東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.4.24 青麻山(宮城・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2011/04/25 19:53   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

午後から時間が出来たので久しぶりに青麻山に登ってきた。
アプローチの県道は至る所で道路の陥没が見られ、片側通行で走行し難い状態であった。

【 4╱24 青麻山(700m) 宮城・蔵王連峰 】
下別当コース登山口〜お花畑〜露石〜青麻山〜無線中継所コース経由:大日岩〜藪漕ぎで下別当コース合流〜下別当コース登山口

蔵王連峰の刈田嶺は過去に何度も噴火活動を起こしてきたが、蔵王連峰の前山に当たる青麻山は刈田嶺を遥拝する山として大刈田山と呼ばれた時代がある。
以前は東北百名山にも選定されていて登山者に人気が高い山である。
しかし山頂から至近距離の蔵王連峰の展望が、梢に遮られて見えないのが残念である。

村田町から蔵王町に抜け『みんな野』に立ち寄り新鮮な産直野菜を購入する。
そこから円田地区を南下するが、道路の陥没が多くて片側通行になっている部分が多かった。
更に松川橋を渡って、パチンコ店のところを右折して曲竹地区に入るが、ここの車道は震災の影響が酷く、陥没によって完全に片側しか通行できない状態になっていた。

下別当地区の左手に小高い丘があり一寸した桜の名所となっている。
立ち寄ってみると、丘の南側は墓地だったが、倒壊した墓石が多く殺伐とした感じになっていた。
石碑なども倒れて、ちょうど重機が入り修復作業を行っている最中で満開の桜を見物する気持ちになれなかった。

桜の丘の入口に咲いていたしだれ桜をバックに青麻山を望む。
画像


小森山地区から直線的に林道を登って行くが、この道は震災の影響もなく走行可能であった。
登山口に着くと下山してきたと思われる単独の登山者が帰り仕度をしていた。

林道終点が登山口となるが、杉の間伐が最近行われたらしく、キャタピラ跡で泥道となった作業道を登る。
画像


ドロドロの道をうんざりしながら登っていくと、杉林を抜けた所でやっと正規の登山道になった。
涸沢に開けたこの場所はニリンソウの大群生地となっているが、今の時期はやっと咲き始めであった。
画像


今はカタクリがちょうど見ごろだったが、日本海側の素晴らしいカタクリ群落を見てきた目には感度は薄い。
画像


沢状から大きく右カーブして尾根に出る。タチツボスミレの他にエイザンスミレも咲いていた。
途中で脆い露石の所を通る。この場所から山頂が望める。
画像


そして南東側のみ展望が開けて、白石市街地が一望できた。
画像


キブシやクロモジも沢山見かけた。
画像


上部に登ったところで右手の急斜面を見ると、岩場が崩壊して小規模な崖崩れが起きていた。
余震が未だに収まらない状況を考えると、余震が落ち着きまでは沢筋などの登山道は通らないほうが身のためだと思う。

僅かに残雪の残る頂稜に出ると冷たい西風が襲ってくる。
以前は山頂北側に通信反射板があった記憶があるが、いつの間にか無くなっていた。
画像


そして誰もいない山頂に到着。東側の展望だけが開ける山頂だ。
太平洋の望めるが、海岸線を目を凝らして見ると、津波により松の防砂林が無くなって白波が見えるところが多かった。先週登った船岡城址が良く見える。
画像


山頂にて記念写真を撮ったあと、東側の風が吹き抜けない場所でマスさんお手製のチーズケーキを食べる。
画像


帰りはメインコースの無線中継所コースを下る。
道が折り返すところにある露岩が大日岩だ。南蔵王に雲がかかってしまい、お目当ての展望は拝めなかった。
画像


そして青麻山ファミリーの一山:遠森山。背後に薄く白石市街地。その奥には霊山も見えた。
画像


滑り易い急斜面を斜降して、顕著な尾根に出たところで斜め左手の斜面を薮漕ぎで下る。
尾根筋には古い境界見出標が何カ所もある。
途中で二度ほど分かり難い分岐を左折して更に下ると、往路で歩いた下別当コースに合流する。
何回も歩いている独自の周回コースだ。

再びドロドロのブル道を下って車に戻った。
短い時間だったが、いい運動と気晴らしができた山であった。



動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
下別当コースのお花畑が気になっていました。
これから花盛りでしょうね。
顕著な尾根に出たところで斜め左手の斜面を薮漕ぎね。
あれっ、ルート図は(^o^)
マロ7
2011/04/25 20:24
マロ7さん今晩は。
下別当コースのニリンソウはGW期間中に見頃となると思いますよ。
今回は慣れた山でしたのでGPSは持参しなかったのです。
GPSで杉林を抜けたところでウェイポイントを打って、帰路はそれを目標にすると間違えずに戻れますよ。危険個所はない良いコースです。
SONE
2011/04/25 21:33
こちらも花盛りですね。
GWは花を見に登ってきますよ。
morino
2011/04/26 20:31
morinoさん今晩は。
ニリンソウの花は少しだけ早かったみたいです。
GW頃ならまだまだカタクリの花が咲く山は沢山ありますね。
SONE
2011/04/26 20:52
こんばんは。
やはり白根葵やめられません。
癒し系は似合わないですね。
宜しくお願いします。
siraneaoi2.exblog.jp
↑はじかれたのでここに。
あね
2011/04/28 19:40
あねさん今晩は。
癒し系のブログもなかなか良かったのですが、やはりあねさんのブログって感じがしませんでしたよ(笑)
今度ブログにリンク貼っておきますね。
SONE
2011/04/28 21:31
「いい運動と気晴らし」・・・今私が欲していることです〜(^_^)

先日は縮小専用ありがとうございました。
とても簡単で驚きました。
ナカシィ
2011/05/02 15:49
ナカシィさん今晩は。
早く落ち着いた生活に戻れればいいですね。その時には山に行きましょうね。
縮小専用はフリーソフトの中では一番使いやすいと思います。
私もブログ写真の縮小に使っているんですよ。
SONE
2011/05/02 18:39
SONEさんこんばんわ。お住まいの地域は大雨の被害はありませんでしたか?こちらは大丈夫ですが。酷い風雨でしたね。
さて、連休もあと2日になりまして、明日はSONEさんから教えられました青麻山に繰り出します。
電波塔から登り、下山コースをどうするか迷っています。往路同じでは一寸物足りないのかな〜なだとと考えてます。
とむかの
2012/05/04 21:51
とむかのさん今晩は。
豪雨の被害はありませんでしたが、買い物しか行けない一日でしたよ。
青麻山は電波塔からのルートより、この記事の往路を往復した方が凄いお花畑を見られますよ。
電波塔往復は変化に乏しいルートです。
SONE
2012/05/04 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2011.4.24 青麻山(宮城・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる