東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.7.10 姥ヶ岳(山形・月山)

<<   作成日時 : 2011/07/11 20:49   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 16

何時もは7月1日の山開き前に訪れている月山。
しかし現在の酷暑の状態は異常で、残雪がある涼しい山を目指そう! と言う事で、ついでにキヌガサソウを見たくなり、玄海広場〜装束場経由で月山を目指した。

【 7╱10 姥ヶ岳(1670m) 山形・月山 】
玄海広場〜装束場〜金姥〜姥ヶ岳〜リフト上駅分岐〜牛首下分岐〜雄宝清水〜姥沢小屋〜玄海広場分岐〜大門海〜周海沼〜玄海広場

昨年の6月25日に同コースから月山に登っている。
ハクサンイチゲの花が見ごろで最高の登山であった。
前回は単独行だったが、今回はマスさんも一緒。マスさんは山頂一帯に咲くクロユリを見た事がないらしい。
キヌガサソウと合わせてクロユリ見物もする予定であった。しかし……

玄海広場前のネイチャーセンターを午前8時過ぎに出発。昨晩の山形は雨だったらしく、空気が湿っている。
画像


石跳川沿いの石畳の道にはヤグルマソウが沢山咲いていた。
画像


日陰は結構涼しいが、日が差し込むところは半端じゃなく暑い。
大門海分岐を過ぎてから左手に湯殿山東面を眺めながらの登高となる。
画像


乾いた場所にはノウゴウイチゴの花が咲いている。
画像


雪渓に出た。冷たい風が吹き抜けて思わず立ち止まる。
雪面には大きなスプーンカットが出来て歩き易い。
画像


もっと長く雪の上を歩きたい衝動に駆られるが、この雪渓歩きは長くない。
北の方を見上げると嫌らしい雲が湧きあがってきていた。
画像


石跳川沿いに登るこのコースは、湯殿山の東面の雄大な眺めを満喫できるところが素晴らしい。
画像


源流が近づき、渓相も穏やかになってきた。
画像


二股近くの湧水の水場で休憩。マスさんがサンショウウオを見つけた。
画像


嫌らしい雪渓トラバースを避けて、雪渓の下の沢筋を通過する。雪の下はこんな感じ。
画像


沢から離れると唐突に小さな湿原が現れる。背後は湯殿山。山頂に雲がかかり始めた。
画像


小さな小屋とトイレがある装束場に到着。
湯殿山への道へ少し踏み込むと、品倉山と湯殿山神社が望める。
画像


その付近に咲いていたハクサンフウロ。
画像


金姥方面は雲がかかって見えなくなった。
タケノコ採りの連中がガサゴソと周辺の笹藪を漕いでいる。
画像


装束場の小屋前でスイカを食べて休憩していると、湯殿山参りの人々が先達に連れられて大勢降りてきた。
それを合図に我々も金姥方面に登り始める。
沢の傍にお目当てのキヌガサソウが咲いていた。
画像


画像


近くにはベニバナイチゴも。
画像


仙人沢側の斜面に移る前の雪渓の下に着いたとき、雷が鳴って雨が降り始める。
防水デジカメではないので、カメラもザックの中に仕舞い込み、雨具を着て登り始めた。
金姥に近づくとミヤマキンポウゲが道の脇に沢山咲いているが、写真を撮れる状態ではなかった。

心配した雷は一回鳴ったきり遠のいた。しかし月山山頂を目指しても面白みが無いので、姥ヶ岳経由で下山することにした。
金姥周辺はヒナウスユキソウが見頃を迎えていた。
画像


ヨツバシオガマも綺麗に咲いている。三脚を出してじっくり動画が撮影できず、手持ちで素早く撮影するのみであった。
画像


雨が小ぶりなった頃に姥ヶ岳に到着。
周辺のニッコウキスゲは来週当たりが見頃か。
画像


余りにも腹が減ったので、誰もいない姥ヶ岳山頂のベンチに腰掛けて昼食にした。
マスさんお手製のキッシュとドライカレーである。
画像


山頂一帯はかなりな量の高山植物が見頃であったが、雨と風とガスでぼやっとしか見えない。
ウサギギクはガスの中でも鮮やかに浮き出して見えていた。
画像


姥ヶ岳湿原の木道の傍に咲いていたチングルマ。
画像


月山スキー場脇の急な雪田を下ると、リフト上駅への分岐に出る。
リフトは使わないので左折して牛首下の分岐に向かう。この間は結構距離がある。
降ったり止んだりを繰り返す雨の中、滑り易い木道を下って行くとガスの下に出た。
画像


途中でノウサギに出合ったりしながらドンドン下ると、日が差し込んできて猛烈に暑くなってきた。
雄宝清水の手前で堪らず雨具を脱ぐ。そこから見上げた月山南尾根。
画像


姥沢の車道に出て、最初の建物の手前を右折するのが玄海広場に下るルート。
昨年の秋に初めて歩いたが、姥沢〜周海沼のスキールートの少し西側に付けられた登山ルートである。
でも木の階段が延々と続き、歩いて楽しいルートとは言い難い。
急坂を下りきると大門海と呼ばれる、森に囲まれた小さな沼に出る。陰気な感じの沼だ。
画像


そこから僅かな距離で周海沼に着く。
野鳥観察小屋があり、水鳥の観察が楽しめるみたいだ。
画像


周海沼はブナの森に囲まれ、鳥の声が響く静寂の空間であった。
画像


ここから石跳川に降りずに、尾根沿いの遊歩道をネイチャーセンターのすぐ前に降りる。
この時点では姥ヶ岳は雨上がりの澄んだ空気の中にはっきりと見えていた。
結局キヌガサソウに会いに行っただけの山行になってしまった。


動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
オッ、キヌガサソウが咲きましたか。
この時期の月山は沢山の花があって素晴らしいですね。
来週行く予定ですよ。
morino
2011/07/11 21:52
ヽ(^o^)丿キャーッ!!
やっぱりSONEさんとマスさんだったのですね。
姥ヶ岳を下り、リフト上駅に行かず左折し少し下った所ですれ違いました!!
私は山仲間3人と一緒に山頂からリフト駅に向かっているところでした。
一瞬だけ見たお顔に見覚えが・・振り返り後姿を見たら・・見覚えのある歩き方(いつもブログで歩く姿を見ているので)
マスさんもカッパ姿だったし、帽子も被ってなくて、髪がロングのイメージなんだけどショートだったし・・人違いかな??
あ〜ぁ残念です!!
こんな機会、滅多にないのに・・惜しかった!
今度いつかお会いできたら絶対躊躇わずに声を掛けたいと思います(^_-)-☆
しかし残念だったな。
tami
2011/07/11 22:27
morinoさん今晩は。
キヌガサソウも今が見ごろで、微妙に白から緑がかった花弁になっていましたよ。
梅雨も開けたので、来週の月山は夏山本番。花も素晴らしいと思いますよ。
SONE
2011/07/11 23:10
tamiさん今晩は。
お一人の方がすれ違い様に「あっ」と声をだしておられましたが、もしかしたらそれがtami
さんだったのでしょうか。
あの後、何十人の方々と牛首下まですれ違ったので、印象が全くなくてすいません。
お声掛けして頂ければ、少しはお話しができたでしょうね。
余りメジャーな山には行かない場合が多いですが、この日は暑さから逃げ出したくて月山を選んでしまいました。何時かまたお会いできるといいですね。
SONE
2011/07/11 23:15
おっ、連ちゃんでしたね。
キヌちゃんに会いたくてネ。
八幡平で10m先に見ましたが、今度は間近に見られそう。(^o^)
maro7
2011/07/12 07:10
マロ7さんおはようございます。
来週に行かれるのですか。梅雨が明けて最高の天気になりそうな予感がしますね。
雨の天気でしたがキヌガサソウに会えただけでも良かったです。
焼石の焼石沼手前にも大群落がありますよ。
SONE
2011/07/12 07:21
ご無沙汰してます^^
東北の山のすばらしさ!!
このブログで全国の人々に伝えて下さい^^応援してます!!
また良かったら遊びに来てくださいね^^
mamoru
2011/07/12 19:36
mamoruさん今晩は。
東日本大震災と原発災害で東北地方への集客が減っているそうですね。
阿武隈以外の山は何時のも年と変わらずに、今年も綺麗な花が沢山咲いています。
もっと東北の山に全国の皆さんが眼を向けて欲しいものですね。
応援ありがとうございます。
SONE
2011/07/12 22:33
お会いできず残念でした。
姥ケ岳12時過ぎ頃でしょうか・・その頃頂上で
昼食してました・・あの下の分岐から清水コ−ス
通過ですね・・今回のSONEさん達のコ−スは余り登らない
コ−スでしょうね・・人と出会わず静かで
いいですね・・団体さんがかなり登っていて
こちらは渋滞してました。・又の出会いたのしみにしてます・
ク〜
2011/07/13 07:25
 この酷暑で、避暑がてら私達も似た所へ行っていました。SONEさんのルートも静かで面白そうですね、いつか歩いてみたいです。
 月山は花と雪が多くて、一泊で充分に涼めましたが・・・賑やかなルートはそれなりに賑やか過ぎるリスクもありますね(笑)。でも講の皆さんやほら貝の音とか、修験の山らしい雰囲気も味わえて、パワースポットで元気をつけたかも?。
テントミータカ@今週は夜勤務
2011/07/13 10:45
ク〜さん今晩は。
まさか同じ山中にいるとは夢にも思いませんでした。
晴れていたら間違いなく山頂を目指していたので、その場合にはお会いできたでしょうね。
残念です! 
石跳川から装束場を経て金姥までは、登りはキツイですが、沢筋の涼しく静かなコースですよ。秋の紅葉も見事なんです。
SONE
2011/07/13 17:51
テントミータカさん今晩は。
これまたニアミスだったですね。羽黒口8合目からでしたか。
酷暑を避けての登山となると、皆考えることは一緒みたいですね(笑)
ほら貝を吹いている講の方々が湯殿山に下っていましたよ。
白装束で雨具も着ないで濡れて降りてきた一群もいました。月山ならではの光景ですね。
今回のルートはお勧めです。リフト〜山頂間は混雑しますが、それ以外のところは静かな山が楽しめますよ。
SONE
2011/07/13 17:56
はい〜数日後ニッコウキスゲがいっぱいでした(^_^)
ちょうど金姥から装束場までの草刈り中でしたので
SONEさんが行かれたころは道が隠れていたのでは・・・
いつもマスさんのお料理がおいしそうです♪
ナカシィ
2011/07/19 15:03
ナカシィさん今晩は。
やはり一週間後にニッコウキスゲが見頃だったのですね。
装束場からの登りはそんなに薮は無かったですよ。
逆にミヤマキンポウゲが沢山咲いていました。
たまたま姥ヶ岳の山頂で雨が止んだのでお弁当を食べることができました。
美味しかったですよー。
SONE
2011/07/19 21:52
お久しぶりです。18日に半分だけ歩いて来ましたが、この程度でキンニクツーが出ています。いやはや。
今年後半の山歩きもずっとこんな感じかもしれません。いやはや。

みいら
2011/07/21 10:55
みいらさんこんにちは。
いやはや…例の山行、大丈夫ですか(笑)
天気に恵まれて最高だったみたいですね。
SONE
2011/07/21 13:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011.7.10 姥ヶ岳(山形・月山) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる