東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.7.17 岩手山(岩手県・岩手山)

<<   作成日時 : 2011/07/21 00:20   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 18

以前からマスさんが登りたいと言っていた岩手山を目指した。
麓から登るコースでは暑さに参ってしまうので、網張温泉スキー場のリフトを利用して、標高の高い場所から歩き始めた。7月のこの時期に登るのは初めてだったが、岩手山は見かけに寄らず花の名山だと感じた。

【 7╱17 岩手山(2038m) 岩手県・岩手山 】
網張温泉スキー場ゲレンデトップ〜犬倉山分岐〜水場〜姥倉山分岐〜黒倉山〜切通し〜鬼ガ城〜不動平〜お鉢〜岩手山(薬師岳)〜鬼ガ城〜千俵岩〜お花畑〜大地獄谷〜切通し〜黒倉山分岐〜姥倉山分岐〜水場〜犬倉山分岐〜網張温泉スキー場ゲレンデトップ〜

震災被災者及び大型車両の高速道無料の影響で、東北道の交通量は多かった。
今回も一台の車が事故を起こしていて、片側通行になった部分があった。
高速被災者無料の処置後の東北道は事故が多発しているらしい。
滅多に高速道を走行しないのろのろ運転の車両と、150km以上のスピードで爆走する車両が混在して走っているのだから、そりゃ事故が多発して当たり前の状態だと言える。

網張温泉スキー場のでかい駐車場には既に多くの登山者の車が駐車していた。
ネットで朝7時のリフト運転開始と調べていたが、どうもこの日は特定日扱いで午前6時から運転し始めたらしい。
ペアリフト3基を乗り継いでゲレンデトップに着く。この間30分。値段は往復で1300円とリーズナブルな設定だ。

木段を登って展望台に着く。網張元湯の荒涼とした火山地形が眼下に見える。
硫化水素のツンッとした臭いが上がってくる。

この頃から西側から雲が去来して八幡平の山々は姿を隠してしまった。
秋田駒ヶ岳も見えないので、展望の良い犬倉山には立ち寄らないで巻き道を行く。
下部の水場は枯れていたのか? 水音は一切聞こえなかった。

オオシラビソの黒木の森を暫く進む。
姥倉山分岐までの登りは嫌らしい木段の連続だ。
草原に出ると東側に岩手山と鬼ガ城の雄姿が見えるのだが、岩手山山頂には雲が纏わりついていた。

姥倉山分岐の東側の岩場のところで休憩する。
大深岳と源太ヶ岳、下倉山の尾根が良く見える。
画像


休んでいる最中に岩手山:薬師岳山頂の雲が飛んで、その全貌が顔を出した。
この方向から見る岩手山は鳥海山を思わせる山容をしている。
画像


北東方面には七時雨山が遠望できる。暫くぶりに再訪したいものだ。
画像


八幡平の茶臼岳を背景にヨツバシオガマ。北側の風衝地はちょっとしたお花畑になっていた。
画像


黒倉山の登りから姥倉山と、その奥に三ツ石山を振り返る。八幡平の山頂はこの日は見えなかった。
画像


以前は火山活動の噴気が激しくて登れなかった黒倉山であるが、ようやく山頂を踏めた。
ここから見上げる薬師岳と左に屏風尾根、右に鬼ガ城の爆裂火口壁の様相は迫力満点である。
画像


黒倉山から大きく下って巻き道と合流する。切通しと呼ばれる分岐では多くの登山者が休んでいた。
直進して鬼ガ城尾根へ。展望が開けた場所からは目指す乱喰い歯状の岩場の連なりが確認できる。
画像


7月に岩手山に登ったのは初めてであったが、岩場の基部や草原の至る所にムシトリスミレが咲いていて驚いてしまった。これほどの数を見たのは初めてかも…
画像


前日に笙ヶ岳でニッコウキスゲの大群落を見てしまっているので新鮮味はないが、ここ岩手山にも沢の源頭付近には多く咲いていた。チングルマもあちこちに見られた。
画像


大好きな花の一つオノエランも沢山咲いている。
画像


この様な岩場を何度も越えて鬼ガ城は続く。岩場の右手のマスさんが登っているのが分かるだろうか。
画像


ところどころで左側が絶壁になっていて、風の強い日に歩くのは注意が必要だ。
岩場の下を覗き込むと吸い込まれそうに感じる絶壁もある。
岩場の切れ目から火口湖である御苗代湖が望めた。
画像


直射日光に照らされて暑さに辟易してしまう。目指す薬師岳はなかなか近づいてこない。
画像


正面の赤茶けた尾根が御神坂コースのある尾根。下っているパーティも見えた。
画像


岩礫の荒涼とした地面に生えるミヤマスミレの花も残っていた。
画像


ここが鬼ガ城の核心部の岩場。チムニー状の岩場を登るが、見た目ほど難しくはない。
画像


右手にコマクサの生えた砂礫地を見ながら登ると鬼ガ城の最高点に出る。
御神坂コースを右に見送って左折すると不動平は指呼の距離。
北斜面はエゾツツジの群生地になっており、艶やかなピンクの花が目立っていた。
画像


沢山の登山者が休憩している9合目不動平。流石に百名山で人気の岩手山だ。
画像


不動平ではヤマオダマキとミヤマキンバイ、そして写真のベニバナイチヤクソウが咲いていた。
画像


岩礫でザラザラとして足場の悪い斜面を登りきるとお鉢に出る。
今回は半時計回りでお鉢を回る。最高峰の薬師岳はもうすぐだ。
画像


妙高山の基部にある神社にお参りして、そこで昼食をとる。マスさんお手製のカレーとご飯が美味しかった。

休憩している傍にはイワギキョウが咲いている。
画像


今回改めて目を見張ったのは岩手山のコマクサの多さ。
焼走り上部のコマクサの大群生地は有名であるが、お鉢の両側に咲くコマクサの量は半端じゃない。
蔵王では有難く見せて頂く存在の高山植物であるが、岩手山に比べたら蔵王は猫の額ほどの場所と思える。
黒い溶岩の上に目地の届く限り咲いているのは恐らく日本一ではないであろうか。
画像


鳥海山ではお馴染みのイワブクロ。お鉢の火口原に中に咲いていたが、咲き始めだった。
画像


八幡平市方面を俯瞰する。目眩がするほどの高度感で下界が見える。
画像


沢山の人が休憩している岩手山山頂に到着。落ち着かない場所なので、写真を一枚撮ってすぐに下山した。
画像


三十三観音が立ち並ぶお鉢を辿って不動平に戻る。
画像


不動平から西にお花畑を目指す。
下り始めの左手にある千俵岩は不思議な岩で、正面からは石垣に見えるが、少し下って振り返ると塀に見える。

鬼ガ城上部の岩場は鬼の角を思わせる形状をして、思わず写真に撮ってしまった。
画像


ここから火口原に当たるお花畑までは黒木の急坂をひたすら下る。
時折垣間見える鬼ガ城の岩壁の景色が慰めとなる。

モミジカラマツの咲く林床を抜けると、突然木道のあるお花畑に飛び出す。
ここで休憩。途中で薬師岳の雲が切れて慌てて写真を撮った。
画像


過去に幾つかの登攀ルートが存在したと言われる鬼ガ城の岩壁を見上げる。
画像


その後は大地獄谷に沿った道を暫く下る。
ここも噴気の勢いはほとんど無くなった。
火山性ガスで枯れた木々が痛々しい黒倉山が正面に見える。
画像


イソツツジが咲く荒涼とした火山地形を抜けて、少し登り返すと切通しに出る。
ここから黒倉山の巻き道を通過して、往路を戻った。
30分下山リフトに座っていると、足がしびれた様な感覚になってしまった。
しかし予想外に花を楽しめて、岩手山を見なおした山行となった。

帰路の東北道。滝沢IC〜盛岡IC間が事故で通行止めとなり、一般道を迂回した大渋滞にはまる。
夏場の今の時期からこんなに事故が続いているのでは、積雪がある冬期には恐ろしくて東北道は走行する気にならないなぁ〜。


動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしく見せてもらってました。
ここのコマクサは大きくて綺麗ですね・
岩手山はク〜は噴火前噴火後二度ほど登ってますが・
三度目で犬連れはダメとリフトの管理人の親父
とやりあって一時間近くやりましたが
リフトに乗せられず結局車に置いて(この暑い時期の事)
若い方の監視人さんが
気の毒がって面倒みますから登ってきてください
と言ってくれて車に残しました。やはり熱い日でした・
山の上でも30度弱ありますね・又
切通しである方が熱中症で倒れてたの・へり要請して
救助するのに3時間もかかって・こちらは
下山したのが夜の9時・仙台に戻ったのが
夜明けの4時でした。
ク〜も十数時間黙って歩いてました・
この前鞍掛山から眺望とて楽しみました・
連山お疲れ様でした。お天気に恵まれてよかったですね
花達も咲き誇って楽しまれましたね・
ク〜
2011/07/21 05:23
ク〜さんおはようございます。
岩手山のコマクサの数は考えられないほど多かったです。
最近、国立公園内での犬連れ登山は禁止扱いになっている場所が多いですね。
でもHPに記載されておらず、現地に行ってから押し問答になるケースが多いみたいです。
現地の管理人の好き嫌いで対応が違ってくるのは問題でしょうね。
今回も下りで体力の限界に近いような高齢の男性がいましたよ。
しかし実際に倒れている人がいたなら、ほっては置けないので救助要請せざるを得ないですね。
下山が夜9時とは大変でしたね。
連休の2日間は天気に恵まれて、そして沢山の花を見て楽しかったです。
下山後の高速の通行止めだけは余計でしたけど…
SONE
2011/07/21 08:55
岩手山に登った友人がここのコマクサはどこよりも見事だったと言っていました。
夏の時期は木陰もなく暑くて大変そうですが一度は登ってみたい山です。
写真もビデオも臨場感たっぷりで楽しく見せていただきました。
普通の人はイオウの匂いと言いますがSONEさんは正しく硫化水素の匂いと言っています。
花の名前も間違いがなく山のことを良くご存知です。
動画が綺麗ですね。1080Pでは止まってしまいますが720Pだと綺麗に見られました。
ミニミニ放送局
2011/07/21 14:23
ミニミニ放送局さん今晩は。
今まで岩手山には6月と8月にしか登っていなかったのですが、山頂のお鉢周りのコマクサの群落は半端じゃなかったですよ。
8合目の小屋を利用すると楽に登れる山ですので、是非登ってみてください。
ビデオは岩場のヤセ尾根が多いので撮影が難しかったです。
動画のエンコードで、なかなか通信速度と見あう設定が難しいくて、現在も苦慮しております。
光接続ではないので重過ぎる動画をアップロードすると失敗してしまうんですよ。
動画に限らず映像の世界は奥が深いですね。
SONE
2011/07/21 18:02
岩手山のこのコースは焼け走りよりも大好きなところです。
網張りは一番のリフトに乗らないと帰りがきついですね。
鬼ヶ城はよくも似ているもんだと思いましたよ。
いつか8合目に泊まりたいです。(^o^)
マロ7
2011/07/21 21:32
マロ7さん今晩は。
表側から登るより西側から登ったほうが変化に富んでいて飽きないですね。
帰りのリフトの時間に間に合わないと思う高齢者のパーティがいました。
鬼ガ面と鬼ガ城、我ながら似たような所を登っていますね。
SONE
2011/07/21 22:12
アリャリャ、もう10年ぐらい岩手山登っていませんよ。
こりや登らなくちゃ。
morino
2011/07/21 23:10
morinoさん今晩は。
黒倉山の噴煙が落ち着いて、西岩手の山々もやっと安心して登れるようになりましたね。
また行きたい山が増えてしまいましたね(笑)
SONE
2011/07/21 23:15
二年前の8月4〜5日に総勢5名で同じコースを辿りましたが、暑さの為か背中の荷が重すぎたのか?何故か?行きも帰りも8時間を要しました。快適な尾根歩きと侮っていたからでしょうか、いや〜ホントに参った記憶があります。やっぱり歳のせいかもしれませんね。それにしても日帰りで行って来られたなんて信じられませ〜、、
civil_e
2011/07/22 12:53
civil_eさん今晩は。
行きも帰りも8時間って往復16時間ってことですかぁ。
それでは帰りは暗くなってしまい、リフトは動いていなかったですよね。
それは大変な山行となってしまいましたね。
朝7時半にリフト乗って、下ってきたのは午後4時半でした。
動画撮影しながらの、ゆっくりペースでしたよ。
SONE
2011/07/22 18:10
リフトコース、お二人でも9時間!御神坂と変わりませんね、そんなに長いんですか、びっくりです。
土日は、鳥海山と岩手山、豪華な花の山旅だったのですね。
御鉢巡りの高度感は結構ありますよね。昔同行した方が、あの広いお鉢の稜線を歩けなくなったことがありました。人間の感覚は不思議なものだなあと思いました。
k4
2011/07/22 19:56
k4さん今晩は。
最近は動画をじっくり撮影しながら歩いているので、ほぼコースタイムで歩きましたよ。
これだけ酷暑の時期だと、避暑を兼ねて行く山は限られてしまいますね。
人が多いのは難点ですが、必然的に花の山旅になってしまいます。
お鉢は最初に歩いた時に高度感の凄さに驚いた記憶が鮮明に残っています。
一度怖いと思うと、高所恐怖症の方は動けなくなってしまうそうですね。
私的にはお鉢から焼走りまでのスキー滑降が課題と思っています。
SONE
2011/07/22 22:13
昨日、別の山の予定で出掛けたのですが、道中からの岩手山を見てコマクサを思い出し急遽変更!・・・ってことで、この時期初めて焼走りから山頂往復してきました。
結局、予報通りに一日中涼しくて至極快適♪・・・そして秋田駒でサッパリ見られなかった分、第一噴出口からのコマクサの大群落も大当たりでお見事でした!ここは日本一で間違い無いですね!!
superdioaf27
2011/07/23 17:51
superdioaf27さん今晩は。
岩手山に行ってきましたか。最近驚くほどのペースで山に行かれていますね。
昨日みたいに涼しければ焼走りからでも快適に登れるでしょうね。
大雪山を日本一と称する方もいますが、見た事ないので何とも言えないですが、岩手山の群落の面積は半端じゃないですよね。
SONE
2011/07/23 18:15
SONEさん、こんにちは!
スイスから昨日帰国して皆様のブログチェックしています。
岩手山を歩かれたんですね。
岩手山はどのコースを歩いても私は息絶え絶えですが
特に夏場はきつい山だと感じます。
リフトを利用してのコースもロングコースなので
疲れますが、変化があって楽しいですよね。
私は鬼ヶ城から眺める周囲の景観が好きで、このコースを歩きたくなります。
何度も登っているコースですが、記事で新たな発見が沢山ありました♪
秋になったら歩いてみようかな。
桜子
2011/07/28 09:48
桜子さん今晩は。
スイスに行かれていたのですかー。それは凄い! 貴ブログを覗いてみますね。
マスさんの以前からのリクエストで岩手山に登りました。
確かに何処から登っても厳しい山ですよね。
やはり何回か登ってみて鬼ヶ城コースが一番だと思っています。
この日もリフト運転開始から多くの登山者が登っていたみたいですよ。
ところで貴ブログをリンクしました。
SONE
2011/07/28 17:21
リンクありがとうございます!
マッターホルンやモンブランに登って来ました!
ナンテ真っ赤な嘘ですが(当たり前^^)
SONEさんならきっと登れると思います!
マッターホルンなどは体力は勿論ですが
登山スキルが獲得されていない人は
登る事が許可されない山だとガイドさんが説明していました。
接写が可能なコンデジを二日目に紛失したので
高山植物など撮影したものが記事に載せられないのが残念です(泣

麓を歩くだけでも山好きにはたまらない場所だと思いました。
お勧めの場所ですので、お暇が出来たらぜひ一度いらしてみて下さい^^♪
桜子
2011/07/28 19:04
桜子さん今晩は。
ヨーロッパアルプスのアルプをトレッキングして、沢山の花々を見てみたいものです。
岩山にも興味がありますが、それが夢ですね。桜子さんが羨ましいですよ。
コンデジ失くされてしまったのですか。折角の記念でしたのに残念なことをしましたね。
SONE
2011/07/28 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011.7.17 岩手山(岩手県・岩手山) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる