東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.11.23 松島四大観(宮城・松島)

<<   作成日時 : 2011/12/04 22:38   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 20

母親が重度の脳梗塞を入院中に再発してからちょうど一週間が過ぎた。未だに寝たきりで、経口で食べ物をとれず、意志の疎通ができない状態のまま。点滴による治療が続いているが生命の危機的な状態からは脱したと思われた。
しかし現時点で症状の改善が見られないので、よしんば胃ろうで栄養補給が出来る様になったとしても、寝たきりの状態のまま生活の全てにわたる介護が必要になった現実は避けられそうもない。

【 11/23 松島四大観(宮城・松島) 】
多聞山〜塩釜仲卸市場〜扇谷〜富山〜大高森

母の病状を心配し、今後の在宅介護の困難さを考えていると、とてもやりきれない気持ちに襲われる。
未だに少し自身の体調がすぐれず、少し熱っぽく、頭がぼ〜っとする症状が続いている。
月曜日に病院で設置されている血圧計で血圧測定をしてみたら、最高血圧が160、最低血圧が95もあり、高血圧になっている事に気が付いた。
母が在宅中の介護疲れの他に、母の今後を案じて眠れない日々が続いていた弊害であろう。
こんな体調の時は失敗がつきものだが、今考えても冷や汗ものの大きなミスを前日にやってしまった。

前日の朝早く、車のバッテリー交換を行い、ついでに冬タイヤへの交換を自分で行った。
この時、左フロントタイヤのボルト締めが甘かったのである。
(増し締めしたつもりが、どうもタイヤがきっちりハマっていない場所でボルトを締めていたらしい…)

夕方仕事から帰ってきて、愛車で母の入院先に見舞いに行く途中で、走行中にボルトが飛んで、突然左の前輪が外れてしまった。
直ぐに車を停止しようとしたが、ブレーキがほとんど効かずに止らない止らない…
20km程度しか速度が出ていなかったので、車を人や器物にぶつける事が無かったのは幸運であった。
その後は通りかかった車の方にがジャッキを借りて、ジャッキ2台で何とか外れたタイヤを装着できた。
しかしブレーキの下部が擦っており、左フロントのフェンダーがつぶれ、左オーバーフェインダーと左のステップがとれてしまった。(ディーラーに勤めている友人に聞いたら20万円程度かかりそうな感じ…汗)

外れたタイヤのナットが現場付近に2本しか見つからなかったので、他のタイヤから1〜2本ナットを外してタイヤを付けたが、ブレーキが擦っている状況を加味して走行不可能bと思いJAFを呼んだ。
流石JAF,ブレーキが擦るのが治って自走可能となり、速度を出さずに自宅に帰った。
この日はディーラーが定休日のため持ち込みは出来なかったのである。

日曜日には車のバッテリーがあがってしまい、バッテリー代に3万円支払ったばかり。(あっしの車はでかいバッテリーが2個必要なのです。)
本当に踏んだり蹴ったりとはこの事。更に気持ちが落ち込んでしまった



自分の車は修理が終わるまでしばらく使えない。
この日はマスさんが私の事を気遣ってくれて、マスさんの車で気晴らしに松島方面にドライブに行った。(母の見舞いは夕方行くつもり…とても山登りをする気分になれない。)

目指すのは「松島四大観」。
江戸時代の儒学者 舟山万年が「東に大高森の壮観、西に扇谷の幽観、南に多聞山の偉観、北に富山の麗観」と称した小高い展望地の名所巡りである。



午前10時過ぎに仙台を出発して、先ずは七ヶ浜町の多聞山。

【 偉観 / 多聞山(たもんざん)標高56m 】
七ヶ浜町の北端・代ヶ崎の断崖の上にある小山。
外洋に面しており、太平洋から打ち寄せては砕け散る波が眺められ、 その雄大さを偉観と名付た。
南側にある駐車場からは塩釜港が眺められる。
画像


多聞山山頂の展望広場から少し階段を下ると毘沙門堂に着く。
画像


毘沙門堂の直ぐ右側が展望ポイント。灯台が建つ地蔵島や馬放水道を航行する船舶の姿が眼下に望める。
画像


多聞山の公園には随所に季節外れのタンポポが咲いていた。
画像


この後、七ヶ浜町の海沿いの道を時計周りに周回する。
東日本大震災の津波の被害は代ヶ崎浜から花渕浜、菖蒲田浜にかけて甚大で、海沿いにあった民家が全て流失しており、以前の長閑な浜の風景を思い出す事もできない惨状となっていた。
しかし、浜の防波堤で釣りをする人々やサーフィンに興ずる若者がいて、ほんの僅かながら以前を思い出させる風景に出合えた。

そう言えば山仲間のマロ7さんのお宅がこの界隈にあると伺っていたので、速度を落として県道を進むと、見覚えのある軽トラを見つけた。車を止めてそのお宅を確認すると間違いなくマロ7さんのご自宅であった。
この日はマロ7さんは泉ヶ岳に登られているのを携帯メールで知っていたが、奥様がいるみたいなのでお声掛けしてみると在宅されていた。
早速、黒柴犬のマロUちゃんにご挨拶。生後4ヶ月の遊び盛りで、凄いやんちゃ娘でしたが、言葉に言い表せないほどの可愛さ
目一杯遊んで、沢山の癒しを頂きました 山デビューが楽しみ
画像


お腹が減ったので、次は塩釜の仲卸市場に向かう。
予定外の行動なので、鮮魚を買うクーラーボックスは持参していなかった。
市場の中をぶらぶらして、新鮮な生牡蠣を食べた。震災の年に再び松島の牡蠣を食べられるとは思えなかったので感慨無量。

市場の向かい側にある伸光寿司でウニ丼を食べ満足満足…
画像


画像


次に向かうのは扇谷。ここは松島の隠れた紅葉の穴場で、先日山仲間のクーさんが紅葉見物に訪れて見事な写真をブログに披露されていた。

【 幽観 / 扇谷(おおぎだに) 標高55.8m 】
扇谷は、昔、仙台藩主の茶亭があったという頂上から見える入り江の眺めが、ちょうど扇の形に見えるということから、“扇谷”と呼ばれるようになった。

奥の駐車場は満車で、手前のカーブのところに駐車する。
曇り空のためお目当ての紅葉は少し艶やかさを欠いていたが、大きなカエデやモミジが豪勢に色づいて見事であった。
画像


画像


画像


裏側の遊歩道から小高い丘に登る。一段高いところに再建された達磨堂が建っている。
画像


東屋のある場所からは松島の静かな湾内が望めた。
画像


ここまで来たら松島四大観の全てを周って見ようと思い、賑わう松島海岸を抜けて、富山へ向かう。

【 麗観 / 富山(とみやま) 標高116.8m】
松・樅の大木に覆われた山頂の大仰寺には奥州三観音の一つ富山観音がある。
富山は、四大観の内一番標高が高い場所で、海からの距離が少し離れているせいか、 展望台の東屋からは静寂な趣の松島を大観できる。アプローチの急な石段を含めて一番山に登った様な感じがする。
画像


以前訪れた時には改修工事が行われていた富山観音も、綺麗に化粧直しが終わった。
画像

 
最後に向かうのが東松島市の宮戸島にある大高森である。
途中の野蒜地区は津波でほとんど壊滅的な被害を受け、以前あった住宅地にほとんどが消え去っていた。
過去に友人と何度も海釣りに訪れたところであったが、その時利用していた釣具店もコンビニも今は無い。
津波の瓦礫はほとんど片付けられているが、時折見受けられる損壊した住居に、恐ろしい津波の威力を思うばかりであった。
画像
 

海岸道路に黒松林が続いていた野蒜海岸は松の木が一切無くなり、荒れ地と化していた。
宮戸島に渡る橋は津波で流失して陸の孤島となっていたが、現在は仮橋が付けられている。
大高森の登り口は松島の内湾なので津波の被害は受けていないみたいであった。
ほぼ波打ち際の駐車場から、切り通しの坂を行くと…
画像



【 壮観 / 大高森(おおたかもり) 標高105.8m】
東松島市宮戸島のほぼ中央にある小高い丘で、 山頂からは男性的な嵯峨渓と女性的な松島湾が望める。 松島の形状を箱庭のように見られることから壮観といわれる。

松島四大観随一の展望を誇るところで、この日も何人もの観光客が700m・片道15分の坂を登っていた。
生憎の曇り空で船形連峰や蔵王連峰などの遠望は利かなかったが、何回見ても素晴らしい展望である。
画像


付近の低山はこの時が紅葉の盛り。
画像


でも北側の野蒜や東名地区は津波の被害で、茶色い荒野と化している。
画像


山頂で記念写真。
画像


山頂広場には未だにノコンギクの花が咲いていた。
画像


短い時間で駆け足的に回った松島四大観であったが、たまには山っぽい、こんな観光地巡りもいいものだと感じた。
この後、母の入院先に見舞いに行った。
この日は親戚の方々がお見舞いに訪れていたが、変わり果てた母の姿を見て悲しくなったと語っていた。
母も皆が見舞いに来た事が分かり、涙を流していたとの事。
動けない、話せない母親が、この時どんなに悲しかったかを考えるとやるせなくなってしまった。




余談であるが、この日、帰路にスーパーで買い物をした時に、ガチャポンのキノコ ソフトストラップの新バージョンが出ている事に気が付き、早速トライしてみた。
因みに前のバージョンは山ガールに人気が高かったらしく、売り切れ続出だったらしい。
そのバージョンはエリンギとタマゴタケ(幼菌)をゲットしただけで現在は売り場から無くなってしまった。
ベニテングタケとナメコは是非ともコレクションしたかったので残念!

一回200円のガチャポンだが、次に何の種類のキノコが出るか、わくわくしながらダイヤルを回すひと時は楽しいもので、大の大人が二人で一喜一憂している光景は傍から見ると嘲笑ものだったと思う。
でもこのキノコ ソフトストラップはキノコ好きなら絶対欲しくなるほどの出来栄えなのだ。

結局、大人買い(散財とも言う・笑)した結果がこちら↓
画像


結局、欲しかったシメジはゲットできなかったが、欲しくないトリュフが出なかっただけ良しとしよう。
春には山菜ストラップも出ていたらしいので来年に期待
画像


こんな安価なものとドライブで少しの気晴らしができたので良かったと思う。
高かった血圧も翌日には平常値の上124、下75に戻った。

今回は動画はありません。撮影する心の余裕がありませんでした。スイマセン …

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
きのこストラップが山ガールに人気って言うのはうそだと思う。
マス
2011/12/04 22:41
マスさん今晩は。
キノコストラップの記事を検索していたら、売り切れの理由でそんな事を書いている方がいたよ
SONE
2011/12/04 22:46
事故にならずに良かった。それだけでも幸いと思わなければ。
何事にも気分転換は必要ですよ。
ところで、キノコストラップや山菜ストラップはどこのスーパーのガチャポンですか?
morino
2011/12/04 23:01
今日は車でチェコに移動しました、見渡す限り何もない所ですがクリスマスが近いので通りには夜店が並び人があふれています。
朝は8時頃に明るくなり始め、夕方4時には暗くなる季節です。

タイヤが外れるというのは、きっと僅かな時間なのでしょうが止まるまでの間とても驚き怖い思いをされたのでしょうね。
私もその様な話から何時も注意しながらの交換をしていますよ。

大高森はTomcanoとも登りました、当時は山には全く縁がないtomcanoはひいひい言いながらの登りでしたが今では運動にもならないほどの高さですね、眺めが良いのは記憶にも残っていますが震災からはどうしても海辺には足が向かず今年は山ばかりでした。

きのこストラップですが、私も山ガールに人気と言うのはどうかと思いました。
明後日はアイルランドへ移動です。
Cafe Tom
2011/12/05 02:11
ほんと事故にならなくて良かったですね。人がいたらと考えるとぞっとします。
どうしても男性の看病や介護は根をつめてしまうのでくれぐれも息抜きを。
みいら
2011/12/05 09:58
morinoさん今晩は。
本当に冷や汗ものの経験でした。速度が出ていなかったので、車の自重でフェインダーが壊れただけで済みました。でもこの物入りな時期にえらい散財ですね
現在は疲れた時には見舞いに行かない様にしていますよ。
山菜ストラップは今は販売されておりませんが、キノコはペットエコ、ヨークベニマル、ケーズデンキにガチャポンがありましたよ。
SONE
2011/12/05 16:49
Cafe Tomさん今晩は。
お仕事とは言え移動が多くて大変な海外出張ですね。
タイヤ交換は30年以上自分でやっておりましたが、余程ぼや〜としていたのでしょうね。
単純なミスが大事故につながる可能性もありました。
タイヤが外れた瞬間で事態を察知しましたが、たった一輪タイヤがないだけなのに本当に止らないのですよぉ。
大高森には登られておりますか。あんな丘みたいな山でも、一日に5〜6山登ると結構な運動になりますよ。
震災以前の海辺の風景を覚えていると、現状の光景は愕然としてしまいますが、少しずつ復興していく姿も記憶にとどめておきたいと思っています。
でもマスさんの例を上げると、山ガール世代なのにキノコストラップが大好きなんですよぉ(笑)
SONE
2011/12/05 17:00
みいらさん今晩は。
あのでかいタイヤなので、人に激突したら大怪我を負わせていたかもしれませんね。
マスさんには私は介護に向かない人間だと言われました。完璧を目指して疲れてしまう性質だそうですよ。
SONE
2011/12/05 17:02
はじめまして〜。
本ブログ初登場のマロUでぇ〜す。
主人がいないところお出でいただきありがとうです。
あの時間帯はやんちゃ娘でしたが、すぐ普通の女の子になりましたよー。
また、ごゆっくりお出でください。そして、お山でも遊んでくださいね。
キノコストラップ、ウメガッタ(^o^)
マロ7
2011/12/05 20:20
マロ7さん今晩は。
可愛いお顔のマロUちゃんに初登場いただきました。
遊び盛りなので、遊んで欲しくて興奮していたのでしょうね(笑)
また機会がありましたらお邪魔させていただきますね。
キノコストラップ、結局二箇所でガチャガチャやって、こんなに集めてしまいましたぁ
SONE
2011/12/05 22:58
みごとな紅葉ですね。
マロさんのお家は何度か行かれていると思ってました。
初めてで発見出来たのはすごいです!
キノコストラップガチャポン私も7回ほど回してしまいました(^_^;)
ナカシィ
2011/12/06 22:39
ナカシィさん今晩は。
紅葉時期の扇谷は初めて訪れましたが、隠れた紅葉の穴場の意味がよ〜く分かりました。
マロ7さんちは、凡その場所は分かっていましたが、屋根をトタン吹き替えした情報と軽トラが決めてでした。
キノコストラップ、上手く狙ったキノコ取れましたか? 何故かはまってしまいますよね。
SONE
2011/12/06 22:50
はじめまして。
頭殿山の記事を見つけてから時々読ませていただいています。
おかげさまで、10月、大学生の息子と登ってきました。
その息子が、先週、横浜で「わらび採れました」と写メを送ってきました。
たぶんそれはブログにあった山菜編のぜんまいでした。
ずいぶん喜んでいました。わらびに。
田舎出身は間違いなくバレバレでしょう。
ぜんまいですよね。
くりすますろーず
2011/12/08 19:39
くりすますろーずさん初めまして。拙ブログにコメントをいただきありがとうございます。
私のブログから頭殿山に登られたのは光栄です。
息子さんとご一緒とは羨ましいですねぇ
今の時期にワラビは生えていた? 恐らくシダ植物の仲間だったのかもしれませんね。
一部のシダは寒い冬の時期でも枯れずに残っていますよ。
今後もよろしくお願いいたします。
SONE
2011/12/08 19:55
SONEさん
ごめんなさい。書き方が悪くて。
「わらび採れた」の写メは、ガチャポン山菜編のぜんまいだったんです。
というよりも、ガチャポンだということはSONEさんのブログで分かったんです。
何のことかわからなかったのですが、わらびでなくぜんまいじゃないの?とメールしてたのでした。
ガチャポンだということも、キノコシリーズと山菜シリーズがあったこともSONEさんのブログで知ったわけです。
今年は、すっかり山ガール気分で低山トレッキング15回やりました!!
トレーニングコースは富神山。相手は二人の息子と夫の誰か。
今年は、残雪の大朝日岳を目前で見た鳥原山、お花畑の月山、コマクサ満開の熊野岳・・・
すっかり山に魅せられた時にSONEさんのブログと出会い、登れない時でも
登った気分になり、「また行きたい」って一人盛り上がるのです。
ありがとうございます。
くりすますろーず
2011/12/09 19:44
くりすますろーずさん今晩は。
やっと納得です 
ガチャポンの山菜シリーズ、今は仙台では置いている店が無さそうなんですよぉ。
このガチャポンで欲しいのはタラノメとフキノウトウ、そしてゼンマイですね(笑)
登られている山山は、低山トレッキングでなく立派な登山ですね。
今年15回とは精力的に登れられているんですね。
冨神山は山頂からの展望が素晴らしいので、何回登っても感動するのではないでしょうか。
拙ブログの記事で喜んでいただけて光栄です。
SONE
2011/12/09 20:01
こんばんわSONEさん。
車のトラブルだったのですね、しかも笑えない内容でした。最新のブログでは解決したとありましたが、さぞやびっくりされたでしょうね。
さて、母上の病状は深刻で誤飲性肺炎は私の母もなりました。その後の症状、本当に目に浮かぶようにわかります。辛いですよね家族は。毎日夢中で看病していた事が蘇ってきました。SONEさんも本当に心休まる時間は少ないかもしれませんが、どうか踏ん張ってくださいね。
大好きな山も、マスさんも傍にいる事を忘れずに。(SONEさんのブログ記事を楽しみにしている私達もね・・・・微力ですが)
大高森、行かれたんですね。cafetomさんも話されてましたが、未だ山登り未経験の頃、出かけた事があります。登り口道路反対側にあった食堂は今はどうなってるのでしょうか、牡蠣フライ定食が美味しかった事、覚えています。震災は全てのものをのみ込みました。
とむかの
2011/12/16 22:34
とむかのさん今晩は。
思わぬ散財となってしまいましたが、何処にも誰にもぶつけなかったのが幸いでした。
母は現在危篤の状態で、今は病院に付き添っています。
でも認知症の父親の世話もしなければならないので、母の症状を見ながらときどき帰宅している状態です。
病院では付き添い用のベットがないので、夜に連続して付き添いは体力的に不可能なんですよ。
いろいろご心配をおかけしておりますが、今は頑張っていくしかないですね。
大高森の対岸の食堂は行った当時は修理の最中でしたよ。津波の被害はないと思います。
SONE
2011/12/18 18:20
soneさん初めまして。ブログを拝見したのは1ケ月前からです。行程は当然ですが動画とマッチした音楽が当たり前のように流れてうっとり<(_ _)>またマスさんの存在とケーキ、料理には毎度感激しております。バァバァから見たらなんて善い人生送っておられるのだろうと思っています。山行きがストレス解消なのは私も体験していますが、アナタのブログも十分ストレス解消に貢献していますよ。
マスさん始めパティシエ?かなと思ってましたよ。
くんくん
2012/10/18 17:57
くんくんさん初めまして。拙ブログにコメントをいただき有難うございます。
ブログ記事にリンクしている動画まで見てくださる方は少ないんですよ。
見ていただいて感謝しております。
マスさんには毎回美味しいケーキやお料理をご馳走になって、私も一緒に山に行くのが楽しみなんです。
好きなことに一生懸命になれるのって幸せなことですよね。
私のブログがストレス解消になっているなんて書いていて張り合いがでますね(笑)
マスさんは長い年月、ケーキやパンの教室に通って勉強しているのですよ。
SONE
2012/10/18 19:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011.11.23 松島四大観(宮城・松島) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる