東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.12.6 達居森(宮城・北西部丘陵)

<<   作成日時 : 2010/12/08 00:08   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

タンコブのアイヌ語が語源といわれている達居森(たつこもり)にマスさんと登ってきた。
何時もは早春の花の時期に登る事が多い山だが、冬枯れの晩秋に訪れるのは初めてである。
10月初旬並みに気温が上がり、ほぼ無風の穏やかな午後の山歩きを楽しんだ。

【 12╱6 達居森(263m) 宮城・北西部丘陵 】
牛野ダム下駐車場〜登山口〜稜線分岐〜大和町明ヶ沢コース分岐〜達居森〜大和町明ヶ沢コース分岐〜稜線分岐〜208m峰〜旧登山口〜登山口〜牛野ダム下駐車場

午前中に父親の入院している病院で、介護認定調査員の方による父親に心身の状態に関する調査を受け、午後から時間が開いた。
そこで、この日も仕事がお休みのマスさんを誘い、午後の短い時間を利用して仙台市から約20km離れた達居森を歩いてくることにした。コースタイム1時間35分、歩行距離3km、累積標高差240mの手ごろなハイキングである。

達居森は標高300mに満たない山であるが、雑木林が残り、春先にはカタクリやアケボノスミレ、エイザンスミレなどの花が咲き乱れる自然に恵まれた里山である。
位置的にはハイカーに人気の七ツ森の北西部にある丘陵で、山裾には牛野ダムがあり、その湖畔は桜の名所にもなっている。


午後12時30分を過ぎてから登り始める。牛野ダムの下にある駐車場には誰もいない。
ここから達居森の北端にある208m峰が見える。
画像


達居森のでかい看板を右に見て直ぐに急坂を登り始める。
コンクリート製の急な階段があり整備度は高い。
画像


ベンチの置かれた地点を過ぎると達居森の山頂方面が見える。実際の山頂はこの奥にある。
画像


伐採個所では南に七ツ森で一番高い山:笹倉山がシルエットで見えていた。
画像


やがて稜線に出ると208m峰への分岐がある。そこから少し下ったところにあるグミの木はカモシカが好んで食べている木だ。
画像


私の山仲間もかなりな確立で出遭っているカモシカ。今回は会えなかったので過去の写真を掲載した。
画像


小さなアップダウンを繰り返して稜線を進む。右手下に明ヶ沢コースの林道が見えている。
その先に見晴峠252mの標識があり、東側の展望が開けるが、花の杜GCが見下ろせるだけであった。
明ヶ沢への標識がある地点は、明ヶ沢方面は廃道となっていて、手前の急坂を左折するのが正規の道である。
画像


山頂が近づいた地点でヤマツツジの花を見つけた。
画像


えっ、ここが山頂? と誰もが思わずにはいられない尾根の南端に山頂がある。
木々の間から泉ヶ岳と北泉ヶ岳がシルエットで見えていた。船形連峰はかなり霞んで見える。
画像


三角点と石祠があり、余り展望が利かない達居森山頂。
画像


山頂の僅か先に展望台があり、七ツ森の全貌が見える。
画像


展望台のベンチに座り遅い昼食ととった。山シャツだけでも寒くない。とても12月の山とは思えない穏やかな穏やかな里山のひとときを楽しんだ。

帰路は209m峰へ約1kmのミニ縦走をする。
あれれぇ〜まだアキノキリンソウが咲いていたぁ〜。
画像


208m峰からは大衡村の山里の風景が眼下に広がっている。遠くに見える街並みは古川市であろう。
画像


東屋のベンチに腰掛けてマスさんお手製のケーキを食べてコーヒーを飲んでると、高年の男性が現れ無言で戻っていった。この日会った唯一のハイカーだった。
画像


208m峰から旧登山道を下ると、僅かな時間で車に戻れた。
車で牛野ダムを回ってみると、ダムは完全に干上がって底が丸見えになっていた。
僅かにある水に中に魚がいる気配はなく、もともと魚が生息していないダムのようだった。

時間があるので、帰路に遠回りになるが定義如来に行ってみた。
店のアイドル犬であるホクトちゃん。おとなしいワンコだねぇ。
画像


久しぶりに参拝した定義如来西方寺。両親の病気や怪我が治って、早い自宅復帰が出来るように祈った。
画像


最後はお約束の定義とうふ店の三角あぶらげ、醤油と七味をかけて頂く。この量と美味しさで120円は安い!
自宅で二度揚げしたこの食感は出ないんだよね。
画像


そして仙台に戻り、母親の病院にリハビリ用のスニーカーを届けた。
明日7日から歩行訓練のリハビリが始まるらしい。

同行したマスさんのブログ記事は → コチラ

動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
達居森は春を感じ取りに行くお山です。
マロを連れて下山しましたら、川向いに猫がいてマロは脇目も振らず追いかけて行った。
猫は木に登り知らぬ顔、マロは吠えるだけ…このやり取りが面白かった。
今思えば猫対策をしておけばよかった。結局、猫はうまく逃げて行ったよ。
マロ7
2010/12/08 19:56
マロ7さん今晩は。
私も初めて初冬に登りました。花は無かったですがのんびりできる山ですよね。
マロちゃんは狩猟犬の血を引いていたので、動く動物を見ると追いかけずにはいられなかったのでしょうね。このお山もマロちゃんとの楽しい思い出が詰まった大切な山なんですね。
SONE
2010/12/08 20:35
達居森を横に3倍くらい広げて、高さを2倍にしたら、ミニ縦走コースとっても人気がでるのになあ。そうすると七つ森といい勝負ができますね(笑)東屋のくだり、ク〜さんかと思いドキッとしましたよ。
うちの母にやはりリハビリ用のバレーシューズを買ってやったこと思い出しました。今はデイケアに持って行って使っています。
k4
2010/12/08 20:48
k4さん今晩は。
達居森は確かに歩き甲斐のない山ですが、あのコンパクトな中に自然が凝縮されていて、今回みたいに時間がない場合に登る山としては有難い存在です。
七ツ森とは数ランク難易度が落ちるので比較はできないでしょうね(笑)
誰にも会わないと思っていたら東屋で一人出会って驚きました。
母親はリハビリを初めて少し歩ける様になりました。退院したらリハビリ施設に通う事も必要だと思いました。
SONE
2010/12/08 23:13
ここは花も景色も楽しめて、運がよければカモシカにも会える良い山ですね。
半日用事があるときなんかに最適かもしれません。
ワンちゃんの散歩にもいいかもね。
morino
2010/12/10 12:50
morinoさん今晩は。
簡単に登れる割に自然が豊かなので、ときどき登りたくなってくる山ですよね。
春先の花の時期を外すと静かなお散歩を楽しめるので、ワンコの散歩にはいいでしょうね7
SONE
2010/12/10 16:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.12.6 達居森(宮城・北西部丘陵) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる