東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.7.9 雄国沼から猫魔ヶ岳(福島・裏磐梯)

<<   作成日時 : 2011/07/11 17:20   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

梅雨前線に南から湿った空気が吹き込み、東北地方は局地的に雷雨が発生し易くなっている。
特に午後から雷雨に遭遇する可能性が高いとみて、午前中に簡単に登れる雄国沼に行ってみた。
ニッコウキスゲの花は終盤気味ではあったが、雄国沼湿原はオレンジ色の絨毯になっていた。

【 7╱9 雄国沼から猫魔ヶ岳(1404m) 福島・裏磐梯 】
雄子沢登山口〜雄国沼休憩舎〜雄国沼〜金沢峠〜林道分岐〜厩岳山分岐〜猫石〜猫魔ヶ岳〜猫石〜雄国沼北岸〜雄国沼休憩舎〜雄子沢登山口

梅雨末期を思わせる様に、連日にわか雨が降る日が続いている。
こんな日は無理しないで簡単なハイキング程度の山が望ましい。
今の気温と湿度の高さで雨具を着て歩いたら、身体の調子がおかしくなりそうである(苦笑)

今回は余りにベタな山のチョイスであるが、ニッコウキスゲ見物を目的に激混みが予想される雄国沼に出かけた。

朝6時ごろに雄子沢登山口の駐車場に到着。駐車場は既に7割ほど埋まっていた。
しかしこの時間だと登る人は稀で、静かな山歩きが楽しめる。

雄子沢川の左岸の高みを登る登山道は、ブナの二次林主体で原生林といった感じはしない。
沢音だけが響くが、時折小沢を渡るのみで、森の中の単調な登りが3.3km続く。
画像


木々が低木となり、道が平坦になるとログハウス風の雄国沼休憩舎は近い。この時間は空いている。
画像


休まずに雄国沼まで歩く。雄国沼はカルデラの底に出来た湖のため、盆地の中はほとんど風が通らない。
周囲が低木に囲まれた道は直射日光が当たって凄く暑い。

金谷峠から降りてきた道と合流し、その先で木道が始まると、そこからは雄国沼湿原となる。
一方通行で、半時計回りに湿原の一部を一周する。
東側には外輪山の最高峰:猫魔ヶ岳が見える。
画像


久しぶりに雄国沼を訪れたが、ここのニッコウキスゲの大群落は尾瀬の大江湿原とともに、東北を代表する景観だと感じる。
画像


画像


ニッコウクスゲの花は終盤を迎えており、これから咲く蕾はほとんど見られない状況であった。
画像


北側の外輪山:雄国山を見る。ニッコウキスゲが咲く前にはレンゲツツジで山腹が彩られる山だ。
画像


喜多方からのシャトルバスが到着する前の湿原散策であったので、静かにニッコウキスゲ見物が出来た。
画像


画像


南側の外輪山:古城ヶ峰方面を見る。ニッコウキスゲの群落は木道がある地点より遥か南側まで続いている。
この湿原は天然記念物に指定されている。
画像


ニッコウキスゲの花。木道からコンパクトデジカメで花のアップを撮影できるポイントは少ない。
画像


沼の水面上に作られた木道にて。小さな魚が泳いでいるのが見えた。
画像


水辺に近いところにはヒオウギアヤメの花が多い。
画像


その他にトキソウとサワランが沢山咲いていたが、一眼レフの望遠マクロじゃないと撮影は難しいみたいであった。

猫魔ヶ岳のシルエットが水面に映る。
未だに雷雲が湧き出していないので、猫魔ヶ岳まで足を伸ばしてみることにした。
画像


一旦金沢峠まで木段の整備された道を登る。
シャトルバスで到着した観光客の一群とすれ違う。大きなカメラと三脚を抱えた人が多い。

金沢峠の展望台で休憩。雄国沼が眼下に眺められる。スイカを食べてのんびりする。
画像



さて峠から猫魔ヶ岳に至るルートは二つある。
雄国沼休憩舎まで戻って沼東岸から猫石に至るルートと、西側の外輪山に沿った車道から林道に入り、厩岳山分岐を左折して猫石に至るルートである。
今回は歩いた事のない後者のルートを採ることにした。

涼しい微風が吹き抜ける外輪山の車道は歩き易かった。
西側には喜多方市が一望できる。
画像


猫魔ヶ岳の右奥には磐梯山が見えるが、積雲がもくもくとわき上がってきた。
画像


途中で車道と別れて、左手のゲートがある古い林道に入っていく。
余り歩く人は多くないと見えて、ところどころ薮がかかった所もあった。
ほぼ平坦で疲れない道だが、景色が見えるポイントはほとんどなく長く感じる。
画像


湿地状のところを抜けると、知らないうちに林道は終わり山道に入る。
最近刈り払いが行われたみたいで普通の登山道と言っても過言ではない。

左手に小沢の水音が聞こえていたのが、数m進むと聞こえなくなったので、「むむっ、これは水場かな?」と思い戻って見ると、地中からこんこんと湧き出る冷たい水場がそこにあった。
暑さで喉が渇いていたので、この冷水は喉が鳴るほど美味しかった。

水場からほんの僅かで厩岳山との分岐に出る。
左折して急な坂を一気に登ると猫石の東側に飛び出る。
猫石で休憩。爽やかな風が吹き抜けていた。かなり遠くなった雄国沼を眺める。
画像


雄国沼の南側に位置する古城ヶ峰。この中腹の林道を延々辿ってきた。
画像


南側から参拝用の登山道がある厩岳山。今回は山頂には立ち寄らなかった。
画像


猫石から東側に一旦下り、再び登り返すと猫魔ヶ岳の山頂に着く。
一等三角点は山頂標識が置かれた最高点のひとつ西側にあり、そこは展望は利かない。

トンボが飛び交う山頂で記念写真。
画像


人を襲う化け猫伝説が山名由来と言われる猫魔ヶ岳であるが、南北から山頂近くまでスキー場のリフトが登ってきている現状では、そんな伝説に想いをよせる事も出来ない。

猪苗代湖はかろうじて丸い全景を見せてくれた。
画像


北側には裏磐梯の桧原湖が俯瞰できる。
画像


山頂でコウタケご飯とどじょうの柳川を食べる。
当初は八方平に降りて、中の湯から磐梯高原に抜ける予定であったが、暑いし天気が悪くなってきたので止め。
雄国沼休憩舎に周回して雄子沢登山口に戻ることにした。

食事をしていると少しの間だけ磐梯山が顔を出してくれた。
画像


猫石から雄国沼北岸に至る道はブナ林が綺麗な道だ。
数本の小沢を渡って降りて行くと平坦になり、やがて沼の堤に出る。
花が多い西岸の湿原と比べると、明るい高原的な雰囲気のする場所だ。ここで休憩する。
画像


そこにはウツボグサが咲いていた。
画像


雄国沼休憩舎は人でごった返した状態で、人の群れを横目に見ながら通過する。
そこから雄子沢登山口までは何人のハイカーを抜き去ったか? 手ぶらで歩いている人が多いのも驚いた。

小沢の横にオニノヤガラの花があったのが唯一印象に残った。
画像


仙台までの帰路は一般道を走行した、飯坂のフルーツラインの出店は土曜日にも関わらず閉店している店が多かった。新聞によると原発の風評被害で店に立ち寄る客は例年の一割になってしまったとか…
途中の店で激安のプラムを購入した。
桑折町から国道4号に入るが、大型トラックがほとんど走っていないためスムーズに走行できた。
高速道路に沿った主要道は何処も空いていて走り易い状態が続いている。

GPSログです。
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
見事なニッコキスゲの群落です。
以前にニッコウキスゲを見ようと尾瀬に入ったときは冷害のため蕾がやられほとんど花を見ることが出来ませんでした。
今まで見た中ではここが一番満足できた所です。
やはり名所だけにシャトルバスで沢山入ってきたようですね。
この高さではやはり暑いですね。
ミニミニ放送局
2011/07/11 20:11
2年前に行った時には終わりがけでいくらも咲いていませんでした。
今年の花々は最高なんですね。
まさか、前にいるとはビックリ、マスさん「スモモ」ご馳走様でした。(^o^)
マロ7
2011/07/11 20:47
ミニミニ放送局さん今晩は。
尾瀬の浅湖湿原で見たニッコウキスゲの大群落の凄さに驚いた経験があるのですが、ミニミニ放送局さんが訪れたときは残念でしたね。
でも雄国沼も負けたもんじゃないですね。晴れているときに見れたので色が綺麗でした。
シャトルバスが一台到着すると、その度に観光客がじゃんじゃん降りてきますね。
東北でも気温が30度を越えると、1500m以下の標高の山はkじゃなり暑いです。
SONE
2011/07/11 21:01
本当にすごいニッコウキスゲですね。
圧倒されます。
ものすごい数の観光客が来ると聞いていたので敬遠していましたが、
こんなにすごい花を見せられると、一度は行かなければと思います。
morino
2011/07/11 21:46
マロ7さん今晩は。
ニッコウキスゲの盛りに合わせて訪れるのはかなり難しいでしょうね。
今年は花芽が多い年という情報を得て、慌てて出かけましたよ。
村田の交差点でまさかマロ7さんが後に並んでいたとは思いませんでしたよ
SONE
2011/07/11 23:04
morinoさん今晩は。
あの木道に数珠つなぎで人が並んでいると、折角のニッコウキスゲも下無しに感じてしまうでしょうね。シャトルバスが到着する前に現地を散策するのが良かったです。
話しの種に一度は行ってみてください。期待は裏切らないと思いますよ。
SONE
2011/07/11 23:07
良いところですね〜。
ニッコウキスゲの群落とてもとてもキレイです!
別の世界のようです。
ナカシィ
2011/07/12 20:41
行こう行こうと思っているうちに今年も行かずじまいでした。
雄沢Pは激込みが確実なので、6時で7割ではきびしいですね。
みどぽん
2011/07/12 21:36
ナカシィさん今晩は。
観光地的なエリアですが、朝早い時間に訪れると天国を思わせる光景に出合えましたよ。
山屋としては猫魔ヶ岳をセットにしないと物足りないですね(笑)
SONE
2011/07/12 22:37
みどぽんさん今晩は。
今年は仕事がお忙しいので、なかなか山に足を向けることが難しいのでしょうね。
来年は是非行ってみて下さい。でも早起きして駐車場に着くのが必須ですよ。
SONE
2011/07/12 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011.7.9 雄国沼から猫魔ヶ岳(福島・裏磐梯) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる