東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.4.30 大地森(宮城・栗駒山)

<<   作成日時 : 2012/05/01 19:55   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

栗駒山の寄生火山の一つに大地森(おおじもり)がある。
このピークは栗駒山山頂の真南に位置し、半円に弧を描いて広がる、栗駒山の主稜線を目の前に眺められる大展望の山である。

【 4/30 大地森(1154m) 宮城・栗駒山 】
世界谷地入口駐車場〜湯浜分岐〜第二湿原〜大地森基部〜大地森〜大地森基部〜第二湿原〜湯浜分岐〜第一湿原〜世界谷地入口駐車場

例年GW期間中の栗駒山はいわかがみ平までの車道が開通するので、BCも含めた沢山の登山者が訪れる。
しかし今回の目標は絶対誰にも会わない大地森登山だ。
今年は残雪の量が半端じゃなく多いので、雪原となる世界谷地を抜けて、ほとんどの行程を雪を踏んで歩けると確信していた。その意味でツボ足で楽に大地森を往復できるチャンスである。

今回ご一緒するのはマロ7さんmorinoさん
マロ7さんを大和町でピックアップし、車一台で現地へ向かう。

旧栗駒町に入ると南西方向に秀麗な山容の栗駒山が霞んで見えていた。
画像


耕英地区を抜けると、目指す大地森と栗駒山がセットで見えてくる。左手の山は秣森。
画像


世界谷地の駐車場まで路上に雪はなく助かった。
登山準備を終えて、所々地面が出ている世界谷地の遊歩道を奥に進む。
湯浜分岐を右へ。世界谷地第二湿原はしばらく通行止めの看板が立てられている。

登山道は雪の下なので何処でも歩けるため、世界谷地の第二湿原方面に向かってみた。
雪が消えた小川のところには少量であるが水芭蕉が咲いている。
画像


一面の大雪原になっている第二湿原に飛び出ると、息を飲むほどの絶景が待っている。
栗駒山が迫真の姿で雪原の果てに鎮座していた。
画像


栗駒山のアップ。
画像


山頂の左手に目指す大地森が三角形の整った山容で手招いてくれる。
画像


世界谷地は宮城県随一のニッコウキスゲの群落があることで有名であるが、一面の雪に覆われたこの時期に訪れるのも一興である。木道に関係なく歩けるところが面白い。

湿原を縦断して北部の平坦な森に突入する。
ブナとミズナラ主体の森であるが、この森のブナは巨木が多くびっくりする。
大地森基部まで約2kmの行程が全てブナの原生林。こんな場所は宮城県広しと言ってもこの場所だけでは?

途中で太さ5m以上あるこの森の主的なブナの巨木に出会う。
画像


森の中を逃げて行くカモシカを見つけたりしながら長いブナの森歩きが続いた。
小沢を越えて少し登ると大地森の基部に着く。ここで長めの休憩。マロ7さんはアイゼン装着。
画像


ここから先はどんどん傾斜が増す急斜面の登りとなる。
雪面は適度に堅いザラメなのでキックステップが良く効く。
樹間が広いので山スキーには最適の山であろう。
画像


南西尾根が近づいたところで左トラバース気味に登って雪堤にでる。
ここから展望が一気に開けた。
画像


山頂はもう少しの距離だが、展望の良い場所に陣取って少し写真撮影に興じる。
先ず目に着くのは須金岳から虎毛山の連山だ。
画像


虎毛山のアップ。縞模様の残雪が残ることが山名の由来だ。
画像


こちらは須金岳のアップ。鬼首からは平頂に見える山だが、栗駒山方面からは険しい山容をしている。
画像


須金岳から左手に視線を振ると鬼首の禿岳が見える。
画像


禿岳の左手には荒雄岳。右から山王森〜ツクシ森〜荒雄岳と続く山稜が特徴的に見えていた。
画像


未だ雪割れが発生していない雪庇の上を快適に歩いて標高1154mの三角点峰に到着。
しかしこの山頂より北側の峰は1170mと標高が少し高い。
栗駒山を眺めるポイントはその最高点なので三角点峰は休まず通過して最高点に向かう。
画像


北東側には御沢を挟んで東栗駒山の姿が見える。
よく考えてみるとこの大地森山頂はいわかがみ平とほとんど標高が変わらない。
画像


一番標高が高い地点の北側は灌木が繁茂して栗駒山が思ったより見えない。
雪堤を周り込んで北側へ続く雪堤を降りていくと、そこからは大迫力の栗駒山の姿が広がっていた。
画像


大地森山頂には夏道がなく、大地森コースは山の西斜面をトラバースして越えていく。
以前、西側の登山道から山頂に登れるか確認したが、登り始めて直ぐに笹を灌木の蜜薮で断念した。
故に栗駒山の大展望台である大地森からの画像はネット上でも非常に少ない、正に寂峰の典型である。
画像


高曇りながら微風で寒くないので、栗駒山を正面に見ながら皆でゆっくり昼食をとった。
栗駒山の東側の雪原を登る登山者の姿が見える。
この日の栗駒山は多くの登山者が押し掛けたと見えて、かなりな人数が登っていくのが見えた。
でもこちらは三人で貸切の山頂で贅沢な展望を見ながら雑談する。

帰り際に恒例の記念写真。
画像


最高点に戻って高松岳が見えるポイントを探す。
西側の灌木が邪魔でなかなか姿を見ることが難しかったが、一か所だけ高松岳が見える場所があった。
画像


再び往路を戻る。三角点までの雪庇はなかなか立派だ。
画像


大地森の基部までは斜度30度を超す急斜面があるので、絶対に転ばないで下る必要がある
転ぶと堅いザラメなので間違いなく滑落する。
この点を皆に注意していたが、下りの面白さにmorinoさんが靴底で滑っていて転倒、その後滑落してブナの根開きに落っこちてしまった。
幸い滑落距離が5〜6mと短く、雪穴が二段になっていて落ちた衝撃を和らげてくれたので怪我なく済んだ。

下りは小沢を登った地点よりも上の地点で越える。
画像


適当に勘で歩いて湯浜分岐の変則十字路に到着。
休憩用のテーブルに腰掛けて少し休憩する。
画像


世界谷地の第二湿原に戻り、その木道でまたまた休憩。
ここから見上げる栗駒山は何度見ても見飽きることがない。
画像


ところで第二湿原の立ち入り禁止処置の理由であるが、木道が完全に腐れて崩壊している個所が多々あり、ここをハイカーが歩いたら間違いなく怪我をする。
ここは栗駒山観光のメインの場所なので、集客を伸ばす意味でも早い時期に木道の修復が必要ではないであろうか。

時間があるので雪に覆われた林内を直線的に第一湿原に向かう。
あわよくば水芭蕉が咲いているのでは? と期待したが、未だに湿原の北側は完全に雪に埋もれ、雪が融けた南側は枯れ草色の湿原が見えるのみであった。奥の山は揚石山。
画像


車に戻ってから近場でラーメンを食べようと言うことになった。
岩ヶ崎に熊らーめんを食べさせるところがある、とマロ7さんが噂に聞いていたが、旧駅前周辺を探しても皆目見当がつかない。
そこで第二案として築館町の街中にある「らーめんの店 みよし」に行くことにした。
何でも地元では美味しいと有名なラーメン店だとか。

皆で注文したのは「中華そば(大盛)」。魚介系の昔懐かしい味だった。
少し味が濃い印象があるが、登山で汗をかいたので丁度良いお味で美味しかった。
画像



大地森は以前から登ってみたい山の一つだったので、今回は充分満足できる登山となった。
予想以上の栗駒山の展望は素晴らしかった。

GSP軌跡です。
画像




動画です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
雪があるとき限定ですか、行って見たいです。
SONEさんの記録を見ていると、どんどん行きたいところが増えてしまいます。
yuji
2012/05/01 21:45
yujiさん今晩は。
夏道で山腹を巻いているときには栗駒山はほとんど見えない山なのですよ。
雪堤が安定している今の時期が一番登り易い山ですね。
yujiさんなら短時間で往復できる山ですので、是非行ってみてください。
SONE
2012/05/01 22:08
なかなかの良いお山でしたよ。
こうしてみると、宮城にも隠れたスポッとがまだまだあるようですね。
そう考えただけでも胸がワクワクです。
ここは太鼓判、お世話様でした。
マロ7
2012/05/01 22:30
マロ7さんお疲れさまでした。
こんなに素晴らしい山なのに貸切とは贅沢なひとときを過ごせましたね。
宮城は山岳県じゃないと思われがちですが、まだまだ知られていない名山が沢山ありますよ。
気にいっていただいて何よりでした。
SONE
2012/05/01 22:48
太いブナの根開き、東北の春ですねえ。ああアイゼンが肥しになっています(笑)
tom
2012/05/01 23:40
tomさん今晩は。
最近tomさんなかなかお山に行けてないですね。
今年は残雪豊富なので、雪山と夏山の両方を楽しめております。
根開きを見ると春の訪れを感じますね。
SONE
2012/05/01 23:49
お世話様でした。
楽しい広葉樹林帯の歩きに大展望。季節限定ながら隠れた名山ですね。
そのうち山岳雑誌に取り上げられそうです。(笑)
ご案内と車の運転、ありがとうございました。
morino
2012/05/02 07:27
morinoさん今晩は。
お疲れ様でした。今朝から雨でGW後半の天気は芳しくありませんね。
あのブナの森は素晴らしかったですね。雪で何処でも歩けるのが最高でした。
でも目標物がないので迷いやすい地形ではありますね。
山頂からの絶景を見た方は少ないでしょうが、得した気分になりましたね。
SONE
2012/05/02 07:35
おはようございます。
虎毛山はトラ模様に雪が残るのですね!おもしろいです(^_^)
それが名前の由来かしら。
ナカシィ
2012/05/02 08:27
ナカシィさんこんにちは。
虎毛山の東側に残る残雪模様から山名が付いたと言われていますよ。
栗駒山からはその様子が良く見えますね。
SONE
2012/05/02 16:23
一枚目の栗駒の風景写真はステキですね。手前の田んぼもいい具合に融け込んでます。
急なお山なのですねー。行った気分になって読ませてもらいました。
それにしても、最後のラーメンも凄く美味そうだー。
87ワ
2012/05/02 19:49
87ワさん今晩は。
春霞でくっきり見えなかったですが、宮城県北に行くと栗駒山が独立峰に見えて故郷の山っていう感じがします。
今回は例の爆弾低気圧で折れた枝が散乱してスキー向きじゃなかったですが、林間が広いのでBCには最適の山でしたよ。みよしの中華そばは昔風のお味で美味しかったです
SONE
2012/05/02 20:02
イイねえ〜、ブナと残雪!
新緑になれば最高のロケーションだべか…
タッシー
2012/05/07 17:12
タッシーおひさしぶり。
先日の豪雨で栗駒の残雪はかなり融けちゃったそうだよ。
この山頂で新緑の栗駒を見れれば最高なんだけどね。
SONE
2012/05/07 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.4.30 大地森(宮城・栗駒山) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる