東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.5.4 鎌倉山:七ッ森(宮城・西部丘陵)

<<   作成日時 : 2012/05/07 17:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

前日の豪雨は台風を思わせる激しいものであったが、翌日は何とか天気が持ち直したので、午後から近場の七ッ森に出かけてみた。当初は鎌倉山と遂倉山の二山を登る予定であったが、午後3時過ぎに再び雨が降り出したので鎌倉山のみ登って下山した。ヤマブキソウが満開の印象に残った山であった。

【 5/4 鎌倉山(313m) 宮城・七ッ森 】
鎌房口〜遂倉山鞍部〜鎌倉山〜七ッ森遊歩道〜蜂倉山分岐〜遂倉山分岐〜遂倉山鞍部〜鎌房口

GW期間中なのに南川ダムの駐車スペースには1台しか車が駐車していなかった。
田んぼのカエルの声を聴きながら鎌房口まで車道を歩く。

杉林に入ると山菜のアイコを見つけて採取する。晩のおかず程度は採れた。
その先の小沢は大雨の影響でかなりな水量があった。
少し登るとヤマブキソウが沢山咲いている。
画像


ロープが設置された鞍部への登りは足元が滑りやすい。
昨年の4月に登った時は雨に降られたところだ。

鞍部まで登り着くが、最初に鎌倉山に登ることにした。
トウゴクミツバツツジが新緑に浮かびだしてとても綺麗だ。
画像


江戸時代に建立された梵字でお経を書いた石碑の前を通る。
画像


今年お初のコシアブラの新芽を見つけた。
画像


振り返ると遂倉山が三角形の山容で梢越しに眺められる。
画像


新緑に合わせてシロヤシオも開花を始めていた。
画像


そして鎌倉山の山頂へ。誰もいない静かな山頂で食事をとる。
画像


山頂でのんびりしていると南側から親子3名が登ってきた。
スニーカーでの登りなので、滑る登山道に難儀している模様。

次の行程は一旦七ッ森遊歩道に下り、東側から遂倉山の鞍部に登り返す予定。
下り始めの場所でアケボノスミレエイザンスミレを見つけた。豪雨の後なので花びらが汚れてしまっている。
画像


画像


山腹にはヤマブキの花が満開。
画像


一か所だけ林が切れた場所があって、左から大倉山、蜂倉山、撫倉山が並んで見えていた。
画像


途中でヤマブキソウの群生地があり、思わず足を止めて見入ってしまった。
ヤマブキソウはケシ科の草で、ヤマブキはバラ科の木。花びらは非常に似ているが、ヤマブキソウは4枚の花弁、ヤマブキは5枚の花びらを持つ。
画像


画像


小さな沢を渡る地点も水量が増えていたが、その先の蜂倉山分岐付近の遊歩道は完全に沢状態。
道の脇に咲いていた花々はほとんど流されていた。

湯名沢林道に出る途中の分岐を左折。沢を渡ると遂倉山鞍部まで登りが始まる。
画像


登山道沿いにニリンソウが咲いていたが、豪雨で花びらが散ってしまったものが多かった。
画像


暗い杉林を登ると再び鞍部に戻る。
この頃から弱い雨が降り出して来たので、遂倉山に登るのを中止して鎌房口に往路を戻る。

この日はコシアブラタラノメ、アイコ、シドケを晩のおかずになる程度採取できた。
春の山は花と山菜の両面で楽しめて、展望がない山でも楽しめるのが良い。
画像


画像


どちらも一年ぶりに天ぷらにして食べたがとても美味しかった。

動画です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり春の山は山菜がいいですね。
こちらも、山菜モードになってきました。
みどぽん
2012/05/07 19:13
ヤブレガサだと思ってましたが、シドケだったかな。
我らはほんの一握りの山菜でした。
でも、お弁当にウルイとコゴミのおひたしをつめいただきました。(^o^)
マロ7
2012/05/07 19:53
SONEさんこんばんわ!5/5に青麻山登って来ました〜。展望が良くお花畑にも出会えて、キビタキも撮影できて最高でした〜★教えて頂きありがとうございました!
今度は泉ヶ岳に挑戦しようかと考えてます。
SONEさんも鎌倉山行かれたのですね〜。コシアブラのペペロンチーノとは!これなら私も作れそうかも(笑)
とむかの
2012/05/07 20:13
ヤマブキソウに会いに七ツ森に行きたくなりました。
今日(6日)は、北泉に登ってきました。爽やかな日よりで、本当に心地よい山歩きでした。
泉が岳から三叉路に向う途中ショウジョウバカマの群落に出会い、カメラを持たなかったことを後悔しました。でも、写真を撮りはじめると時間がかかり、またもや北泉までは行けなかったでしょう。
三叉路から北泉の間にはキクザキイチゲ(キクザキイチリンソウ?)が咲き始めていました。

話は変わりますが、泉が岳の山頂(船形が見える辺り)でおやつ程度の食事をしたのですが、寒くてカッパを着てしのぎました。この連休の山での沢山の遭難事故を思い出し、装備は常にしっかりしなければと反省しました。
momo
2012/05/07 21:52
みどぽんさん今晩は。
山歩きに山菜採りが加わるとより楽しい一日になりますね。
宮城県は奥山に山菜エリアが移ってきましたよ。
SONE
2012/05/07 21:52
マロ7さん今晩は。
ヤブレガサも山菜として使えますが、あまり美味しくありませんでした。
シドケとトリカブトを間違える人が意外に多いので注意が必要ですよ。
ウルイは今後も採れますが、コゴミは大きくなったものが多いですね。
SONE
2012/05/07 21:54
とむかのさん今晩は。
青麻山は手軽に登れて、今の時期は花も多いので楽しかったでしょうね。
泉ヶ岳は最初は水神コースの往復がお勧めです。
コシアブラは産直売り場でも販売していますので、比較的簡単に調達できますよ。
SONE
2012/05/07 21:57
momoさん今晩は。
ヤマビクソウの群落は綺麗でしたよ。
昨日は雷雨に合わないうちに下山されたのでしょうか。凄まじい天気の急変でしたね。
寒気が入って700m級の山でも涼しく感じましたから、北泉ヶ岳では寒いくらいだったと思います。
花の写真は普通のスナップ写真に比べて撮影時間がかかりますね。私の場合は時間がない時はコンデジで撮影しています。
SONE
2012/05/07 22:01
すみません、北泉登山は、7日(月)のまちがいでした。だから、とても良い天気でした。ご心配をおかけしました。
山頂でこの冬から登山を始めたという若者にあいましたが、彼はなんと一人で冬山(船形)に行ったとのこと。ちょっと心配になり、真新しい情報が得られるからとSONEさんのブログを紹介しました。
momo
2012/05/07 23:02
momoさん今晩は。
今日登られたのですか。GW明けた途端に天気が良くなりましたが、確かに少し寒かったですね。
初心者で冬の船形に登るとは驚きました。最近はGPSなど装備が格段に良くなっているので登れるのでしょうね。
昔は段階を踏んで徐々に登山のノウハウを学ぶのが基本でしたが、今はそんな呑気な時代ではないのかもしれませんね。でも私は今でも山に対する恐れを抱きながら登っていますよ。
SONE
2012/05/07 23:30
今はヤマブキソウになりましたか。鮮やかな色が新緑に映えますね。
短い時間でしたが山菜も採れて何よりです。
私もGW後半に少しは動けばよかったと反省です。
morino
2012/05/07 23:37
morinoさんこんにちは。
豪雨でニリンソウは儚く散ってしまいましたが、山はヤマブキソウが花盛りでした。
山菜はスギ林の中に結構生えていましたよ。
今回のGW後半は短い時間で速効で登れる山しか行けない状況でしたね。
SONE
2012/05/08 11:13
いよいよお山も萌え始めましたね。新緑は一番好きな季節です。
遅れていた山形の山菜は5月初めの暑さで平年並みになりましたよ。
みいら
2012/05/08 17:15
みいらさん今晩は。
淡い新緑は肉眼では美しいですが、写真に撮るのは難しい被写体ですね。
本当は残雪とブナの新緑を見たかったのですが、天気が悪くて断念しました。
山形でもコシアブラが採れる時期になりましたか。一気に季節が進みましたね。
SONE
2012/05/08 17:30
連休はずっと、じっとして過ごしました。
昼なのに夜と言えるほど暗くなり、雹が叩きつけました。
山菜が採れる時期のようで、目当てで入る方が増えるでしょうね。
SONEさんの記事にあった「昔は段階を踏んで徐々に登山のノウハウを学ぶのが基本」というところ。いくら便利になったとしても、山の基本はしっかり身につけるべきです。そのときは何も無くても、痛い目に会うことがありますから。
yuji
2012/05/08 21:38
yujiさん今晩は。
yujiさんの山記事期待しておりましたが残念です。
日曜日の雷雨が驚きましたね。車のライトを点灯しないと走行できない暗さでした。
この時期は山菜採りでご年配の方が遭難されるケースが多いですね。
山は学ばなければならない事が多々あるので、日々勉強だと思っています。
SONE
2012/05/08 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.5.4 鎌倉山:七ッ森(宮城・西部丘陵) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる