東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年の登山を振り返って

<<   作成日時 : 2011/12/30 18:20   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20

今年は3月11日の東日本大震災の大津波で従兄が亡くなり、年末には最愛の母を喪い、悲しく辛い年になってしまいました。震災後から夏までの期間は震災の影響で消費マインドが冷え込み、仕事の注文がほとんど無くなっため、節約してあまり遠い山に行けない状況が続きました。
そんな訳で今年の自分の登山を一言で言えば『安近短の登山』の一年でした。

もうひとつの特徴として山行動画の充実があります。デジカメで撮影する動画は昨年来のマイブームでしたが、今年は動画の撮影にも慣れて、人様にお見せして恥ずかしくない程度のクォリティが確保できました。『安近短の登山』は既登の山が多く、ロケハン済とも言えるので、的確な撮影ポイントを分かっていた点は良かったです。You Tubeにアップした動画の数々にスチル写真とは違った表情の山の軌跡が残っています。

しかしながら今年の課題であった幾つかのルート、特に残雪期の山は震災の影響で手つかずで残ってしまいました。震災後のガソリンと食料不足に加えて、余震も頻発し、残雪を抱いた山々へのアプローチや、ルートの状況が一切掴めず、無理して山に突っ込むのを自重したからです。


そして母の件では暖かい励ましのコメントを数多く頂き、非常にありがたい思いでいっぱいです。
________________________________________________

それでは最初に (1)拙ブログ記事の閲覧数(’11 12/30現在)トップ10  をご紹介します。簡単に言えばMyブログ記事の’11人気ランクです。



番外 12/27  2011年 山行記録・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1055
*毎年、山行記録の一覧表がトップテン入りします。厳密な意味でブログ記事とは言い難いので、今年は番外としました。



第10位 7/17  岩手山(岩手・岩手山)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  927
*やはり東北有数のメジャーな山:岩手山は人気があります。
多くの登山者に愛されている山で、ネット上でも沢山の記録が溢れていますが、その中でも拙ブログに訪問していただいて感謝感謝です。

火山活動が収まった黒倉山の山頂から岩手山を見る。
画像




第9位 6/15   南屏風岳から不忘山(宮城・蔵王連峰)・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  991
*宮城県随一の花の山:不忘山は6月から8月にかけて様々な高山植物が咲き揃います。
特に6月はハクサンイチゲとユキワリコザクラが見事です。花の開花状況を知りたくて訪問された方も多いと思います。

静寂の水引平に到着。池塘に南屏風岳の影を映すこの風景は、宮城県の山岳風景の中でもトップクラス。
画像




第8位  7/24   焼石岳(秋田・焼石連峰)・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1016
*ナカシィさんと初めてご一緒した山行でした。途中で一時雨に降られましたが、焼石沼畔に咲くミヤマキンポウゲの群落が素晴らしかったです。
6月中旬に日本有数のハクサンイチゲの大群落がみられる山ですが、花の端境期に当たる7月は閑散としておりました。

山頂東側の湿原付近はチングルマの実が沢山見られた。
画像




第7位  6/12   鳥海山:祓川コース(秋田・鳥海山)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1019
*久しぶりに秋田の山仲間:なんどさんと山滑りを楽しみました。鳥海山の豊富な残雪には驚かされます。
何度登っても楽しく、かつ新しい発見のある山です。しかし6月の残雪期は静かな山旅が楽しめました。

広大な雪渓の果ての七高山が、歩けど歩けどなかなか近づいてこない。
画像




第6位  5/8   釈迦ヶ岳(栃木・高原山)  ・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1107
*関東遠征で以前から登ってみたかった高原山を目指しました。さすがに関東の岳人にはメジャーな山らしく、多くの方に閲覧いただきました。

梢越しに釈迦ヶ岳を見上げる。写真の右手の尾根を忠実に登っていく。
画像




第5位  3/15   東日本大震災・・・・・・・・・・・・閲覧数  1192
**仙台市は震度6弱、激しく長い地震の揺れのあとに、近隣の住民の方々と近くの空き地に避難しました。
たび重なる余震に怯えながらも、近隣を回り、家に閉じ込められている方がいないかを確認していきました。
その時に撮影した近隣の住宅地の被害状況です。
ライフラインが閉ざされ、携帯もネットも繋がらず、ワンセグ携帯を持っている方のみが、地震情報を得られている状況でした。大津波が押し寄せた事は、家の中を少し片付けたあとの夜にカーナビのテレビで知りました。
非常に狭い地域のローカルな記事です。

近隣のマンションで火災が発生していた。
画像




第4位  5/30   福島第一原発災害と阿武隈山地・・・・・・・・・・・・閲覧数  1262
*東日本大震災の大津波により、福島第一原発の核燃料の冷却機能が全て失われて、核燃料がメルトダウンし、それにより福島県の浜通りを中心に、大量の放射線物質が広範囲に飛散しました。
私は冬場に脊梁山脈が荒れた天気の時に、よく阿武隈山地の山を訪れていて、『困ったときの阿武隈山地』と称して愛して止まない山域でしたが、その阿武隈山地の中で登れない地域がでてしまったのです。
この記事はあくまで5/30現在の情報ですが、その後により広範囲の及ぶ地域の方々が避難生活を余儀なくされております。国民の安全を第一に考えるのが政治の務めだと思いますが、原子力村の利権を追求した結果の人災は、未曾有の天災に匹敵する損失を与えてしまいました。

日隠山の展望台から眺めた太平洋。右手の建物が福島第一原発。
画像




第3位  6/11   映画「127時間」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1442
*元ネタは「アーロン・ラルストン奇跡の6日間」と言うノンフクションの映画化。主演は『スパイダーマン』シリーズにて親友役で一躍有名になったジェームズ・フランコ。一言で「素晴らしい映画です!」

秀逸なアウトドア・サバイバル映画だった。
画像




第2位  4/01     東日本大震災 18日後の津波被害地・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1617
*入院している母親の病状説明と退院の日取りを決めるためにガソリンが調達できないので、自転車で病院に向かいました。主治医の説明が終わったのが午後2時40分。
日暮れまでは時間があるので、岩切地区から七北田川のサイクリングロードを下り、その河口に当たる仙台市宮城野区蒲生地区に行くことにしました。
仙台新港に近いこの場所は大津波によって壊滅的被害を被り、私の知人が亡くなった場所でもあります。
甚大な被害を受けた蒲生地区に入ると風景が一変し、瓦礫に埋もれた家々や、行方不明の肉親を捜す人々の姿がありました。

河口から1.2kmの中野小学校。教室の中まで大破した車が流れ込み、海側には家の残骸が積み重なり、外壁に付けられた大時計は地震発生時刻の午後2時46分で止まっていた。
画像





そして2011年度の一位は



第1位  9/29   キノコ狩りと放射能汚染について・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 2387
*今年を象徴している記事が一番閲覧数の多い記事でした。
広大な地域に放射線物質を降らせた福島第一原発の事故。その汚染は福島県の農業・漁業に壊滅的な打撃と風評被害を及ぼしました。その中でも野生の菌根性キノコが土壌中の放射性セシウムを取り込み易いため、内部被ばくを避けるために福島県中通り以東の地域の野生キノコの採取および摂取が規制されました。
秋にキノコ狩りを楽しみにしていた方々にも、自然と向き合う楽しみを原発事故は奪っていったのです。

仙台市科学館で開催された、仙台きのこ同好会主催の『きのこ展』。
画像



【総評】
東日本大震災により、自宅も基礎が大きく割れて、1mの高さに対し2cm家が傾いてしまいました。
基礎部分は自分で配筋してコンクリートを打設し、ズタズタに割れた風呂の壁は、これも自分で左官と塗装を行い修理しましたが、その工事に結構な日数を要しました。
報道では津波と原発の被害が大きく取り上げられていますが、築年数が長い住宅は大半が一部損壊以上の罹災をしています。震災直後からのガソリンと物資不足に加えて、自分の家の修理や家の片付け、壊れた家財の処理と購入など、震災後は家の事で忙しい状況が続きました。
当時は母が入院していて、母の介護をしない点だけが助かりましたが、母の見舞いは自転車で片道8kmの距離をほぼ2日に一度行いました。
震災後は道路のうねりや段差、法面の崩落などによる通行禁止個所が多く、登山口にたどり着けない山も存在しました。津波に襲われた三陸地方にある低山は、近隣の町が壊滅的な被害を受けていて、瓦礫撤去作業が続いているために、行くとこが躊躇われました。
そして福島第一原発の事故による、放射性物質の広範囲な拡散により、大好きな阿武隈山地への登山も当面出来ない状況となってしまいました。
そして11月になって母の入院、年末に息を引き取り、山納めもないまま大晦日を迎えようとしています。

拙ブログの閲覧上位は、登山とはあまり関係のない震災の話題に集中してしまいましたが、今年を象徴する出来事だったのでしょうがないでしょうね。
________________________________________________


そして閲覧数は一切関係なく (2)私自身が今年一番記憶に残った山行トップ10 はこちら・・・


第10位  4/18   宮城県 二つの館山(宮城・仙台市&柴田町)・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 488
*震災後、最大の余震(震度6弱)があったのが4/7。ガソリンや食料の供給がほぼ改善した矢先の事でした。
震度4クラスの余震は頻発しており、日々不安を抱えながらの生活の折、今年も変わらずに開花した桜の花に心底癒されました。

白石川の堤の桜並木=一目千本桜が眺められる。これは素晴らしい光景であった。
画像





第9位   5/14   高日向山(宮城・鬼首)・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  576
*久しぶりに友人のタッシーと山菜採りに鬼首へ出かけました。新緑に包まれた山々はパステル調の色あいをしていました。途中で立ち寄った温泉が自噴する地獄で、タッシーの愛犬サクラが大火傷をしてしまったのです。可愛そうな事をしましたが、今は火傷が治って良かったです。

高日向山の登りから見た、鬼首中央火口丘の最高峰:荒雄岳。
画像






第8位   10/23   須金岳(宮城・虎毛山地)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  686
*またまた鬼首にある山になりますが、山仲間のみどぽんさんとご一緒した山です。今年はキノコが不作でしたが、ナメコの凄い群生に出合い、皆で狂喜乱舞して採取したのは忘れられない思いでとなりました。

凄い量なので採取に40分近くかかってしまった。
画像






第7位   9/25   鉤掛森から黒森(山形・神室連峰)・・・・・・・・・・・・・閲覧数  611
*「続日本紀」に記載されていて、蝦夷征伐の足がかりとして機能していた新設:有屋峠を歩いてきました。展望は余り利かない行程ですが、所々に残るいにしえの古道の痕跡と深いブナの原生林に驚く山旅でした。

雲海の上に島の様に見えるのが大平山。その奥には魅惑の弁慶山が遠望できた。
画像





第6位   10/9   東普陀落(山形・月山)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  538 
*かねてから行ってみたいと思っていた月山の聖地:東普陀落に山形の岳友:みいらさんの案内で訪れました。
微風快晴の登山日和の中、人気の月山とは思えぬ静寂の異空間トリップを楽しみました。

胎内岩から見た三宝荒神と剣ヶ峰。
画像





第5位   8/22   袴腰岳(青森・津軽)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  493
*『東北百名山』の初版と新版に選定されている山ででしたが、最近出版された『東北百名山地図帳』からは何故か選から漏れてしまいました。旧平館村営スキー場から登るルートが唯一の登路で、標高にもかかわらず奥深い印象がある最果ての山でした。

袴腰岳は標高700m台とは思えないほど立派な山容に見えた。
画像





第4位   2/11   綱取山(宮城・船形連峰)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  447
*船形連峰の寒風山の南から、支脈が東方に分岐し幾つかの目立った峰を連ねています。広瀬川と大倉川に挟まれたそれらの山々は、一般登山家には一切顧みられぬ不遇の山塊で、今回は林道を利用して比較的アプローチし易い網取山(961.8m)を目指しました。こういった白地の山域は探検的な要素があって楽しいものです。

綱取山を目指すには濁又林道に入る。入口付近から急峻な綱取山の姿が見えた。
画像





第3位   4/2   五社山から三方塚(宮城・高館丘陵)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  741
*大震災により休止していた山歩きを一カ月ぶりに再開しましたが、全国的に観光などは自粛ムードが漂う時期でした。この時は燃料の供給も滞りがちで遠出が出来る状態になく、仙台市に隣接した名取市西側の丘陵地帯を歩いてきました。未だに都市ガスの復旧が済んでおらず、不便な生活で息がつまりそうな状態であったので、多少でも里山を歩けて良い息抜きになりました。

増田川が眼下に見えたところで進退極まった。崖崩れで道が全く無くなっており、下流には地滑りで横倒しになった杉の木が何十本も倒れている。
画像





第2位   11/18   小屋森山から日向山(宮城・船形連峰)・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  425
*11月14日に母親が軽い脳梗塞で入院しました。それから3日後の17日、お見舞いに病室を訪ねると病状が悪化した母の姿があったのです。入院中にもかかわらず重度の脳梗塞が別な部位に発症し、その前週から寝たきりの母親の介護に疲れていた私は、精神的ショックが大きく、癒しを求めに近隣の山に向かいました。
しかしこの時点では、母が一カ月後に亡くなるとは思ってもいませんでした。

泉区根白石の北西に位置し、小屋森山(左)とめもり山(右)が夫婦の様に並んでいる。
画像






そして、今年一番心に残った山行はコチラです。


第1位   7/16   笙ヶ岳(山形・鳥海山)・・・・・・・・・・・・・閲覧数  841
*花の時期に何回も登っている山ですが、今年は花の最盛期に当たりました。
大震災の混乱から抜け出し、やっと普段の生活の戻れた時期の登山で、天気にも恵まれ、今考えてみても今年の登山のハイライトだった様な気がしています。動画も花の撮影に時間をかけて今年一番の出来だったと思います。

ニッコウキスゲと雄大な鳥海山(新山)の眺め。
画像




________________________________________________

今回の自己ベスト10はどちらかと言うと内省的な、自分の気持ちを反映させた結果となりました。
辛い思いでだけが残る年でしたが、来年は穏やかな年であって欲しいと願うばかりです。

その他にランク外ですが 私の誕生日のお祝い山行 5/8 釈迦ヶ岳(栃木・高原山)、マスさんのお誕生日をお祝いした 6╱7 東黒森山と西黒森山(山形・白鷹丘陵 )、ブユの大群が凄かった 6/19 浅草岳から鬼ガ面山(福島・会越国境)、マツムシソウが美しい 8/14 以東岳(山形・朝日連峰)、鮮烈な紅葉を独り占めした 10/10 大東岳(宮城・二口山塊)、薮の縦走を満喫した 11/3 家形山から三方倉山(宮城・二口山塊) などが記憶に残る山行となりました。

今年は特に内省的な心情を吐露した記事にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。来年は穏やかな年になって欲しいものです。 


おまけの動画(2011年総集編)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
SONEさんの記事は「いいです」ばき☆ <まとめすぎました。

「こいつ、学があることをひけらかしてるな」と思わせたりする内容であっても「なるほどね〜」とうならせる とでも言いましょうか。わかりやすいし、ひきこませるし はい。

当方、母は喜寿で元気なのですが、父とは13で死別しました仕事中の事故の3日後、46で。今、自身がその年になろうとしてます。おやじの分までこの世をたのしんでやろうと胸に秘めながら歩いていければいいな。
ハタノ
2011/12/31 07:26
震災による中断や介護・ご不孝もありましたが今年の山行72回とは!
回数もすごいですが山行地のチョイスが素晴らしいですね。さすが。
来年もこだわりのレポート楽しみにしてますよ。
morino
2011/12/31 09:29
年間72回ですか、凄いですね。精力的に山に登りその記録をビデオに残したりブログにUPしたりそれにかける時間もかなりのものと思います。なかなか出来ることではありません。
それだけに見応えのあるブログで閲覧者も多いのだと思います。
いつも東北の山々を居ながらにして楽しませていただいています。
今年は大震災や最愛のお母様を亡くされるなど大変な年でしたが自然を愛するSONEさんに栄光あれ!
ミニミニ放送局
2011/12/31 10:29
72回でしたか、私は通年の3/4でした。
そのうち何回か同行できて良かったです。
行けば行くほど味がでるSONEさんのお山、来年も期待しますよ。
まずは体を休めてください。(^o^)
マロ7
2011/12/31 10:42
ハタノさん、拙ブログをお褒めいただきとても恐縮しております。
よく書き過ぎだ! と言われますが、自分自身の勉強を兼ねていろいろ書いております。
それに遊びに来てくれた方々にも、何かしらのお土産を持っていって欲しいと思っております。
ハタノさんのお父様は、そんな早い時期に亡くなられたのですか、ご家族で苦労されたことでしょうね。
どうぞお母様の事を大切にされて、お父様の分まで人生を楽しんでくださいね。
SONE
2011/12/31 12:44
morinoさん、今年はいろいろお世話になりました。
山行72回は少ない方でしたね。登った山の数では過去最高が137山の年がありました。
動画を撮る様になってから、未登の山ばかり目指す事に執着しなくなりました。
来年もまたご一緒したいですね。
SONE
2011/12/31 12:50
ミニミニ放送局さん、励ましのお言葉ありがとうございます。
動画を始めるようになって、山の楽しさがより増した感じがしております。
確かに撮影から編集まで時間がかかりますが、山の臨場感が静止画とは違ってきますね。
多くの方々に拙ブログを見て頂いて感謝の気持ちでいっぱいです。
マイナーな山に関しても閲覧される方が増えてきております。
来年は穏やかな年、いい年になって欲しいものです。来年もよろしくお願い申し上げます。
SONE
2011/12/31 12:55
マロ7さん、やっと心身の疲れが取れてきましたよ。
マロ7さんにとっても震災はお仕事の面でも、ご自宅の被害についても大変な一年でしたね。
でもお孫さんの誕生と、可愛いマロニちゃんとの出合いは最高だったと思います。
今年はあまりご一緒できませんでしたが、来年はまたマイナー山にご一緒したいですね。
SONE
2011/12/31 12:58
本当に色々な事があった平成23年でした。
来年は穏やかな年になって欲しいですね。

お世話になりました。来年も宜しくお願いします。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
みいら
2011/12/31 17:49
みいらさん、今年もお世話になりました。
来年は穏やかな年になって欲しいものです。
来年もよろしくお願い申し上げます。
SONE
2011/12/31 18:22
SONEさん大変な年でしたね。
船形山で偶然に出会えてよかったです。いつかはと思っていましたから。
来年、どこかの山に登りながらたくさん話がしたいですね。
良い年をお迎えください。
yuji
2011/12/31 21:33
yujiさん、本当に大変な一年となってしまいました。
船形山でお声をかけていただき、こうしてコメントのやりとりをする様になって良かったです。
来年は是非ご一緒したいですね。良い年をお迎えください。
SONE
2011/12/31 22:24
SONEさん、2011年があと少しです。
時間というのは刻々と流れるものですね。

焼石がベスト10入りしてて光栄です(^_^)
ありがとうございます。
ナカシィ
2011/12/31 23:48
ナカシィさん、よいお年をお迎えでしょうか。
今年もよろしくお願いします。
焼石岳は閲覧数も多く、人気の高さが分かりますね。
SONE
2012/01/01 17:45
 アッ!SONEさんだ
船形山で(紅葉期に)お声掛けさせていただいた者です。
画像や動画、いつも興味深く拝見させていただいてます
今度はどこへ行こうかな? と思った時にはすごく参考になってるんですよ。
 去年は僕も身内で不幸があり辛い年でした。
今年はお互いに良いことが沢山あるといいですね。
 では またどこかの空の下で会いましょう!!
イマーノ
2012/01/01 20:47
イマーノさん、船形山ではお声掛けいただきありがとうございました。
拙ブログを山行計画の参考にしていただき恐縮です。
イマーノさんの御身内もご不幸に会われましたか。お互いに辛い一年でしたね。
新年になって気持ちも落ち着いてきましたので、少しずつ再始動していくつもりです。
SONE
2012/01/02 16:35
SONEさん、こんばんは
やはり2011年の記録がトップでしたか。私も一番チェックします。過去5年分はよく開いて参考にさせていただいています。ありがとうございます。
実は昨日も七つ森の奥に出撃しましたが…林道で道迷いしてしまいました。なぜなら…赤崩山の下を通る林道、崩壊してましたので。ご存知でしたか。その奥の山を目指していたので、別の林道に回ったら見事にロストしまして、山中彷徨しました。今度はもう少し広めの地図をもって再チャレンジです。
山と花ととっても勉強になります。樹木にも詳しくないので、ブログの中に木の種類などを書いてくださると助かりますけど、要望多過ぎですね(笑)
いろいろご多忙でしょうが、山に行けるようになりましたら、また楽しい記録を心待ちにしております。
k4
2012/01/04 20:28
k4さん今晩は。
昨年の山初めが泉ヶ岳でしたが、今年よりは雪があった感じがします。
赤崩山方面の車道、他の方の記録を拝見しますと確かに崩壊して通行できませんね。
高倉山を目指されたのでしょうか。崩壊地からだとかなりな距離がありますね。
実は私も樹木には余り詳しくないのですよ。特に葉が落ちた頃はお手上げです。
今日も区役所、銀行など数か所を回ってきましたが、いろいろ事後の処理が煩雑ですね。
寒中見舞いも出さねばならないので忙しくしております。しばらくはハードな山は無理でしょうね。
SONE
2012/01/04 22:39
再度失礼します。
私も年末年始の休業をはさみ、今日銀行で最後の手続き終了したばかりでした。本籍地が遠いので郵便でのやり取りが複数回、時間がかかりました。まだ形見分けをしておりませんが、それはゆっくりと。49日が過ぎると少しゆっくりできますよ、多分。でもお父様のお世話もあるので本当に大変だと思います。お察し致します。

赤崩の南面、雪がかなり少ないので高倉の南東尾根もしかして藪がまだ出ているのではと思いました。行くのはもう少しあとにしようかなと。でもあの三角形は登りたくなりますね。写真だけ沢山取りましたが、登っていないので発表の場がありません(笑)
k4
2012/01/04 23:11
k4さん今晩は。
全て同じ役場で事務処理が可能なら簡単だったでしょうね。お疲れさまです。
母の形見は余り多くないので、きものなどは妹に全て渡すつもりです。
遺品の整理は追々ゆっくりやっていくしかないですね。
今日は父を病院に連れて行きましたが、心臓に少し懸念があるそうで、2週間後に検査が入ってしまいました。
赤崩の南面は厳冬期でも雪がない場合が多いみたいですよ。初回に南面の岩場を強引に登りましたが、かなり無茶なことをしたと思っています。高倉山の山頂は泉ヶ岳の展望台ですので、是非登ってみてくださいね。
SONE
2012/01/05 17:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年の登山を振り返って 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる