東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.12.12 権現森(宮城・仙台市西部)

<<   作成日時 : 2010/12/14 00:35   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

最高気温が7度までしか上がらない寒い日曜日。午後から時間が空いたのでマスさんと仙台市の西側にある権現森を軽く歩いてきた。この山は最近アミタケ採りの時に中腹を徘徊するのみで、山頂に至ったのは暫くぶりであった。

【 12╱12 権現森(314m) 宮城・仙台市西部 】
葛岡口〜三叉路〜鞍部十字路〜権現森〜活牛寺〜展望台〜鞍部十字路〜松尾神社〜表参道口〜葛岡口

東北自動車道の宮城IC付近・下り線の左手に小さな山(丘陵)が見える。この山が権現森で、広瀬川を挟んで南側にある蕃山と対峙する位置にある。
権現森の名前は北側の314m峰(東屋の峰)に付いているが、本来は松尾神社が祀られた南側の峰:294m(点の記では峯山)からきている。しかしこの峰続きの両山を総称して権現森と読んでも差し支えあるまい。


この山は現在四方から宅地開発の波が押し寄せてきて、30年以上前の記憶に残る山深さは無くなってしまった。
さらにアカマツや杉の造林地がかなりな部分を占めていて、森林公園をハイキングしている程度の満足感しか得られないもの事実だ。
しかし仙台駅から直線距離で6km足らずの近郊に、野生動物が遊ぶ森があるだけでも素晴らしいと思う。

権現森には5つのコースがあるが、距離の一番短い国見橋コースは自動車道の騒音が登ってきてイマイチ。
西側の向田コースは赤松の造林地が続き、自然林の比率が少ないため面白みに欠け、北側の活牛寺コースは杉林の短いルートに難がある。
お勧めは南西側から松尾神社に至る二本のコースで、新落合橋の近くから取り付く表参道コースと葛岡口コースを周回すれは、里山っぽい静かな雑木林の周回ルートが楽しめる。

さて午後1時近くに葛岡口をスタートする。見晴の森と刻まれた標識のある登山口には車2台の駐車が限界だ。
画像


最初は赤松の造林地を登るが、215m峰の東鞍部に出るとコナラやイヌシデ、アサダなどの雑木林になる。
付近にはモミの木が多く自生しており、「モミの木広場」と表示されていた。
画像


尾根を登るようになると冷たい北西風が襲ってくる。日差しはあるが、風は真冬の冷たさを感じさせた。
更に雑木林の尾根を登ると、梢越しに松尾神社の峰が見えてきた。
画像


松尾神社へ向かう道と、権現森に向かう道の三叉路には「アカマツ三兄弟」と表示のある三本の赤松が生えていた。
そこを左折して急坂を少し下ると十字路に出る。右が国見橋、左は送電線の巡視路、権現森へは直進する。
アカマツ通りと名づけられた緩登の道を歩くと、登山道の真ん中に「おじゃま石」と命名された石が邪魔をしていた。
画像


稜線の東側(右)に広がる美しい雑木林を鑑賞したりしながら北進すると、南側から南西側が開けた展望台に出る。
展望に乏しい権現森にあって唯一展望が利く場所だ。
先ず目に飛び込むのは蔵王連峰。山頂部に雲がかかっていたが、特に南蔵王がよく見えた。
画像


広瀬川を挟んで対岸にある蕃山。権現森より森林の保全状態が良く、生態系がよく保たれている山だ。
未だに熊が出没している。
画像


休憩は後回しにして。権現森最高点の東屋のある三角点峰に立ち寄る。
以前は吉成地区が見下ろせたピークだったが、今が木々が伸びて展望はほとんどない。
写真を撮り、奥の杉林にあったシイタケ栽培のホダ木を観察して下る。
画像


展望台に下り、時間があるので北側の活牛寺を往復することにした。
展望台の一番奥の位置からは端正な尖りの太白山が望めた。
画像


約15分下って県道沿いにある活牛寺に着く。曹洞宗の禅道場としても有名らしいが、私的に興味を引いたのはタヌキを祀る「狸公尊」であった。
画像


鈴木ヘキの詩文の碑などを見学して再び展望台に登り返す。落合地区の建物が午後の日差しに光っていた。
画像


展望台のベンチに腰掛けてマスさんお手製のパンやケーキをいただく。
この頃は風も収まり、コーヒーを飲んで蔵王やその手前に重畳と連なる丘陵の山々を眺めた。
画像


再び権現森から松尾神社に至るゆったりとした散策路を戻り、急坂を登って松尾神社の峰に着く。
知らない内に防災無線用のアンテナが建築されたみたいで、山頂に何本かあったイヌブナが伐採されていた。
以前は山中で一番落ち着いた雰囲気があった場所だが、殺伐とした感じになってしまって残念である。

伐採した木を使ってテーブルとベンチが置かれた場所からは吉成地区や大観音、北環状線が望まれた。
画像


そして松尾神社にお参りする。醸造の神として名高いらしいが、両親の病気が治る事を祈った。
画像


東側には仙台市街地が木々を透かして望める。自動車道や環状線の車の騒音が盛んに上がってくるので深い山にいる気は全くしない。
画像


松尾神社からは自然度が一番高い南側に続く表参道を下る。何故か国見橋分岐の標識に「行き止まり」の表示がされている。
自然石の石段を下ると、道に沿ってヒノキの並木が現れ、参道を歩いている感じがして良い。
荒れ地を右に見て下ると薄気味悪い廃屋が現れる。その下には打ち捨てられた様な鳥居と山の神碑があった。
画像


最後はJR仙山線を越えて車道に下る。その入口に松尾神社の石碑があり、その他の標識は一切ない。
現在はこの表参道口付近には駐車スペースは無いと考えてよいであろう。

あとは狭い車道をトボトボ歩いて葛岡口に置いた車に戻った。
午後から気軽に歩くには最適の山であった。

動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私は仙山線をまたいで登りましたよ。
昨年8月の朝一番でしたので、くもの巣で大変でした。
終始、射撃場の発砲音が聞こえてきてねあの辺にお住まいの方は大変だろうと。
やはり、ベンチのところが最適ですね。
マロ7
2010/12/14 18:29
マロ7さんは表参道から登られていましたね。私は裏口入学でしたよ(笑)
8月に登ったのなら暑かったでしょうね。くもの巣も嫌なものですね。
我々が歩いている時も向田団地方面からクレー射撃の銃声が響いていました。
狩猟と違って何発もバンバンやっているので近所迷惑だと思いました。
SONE
2010/12/14 18:49
落ち葉でフカフカの尾根道歩きは気持ちいいですね。
街の近くにこうした場所が多くある仙台は何とかバランスのとれている街なのかもしれません。
私ももっと歩かなければ(^^;)
morino
2010/12/15 08:57
午後からぶらっとハイキングに行くにはいい山だよね。
近くにこういう山があると良いと思う。
マス
2010/12/15 18:15
morinoさん今晩は。
時間に余裕がない時でも短時間に歩けるので、奥羽山脈が雪の場合にはお勧めの山ですよ。
昔より自然度は落ちましたが、市街地の近くにこんな自然が残っているとは仙台の誇りかもしれませんね。
SONE
2010/12/15 19:06
マスさん今晩は。
昼の時間が一番短い時期の午後でも歩ける山は貴重だね。
お隣の蕃山も含めてお散歩コースとしては最適だと思うよ。
SONE
2010/12/15 19:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010.12.12 権現森(宮城・仙台市西部) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる