東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.10.23 須金岳(宮城・虎毛山地)

<<   作成日時 : 2011/10/25 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 29

前日の夜、山仲間のみどぽんさんから宮城県北の山に遠征に来たとの携帯メールを頂いた。
天気予報では何とか山歩きが出来そうな感じと思っていたので、みどぽんさんと「あらっ伊達な駅」で待ち合わせて、宮城県と秋田県の県境に位置する須金岳に登ってきた。

【 10/23 須金岳(1241m) 宮城・虎毛山地 】
旧国道入口〜仙北沢登山口〜尾根〜水沢森〜山頂の標識〜1241m峰〜8合目〜寒湯沢登山口

濃霧注意報が発令されている大崎平野を走行して「あらっ伊達な駅」に着く。
みどぽんさんご夫婦とは一年ぶりにお会いできた。同行したマスさんとは初対面である。

温泉の町:鳴子から鬼首に入ると禿岳は雲の中だが、鬼首環状盆地の北西にそびえる平頂が特徴の須金岳は全景が見えていた。
写真は大森平手前から眺めた水沢森と須金岳。
画像


大森平の旧国道入口から先はゲートで車の進入が出来ないので、そこに車を駐車して歩き始める。
仙北沢に沿った林道歩きは1.5km。
沢にかかる滝を見たり…
画像


途中にある倒木にムキタケを見つけたりしながら歩いた。
画像


それにしても林道沿いの熊の獣臭さは酷かった。今の時期は餌を求めて標高の低いところまで下っているのであろう。

登山口の標識から右に入る。
杉の植林地をしばらくトラバースして行くと、左手に鋭角に曲って道が切られている。
以前は間違えやすい直進の作業道があったが、現在は踏み跡程度になっていた。

涸れた沢状を少し登って左折すると息も切らさぬ急登となる。
登りきったところで緩登の尾根。風が吹き抜けて気持ちいい。
斜め右手に目指す水沢森から須金岳への稜線が見渡せた。
画像


右手の杉ノ森沢の紅葉は今が盛り。
画像


3合目を過ぎた付近で左手に作業道が分岐するが、その地点からは急峻な山容の片倉森が眺められた。
画像


緩急を繰り返しながらブナの森の山旅が続く。
須金岳の一番の良さは宮城県随一とも言えるブナの原生林に出合えることだ。
途中からブナの黄葉が美しい行程となってきた。
画像


所々に少量ながらムキタケ、ナラタケ、クリタケ、ナメコを見つけて採りながら登っていく。
大東岳で痛めた右膝を庇いながらの登りなので、余りピッチを上げて歩けないので丁度良い。
画像


7合目付近からブナが落葉した冬枯れの森となる。
途中で塩釜山岳会のパーティをパスする。滅多に登山者に会わない山であるが、須金岳登って初めて人に出会った様な気がする。

平坦な水沢森の山頂で休憩。
水沢森の下りからは目指す須金岳の頂稜部が一望できた。
画像


9合目付近から鬼首スキー場と大柴山、小柴山が見えた。
画像


その右手には鬼首環状盆地の外輪山最高峰:禿岳が長められる。禿岳手前の三角峰は中ノ沢頭。
画像


急登が終わり、平らになったと思った矢先に山頂標識のある小湿原に出る。
ここは1190m独標地点で須金岳最高点ではない。(この場所は間ノ岳とも呼ばれている。)
須金岳の最高点は登山道から離れた北東側の1253m峰で、残念ながら積雪期でないとその場所には立てない。
画像


小湿原から平坦な道を数分歩くと、目の前の視界が一気に開ける。
南東側の猪ノ倉沢源頭部が雪蝕地形で切れ落ちた草付きとなっていて、荒雄岳を中央火口丘とする鬼首環状盆地の様相が一望できるのだ。
画像


登山道の行く手には登山道沿いの最高点である1241m峰が眺められる。
画像


振り返ると大柴山が遠くに眺められた。
画像


須金岳の最高点1241m峰は灌木の中で展望は一切ないので、素晴らしい展望の猪ノ倉沢源頭部でお昼の休憩をとった。マスさんお手製の醤油とクルミのシフォンケーキとサンマのかば焼き、サツマイモのレモン煮など。
画像


しかし食事中に急なにわか雨に降られてしまう。結構ザーザー降りになり、落ち着かない食事となってしまった。
雨が上がった頃あいを見て歩きだす。

1241m峰手前には猫の額ほど小さな湿原がある。
画像


登山道が下り始めた事で初めて1241m峰を通り過ぎた事を知る。
その先、少し下った地点に仮の山頂の標識が転がっていた。
画像


お昼は満足に休憩できなかったので、8合目の展望地でコーヒータイムをとった。
ここからは寒湯沢源頭の雪蝕地形が迫力ある姿で見える。
画像


北東にはドーム状の山容をした竹の子森。その背後の低い山は山猫森と呼ばれる。
童話にでてきそうな夢のある山名が多い山域だ。
その奥に見えるはずの栗駒山は山頂に雲がかかって見えなかった。
画像


急な寒湯沢コースをどんどん下る。途中からブナの黄葉ラインまで降りると風景が明るく感じた。
道中キノコを捜しながら下ると、倒木に夥しいほど生えているナメコを見つけ、皆で狂喜乱舞する。
画像


ナメコは茎をナイフで切って採取しないと、帰宅後のあと処理が大変なので、時間をかけて3人で採った。
凄い量なので採取に40分近くかかってしまった。
画像


展望とキノコに恵まれ、満足感に浸りながらブナの森を下った。
画像


寒湯沢登山口に降り立ち、その後二箇所の渡渉地点を通過して林道を上ノ台へ向けて歩く。
思ったより短い時間で林道入口に待つ、みどぽんさんの奥さんの車に着いた。
その車で入山口である大森平に送っていただく。(みどぽんさん、ありがとうございました。)

日帰り入浴施設:すぱ鬼首で汗を流して帰路に着いた。
懸念していた右膝の痛みは、足の動かし方に注意しながら一歩一歩歩いたら、それほど痛みも出ずに歩けた。
あと4回ヒアルロン酸注射で治療したら、膝の状態はかなり改善される目途がついて安心できた。

動画です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
もの凄いナメコでしたね。
キノコ不作といいながらここにきてナメコが豊作でしょうか。
膝の状態は快復でしょう。(^o^)
マロ7
2011/10/25 06:53
マロ7さんおはようございます。
ナメコを見つけたときには皆で歓声を上げてしまいましたよ(笑)
鬼首の産直店を覗いてみたらブナハリタケとムキタケ、ナメコが大量に販売されていましたから、木に生えるキノコはそんなに不作とは言えないですね。
膝はまだまだ慎重な足運びが必要な状態です。ラフに動かすと鈍い痛みがでる場合があるのですよ。
SONE
2011/10/25 07:41
膝大丈夫ですか??
オラほは、どうもキノコ全般に出てない(;_:)ですね〜。
ナメコすごい事になってますね〜。うらやましい〜
まだ、ムキタケもナメコもイマイチ出てません。でも、うちのブドウ園のツチスギタケが出てきたから、遅いきのこのスタート時期と判断しています。
しかし、どうもクマの密度が・・・・
あはは、昨日は黒いカモシカに驚かされました
kuma仙人
2011/10/25 08:36
kuma仙人さんこんにちは。
右膝は体重をかけながら深く曲げると鈍い痛みが出ますよ。でも先週よりは良くなった感じです。
ブナの森には木に生えるキノコがかなり生えてきましたが、土に生える菌根性キノコがイマイチですねぇ。
今年は9月まで暑かったので、キノコの生える時期が遅れて、滅茶苦茶な時期に生えていますね。
ナメコは稀に見る大漁でした(笑) でも料理方法が味噌汁と大根おろし和えしか覚えていないのが玉にきずですが…
黒いカモシカは出合ったら驚くでしょうね。それは珍しい。。。
SONE
2011/10/25 12:04
凄いナメコですねー。
こんな光景に出合ってみたいものです。
キノコはこれから期待してもいいんですかねー。いや、期待しよう。(笑)
morino
2011/10/25 12:26
morinoさん今晩は。
久々のキノコ大量ゲットでしたぁ
一人で採ったら2時間近くかかりそうな量で、こんなに採れるのは滅多にありませんよ。
何やら晩秋に近くなってからキノコがにょきにょき生えてきた感じですよ。
SONE
2011/10/25 17:04
さほど高い山ではないようですが綺麗な紅葉が見られましたね。
関東ではこの程度の高さだと樹林でこのような眺めはなかなか得られません。
キノコが沢山あり中でもナメコのこの量は半端ではありません。
買ったらいくらになるのか分からないけど大収穫でしたね。
ミニミニ
2011/10/25 20:21
前夜遅くの連絡にもかかわらず、お付き合いいただきありがとうございました。
おかげさまでマスさんともお会いでき、楽しかったです。
急登も展望もキノコも十分堪能できました。
またの機会を楽しみにしています。
みどぽん
2011/10/25 20:27
上の仮の頂上で黄アゲハの幼虫が、ウヨウヨいたのいを、思い出しました。
ナメコ立派ですねー。笑いが止まらなそう ↑
87ワ
2011/10/25 21:13
ミニミニ放送局さん今晩は。
この山域は宮城県の中でも豪雪地帯なので、標高が低い割に高山的な風景が見られるのですよ。
おまけに宮城県で唯一の天然スギの自生地ですので、緑と紅葉のコントラストが素晴らしいです。
今年はキノコが何処でも不作でがっかりしておりましたが、ここにきて逆転ホームランといった感じです(笑)
帰りに産直店で値段を確認しましたが、全て合わせたら1万円を超えた価格だと思いました。
SONE
2011/10/25 21:20
みどぽんさん今晩は。
前日の予定では荒雄岳あたりに登ろうか、と思っていたので、みどぽんさんとご一緒できて楽しかったです。
マスさんがあんなにキノコ狩り好きとは思わなかったでしょうね(笑)
途中で降雨がありましたが、雨具は一時だけ必要で、その後は気にするほどでもなかったので助かりましたね。
またお声掛けください。行ける範囲でしたらご一緒したいですね。
SONE
2011/10/25 21:25
87ワさん今晩は。
仮の山頂は全然山頂ぽくないので、着いても嬉しくないところですよね。
芋虫がウヨウヨいましたか。余り長居はしたくないなぁ(笑)
普段は絶景を見ても余り声を出さない方なのですが、ナメコ見つけたときは「うわぁぁぁ」と声を張り上げてしまいましたよ(笑)
SONE
2011/10/25 21:29
須金岳は私が山想会で初めて登った山なのです。
2年前の11月3日でしたが、雪でした。
その時も熊の気配があったようです。
なめこ・・・密集した住宅地みたいですね(^_^)
マスさんの笑顔がシアワセそうです。
ナカシィ
2011/10/25 21:51
ナカシィさん今晩は。
初めての山が須金岳とは、急坂が多いから大変だったでしょうね。
おまけに雪とは… 一緒に登った山想会の方々が良かったから山が好きになったのでしょうね。
熊の臭いが強烈だったのは初めの林道だけでしたね。上の方は冬枯れで餌が無くなったみたいでしたよ。
ナメコはマスさんが鼻歌まじりに採っているのが面白かったです。皆興奮しましたよ(笑)
SONE
2011/10/25 22:06
SONEさんこんばんは
ナメコすごいですね。キノコ採りの楽しさが伝わりました。昨年、仕事中の山で抱えるほどのトンビマイタケを見つけたことを地元の人に話したら「採ってくればよかったのに、○万円の価値があるよ」と言われたことがありました。
須金岳、参考にさせていただきます。
yuji
2011/10/25 22:56
yujiさん今晩は。
ナメコは雑キノコ扱いですが、トンビマイタケは山形の最上地方では高級品なんですよ。
ほんの小さなものでも1000〜2000円でスーパーで販売しています。
でも仕事中にキノコ狩りができませんよね(笑)
SONE
2011/10/25 23:04
soneさん 今晩は。
見事なナメコでしたね。マスさんの鼻歌が聞こえそうです。
須金岳は、今年の残雪のころ、ツァーに参加して初めて登りました。
展望がほとんどなくて、急登のイメージしか残らず、タケノコを採りながら歩いたのが思い出です。もう来ることはないかなと思っていましたが、soneさんの映像を見て、季節を変えてまた行ってみようかと云う気分になりました。
でももう来年ですね。
毎日が日曜日のただの主婦ですが、なかなか山に行けず、来年へ持ち越しの山が増えます。
季節が厳しくなると単独は難しいので、ツァーにた頼ることが多くなります。今週末は大鳥小屋に泊まり、以東岳をめざします。soneさんは日帰りでしたね。私たちは、2日がかりです。
キノコ採りも計画のうちですが・・・・
膝の具合が快方にむかっておられるようでなによりです。



momo
2011/10/26 22:42
momoさん今晩は。
この日から毎日ナメコ食べているので流石に飽きてきました(苦笑)
須金岳は延々樹林帯を歩くイメージが強いので人気はイマイチの山ですね。
でも紅葉に時期と、積雪期は本当に素晴らしい山に変貌しますよ。
特に虎毛山が目の前に見えるお勧めは積雪期ですが、ベテランの方と一緒じゃないと難易度が高い山です。
私も毎年登ろうと思いながら登れない山が多いんです。
でも焦らずに機会を待っていると絶対に登れる時がきますよ。
週末は以東岳に行かれますか。今は途中の東大鳥川周辺が紅葉の見ごろでしょうね。
ブナの原生林が多いのでキノコも採れそうですね。三角池周辺も穴場ですよ。
膝は2回目のヒアルロン酸注射をして、階段の上り下りも大分楽になってきました。
少しでも痛みが出たら、早め早めの治療が必要ですね。
SONE
2011/10/26 23:10
初めまして、今年になって栗駒山や、舟形山で遭難野宿をする等の初心者で彼女と共に毎週の更新を楽しみにしています。
仙北住まいの私たちにとってこちらは正に教科書、ふむふむそんな山もあるんだと目を輝かせています。
そうは言っても二人とも野宿はもうこりごりと地図やらコンパスやらと勉強を始めております。
もしSONEさんがGPSをお持ちでしたらそのLogをアップしていただければSONEさんの歩いた跡を辿れるのにな等と身勝手なことも思いながらの事であります。
そろそろ紅葉も平地、里山に降りてきて山歩きも出来なくなるのでしょうか、今週末は鳴子峡に出かける予定であります。
これからも楽しみに読ませていただきます。
Cafe Tom
2011/10/27 06:35
Cafe Tomさん初めまして。拙ブログにコメントいただき有難うございます。
自分の思いつくままに書いているブログですが、いろいろ参考にして頂いて恐縮です。
野宿を経験されたとは大変でしたね。山に慣れないうちはどの位の時間で登れるかが計算できないですし、道迷いも多いので勉強を始められたのは良かったと思います。
最初は低山や里山を多く歩くと、知識や体力がついてきますよ。
低い里山でも一日に2〜3山登れば、標高の高い山に登っただけの体力は使います。
私のブログではガイドブックに記載しているコースのGPSログはあえて出さない様にしているんです。
地図を眺めながらブログを読んでいただくと、多少は追体験できると思いますよ。
週末の鳴子峡は紅葉のピークでしょうから混雑するのかな?
今後のよろしくお願いいたします。
SONE
2011/10/27 17:26
こんばんわ。23日(日)やはりSONEさんは山へ行かれてましたね♪。我々(前出のcafetomさん)もお天気が良ければ七ツ森方面へ、、と計画していたのですが、天気予報がイマイチで断念しました。でも当日段々とお天気は晴れて・・・断念を悔やみ、したかなくお庭で芋煮会を開催して気を紛らわしました(笑)。きっと今頃SONEさんはどこかの山へと・・想像していましたよ。
毎回のマスさんのお手製ケーキには驚きますね。尊敬します。こんなお菓子を毎回食する事のできるSONEさん、羨ましいですよ。
とむかの
2011/10/27 23:19
おおー、みどぽんさん久しぶり!
しかしナメコすげえなあ〜
タッシー
2011/10/28 16:53
サツマイモはレモンじゃなくてオレンジで煮たんだよ。
マス
2011/10/28 18:53
とむかのさん、今晩は。
船形で遭難した方がやけに多いなぁ、と思っていましたらcafetomさんとご一緒だったのですね。
とむかのさんのハンドルネームの由来も何となく分かりましたぁ
この日の天気は山に出撃するには微妙でしたよね。曇っていたら別の山に登っていたかもしれません。
マスさんの手作りケーキは完全にプロ級なんですよ。どれを食べても美味しいです。
山でケーキを食べながらコーヒー飲むひと時が最高ですね
SONE
2011/10/28 19:46
タッシー今晩は。
前夜に突然みどぽんさんからメールをもらい、急遽一緒に登る事になったよ。
昨年の栗駒は全然キノコ採れなかったけど、今回は大ヒットだったねぇ
SONE
2011/10/28 19:48
マスさん今晩は。
またまた料理名の内容間違えましたぁ
SONE
2011/10/28 19:49
タッシーさん、ごぶさたしています。
キノコは場所によっては期待できそうです。
また一緒にキノコ談義したいですね。
みどぽん
2011/10/28 22:17
わざわざ返事を下さいまして有難うございます。
50代後半にトレッキングに目覚めカメラを担いで彼女と共に歩いています。
先週は鳴子の紅葉を見に行きましたが未だ少し早いようで今週のお休み辺りが見頃でしょうか。
木曜のお休みは七ツ森の松倉山と撫倉山に出かけようとあちらこちらと調べております。
そんな風に調べる時間も楽しみの一つであります。
tomcanoともどもこれからもよろしくお願いします。
私のHPを貼って行きます、お時間が有ったら覗いて見て下さい。
http://cafetom.ninpou.jp/index.htm
Cafe Tom
2011/10/31 22:31
Cafe Tomさん今晩は。
お若い方と勝手に思っておりましたが、HP拝見して親近感が増しました。
デジ一眼でのお写真見事ですね。山は雄大な被写体が多いので写真を撮る目的があると張り合いがありますね。
鳴子の紅葉は早かったですか。週末は大渋滞するでしょうね。
七ッ森はちょうど紅葉が見ごろだと思いますよ。
山登りは計画段階、登っている時、下山後に写真を整理したりして思い出に浸る楽しみがあるので、飽きることなく長年登山ができたきたのだと思っています。
今後も拙ブログをよろしくお願いいたします。
SONE
2011/11/01 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011.10.23 須金岳(宮城・虎毛山地) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる