東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.4.18 七ッ森:松倉山・大倉山・蜂倉山(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2012/04/19 17:33   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 13

リンク先のyujiさんクーさんのブログを拝見すると蜂倉山のイワウチワが見ごろを迎えているらしい。
午前11時から時間が出来たので、七ッ森の中でも花の多い松倉山〜大倉山〜蜂倉山を周回してきた。

【 4/18 七ッ森:松倉山(291m)大倉山(327m)蜂倉山(289m) 宮城・船形連峰 】
信楽寺跡〜松倉山〜境〜大倉山蜂倉山〜境〜梅ノ木平展望台〜おどろき展望台〜信楽寺跡

七ッ森は標高から言うと里山の範疇を出ないが、七つのポコポコした山の形が日本昔話を思わせるメルヘンチックな山である。
これらの山は何時登ってもそれなりに楽しめるが、一番の登山適期は早春の花々が咲く季節と思っている。

特に松倉山のカタクリと蜂倉山のイワウチワの群落は見事で、その二山を組み合わせ、
大倉山を入れた三山をのんびり歩いてきた。
しかしこの三山は展望がほとんどない山々なので、今回は花の写真を中心にアップしている。

信楽寺跡の駐車場には11時30分に着く。
直ぐに登山準備を整えて出発。まずは松倉山を目指す。
小川を渡ったところから松倉山と撫倉山が見える。鶯の鳴き声が聞こえて清々しい気分になる。
画像


杉林の急登。ここはガレていて登り難い。
道端にユリワサビの花を見つけた。
画像


早速お目当てのカタクリが出てくる。
画像


早くもニリンソウが咲き始めていた。
画像


雑木林に入り、急登が終わると更にカタクリの花が多くなる。ここは見事な花園になっていた。
画像


画像


松倉山山頂に到着。一等三角点の山だが、以前より展望がとれなくなってきている。
薬師如来に手を合わせて先を急ぐ。

鞍部まで降りるとエンレイソウが咲いていた。
画像


今回は撫倉山に登らないので途中の三差路を直進して境を目指す。
この途中は結構花が多く、撮影に時間がかかった。

道の脇にキバナノアマナが咲いている、しばらくぶりに見た花だ。
画像


アズマイチゲが咲いているが、写真はピントが合わず失敗だった。
この写真は別な場所で見つけたキクザキイチリンソウ。葉っぱの切れ込みと形状が少し違う。
画像


道に沿って蝶々が飛んでいる。おっヒメギフチョウだ。
止ったときに静かに近づいて撮影した。
画像


十字路になっている境を右折。大倉山を目指す。
岩交じりのジグザグの急坂を登るが、道の脇にシュンランが多く咲いていた。
画像


大倉山の山頂に到着。東峰は薬師如来があるピーク。
その北側には小規模ながらイワウチワの群落がある。
画像


山頂で軽く昼食をとる。ブユは纏わりついて煩わしい。
西峰には三角点がある。以前は笹倉山の展望が良かったところだが、今は木が伸びて写真に撮れなかった。
ここを直進して急坂を下る。前に歩いたときは踏み跡程度の道だったが、顕著な道に変わっていた。

杉林の中で七ッ森遊歩道と合流。
次の三差路は右折して北側から蜂倉山を目指す。

途中にバイケイソウの群落がある。冬枯れのセピア色の中を歩いてきたので、緑の鮮やかな色は新鮮に感じる。
画像


この付近で白いエンゴサクを見つけた。
最初はヤマエンゴサクもしくはミチノクエンゴサクかな? と思ったが、どちらも華奢な感じである。
しかしこの白いエンゴサクは花も葉っぱも大柄で、どうもエゾエンゴサクの白花だと思う。
画像


次の三差路を左折。遂倉山と鎌倉山の鞍部に至る道を右に見て直進。
また三差路があるが左折して蜂倉山に登る。

途中に大岩があり、その上から遂倉山が正面に見える。
画像


左手には梢越しに鎌倉山
画像


ロープが張られた小さな岩場を越えるとお目当てのイワウチワの群落が始まる。
丁度見ごろを迎えていた。
画像


画像


少し上部に登ると白っぽいイワウチワが多くなってくる。
画像


展望が利かない蜂倉山の山頂は休まずに通過。
降りる途中で撫倉山が見えた。
画像


ネコノメソウが咲く斜面をトラバースして七ッ森遊歩道に降り立つ。
ここから境まで戻るが、道中花が多くて楽しめた。
ヒトリシズカが集まって咲いているエリアがある。
画像


ヒトリシズカが咲いている付近に数種類のスミレが咲いていた。
綺麗なピンク色のスミレ。最初はアケボノスミレかな、と思ったが葉っぱが出ていて違う。
帰宅して調べたらヒナスミレと分かった。
画像


これはアオイスミレでしょうね。
画像


山ではお馴染のタチツボスミレ
画像


またカタクリの小群落を見ながら境に戻る。十字路を右折して梅ノ木平展望台へ。
この間は杉林の下りなので見るべきものは何もない。
梅ノ木平展望台でコーヒー休憩。泉ヶ岳は薄い雲の中にかすんでいた。

一か所に何株もショウジョウバカマが咲いている場所があった。
画像


おどろき展望台に登り返し、信楽寺跡に戻る。
途中の七ッ森遊歩道は花が少なく面白みに欠ける行程。
唯一ナガハシスミレが咲いているだけであった。
画像


今回のルートは展望がほとんど利かない、林の中ばかり歩くルートであったが、多くの花に出会えてとても楽しかった。里山なので時間に追われることなく花を観賞できるのはとても良い。
この日、仙台で桜の開花宣言がでたが、平成で一番遅い開花となったらしい。



動画です。(記事は花写真中心ですが、動画では花以外のシーンが多く収録されています。)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた
かわいい

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
一枚目の画像とても好きです。綺麗ですね。
流石に宮城の里山は雪ないですね(笑)
87ワ
2012/04/19 19:03
スミマセン。2枚目の花です。
87ワ
2012/04/19 19:04
まさに七つ森満艦飾ですね。
土曜日をねらっています。
ここより咲いている里山はあるのでしょうか。(^o^)
マロ7
2012/04/19 19:43
87ワさん今晩は。
七ッ森周辺の雪は全て溶けてしまいましたよ。
2枚目のユリワサビ、手持ちで撮影しましたが偶然良い感じで写っていましたぁ。
SONE
2012/04/19 19:49
マロ7さん今晩は。
想像以上に花が咲いておりました。
やはり松倉のカタクリと蜂倉のイワウチワは外せないですね。
鎌倉下のニリンソウは少し早い感じがします。
カタクリなら達居森が素晴らしいですが、イワウチワはほとんどありませんね。
土曜日ならこの界隈の山が一番良さそうですね。
SONE
2012/04/19 19:54
行きましたね。
写真、どれもきれいです。バイケイソウ、あの緑色には気を惹かれますね。
やはり花の写真のオンパレードになりますね。
松倉山のまっすぐの登り道沿い、明るい新緑にニリンソウの道になりますね。
yuji
2012/04/19 20:01
yujiさん今晩は。
yujiさんのブログ記事を拝見して、早目に行きたくなってしまいましたよ(笑)
写真は手持ち撮影なので失敗も多く、歩留まりは非常に悪かったです。
七ッ森のバイケイソウ、一度咲いている時に見たことがありますが、貧弱な花でした。
でも今のあの緑色は遠くからも目立ちますね。
今回の山は展望が利かない山中心で、花の写真中心になってしまいますね。
松倉のあの登りがニリンソウの道になるんですか。それは知りませんでした。
SONE
2012/04/19 20:31
わー、七つ森は花だらけですね。
こりゃ行かなきゃ。
morino
2012/04/19 20:34
morinoさん今晩は。
今が一番の見ごろですよぉ。土曜日に是非お出かけくださいね。
SONE
2012/04/19 20:37
そろそろ7つ森のイワウチワと思っていましたがやはり。でも今週末は土曜は慶事で日曜は悪天候のようで、タイミングが合いません。
3月からどうも山に行けるタイミングを逃しています。
tom
2012/04/19 23:23
tomさんおはようございます。
七ッ森のイワウチワは手軽に行ける場所にある貴重な花ですね。
今度の日曜日は全国的に雨模様みたいで、桜を愛でるには残念な天気になりそうです。
山は逃げませんから、行けるタイミングで目一杯楽しめばいいのですよ。
SONE
2012/04/20 07:55
こんにちは。七ツ森、お花がいっぱい咲いているのですね。
写真が綺麗で見入ってしまいました!
お花も見たいけど、まだ雪のお山にも行きたくて困ります(^_^)
欲張りだな〜私。
ナカシィ
2012/04/20 15:15
ナカシィさん今晩は。
今の時期は近郊の里山はカタクリが満開になっていますね。
その中でも七ッ森は花の種類が多いので楽しめますよ。
写真は急斜面で三脚が使えずに撮影に苦労しました。
花の山でも雪の山でも、行ったその山を充分に楽しめばいいのですよ。
SONE
2012/04/20 16:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.4.18 七ッ森:松倉山・大倉山・蜂倉山(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる