東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.9.7 北泉ヶ岳から大倉山(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2011/09/09 07:02   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

先週は不発に終わったキノコ狩り。宮城県内のキノコの発生具合が気になっていて、空いた時間を見つけて桑沼周辺にキノコ探索に出かけた。しかし少し森の中に入ってみるもキノコは見つからず、登山に切り替えて北泉ヶ岳から大倉山を周回してきた。

【 9/7 北泉ヶ岳(1253m)から大倉山(934m) 宮城・船形連峰 】
桑沼駐車場〜桑沼〜(少しの時間キノコ捜索)〜崩壊地点〜大倉尾根〜三差路〜北泉ヶ岳〜三差路〜桑沼展望地〜升沢林道分岐〜大倉山〜大倉沢〜氾濫原〜升沢林道〜桑沼駐車場

午後3時に自宅に戻らなければならないので、今回は適当に桑沼周辺でキノコを捜す予定であった。
しかし沼を囲む原生林に立ち入ってみても、毒キノコすらみつからないない状況でキノコは諦める。
この時期ならツキヨダケがどっさり生えている姿が見られるものなのだが…
そこで北泉ヶ岳に登ってみたくなり、桑沼から大倉尾根に直登するルートから大倉山を周回してみた。

桑沼湖面の標高は780m、水深23m。成因は西側の火口壁の地滑りとも言われ、その凹地に水が溜まったものである。昔はモリアオガエルの生息地であったが、魚を放流した方がいたため駆逐されてしまったと言う。
地滑り地故に西側の急峻な斜面の何処かに風穴があるとも言われているが、その場所は定かでない。

久しぶりに晴れたこの日、桑沼の湖面はひと際青く光って見えた。
画像


東側から見た桑沼。何回訪れてもいい場所だなぁ〜と思ってしまう。紅葉期には一番華やぐのだが…
画像


桑沼南西端から大倉尾根に登るルートは現在通行禁止になっている。
杭と針金でバリケードされ、ご覧の様な立ち入り禁止の注意書きの看板があった。
画像


この崩壊個所を確認する意味もあってバリケードの脇を通り抜けて入山する。
本当に危険だと感じたら戻ればいいのだし、崩壊個所を避けて薮漕ぎすれば通過できると思っていた。
あくまで自己責任の世界。

因みにネットでこの通行止め処置について記載されていたので、そんURLを下記にリンクしておく。
登山道(桑沼から北泉ヶ岳)の一部通行止めについて

大倉尾根までのルートは距離は短いが、かなりな急登なので何時もペース配分を間違えて息が弾んでしまう。
従来あった太いロープは全て撤去されていて、このルートは廃道化されるものと思われた。
ところどころ草薮に覆われたところもある。
しかし登っている人は多いと見えて、ステップは落ち葉に覆われておらず、少なからず靴の足跡もついていた。

件の崩壊地は思った通りの場所であった。急な崩壊地なので確かに危険すぎて突破するのは無理!
しかし左手前を見ると、自然発生的に登山者が作った巻き道が存在していて、赤布や赤テープも付けられ、邪魔な枝も剪定されて歩きやすい道となっていた。
そこを歩くと全く危険を感じず正規のルートに合流できた。

『当該崩落地につきましては、急勾配箇所であるため原状に復旧することは困難であると判断したため通行止めとした。』とあるが、現実に誰かが作り、皆が使っている巻き道が存在しているのだから、その道を登山道と認知すれば良いだけの話である。融通が利かないなぁ〜と呆れてしまった。

大倉尾根へは桑沼から30分で到着。この時点で午前11時なので予定通り北泉ヶ岳を目指す。
端正な三角形の山容を持つ高倉山の背後には牡鹿半島まで見えた。
画像


昨年の大晦日以来の北泉ヶ岳に到着。最初は誰もいない貸切の山頂であったが、おにぎりを食べていると単独の男性が登ってきた。
夏場の山頂は木々の葉っぱが邪魔をして、栗駒山以外の展望は一切利かない。
画像


再び桑沼分岐まで戻る。その途中でキノコを捜したが、毒のツキヨダケが生えている木が一本。ブナカノカがほんの少し生えている倒木が一本。チチタケ3本。イグチとテングタケやその他の食せないものが数えるほど。
以前この時期によく見たツエタケの姿は一切なかった。やっぱり不作年なのかなぁ?

桑沼展望台から桑沼を見下ろす。大倉尾根は緩降の森を歩く馬鹿尾根で、展望が利く場所はほとんどない。
画像


ブナの森を延々歩いて大倉山に着く。
柵の北側に岩場があり、岩の上からは胸のすく眺望が楽しめる。
船形山の姿は本当に久しぶりに見た感じがする。
画像


山頂広場にある展望台の上のベンチに腰掛けて昼食をとる。
おにぎりとノンアルコールビールの簡単な食事だ。キノコ狩りが当初の目的だったので、簡単な食べ物しか持たなかった。

まだ時間がありそうなので大好きな氾濫原へ周回することにする。
大倉沢の渡渉点は増水していて石飛びで渡れない。仕方なく下流に下って何とか渡渉できた。
この季節の氾濫原は草が伸びて広々とした感じはしない。
原生林の中を静かに大倉沢が流れていた。
画像


お目当ての花:サラシナショウマは咲き始めの状態だった。他にテンニンソウが目立った。
画像


氾濫原で花を見たりのんびりしていたら、午後1時30分になっていた。
家まで午後3時に戻らなければならないので、これはかなりやばい時間だぁ!

氾濫原から車までの戻りはトップギアの歩きに切り替え、しばらくぶりにガンガン飛ばして歩いた。
でも大倉山が見える地点に来ると、ちゃんと写真と動画を撮ってしまうのは悲しい性か。(苦笑)
画像


桑沼駐車場には午後2時10分に戻る。氾濫原から40分。トレランみたいに走るというより競歩に近い歩き。
でも息が切れる寸前に寸止めしてペースを調整してしまうのは登山者の習性なのであろう。
自宅には午後3時ぴったりに帰り、無事用事を果たせたのであーる。

北泉ヶ岳から大倉山の周回は泉ヶ岳に比べて地味な印象だが、手軽に森林浴を楽しめる好きなコースだ。


動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます・・桑沼は相変わらず綺麗ですね・
グリ−の水面に映る大倉の山容と木々・・

やはりまだ登山禁止の張り紙があるんですね・
巻き道あるんですね・危なくないですね・
紅葉の時期に行って見たいです??
氾濫原の大倉沢は水かさあるんですね・
ク〜は飛び超えるでしょうが・こちらがね・

キノコ・やはり今年は不作でしょうか・
これからかな?・・アップする前に動画先に観てましたよ・ヽ(^o^)丿
ク〜
2011/09/09 09:40
昨年5月は通行禁止になっていませんでしたが、手前の巻き道を少し藪を漕いで登りました。そんなに危険性は感じられませんでしたね。小学生とお父さんも来ましたよ。
あそこを登山道にすれば問題ないと思いますがねー。
morino
2011/09/09 12:50
ク〜さん今晩は。
桑沼は宮城県でもトップクラスの素晴らしい湖沼だと思います。
登山禁止の物々しい柵がありますが、巻き道利用ならクーちゃんでも通過できますよ。
但しあくまで自己責任の世界ですが。。。
紅葉の頃の桑沼は素晴らしいの一語ですね。
氾濫原手前の渡渉点は水量が多かったので、登山靴では渡渉出来ませんでした。
少し下ったところで石飛びで渡渉できるポイントがありましたよ。
キノコはまだ不作とは断言できませんが、食べられないキノコの姿も無かったですよ。
SONE
2011/09/09 18:58
morinoさん今晩は。
昨年のブログ記事を新ためて拝見しましたが、現状の崩壊度合いは当時と変わらない状態でしたよ。
巻き道はほとんど登山道並みに刈り払いがされていて、普通の登山者なら問題なく通過できます。
行政は自分が開削した登山道以外は一切認知しないのでしょうかね。
土砂崩れで通行出来なくなった登山道に巻き道をつくるのは何処でもやっていますよね。
SONE
2011/09/09 19:05
7日はここもねらっていました。
通行禁止の概要が掴めませんでしたので蔵王にいきましたよ。
大倉尾根の「奴」は平日だから稼ぎに行ったのかな。
早くこのルートを確立して欲しいですね。
マロ7
2011/09/09 20:04
マロ7さん今晩は。
もしかしたら山でばったり会う可能性もあったのですね(笑)
道の崩落個所は予想通りの場所でしたが、あの近辺は急斜面ながら岩場がないので簡単に巻く事が可能と考えていました。
この日は王城寺演習場で砲撃訓練があってバンバン大砲を打っていたので、例の熊公も山奥に逃げていたかもしれませんね。
このルート、行政側では廃道にする可能性もありますよ。急な斜面のロープが全て撤去されていました。
sONE
2011/09/09 20:28
こんにちは。
他県の山と宮城県を比べると・・・
宮城県知事さんが山好きだったらな〜と思います(^_^)
ナカシィ
2011/09/12 10:42
マッシュルーム達の気配は?
タッシー
2011/09/12 14:17
ナカシィさん今晩は。
現宮城県知事さんの時に泥濘の南蔵王縦走路が整備されたので、一応予算を取っていると思うのですが、桑沼の道は縄文の森として県が整備したので何とかして欲しいものですね。
SONE
2011/09/12 16:52
タッシー今晩は。
今が夏と秋のキノコの端境期の様な感じかなぁ? 
それにしても昨年と比べると本当にキノコ少ないよ。
SONE
2011/09/12 16:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011.9.7 北泉ヶ岳から大倉山(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる