東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.4.1 高柵山から大平山(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2012/04/02 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

仙台市の水がめ:大倉ダムの東側にぽこぽこした形の低山が集まっている。
大倉ダムを支えている岩壁を有するのが高柵山。その奥には私が未踏の小さな山があるので、今回はその全てを一気に歩いてきた。(尚このコースはマロ7さんの山行記録を参考にさせていただきました。)

【 4/1 高柵山(470m) から大平山(475m)周回 宮城・船形連峰 】
切払〜高柵山〜岩倉山〜吹越山〜大平山〜作業道三差路〜沢〜切払

高柵山の登りは切払地区の関さん宅のお庭を通らせてもらって入山する。
関さん宅のワンちゃんが盛んに吠えているが、近づくと小屋の中に逃げてしまった。

関さんの家に一声かけて宅地内を通らせていただく。
登り始めに数基の石碑が佇んでいた。
画像


少し登ると笹藪が濃くなる。正規のルートは直進して尾根に乗るが、薮漕ぎが嫌なので左手にトラバースして登り易い斜面を見つけた。
そこから右トラバースして正規の尾根に乗り上げる。
この尾根は木につかまらないと登れないほどの急登だ。
画像


尾根上はシロヤシオが多い、花期には綺麗な花を咲かせてくれることであろう。
急登ゆえに効率よく登ると短時間で高柵山山頂に着く。
三角点があるが等級が書かれていないので図根三角点であろうか。
ザックを山頂に置いて、見晴らしのいい西側の岩場に行ってみる。

私が先行していたが、岩場にタヌキが一匹いた。写真を撮ろうと取り出して構えた瞬間にタヌキは移動してしまった。足跡をみると岩の隙間に入っていったらしく、この岩場がねぐらになっているのであろうか?

岩場の上から蔵王連峰が霞んで眺められた。
画像


南側は白沢五山、大倉山、青麻山が一望である。
画像


眼下には大倉ダム湖と中崎山。
画像


次は南側の離れた位置にある岩倉山に立ち寄る。
ツツジ薮が多少邪魔なところもあるが、あまり薮漕ぎしないで山頂に達した。
梢越しに先ほど登った高柵山が見える。
画像


雑然とした岩倉山では休まずに往路を戻る。
ツツジ薮を避けて尾根の西側にある作業道をすこし辿った。背後に岩倉山が見える。
画像


右手に高く聳える吹越山は杉林をシュートカットした。
釣り尾根上に出ると雪が深いために、杉林との境界線を歩く。
薮っぽい斜面を一登りで図根三角点がある吹越山山頂にでる。ここも雑然とした薮の中。
画像


腹がへったので休憩する場所を探すが、吹越山と大平山の中間の峰が雑木林で雰囲気が良い。
画像


ここで腰をおろして少し遅い昼食にした。
今日はマスさんお手製の中華ちまき。本格的なつくりでとても美味しい!
画像


途中、膝まで雪を踏みぬきながら大平山にたどり着く。
三角点がある山頂だが、樹林に囲まれて展望は一切ない。
画像


大平山山頂から北側の鞍部までは顕著な道がある。
鞍部は三差路に鳴っていて、メインのルートは南東の夜盗沢に下りる道だ。
しかし我々は車に戻るために西側の不確かな道筋を降りていく。

最初は作業道が見出せたが、途中で二手に道が分かれ、白テープのある沢筋に下っていくと完全に道が消失した。仕方なく沢を下るが、途中の沢筋は正面に高柵山が見えて雰囲気が良い。
画像


どう見渡しても作業道はなく、途中で薮を避けながら下る。
バイケイソウの新芽の緑が目に鮮やかに見える。
画像


小さな滝場を降りると、今にも壊れそうな鉄の階段があった。
それを注意して登ると荒れた農地跡に出る。段差と薮で歩き難いので再び沢に戻る。
画像


沢に下りてくる作業道を見つけて登ると立派な林道に出た。
本来はこの林道を降りてくる予定であったが、どこで道を失ったか皆目見当がつかない。

そこから車までは僅かな距離であった。
低山で展望が利く場所は限られていたが、短時間に数山を歩ける面白いルートであった。

GPS軌跡です。

画像



動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
>途中で二手に道が分かれ、
別な道が本筋でしたでしょうか?
いずれにしてもSONEさんならではの地形読みですね。
マスさんの中華ちまき、美味しそう!
morino
2012/04/03 13:01
morinoさん今晩は。
今回は分岐をテープに導かれて沢に下りましたが、左に分岐する作業道が何処に続くか皆目見当がつかないんです。下から見るととても道が続いているように見えませんでした。
結局、小沢なので大きな滝場はないと思っていましたが、実際その通りでした。
中華ちまきは山に持って行くのに最適ですね。冷えても美味しいです。
SONE
2012/04/03 16:31
ほんと、中華ちまきが美味しそうです。
ここのところ日曜日に天気が悪くなるという嫌なサイクルで、ゆっくり山歩きを楽しめませんね。
みいら
2012/04/03 19:36
みいらさん今晩は。
最近は山で美味しいものをいただいております(笑)
本当に週末ごとに天気が良くないですね。日焼けするほど晴天の雪山に早く行きたいものですね。
SONE
2012/04/03 20:27
あのワンちゃんには吠えまくられましたよ。
大倉ダムの真上だから景観がよかったね。
大平山の北側もつめられそうと思ってきました。
中華ちまきはいつ食べられますかな…(^o^)
マロ7
2012/04/03 22:05
マロ7さん今晩は。
あのワンちゃん、撫でようと近づいたら尻尾を下げて小屋に逃げ込んでしまいましたよ(笑)
高柵山だけは高度感のある景色が堪能できますね。
大平山の鞍部から北側に続いている作業路は何処まで続いているのですかね。
中華ちまき、マスさんにお願いしておきますよ。
SONE
2012/04/03 22:16
SONEさん、はじめまして。
いつの頃からか、ブログを拝見させていただいてます。
山歩き2年生です。
いつもマスさんの「お手製」につられ、「ほのぼのツーショット」
につられ楽しみに拝見しております。
私は個人で、たまに友人と歩いております。
これからも、見させて下さい。宜しくお願いいたします。
kenshin
2012/04/04 09:34
kenshinさん初めまして。コメントありがとうございます。
山歩き2年目ですと、出合うもの全てが新鮮で一番楽しいころですね。
「ほのぼのツーショット」に関してはお恥ずかしい限りですが、マスさんの手作り料理には何時も舌鼓を打っております(笑)
今後も拙ブログをよろしくお願い申し上げます。
SONE
2012/04/04 18:11
大倉ダムの岩山ですね。
ダムマニアにすれば、ダブルアーチ型の大倉ダムに人気があるそうです。
今日は蕃山に登りました。すっかり雪がなくなって、カタクリの中にはつぼみが出ているのもありました。やはり4月中旬以降ですね。イワウチワも期待できます。
yuji
2012/04/05 18:59
yujiさん今晩は。
大倉ダムは日本でも珍しい工法のダムだそうですね。
蕃山のカタクリの開花は秒読みに近くなっていましたか。
急に寒くなってしまったので、少し遅れそうですね。
この界隈は残雪が多くて、カタクリやイワウチワは蕃山より1週間は遅れそうです。
SONE
2012/04/05 20:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.4.1 高柵山から大平山(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる