東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.2.19 難波森(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2011/02/21 19:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

夕方から飲み会が入っているので、速攻で登れるであろう未登の山:難波森に出かけた。
難波森は泉ヶ岳の東側に屏風の様に聳える蘭山の、そのまた東に寄り添っている目立たない四等三角点峰である。

【 2╱19 難波森(528m) 宮城・船形連峰 】
高山地区林道分岐〜北尾根経由:難波森〜西尾根経由:送電線巡視路〜旧宮床スキー場〜簡易水道施設〜高山地区林道分岐

南川ダムの七ツ森湖の奥にある難波森は、一般登山家にはほとんど知られていない山であろう。
蘭山(あららぎやま)と赤崩山の特徴ある山容をした二山に対して、何の変哲もない樹林に覆われた低山では登る意欲に欠ける。
しかしこの界隈の山々を登った経験のある岳人にとっては、決して見逃すことはできない山でもあるのだ(笑)

七ツ森湖の奥の難波地区を抜けると正面に難波森が見えてくる。
画像


反対方向を振り返ると、七ツ森で一番標高が高い笹倉山が見える。
画像


滝の原温泉に行く車道から右折して高山地区を目指す。
限られた時間しか取れなかったので、最短距離で山頂に着く急な北尾根を登って行った。
この尾根には期待した作業道は無く、薮っぽい尾根をひたすら直登する。
画像


西側に北泉ヶ岳が見える。泉ヶ岳は蘭山の影で見えない。
画像


泉ヶ岳ファミリーの中で一番尖った山容で目立つ高倉山。
画像


北側には赤崩山がどっしりした台形の山容で見える。難波森北尾根は赤崩山の展望台と言っても過言ではない。
画像


急斜面を登りきると漸く難波森の山頂が見えてくる。
画像


山頂直下の急斜面では雪が飛ばされて積雪がない個所もあった。
幾つかの大岩が出現してくると山頂は近い。

そして呆気なく登ってしまった難波森山頂。煩い山名板もなく、雑木林に囲まれた静かなところであった。
積雪で三角点は確認できず、GPSで山頂に立ったことが分かった。
画像


山頂周辺を歩きまわってみると、東尾根から顕著な作業道が登ってくるのが確認できた。
木に赤ペンキでマーキングされている。(何処が起点の作業道かは不明。)

その作業道は山頂の南側を掠めて西側にも続いていた。
雑木林の奥に見えるのが蘭山。雪で覆われた作業道,何となく分かるかなぁー。
画像


山頂から超急斜面を木につかまりながら下る。スノーシューでは難儀する下りになった。
所々に赤ペンキが付いた木があるが、間隔が広いために山勘に頼って下る部分が多い。

下りきったと思った頃に雪深い作業道が交差した。GPSで現在地を確認して地形図上の破線ルートに乗るために作業道を左折する。途中でリスの姿を見つけた。

右手の丘にアンテナ施設を確認したところで送電線の巡視路と合流する。
この道には古いカンジキ跡が付いていた。
その道を右手(北側)に辿ると旧宮床スキー場跡に出る。現在は牧草地(採草地)になっているのであろうか?
薮が全く無い雪原が蘭山の麓まで続いていて、左手にはトラクターを利用したスキーのロープトゥ施設が錆ついて放置されていた。そしてスノーボーダーが作ったと思われるジャンプ台が二基。
こんな所にスキー場があったとは・・・・知る人は少ないであろう。
画像


スキー場跡の駐車場の北側には溜め池(沼?)があり、湖畔に降りてみると赤崩山が水面に山の形を映していた。
画像


難波森は目立たない山容の山だが、登ってみると意外に展望があり、記憶に残る山の一つとなった。
泉ヶ岳ファミリーの孫的な山までターゲットを広げると、登る山はまだまだ沢山ある山域である。


トラックログです。北側の林道分岐から時計周りに周回しています。
(この地図は国土地理院の二万五千分の一地形図を使用しております。)
画像



動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
銀色のシーズンみたいに、
滑り降りてきて、ため池で水上スキーできっか?(笑)
タッシー
2011/02/21 20:15
欄山の東峰から登る時に山容に気づいていましたが難波森というお山でしたか。
ルート図がありますからフムフムいつかはですね。
お二人さん、滑り降りて、ため池で水上スキーすっ時には俺がカメラ撮影するから(笑)
マロ7
2011/02/21 20:30
タッシー今晩は。
ここの溜め池は周囲が樹林&薮だし、スキー場から少し離れているので水上スキーは無理っぽいねー。
SONE
2011/02/21 21:28
マロ7さん今晩は。
テープのマーキングや山名板が一切ない手つかずの山でしたよ。
東西から作業道があるので、雪がない時にもチャレンジできそうです。
溜め池にサクラ連れていったら絶対泳ぎますね(笑)
SONE
2011/02/21 21:31
里山の楽しさの一つに「こんな景色が見られるのか!」という意外性があると思います。
難波森もまさにそうした山ですね。
それにしても旧宮床スキー場、気になります。
morino
2011/02/21 23:28
morinoさんこんにちは。
ネット上にアップされていない手つかずの里山の場合、登ってみるまで景色が分からない面白さはありますね。でも景色が全く見えない山が大半ですけど(笑)
旧宮床スキー場はどの時代にオープンでしてたのか、調べても全く分かりませんでした。
SONE
2011/02/22 11:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2011.2.19 難波森(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる