東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.1.2 泉ヶ岳(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2011/01/04 18:37   >>

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 10

明けましておめでとうございます。
本年も『東北の山遊び』をよろしくお願い申し上げます。

穏やかに明けた新年でしたが、大晦日の夜から左目が充血し頭が痛くなってしまったので(風邪か?)、初日の出山行は中止。結局元旦は父親の見舞に外出したのみで、完全に寝正月の一日でした。
しかし、翌日は体調も良くなったので、朝食を食べ、家事が終わった後でお昼過ぎから簡単に登れる泉ヶ岳に行ってきました。

【 1╱2 泉ヶ岳(1172m) 宮城・船形連峰 】
駐車場〜泉ヶ岳少年の家〜関口〜清水坂〜水神〜大岩〜泉ヶ岳〜滑降コース分岐〜岡沼〜兎平〜駐車場

大晦日にも北泉ヶ岳に登ったので、兄弟の山に年末年始に跨って登ることとなる。
泉ヶ岳スキー場までの県道に圧雪はなくなり走り易かった。
お昼頃に大駐車場に着くが、日曜日にも関わらず500円の駐車料金の徴収は無かった???
登山者用の駐車場は完全に満車。止める場所がないので坂の途中に駐車した。

登りはお決まりの水神コースを採る。雪はかなり固くなってスキー向きではなくなっていた。
登り始めの時間が遅いので何人もの登山者とスライドする。
軽装の登山者やら、冬山完全装備の登山者やら、いろいろなスタイルの方々がいて面白い。

泉ヶ岳の名前の由来となった水神の碑で同行のマスさんと一緒に写真を撮る。
微風で里山を歩いている様な陽気だ。
画像


大岩の上からは蔵王や二口山塊が見えるが、この日は雲がかかって見えなかった。
しかし平野部はクリアに見え、仙台市街地が何時もより近くに感じた。
画像


南西には黒鼻山が見下ろせる。
画像


賽の河原は一部クラストしたところがあった。青空の色が濃く見える。
画像


船形連峰をバックに一枚。山頂直下まで登ると流石に風は冷たい。
画像


固く踏まれたトレースを忠実に辿ると泉ヶ岳山頂に到着。
画像


昼食の前に西側の展望地まで船形連峰を見に往復してくる。
この方面まで来る人は若干少ないみたいで、トレースが固く締まっていない部分があった。

左から後白髪山、三峰山、2日前にBCに入山した北泉ヶ岳。残念ながら船形本峰は見えなかった。
画像


北側には薬萊山が端正な三角形で見下ろせた。
画像


平坦な山頂台地を東端まで戻る。
画像


北西風が当たらないかもしかコースの上部でお弁当を広げる。
仙台平野の大観を眺めながらのランチは最高であった。
七ヶ浜や松島湾がはっきりと遠望できた。
画像


少し身体が冷えてきたので下ることにした。
帰路は水神コース往復では面白くないので、かもしかコースをそのまま下る。
下り始めの急斜面からは七ツ森の全山が見下ろせた。
画像


そして眼下に岡沼の白い平坦地が望める。
画像


途中から分岐する滑降コースはノートレースでかんじき持参でないと下れない状態。
かもしかコース上部の下りは、ときどき股まで雪に落ち込んで苦労した。でもそんな苦労も面白いものだ。

中間部のコナラの林は樹雪が美しい。南東斜面なので吹き溜まりになるのかもしれない。
画像


そして岡沼に降り立つ。少し水が溜まっているみたいで沼に氷が張っていた。
氷の上にどかどか踏みこむマスさん。見ているこっちが怖い。
画像


岡沼から少し登って兎平へ。
二本のオオバボダイジュがある草原は雪に覆われ、登ってきた泉ヶ岳が寂しげに佇んでいた。
画像


兎平からは泉ヶ岳スキー場を下る。
登山者がツボ足で下ってはいけない! と言う表示は一切ないので問題ないのであろう。
ゲレンデの右端を下るが、夏場の石ゴロの斜面より遥かに下り易かった。
でもクラストしている状態なら歩いて下るのは危険であろう。

午後3時30分、たった一台しか残っていない駐車場に戻る。
両親の介護体制が本決まりになるまでは、しばらくこんな慌ただしい山行しか出来ないであろうが、近くに短時間で楽しめる山があるだけでも幸せかもしれない。

動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
人がたくさん来ると、雪が踏まれてて歩くの楽でいいね。
思ったより簡単に登れたよ。
マス
2011/01/04 20:55
マスさんお疲れ様。
今回はスパイク長靴が大正解で、登山靴で登るより滑らなくて楽だったでしょ。
でも冬なのに夏場と同じ時間で登れる山は、ここしか無いだろうね。
SONE
2011/01/04 21:32
あけましておめでとうございます。
積雪期のかもしかコースは未踏でした。面白そうですね。今度歩いて見ます。
岡沼歩きはちょっと怖いです。マスさんよく平気だこと。
今年もよろしくお願いします。
morino
2011/01/05 12:42
morinoさん今晩は。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。
かもしかコースは積雪期には下りで利用したほうが楽ですよ。
マスさん、岡沼の氷の上歩いてミシミシ割れそうになって横に逃げたのが動画に映ってますよ。
SONE
2011/01/05 17:27
 soneさん、アケオメコトヨロです。昔、3/29-30に「泉が岳をなめんなよ」の看板を見て、北泉が岳まで往復(山中テント泊・曇天〜ミゾレ)したっきりの山です。

 晴れていると相当展望が良いのですね。また行ってみたくなりましたよ。ご両親の事、イロイロ大変で、私もいつ同じ立場になるかも知れず、なかなかコメントを入れられず失礼しました。こんな天気の山歩き、気持ちがいいですよね。憂き世の憂さも吹っ飛びます。今年もお互い、沢山、山を気持ちよく歩きましょうね。
テントミータカ
2011/01/05 18:35
積雪期の滑空コースを胸まで入り登ったのは十代のころ。
おらぁ氷の上歩いたら、割れて氷の下に潜ってしまうね。
マロ7
2011/01/05 18:40
テントミータカさん、明けましておめでとうございます。
今は「泉が岳をなめんなよ」の看板は撤去されてしまいましたが、遭難間際の状態に陥る登山者も多い山なんですよ。
晴れていると宮城県内の山の展望台となりますので、また登ってみてくださいね。
両親は一気に二人の介護が必要になりましたが、寝たきりや認知症が酷い状態は回避されましたので、時間を見つけて登山は継続できそうですよ。ご心配をおかけしました。
今年もよろしくお願い申し上げます。
SONE
2011/01/05 20:09
マロ7さん今晩は。
今回は滑降コースに入ったら股ラッセル必至でしたよ(笑)
岡沼の氷は見ていてハラハラ・・・マスさん大胆過ぎます(汗)
SONE
2011/01/05 20:12
え〜泉ヶ岳ですか!私が22年間暮らした仙台・泉の山ですね。小中校のキャンプ、スキーと思い出もたくさんあって、懐かしい地名もいっぱい出てきたのでうれしかったです。その頃私は若かった・・・・しかし、カモシカコースだけは険しそうなので避けていましたが、初めて見せていただきました。
柴田のアロマ
2011/02/07 22:53
柴田のアロマさん今晩は。
仙台市民は子供の頃に泉ヶ岳でキャンプやスキーをした思い出を持った方が多いでしょうね。
私も初めて登った標高1000m越えの山は泉ヶ岳でしたよ。小学校6年のころです。
かもしかコースは急坂が多いですけど、その分効率がよい登り下りができるコースなんですよ。
SONE
2011/02/08 18:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2011.1.2 泉ヶ岳(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる