東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.3.14 田代高原680m峰(宮城・田代高原)

<<   作成日時 : 2012/03/15 22:20   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

宮城県北西部、加美町(旧宮崎町)の山形県境付近にある山々を田代高原と言う。
北部の田代峠では1968年(昭和43年)冬に、航空自衛隊松島基地(宮城県)から訓練の為飛び立った2機のF-86F戦闘機の内1機が謎の墜落事故を起こし、この「事故」をきっかけに田代峠はUFO目撃多発地帯としてワイドショーや雑誌等を賑わせることとなる。
県境には唯一翁峠という高原的な逍遥を楽しめる山があるが、その他の山には登山道はなく、一般登山者には全く顧みられない山域である。


【 3/14 田代高原680m峰(宮城・田代高原) 】
寒風沢集落〜大久保沢砂防ダム〜林道の橋〜陸羽幹線送電線鉄塔〜680m峰(往復)

この山域は前出の翁峠(翁山)の他に、田代峠、大倉山565m、みみずく山862m、奥羽山766m、鳥屋山449mなどの山に登った経験があるが、登山道がほとんど無い山ばかりで、しかも派手なところが全く無い山域でもあり、登山記録を見出すことは難しい。
船形連峰から栗駒山までの(所謂、裏仙台山脈)県境を歩いた記録が多少見出せるのみであり、単体で一山一山を目指す登山者は皆無に近い。


以前からこの山域に目を付けていたが、山奥まで林道が深く入り込んでいるが、アプローチが異常に長いと予想されるため、行くのが躊躇われていたのである。
しかし天気が良さそうなこの日、急に出かけてみたくなり、あわよくば東大森まで行く予定で家を出た。

旧宮崎町の寒風沢地区の除雪終了地点に車を止める。
この地域は宮城県一の豪雪地帯として知られ、駐車地点でも積雪は1.5m近くあった。

奇妙沼方面に行くスノーモービルのトラック跡を離れて、大久保沢に沿った林道を歩く。
ワカンとクロカンの二つのトレースがあり、渓流釣りに来ている方のものと思われた。
南西には険しい山容の大倉山が聳えている。
画像


右の斜面から大きなデブリが林道を乗り越えている場所を通過する。
まだ落ちそうな大きなブロックもあり、雪解けが進むと更に危険な個所となりそうだ。
(それ以外に雪崩が発生しそうな個所が数カ所あった。)

道が大きく右に回り込むと大倉山の北岩壁が立ちふさがる。とても500m台の標高とは思えない光景だ。
画像


砂防ダムを越えた地点にクロカンの板をデポしており、そこから釣り師は沢に下っていた。
ここから先は単独でラッセルが必要。重い湿雪で、深いところではスノーシューが30cm程潜るので結構疲れる。

約1時間10分歩いて大久保沢の二俣に着く。橋を渡る手前に綺麗な滝が見られた。
画像


橋を渡って、直ぐに右斜面に取りつく。
林道の法面の急斜面は木につかまって登った。
やがて地形図にない林道が横切る。松ノ沢方面に深く入っている林道らしい。
ここから杉の急な植林地を喘ぎながら登ると、ブナの疎林に出る。
湿雪が膝まで潜り、一歩一歩足場を固めながらの登高に苦労する。
小ピークに乗り上げ、次のピークに陸羽幹線の送電線鉄塔がある。ここは東側の展望が良い。

一旦ヤセ尾根を下るとブナの美林帯に入る。
画像


登りきると次の送電線鉄塔。南側に聳える越後尻の平頂が目立つ。
画像


その後伐採された二次林を登る。密林に近いので山スキーには向かない斜面だ。
北側には雪庇が顕著な628m峰への尾根が目立つ。
画像


とても標高が600m台の山とは思えない雪蝕地形が顕著な登路。
画像


628m峰のジャンクションピークは東側の展望が開けている。
加美町の平野部が望まれた。
画像


南東方面には大倉山と、その右奥に薬莱山の眺めが広がっていた。
画像


標高が高くなれば悪雪が改善すると信じて登ってきたが、重い腐れ雪の表面がモナカで、一歩毎に足を抜くのも大変になってくる。
この時点で登り始めから3時間40分経過し、時間的にこれ以上進むのは無理なので、先の680m峰を最終地点としてラッセルを頑張る。
680m峰の北斜面は急角度に切れ落ちている。
画像


上の写真を撮った場所から眺めた県境の山々。
画像


南側が開けた地点では船形山が遠望できた。
画像


船形山のアップ。この方面から見る船形山は新鮮な感じがする。
画像


船形山の左手には北泉ヶ岳と泉ヶ岳が並んで見えた。
画像


ブナに囲まれた680m峰に到着。午後1時半。
悪雪の一人ラッセルでは、体力的に限界であった。
本当は1km強先に位置する東大森まで行く予定であったが、とても無理!
画像


山頂から少し北側に下がると北西側の展望が開ける。
真ん中の白い山が目標としていた東大森(三角点名は住吉森)。
画像


東大森のアップ。その右手には県境の田代山が見える。
画像


そして一番見たかった山が、この山域の最高峰:翁峠である。
画像


山頂は少し風が冷たいので、少し東側に下がった地点で昼飯にした。
その途中で北の空に白く浮かぶ栗駒山が確認でした。
画像


南側には険しい山容の山々が密集する荒神山界隈。
画像


県境の810m無名峰の雪庇は魅惑的に見える。
画像


カップ麺とおにぎりの簡単な食事が終わって、帰路についたのが午後2時。
気温の上昇から雪質はますます悪化して、緩んだ雪に下りの足が膝まで潜る。
一歩一歩引き出すのに苦労しながら下っていると、次第にスノーシューを履いたとき特有の股の付け根の筋肉が痛くなってきた。
林道まで下ったら更に痛みが増し、ストレッチをしながら歩くので時間がかかる。
車に着いたのは午後5時近く。夕日が差し込む時間であった。
画像


今回は目標の山に届かなかったが、初めて足を踏み入れたこの山域の全体像をつかむ事ができたのは収穫であった。
しかし標高が低い山域ゆえに、雪が落ち着く頃には薮漕ぎや雪堤の崩壊も予想され、アプローチの林道も雪崩に充分注意を要する必要がある。登る時期とタイミングが非常に重要な山と言えるであろう。
でも標高では測れない奥深さを秘めた魅惑の山域であった。

(注)今回は沢筋のアプローチに雪崩の危険性が高いため、GPSログはアップしませんでした。


動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいなーSONEさん!!・・・この言葉って本当に心から出る感想なんです。
経験値が違う!(当たり前だ〜)
いつも感心ばかりで変な奴と思わないで下さいね。心底、山の大先輩の記事をは〜は〜っ溜息付きながら読んでる私です。
とむかの
2012/03/15 23:18
とむかのさんこんばんは。
こんなマイナーな山域に入山するのは好事家としか言えないですよ(笑)
今回は雪崩の恐れが高い山でしたので、敢えてGPSの軌跡はアップしませんでした。
って、とむかのさんがチャレンジする山とは思えないですけどね(笑)
でも余り知られていない山の風景でも楽しんでいただければ幸いです。
SONE
2012/03/15 23:35
昔、バイクで鳴子に抜けるときによく通ったところだよ。
UFOは見なかったが、山菜の宝庫ではあったなあ〜
タッシー
2012/03/16 16:53
タッシーお久しぶり〜!
この界隈はオフロードバイクなら縦横無尽に走破できそうだね。
山菜はしこたま採れるだろうね。雪が多かったので乾燥ムキタケは無かったよ。
SONE
2012/03/16 17:45
田代高原は行きたいところですね。
UFOもだし、霊界スポッともあるみたい。
無名峰の雪庇には魅了されますね。
みみずく山も忘れてはいません。(笑)
マロ7
2012/03/16 18:59
マロ7さん今晩は。
定義の奥の高倉五山に少し似ている山域ですが、こっちの方が積雪が多くてワイルドですね。
最近はUFOの話題はまったく聞かなくなりましたね。
そのうち、みみずく山に案内しますよ。
SONE
2012/03/16 19:09
写真だけ見ると良い雰囲気ですが、コンディションが悪すぎましたね。
おっ「みみずく山」久しぶりに聞きましたよ。行ってみたいものです。
UFOは笹谷峠だけでは無かったのですね。知りませんでした。
morino
2012/03/16 21:28
morinoさん今晩は。
花房山の腐れ雪とはまた違った重い雪質に苦労しました。
みみずく山は一部で薮が濃いですが、何とか山頂まで踏み跡がありますよ。
この山域は一時期UFOの目撃談でTVを賑わせていたのですよ。その後は音沙汰なしですが・・・
SONE
2012/03/16 22:43
soneさん、お久しぶりです。
4日前に北の方から翁目指して歩いていたので、ちょっとびっくりしてコメントしました。
東大森とは745峰でしょうか。田代山は784ピークのことでしょうか。
この時期のこの標高の山は、雪質でかなり決まりますね。
破なしで歩けるのもあと半月くらいですね。
私は稜線で吹雪となり、大森山に転進してしまいましたが、まだまだ歩いてみたい魅力的な山域だと思いました。
体調戻られたようで何よりです。
kiyoshi
2012/03/16 23:03
kiyoshiさんお久しぶりです。
大森山のレポ拝見しました。岳人の3月号に翁山のガイドが載っておりましたね。
東大森と田代山はお察しの通りの山です。
田代山までは往復16.8km、累積標高差850mありますので、余程堅い雪質じゃないと届かないですね。これ以上遅い時期になると林道のブロック雪崩の懸念が多くなり危険性が増します。
今年は雪山にほとんど入っていないので、体力の低下が身にしみました(笑)
SONE
2012/03/17 10:25
SONEさんならではの山ですね。プロ中のプロですね。
それにしても写真の綺麗なこと、ため息が出ます。
私は16日に後烏帽子に行ってみました。登山届けを出す時に踏み後があるか尋ねたら、スキーヤーが行ったというので、安心して登りました。雪は重く、ワカンでスキーの跡を歩くのはなかなか大変でした。
山頂からは、鳥海山や朝日まで望むことができ、風もなく暖かだったので一時間近く滞在しました。熱々のおにぎり(ホッカイロ使用)をゆっくりいただきました。
写真も沢山撮ったのですが、露出を間違い全滅でした。それだけが悔やまれました。
でも、条件が良かったので一人でもこの時期に登れたのだと思います。
momo
2012/03/17 14:16
momoさん今晩は。
私の好きなマイナー山全開の山でしたね(笑)
写真はスノーシューでしたので、景色が開けた場所に移動し易く、撮影も楽でした。
後烏帽子に行かれましたか。あの標高でも雪が重かったですか。
やはりラッセルが楽なのはスキーだと今回は痛感しました。
風がな天気が良い後烏帽子は立ち去りがたい風景を見せてくれますね。
写真の露出が失敗しましたか。ISOの設定を間違ったのでしょうかね。
SONE
2012/03/17 18:30
SONEさんのエンジン復活ですね。
田代高原は夏に仕事で入ったことがあり、険しく、薮薮のイメージです。
この時期に単独でというSONEさんさすがです。雪で覆われているから行けるということでもありますね。
yuji
2012/03/18 11:00
yujiさん今晩は。
重い湿雪でラッセルがきつかったですが、ほぼ元の体調に戻りました。
田代高原は夏場はみみずく山に登りましたが、ネマガリダケが繁茂して薮漕ぎの部分もありました。
この山域は登山者に見向きもされないところですが、こういった山が一番好きなんですよ。
でも雪がないと全く手も足もでない山域ですね。
SONE
2012/03/18 18:18
SONEさん、こんばんは。
UFOのお話知りませんでした。笹谷峠にもあるのですか\(◎o◎)/!
夢があって(?)良いです〜。
SONEさんの探検はいつもすごいですね!
ナカシィ
2012/03/18 20:28
ナカシィさん今晩は。
田代高原のUFOは今から30年以上も前の話題ですから、知っている方のほうが少ないでしょうね。
福島の千貫森はUFOの目撃談が多くて、UFOの資料館もありますよ。
今回の山は完全に偵察の範囲を出ませんでしたね(苦笑)
SONE
2012/03/18 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.3.14 田代高原680m峰(宮城・田代高原) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる