東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.2.24 後烏帽子岳(宮城・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2011/02/25 11:32   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

午前中に父親のデイケアの契約があり、午前11時過ぎから時間が出来たので後烏帽子岳に行ってきた。
えぼしスキー場のゴンドラ&リフトを利用してゲレンデトップに立つと、そこからは標高差300m足らずの簡単な雪山である。

【 2╱24 後烏帽子岳(1681m) 宮城・蔵王連峰 】
えぼしスキー場ゲレンデトップ〜後烏帽子岳(往復)〜えぼしスキー場を滑って駐車場へ

現在は両親の食事の世話をしなければならないので、早朝から夜まで外出するロングコースの登山が出来ない状態になっている。
従って短時間工程の登山で我慢しなけらばならないが、やはり時には山スキーを駆って雪山に入りたくなるものだ。
後烏帽子岳は短時間で往復できて、しかも蔵王連峰の展望台とも言える大観を味わえる山である。

スキー場で登山届を出し、ゴンドラ&リフト代1400円を支払ってゲレンデトップに向かう。
石子ゲレンデからは目指す後烏帽子岳が望まれる。
画像


好天が続いているので多くの登山者が入山したみたいだ。
登山ルートはトレースが入り乱れている。下部の雪はザラメになっていた。
画像


斜度が増していくと背後の景色が広がる。雁戸山が尖って見える。
画像


その右手には二口山塊の大東岳。
画像


中段辺りからクラスト&モナカの雪質になってきた。
スライドした山スキーヤーは酷い雪質だと文句を言っていた。
これだけ春を思わせる好天が続くと悪雪になるのは必然なので、滑りを楽しみ事は一切考えないほうががっかりしなくて済む。

写真や動画を撮りながら登ってきたが、ゲレンデトップから約1時間で山頂到着。
この山頂からの一番のご馳走は屏風岳の壁が一望できることに尽きる。
画像


南側には水引入道(右)と馬ノ神岳が望まれる。
画像


山頂標識がある広場にスキーをデポして西側の端までツボ足で歩いて行く。
ときどき股まで雪を踏みぬいて抜け出すのに苦労する。
西側の端からは熊野岳(右)と刈田岳の展望が素晴らしい。
画像


刈田岳のアップ。
詳細に眺めていると刈田岳の風下側の樹氷がほとんど崩壊しているのに気が付いた。
22日に入山した方のブログを見ると樹氷は健在だったので、それから2日で完全に無くなってしまったみたいである。しかし未だ2月なのに樹氷が無くなるとは驚き・・・
画像


ろうづめ平と屏風の壁の奥に杉ヶ峰(左)と前山が見える。
画像


前山をアップすると、こちらの山も樹氷がほとんど消えている。
画像


山頂広場まで戻っておにぎりとカップ麺に簡単な昼食をとった。
微風でほとんど寒さを感じない。ここまでの山行中は手袋をしないで素手で行動したが、手が全然冷たくならないのは余程気温が高かったのだろう。

景色の良い山頂で長居をしてしまった。滑降する北東斜面は日が陰っている。
滑りだしのところで東側の青麻山を見下ろした。
画像


上部の滑降はクラストバーンが多かった。上部のボウルに入ると少しだけパウダーが残っていて、僅かな距離だが滑りを楽しめた。
画像


しかし登山コースに復帰すると雪質の硬いトレース部分とモナカが交錯して滑りにならない。
下手に飛ばすと怪我をするので、ゆっくりゆっくりプルークボーゲンで滑った。
登りでザラメだった部分も日が当らなくなったのでモナカになっており、ゲレンデの戻る直前まで気が抜けない雪質の状態であった。
えぼしスキー場に出てからやっと滑りを楽しめたのである。
でも約4kmのゲレンデ下りをスノーシューで行うのは飽きてくるだろうなぁ〜。


動画です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
かわいい かわいい
面白い

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
もう刈田の樹氷はおしまいですか。
明日行こうと思っているのに…。
morino
2011/02/25 12:52
おお、天気よかったねえ。
明日、えぼしにスキートレーニングに行こうと思ってたので、
カンジキで登ってくるかな(ゲレンデトップに板置いて/笑)
タッシー
2011/02/25 16:02
morinoさん今晩は。
恐らく風上側は樹氷が残っていると思いますが、遠望したところでは風下側の雪は落ちていましたね。樹氷見物ならライザスキー場から刈田を目指した方が樹氷は残っていると思います。
SONE
2011/02/25 17:39
タッシー今晩は。
全然寒さを感じない春山みたいな陽気だったよ。
スキーで後烏帽子に登ると下りで苦労するので、ゲレンデトップからカンジキの方が楽に登れると思うよ。トレースが完全についているので迷う心配は全くないね(笑)
SONE
2011/02/25 17:43
あらら、無惨な樹氷を見て…これまで2回もチャレンジしたのにね。
明日は高気圧くんが来るから良くなると思うんだけど、山の天気はわからないね。
明日という字は明るい日と書くのね。
マロ7
2011/02/25 20:56
マロ7さん今晩は。
何事三度、なんて言っていましたけど、ここまで早い時期に樹氷が崩れてくるとは思わなかったですね。おそらく風上側から見るとちゃんとした樹氷が残っていると思いますので、早めに行った方がいいかもしれませんね。
>明日という字は明るい日と書くのね。全てポジティブに考えましょう(笑)
SONE
2011/02/25 21:03
うぁぁ樹氷は終わってしまったのですか?!(涙)明日見に行こうかと思っていたら・・。
soneさんのビデオ、楽しいですねつーか楽しみにしてますね。やってみたいなぁとは思いますが、マメじゃないからな。。
加ト幹事長
2011/02/26 10:17
加ト幹事長さん今晩は。
あくまで風下側から見て樹氷が落ちてしまったみたいで、風上側なら充分樹氷は見られると思います(笑) 敢えて舞台裏は見ない様にしておくとか・・・
動画を始めると益々登山工程が遅くなってしまいますね。楽しんで頂けると嬉しいですが、素人撮影&編集なのでお恥ずかしい出来です(苦笑)
特にBCの滑りシーンだけでも動画に記録しておくと、後で振り返ったときに楽しいですよ。
SONE
2011/02/26 17:12
私も蔵王烏帽子に登ったことがあります              私、今小5なんです 今年登ったけど きつったです
あゆゆ
2011/11/19 16:49
あゆゆちゃん、コメントありがとうございます。
今年後烏帽子岳登ったのですかぁ。偉いですねー
きつかったでしょうけど、いい思い出になったでしょうね
SONE
2011/11/19 22:29
昨日クーさんに連れられて登って来ました。
真冬ならこんなに歩きやすそうなのですね。
枝を踏み越え、かいくぐり、赤符を見つけられなくて慌てたり。
でもお天気で素晴らしい登山を経験出来ました。
ゴンドラから上のゲレンデを登るのも、下るのも大変でしたよ。
スキーで楽しそうに滑る最後。見ていてこちらも痛快に成りました。
山の名前、クーさんに教えて頂いたので良く解りましたが屏風が圧巻ですねェー。
頂上の様子も大違い。雪が一杯積もって地面から高く立っているのですね。
koyo
2012/05/14 15:29
koyoさん今晩は。
クーさんの動画拝見しました。
一番上のリフトは運休していて、あの急坂を登るの大変だったでしょうね。
オオシラビソが林立している森の歩きはルートを失いがちですね。
今の時期は枝が邪魔で登り難いの、よーく分かります。
それにしても素晴らしい天気で、登った甲斐がありましたね。
山頂から見る屏風岳の姿は宮城県でも有数の風景ですね。
この山頂は晴れた日なら冬場でも楽しいですよ。
SONE
2012/05/14 19:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2011.2.24 後烏帽子岳(宮城・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる