東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.3.11 岩山(栃木・鹿沼市近郊)

<<   作成日時 : 2012/03/12 22:59   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 18

風邪がやっと直ったが、天気が悪いので雪山は止めにして、今が見ごろのセツブンソウを見に栃木まで遠征した。
そしてついでの一山に鹿沼市近郊の岩山に登ってきた。

【 3/11 岩山(328m) 栃木・鹿沼市近郊 】
日吉神社〜C峰〜三番岩〜二番岩〜岩山(一番岩)〜猿岩〜巻き道〜入山峠〜東山麓〜日吉神社

マスさんにセツブンソウを見せたくて栃木市の星野の里にあるセツブンソウ自生地に行ってみた。
しかし天気予報が外れ、到着した午前9時ごろは生憎の雨降り。
傘を差しながらのセツブンソウ見学写真撮影となる。

でも宮城では未だ咲いていない紅梅の花や、
画像


画像


今が盛りと咲いているセツブンソウを見る事ができて満足満足…
画像


画像


少し北側に位置するレストランの庭が解放されて、黄色い園芸種のセツブンソウも咲いていた。
でもこちらは雨降りだったので、花びらが開かずにちょっと残念だった。
画像


その他、ロウバイやマンサク、フクジュソウなども咲いていたが、どれも終盤であった。



セツブンソウ見学が終わる頃、雨もやっと止んできた。
そこで当初の予定通り鹿沼市近郊に位置する岩山に車を走らせる。

カーナビで日吉神社の場所は直ぐに分かったが、その境内まで行く道が分からない。
東側や西側を右往左往して、異常に狭い車道を見つけて、南西側から回り込んでいくと、やっと日吉神社前の駐車スペースまで行けた。
群馬ナンバーの登山者と思われる車が4〜5台駐車していて、空きスペースは一台分であった。

道中の安全を祈って日吉神社にお参りする。
画像


一旦車道に戻り、少し西側の位置にハイキングコースの入口があった。
最初はヒノキ林の穏やかな登り。その後、次第にA峰の岩峰が眼前に立ちふさがってくる。
画像


A峰とC峰の中間の岩場を登る。凝灰岩に足場が刻まれているが、ロープなどの補助は一切ない。
1時間前まで降っていた雨の影響で、凝灰岩の足元が以上に滑るので、一歩一歩気が抜けない。
画像


B峰では群馬の岳人?がロッククライミングをやっていた。
ちょうどB峰から懸垂下降するところで、この後で一番岩まで縦走するらしい。

C峰の上はベンチが置かれ、最高の展望台となっていた。
でも濡れた岩が滑るので、あまり派手に動き回れない。
画像


C峰から登山ルートを見下ろす。ロッククライミングをしていた面々が登ってくる。
画像


ハイキングコースと言われるルートなので、大した難所はないと思っていたが、ここから先はアップダウンが激しく、しかも岩場を縫う様にルートが続いていて飽きさせない。
画像


二のタルミ手前の岩峰。相変わらず濡れた岩が滑って気が抜けない。
画像


14段の鉄梯子を登る。この先の岩の下りも悪い。
画像


画像


二番岩を過ぎて、右手に岩塔が見えてから雑木林の斜面を一登りすると、やっと一番岩(岩山山頂)に到着する。
三番岩からたった1km足らずの縦走路であるが、標高や奥深さでは測れないスリルのある縦走路であった。
画像


岩山山頂の展望は素晴らしい。
西側には雪を抱いた低山が連なっている。北西には日光連山も見えるらしいが雲がかかっていた。
画像


西隣には双耳峰:二股山の姿が。
画像


南側には越えてきた二番岩などの岩山縦走路。
画像


東側は鹿沼市街地。
画像


流石に関東の低山は寒くないので、久しぶりに腰を落ち着けて休憩した。
マスさんお手製のサンドイッチとフレンチトーストが美味しい!

一番岩の直ぐ北側の岩場には胎内くぐりと命名されても可笑しくない岩穴があったので、二人で空身で潜って遊ぶ。
画像


ここから稜線を進むと猿岩にでるらしいが、最初は左手の赤テープに導かれて、間違って西側に下ってしまった。
途中で間違いに気が付いて引き返す。

胎内くぐりまで戻って左折。忠実に稜線を進むと…
岩場の突端に出て、北側の展望が一気に開ける。ごつごつした岩場が目立つ古賀志山が一望だ。
画像


眼下には広陵ゴルフ場が見える。プレーしているゴルファーの声も聞こえた。
画像


さて本コース一番の難所:猿岩であるが、雨天時には滑りやすく危険! のガイドは正にその通りであった。
下が見えない程急な一枚岩の鎖場で、試しに10m程度下ってみたが、足元がつるつる滑り、完全に腕力に頼らないと下れる状態ではない。この岩場は最下部まで落差50mは優にある。
腕力のある私は可能だが、女性のマスさんは足を滑らせたら、腕だけでは衝撃に耐えられないので危険。
諦めて木につかまって薮漕ぎで上に戻った。
小さな下りの巻き道も存在するが、つかまるための木が途中で切れていて、岩場が滑るのでこれも無理。
いろいろ対応策を考えている内に、後で猿岩の写真を撮り忘れている事に気が付いた(笑)

そこで一のタルミからのエスケープルートに戻る事も考えたが、少し戻って観察すると、不確かな巻き道が右手に見出せた。これならいける! と思い下ってみる。
途中で多少危険なところもあるが、直降り〜右トラバースを3回繰り返すと、件の猿岩の基部まで辿りつけた。

下から遥か上に続く猿岩の岩場を撮影する。(手前の木にピントがあってしまったが雰囲気は分かるか。)
画像


そこから入山峠は直ぐ。
右折すると広陵ゴルフ場の脇の道に出る。
シャンクするショットに注意しながら足早に通り過ぎると、岩山の東山麓に続く車道に出た。
後は日吉神社に戻るだけ。麓から見る岩山は単なる里山にしか見えなくて、難路を想像することは難しかった。
画像


しかし山椒は小粒でもぴりりと辛い、を地でゆく肉食系の山であった。


GPS軌跡です。

画像



動画です。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
セツブンソウきれいですね。
それにしても岩山って名前のまんま。(笑)
おっかない50メートルの鎖場があるのにハイキングコースとは、栃木県人恐るべし!
morino
2012/03/13 20:56
morinoさん今晩は。
雨が降っていたのでセツブンソウの花の写真は難しかったです。
岩山は最初はハイキングコースと侮っていましたが、雨に濡れた岩場がつるつるなので、難易度の高い山歩きになってしまいました。50mの猫岩の鎖場は今回の状態では通過不可能でしたね。
SONE
2012/03/13 21:32
 鹿沼の岩山をチョイスとは・・通ですね!。遠征お疲れ様でした。星野の節分草、アチコチに群生地があるので、見頃の所があってよかったです。見頃過ぎや散り花は、あっけないほど消え去ってしまいますから。
 みかも山もそのうちゼヒ。
テントミータカ
2012/03/14 00:29
おっ、遠征してきましたね。
高速、今月だけがチャンスですが何か見逃しですなぁ〜。
里山ばがらこの岩山は魅力ですねぇ〜。(^o^)
セツブンソウは宮城にはあるんでしょうか。
マロ7
2012/03/14 07:01
セツブンソウは関東以西に自生しているそうです。ですから、仙台からは見学のツァーがあります。今年はもう終わりのようなので、来シーズン参加しようと思います。
写真も素敵ですが、実際に見てみたい花です。
岩山ハイキングは面白そうですが、一般的なツァーにはないでしょうね。
momo
2012/03/14 17:15
テントミータカさん今晩は。
ミータカさんのブログを参考にしてセツブンソウ見に行ったら、ぎりぎりセーフの状態でした。
雨がなかなか降り止まないので、みかも山も候補の山だったのですが、雨が上がったので岩山に登ってしまいました。栃木は花の名所が多くて、特に今の時期は見どころが多いですね。
SONE
2012/03/14 20:45
マロ7さん今晩は。
高速が何時もの値段になると、栃木までは結構な金額になるので、慌てて遠征してしまいましたよ。
岩山は標高から見ると里山なんでしょうが、歩いてみるとミニ霊山って感じの山でした。
セツブンソウは栃木が北限で、東北に自生地は無いのですよ。
SONE
2012/03/14 20:48
momoさん今晩は。
おっしゃる通りセツブンソウの今回の自生地がほぼ北限だそうです。
仙台からのツアーは初めて知りました。この花を見たい方が多いのでしょうね。
初めて見たときは花の美しさに魅了されましたが、かなり小ぶりな花なんですよ。
岩山には地元の小学生の手作り看板がありましたが、実際に登っているのか心配になりました。
濡れていると、本当につるつるの岩質なんですよ。故に大人数のツアーには向かない山でしょうね。
SONE
2012/03/14 20:53
岩山その名の通りでしたね。まさにミニ霊山。セツブンソウ綺麗ですね。本物見てみたいです。しかし、春ですねー。
87ワ
2012/03/14 21:17
87ワさん今晩は。
病み上がりなので、無理しないでお花見山行をしてきました。
岩山の岩質は霊山と似ておりましたよ。セツブンソウは最初に埼玉の山で見て大好きになりました。
やっと春らしい陽気の日が増えてきましたね。
SONE
2012/03/14 21:30
SONEさんこんばんわ。スゴイ山に登りましたねー。
岩山のネーミングそのままの「岩」だらけなんですね。
この肉食系山にチャレンジ☛私は当然無理です(大笑)だって七つ森の鉢倉山の岩場横歩きロープを15分かけて乗り切った弱者ですから・・・・アハハ
改めて敬服致します。記事としてとっても楽しめました^^
PS:お誕生日コメント、ありがとうでした〜
とむかの
2012/03/14 21:38
とむかのさん今晩は。
ハイキングコースと思って入山しましたが、かなり難易度が高い山でしたね。
どこまでも岩場を縫って歩く道が続いていました。
岩場歩きは慣れてくると簡単に歩けるようになりますよ。誰でも最初は恐ろしく感じますね。
SONE
2012/03/14 22:02
SONEさん
ご無沙汰しております。
今年も懲りずに蔵王(今年は山形ライザから)に行きましたが山頂手前からホアイトアウトで樹氷は楽しみましたが途中で引き返しました。

星野に9時ごろですか!!!
我が家も9時過ぎに到着しました。
ポツポツと観察している方が見えましたがその中にいらしたんですね。 
節分草は今回、初めて見ましたが透明感がある花弁にうっとりしました。

izumi
2012/03/15 18:11
izumi さんご無沙汰しておりました。
蔵王の樹氷は我々地元の人間でも晴れた空の下で見るのは難しいんですよ。
星野の里には午前9時30分までセツブンソウの写真を撮っておりました。
お互いにお顔は存じていませんが、残念でしたねぇ。
次に訪れる時には別の自生地に足を伸ばしてみたいものです。
SONE
2012/03/15 18:47
猿岩は、一般登山道では、日本一難しいと思います。最後に垂直の壁があるのが、また曲者です。なお、古賀志の岩場、鎖場なら、ちょくちょく歩いております。ご希望があれば、ご案内いたしますよ。
NYAA
2012/05/28 22:37
NYAAさん今晩は。
>猿岩は、一般登山道では、日本一難しい、は納得できる表現だと思いました。
岩が乾いている時なら腕力頼りで何とか降りられそうですが、女性には危険過ぎますね。
古賀志山は山容を見ていると縦走したくなってきますね。
機会があれば登ってみたい山です。
SONE
2012/05/29 20:16
ここは、結局、最後の壁が常にぬれているので、危険です。鎖にたよりきって、腕を伸ばして懸垂みたいにして降りれば、比較的楽に下りられますが、普通に三点支持しようなんて、勘違いする人は落ちるでしょうね。ちなみに、11月の黄葉は素晴らしいです。
NYAA
2012/05/31 22:58
NYAAさん今晩は。
下から壁を眺めたら湿って滑滝状に見えていましたが、何時もあんなに濡れていると本当に難しいですね。やはり腕の筋力や握力がない人は危険過ぎますね。
市街地から直近の山なのに、こんな難しい山があるなんて驚きです。
SONE
2012/05/31 23:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.3.11 岩山(栃木・鹿沼市近郊) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる