東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.2.19 鹿狼山(福島・阿武隈山地)

<<   作成日時 : 2012/02/20 18:21   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

週末の度に冬型の気圧配置となり、脊稜山脈は荒れた天気が予想されるので、なかなか雪山に行けない。
こんな天気の日は阿武隈の浜通りの山が陽だまりハイクを楽しむのに持ってこいだ。
しかし最初に予定していた四方山〜黒森山の周回は、亘理町周辺の雪雲が飛ばずに、雪が降ったりやんだりを繰り返しているので諦め、お馴染の鹿狼山に河岸を変えた。

【 2/19 鹿狼山(430m) 福島・阿武隈山地 】
鹿狼山登山口〜樹海の森〜鹿狼山〜ケヤキの森〜バンビリンゴ団地〜車道〜鹿狼山登山口

鹿狼山は浜通りの阿武隈山地で有数の展望が良い山である。
今年は行われたか不明であるが、毎年元旦に初日の出登山イベントが催され、多くの参加者で賑わっている。
私自身、数えきれないほど登っているが、何回登っても展望の良さに感心してしまう。

鹿狼山の新地町側は近年数か所から登山道が整備され、縦走しても良し、周回しても楽しいコースが数多くある。
今回は今まで歩いたことのないケヤキの森コースを下って、車道を歩いて登山口に戻る段取りだ。

登山口の駐車場にはちょうどお昼ごろに着く。
流石に人気の山なので、駐車場には多くの車がとまっていた。
入口の左側に掲示板があって、コースの概略が書かれている。
その中で目に付いたのは「3.11 in 鹿狼山 追悼・復興登山」のコピー。
「東日本大震災で亡くなった方々への追悼と、東北の復興を、太平洋をのぞむ鹿狼山山頂から祈願します。」と言う趣旨と、日時:3月11日(日)。11時30分駐車場集合。14時46分黙とう。参加料無料。主催:福島県登山ガイド協会の内容が記載されていた。

登山口の鳥居を潜って入山する。これから後の記事は有名山なので簡単に…
画像


登りの石段を嫌って、毎度登っている樹海の森コースを登る。
画像


東屋のあるところから目指す鹿狼山が望める。
画像


登山者が多い山なので、登山道の雪が踏まれて凍っているところが多い。
画像


物足りないぐらい呆気なく山頂に到着。
相馬港方面の圧倒的な展望が開ける。
画像


山頂の鹿狼神社。
画像


山頂のテーブルでお昼休みとした。思ったほど寒くない。
画像


マスさんお手製のウィーン風タルト。コーヒーを飲むながら食べると美味しい
画像


少し下がったところの方が展望が開けている。
ここからの展望は高度感抜群だ。
画像


南東の相馬市街地。
画像


松川浦を外洋から仕切っていた砂洲の松は津波でほとんど失われたみたいだ。
画像


山頂から北側の急斜面を下るところが凍っていて難所となっていた。
ポールとロープにつかまりながら慎重に下る。
難所が終わると土塁に沿った雑木林の気持ち良い道となる。
画像


風が当たらない陽だまりはほっとする。
画像


ケヤキの森コース分岐から振り返った鹿狼山。
画像


ケヤキの森コースは伐採された南斜面にケヤキを移植したところと解される。
展望はすこぶる良く。快適に下っていくと……

突然、携帯電話の緊急地震速報が鳴って驚く。
午後2時54分。茨城県北部で震度5弱の地震があったらしいが、斜面のトラバース中だったので焦ってしまった。
慌てて小尾根状のところに避難して様子を見る。。。。でもほとんど揺れが感じずに一安心した。

下山口近くで見上げた鹿狼山は遅い午後の日でシルエットになっていた。
画像


林道を下ると「バンビリンゴ団地」と名前が付けられたりんご園を見て下るようになる。
バンビは鹿狼山の鹿から命名したらしいが、英語と日本語の混じった名称はセンスの無さを感じる(笑)
車道に出てからは意外と時間がかからずに駐車場に戻れた。
お弁当を広げに行くには最適の山であった。

GPS軌跡です。

画像



動画です。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわSONEさん。昨日は山に登ってたんですね!眺めの良い山ですね、難易度も高そうでは無いように思えましたが、私レベル向きでしょうか(笑)?!
こちらはcafe tomさんと松島の馬の背を撮影してきました!勿論SONEさんの御ブログを読み心踊り早速の行動。面白かったです。渡るとき一部細い部分があるでしょう、あれ私少し怖かったです。。。
今週末は「山寺」決行です。墨絵撮れるかな(大笑)
SONEさんの情報は同県に住む私達にとって貴重な情報源であります。感謝しております。
とむかの
2012/02/20 20:32
とむかのさん今晩は。
昨日は天気が芳しくなかったので海に近い山に行きました。
登山道は遊歩道的に整備している山ですので、冬でも登る人が多いです。
但しあちこち道が凍っているので、ストックは必要でしょうね。
松島の馬の背に早速行かれましたか。近場ですけど今までと違った松島が体験できたでしょうね。
次週の山寺は穏やかな天気だったら良いですね。
最近は週末ごとに天気が悪いので近場の観光地で遊んでおりますが、それが参考になって何よりです(笑)
SONE
2012/02/20 20:53
こんばんは!
鹿狼山は大好きな山です。
海を見ながら登れるなんて贅沢な山ですよね。
思えば去年の初詣が鹿狼神社でした。

故郷 福島の景色を見ることができて、とてもありがたいです。

今年は雪が多いみたいですね。
どうぞ、お気をつけて。
B
2012/02/20 23:58
鹿狼山は展望の取れる良いところですね。
2年前の七峰縦走以来行っていませんが、そのうちどこかの山と合わせて行ってみたいものです。
この頃コメント送ろうとするとエラー表示が出ます。一晩過ぎると大丈夫なのですが、ウェブリブログと相性が悪いのかな?
morino
2012/02/21 07:34
初詣で行きましたが、
山自体はなんら変わることなくソコにありましたね。
ココから南の阿武隈は、ちょっと足踏みだけどね(苦笑
タッシー
2012/02/21 11:50
Bさん今晩は。
冬の陽だまりハイクに鹿狼山はうってつけの山ですね。
大海原を眼下に見る山歩きは最高です。
しかし山頂から見下ろす海岸線は津波被害が見て取れ、悲しさも感じました。
今は東京におられるのでしょうが、時々故郷に帰ってきたくなるのですね。
SONE
2012/02/21 17:25
morinoさん今晩は。
ここ最近、ウェブリブログに関していろいろトラブルが多くて困っています。
恐らくコメント送信時に何らかの不具合が発生した可能性がありますね。
鹿狼山周辺、特に丸森町には登って面白い山が多いですから、是非また再訪できればよいですね。
SONE
2012/02/21 17:28
タッシー今晩は。
やはりタッシーにとってはこの山が新春には外せないよね。
登山道以外は沢筋が急なんだけど、どこも崩落していなかったね。
本当はここから南の浜通りの山に行きたいのだけど、全て原発の避難地域にかかっているからねぇ
SONE
2012/02/21 17:31
鹿狼山といえば、鹿と狼がいたのでしょうね。
数日前、明治時代に絶滅した日本狼が秩父山中にいると放映されていました。
福島の虎捕山の神社も狼を祭ってありましたね。
地名は何かを物語っておりますねぇ。
マロ7
2012/02/21 18:42
マロ7さん今晩は。
私の父は戦争後に丸森町の鹿狼山の麓に疎開してきました。仕事で帰宅が遅くなり山道を歩いていると暗くなったため、灯りを頼りにとある民家に立ち寄ったそうです。その家で款待され、布団に入ると翌日の朝、何もない森の中で寝ていたそうです。きっとタヌキに騙されたのでしょうね。
そんな土地柄なので昔は狼がいても不思議ではなかったと思います。
SONE
2012/02/21 19:26
こんばんは。NYAAと申します。私は、昨年の2/27に深山、鹿狼山、羽黒山、鎌倉山、岩岳に登りました(笑)

鹿狼山は、同じコースをたどりましたが、ケヤキの森コースは里山としては最高の雰囲気だと思いました。こんなに空気が澄んでいなかったのが、ちょっと残念でしたが。

ところで、3/11に鹿狼山で震災復興イベントがあるようですね。
NYAA
2012/02/22 19:21
NYAAさん今晩は。
一日に5山回りましたか。
ケヤキの森コースは伐採された後、ケヤキを植林したそうですね。
展望抜群のコースだと感じました。
3/11の鹿狼山での震災復興登山は誰でも参加できるそうですよ。小雨決行だそうです。
SONE
2012/02/22 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.2.19 鹿狼山(福島・阿武隈山地) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる