を響き渡っていた。
画像


近い空間に親子グマがいるのでキノコ狩りは打ち切る。適当に声から離れる方向に歩いていくと、森の至るところでミズナラの枝がへし折られて、ドングリが食べられている光景が広がっていた。
どうも今の時期はこの森がクマの食卓になっているみたいだ。
画像


尾根を大きく迂回して林道に出るが、その手前でまたまたキノコを見つけた。
晩秋のキノコ:ムラサキシメジだ。
画像


ありゃ〜、このクリタケも半腐れ状況になっている。惜しかったなぁ〜(苦笑)
画像


おやおや・・・アイシメジが大量に群生していましたぞ。
歯切れのよいキノコで和え物や煮物にあっているそうな。黄色ベースの綺麗な色彩のキノコであった。
画像


そろそろ里山のキノコも晩秋のものが中心になりそうである。
来週はこの秋一番の寒気が入る様だし、今後はナメコとムキタケ、エノキタケ狙いになってくるかな。

動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
いろんなキノコがありましたね。
今のところ自信があるのは…
いえ、だろう判断が出来るのはナメコとムキタケすかな。
マロ7
2010/10/25 20:15
マロ7さん今晩は。
本日、初めてハイイロシメジを食べてみましたよ。
食感は良いのですが、粉臭がきつくて想像したより美味しくなかったです。
煮物で醤油味にした方が良い感じですね。
ナメコは間違える可能性が少ないキノコですが、ムキタケはベテランでも間違える事がありますから注意してくださいね。
SONE
2010/10/25 21:13
この時期、ムラサキシメジを見かけますが、傘が丸く濃い紫色の幼菌はみつけたことがありません。
図鑑では成菌になると味が落ちると書いてあるので採取したことはありませんが、実際はどうでしょうか?
みどぽん
2010/10/25 23:08
万歳楽山は手軽に登れて展望の取れるいい山ですね。
地元の方の努力に頭が下がります。
冬場に行けるならありがたい山になりそうですが…。
マル秘キノコ山に親子の熊とはおっかないですねー。(^^;)


morino
2010/10/25 23:15
みどぽんさん今晩は。
このサイズのムラサキシメジは葉っぱの下に隠れていて見つけ難いですね。
成菌になると土臭い味になってしまいますが、良い出汁はでますよ。
水にさらすなどの方法が必要でしょうね。
SONE
2010/10/25 23:53
morinoさん今晩は。
万歳楽山は簡単に登れますので、もう一山登りたくなってしまう山ですね(笑)
足場の展望台は冬でも設置されているそうですが、冬場はかなりな展望を持つ山になります。
キノコ山で親子グマを始めて見ました。親子なのでこちらが退散するしかないですね。
SONE
2010/10/25 23:57
さすが、SONEさんは熊に遭遇しても冷静ですね。
「万歳楽山」良い名前です(^_^)
ナカシィ
2010/10/26 06:18
ナカシィさんこんにちは。
昨年は北泉ヶ岳の大倉尾根でキノコ狩り中にクマに遭い、2年連続で出遭いましたよ(笑)
最近はこっちが先にクマの存在をキャッチできています。
一番重要なのは音と臭いですね。僅かな異音を聞き逃さない様に熊鈴は持ちません。
この山は林道走行も楽なので、雪が降る前の陽だまりハイクに向いていますよ。
SONE
2010/10/26 15:01
SONEさんは、時々熊みたいなこと言うときあるからね。「チッ、人が来た」とか。
熊に似てきたのかも。
熊の写真撮れなくて残念だったね。
マス
2010/10/26 16:01
万歳楽山・・なんか正月気分になる山の名前ですね・
今整備しているんですね・・

そして目的のキノコ採取・・熊さんも・サルさんにも出会う
自然林の中なんですね・・このまま穏やかに過ごして欲しいです・
熊さん里に下りないでよ・と願うばかりです・・
ク〜
2010/10/26 18:23
マスさん今晩は。
オイラはクマと同じで人嫌い、って言うか人が群れるのが嫌いなんだよね。
森の中でクマに対して騒いでいたら、近くの山を歩いていた?人からヤッホーと言われたよ。
クマの写真は五感をクマに集中しているので、写真撮影にまで気が回らないんだよね。
SONE
2010/10/26 19:03
クーさん今晩は。
この山、クーちゃん連れて晩秋に歩くのに向いていますよ。
名前のお目出度くでいいですね。
キノコ山はドングリが結構豊富みたいで、クマ達は食べるのに忙しいみたいでした。
クマは怖いですけど、クマが遊ぶ森は自然が豊かで心が落ち着いてきます。
SONE
2010/10/26 19:08
何時もよだれを垂らしながら拝見しています。
さて、熊対策なのですが、SONE殿は「一番重要なのは音と臭い。僅かな異音を聞き逃さない様に、熊鈴は持たない」との事。今回遭遇した時、こちらの存在を知らせるために大きく手を叩いたり、大声を出したら熊は逃げていった・・・とあります。私はまだ一度も出会った事は無いのですが、よく聞くのは「背中を見せずに熊の目を見ながら後ろに下がる」と。
やはり出会った時は、大きい音を立てた方がいいのでしょうか?
雀百まで
2010/10/27 22:27
雀百までさん今晩は。
毎日毎日キノコを食べていますよぉ〜
私が熊鈴を持たないのは、登りで上下動や左右の振れが少ない歩きのためか? ほとんど鈴が鳴らないのですよ。たまにしか鳴らないとかえって煩く感じますし、自然の音に敏感になりたいのが理由なんです。
一度近距離で熊と鉢合わせして、奴に立たれて威嚇されたときは一目散に逃げました。
追いかけて来なかったですねぇ
熊に出遭うより、熊の気配を感じた時に笛を鳴らしたり、爆竹を鳴らすほうが効果があると思います。
SONE
2010/10/28 17:39
5月24日に登ります。
a&I
2015/01/30 10:59
a&Iさん、コメントありがとうございます。
その頃なら沢山の花が咲いているでしょうね。
SONE
2015/01/30 14:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.10.23 万歳楽山とキノコ狩り(宮城・白石南部) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる